スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
バレンタインは「彼女」のために(バレンタイン2015その1)
ではでは、もはや恐怖でしかありませんが、バレンタインイベント「ちょこ×ちょこスウィートパーティー」のまとめをやっていきましょうか^^;
今回はアトラクション的なコンテンツはなく、チョコ類の作成と、そのための戦闘の支援や利便性の向上、及びNPCとの会話が主立った内容となっていました。
当然私が必死になったのは一番最後でして、そのために割りとえらいことになりました\(^o^)/
SS量も結構あるので、現状何回でまとめ終えられるかは分かりません。DDF後半戦もあるのに…。





今回、アルナベルツ教国主催のバレンタインイベントが開始されると同時に、ミッドガルド大陸の各地にはセスルムニル神殿の信者達が案内人として派遣されていました。


信者なバレンタイン案内人


異教の地にまで赴いてしまうとは、流石、教皇様への信仰心は並大抵ではありません=w=;
信者達は、イベント会場に行くためにはプロの噴水…ではなくチョコファウンテンに飛び込めばいいと教えてくれ、


噴水…ではなくファウンテンに


現地までの転送を買って出てくれます。
そこで申し出を受けると、


ファウンテン前に別の案内人が


チョコファウンテンの前には別の案内人がいるから、そちらで話を聞くようにと告げて、彼らはプレイヤーを送り届けてくれるのでした。
このブログでは基本的に、何かない限りこういった季節イベントの案内人については採り上げないことにしているのですが、載せたからにはもちろん何かがあるわけでして。
たれ教皇を装備して信者に声をかけると、ここから既に差分が発生しておりました\(^o^)/
こちらのたれ教皇を目にして、


何も言わなくてもそれを見れば


同志よ!と声をあげる案内人。
彼女は今年のバレンタインイベントがアルナ主催で行われているという情報だけでなく、


あの御方とお近付きになれる機会


今回のイベントが「あの御方」にお近付きになれる絶好の機会であることも教えてくれます。
会場への行き方の説明も若干変化していまして、


さぁファウンテンに送りましょう


通常だと「こうすればいけますよ~今なら無料で送りますよ~」というニュアンスなのに対して、「さぁそこまで送りますから、どうぞ行ってきてください」という感じなのがおかしいですねw
最後に、


志を同じくする者として


志を同じくする者として応援していると激励を受けて、チョコファウンテンに向かうことになりました=w=


さてプロの中央へとやってくると、そこでは今年も、普段は豊かな水を湛える噴水がチョコファウンテンとなって、滝のようにチョコを滴らせていました。
これはもうチョコの海に溺れるしかない…!ってことで早速、案内人に言われた通りファウンテンに飛び込もうとすると、


ファウンテンに飛び込もうとしたら


不意に背後にいた猫耳の少女に声をかけられ、呼び止められました。
曰く、


飛び込んでもチョコでデコられるだけ


そのまま飛び込んでもチョコでデコられるだけだ、と。
更に、物事には順序というものがあるのだから、まずは自分達の話を聞くようにと忠告し、


チョコまみれになるのは話の後でも


チョコまみれになるのはその後でも遅くはないでしょうと説きます。
彼女の言葉に従い、改めて猫を抱いた猫耳の少女の前に立つと、


バレンタインにようこそなのにゃ~


ようこそなのにゃ~!と元気に話しかけられました。少女ではなく猫の方に。
ここでキャラの状況によって差分が発生しまして、


突然喋りかけてきた猫は


去年のバレンタインイベント(あるいはホワイトデーイベント?)をクリアしている場合、「お久しぶり!」という選択肢が登場しますが、


猫の正体を知らないと


未クリアの場合はそれがありませんでした。
ではまず先に、彼女達の紹介を兼ねて、まだ面識がない場合の会話を見ていきましょう。
猫が喋ったことにびっくりしていると、


猫耳少女の自己紹介


猫耳の少女が、驚かせてしまったならごめんなさいと一言謝ってから、自己紹介をしてくれます。
少女の名は「アスーカル」。
猫の名は「メープル」。


案内人はアスーカルとメープル


二人の正体は「お菓子の妖精」です。なんてふぁんたじーな。
アスーカルと名乗った少女は、続けてお菓子の妖精について説明をしていきます。


お菓子を食べて幸せになれるよう


彼女達は人間がお菓子を食べて幸せな気分になれるよう日夜活動しており、


VDは一番活躍する時期


特にバレンタインシーズンは最も活躍をする時期なのだそう。
だから、


女王様もお姉様も気合十分


お菓子の妖精の女王様も、アスーカルも気合十分なのだ、と猫のメープルが、そこへ合いの手を入れました。
一方、アスーカル及びメープルと既に面識がある場合、久しぶり!と返すと、


誰かと思ったらスウィーツナイトの


メープルもこちらの姿を認めて、久しぶりだと声をあげます。
アスーカルもそれに続き、


今年もVDを盛り上げるため


今年もバレンタインを盛り上げるために、自分達お菓子の妖精が活動しているのだと教えてくれました。
で、のこのこ顔を出したプレイヤーに、お調子者のメープルが食い付かないわけがなく、


スウィーツナイトの契約は継続中


過去のバレンタインイベントで交わした「スウィーツナイト」の契約を話を持ち出して、自分達を手伝いに来てくれたに違いない、と早速こちらを巻き込もうとしてきます\(^o^)/
でもそれを、


今回はスウィーツナイトは関係ない


今回はそれとは関係ない、とあっさり斬って捨てるアスーカル姉様まぢ素敵=w=
無茶なお願いはしないから安心して、と保証してくれます。
以降は共通の内容になりまして、


バレンタインに参加するなら


アスーカルとメープルは今回、イベント会場への案内を担当しているらしく、最初に自分達の説明を聞くよう求めてきます。
…ですが、ここでの説明はかなりざっくりしたものでして、イベントを開始してから改めて聞き直した方がより詳しい解説をしてもらえるので、一度後回しにして先に進んでしまいます。
簡単な説明に耳を傾けると、


会場に行くための魔法をかける


最後にメープルが、イベント会場に行くための魔法をかけてくれます。


メープルの甘~い呪文


過去イベでもお馴染みの、とても甘そうな呪文を彼女が唱えると、


メープルの呪文で光に包まれる


プレイヤーはキラキラした光に包まれていきました。
これで準備は完了。


魔法をかけていないとチョコまみれ


アスーカル曰く、この魔法が掛かっていない人がチョコファウンテンに飛び込んでも、ただチョコまみれになるだけのようですが、もうその心配もありません。
更にアスーカルは、


お正月に頑張っていたそうね


プレイヤーが正月イベントで賽の河原のおもち積みに参加したことを餅神から聞いたと述べると、


教皇も餅神から話を聞いて


同じく餅神からアマツの正月について教えられた教皇が、プレイヤーからもその件について聞きたがっているため、


1回だけ教皇と会える権利を


アルナの偉い人から「一度だけ教皇と会える権利」を預かってきたと言って、それを渡してくれます。
その権利があれば、


ニルエンと話せばすぐに案内を


イベント会場のニルエンさんを訪ねるだけで、すぐに教皇と面会することが出来てしまうらしい=w=
そして一通り説明を終えたアスーカルとメープルに、


チョコファウンテンにレッツダイブ


チョコファウンテンにダイブしてイベント会場に行き、チョコをいっぱい作って沢山食べてくるといい、と送り出されるのでした。


で、お見送りをされた直後に、何食わぬ顔で再び話しかけるわけですねw
すると今度はアスーカルが、


バレンタインは楽しんでいる?


バレンタインは楽しんでいるかと様子を訊ねてきてくれます。
でもってここで改めてイベントの説明を聞くと、具体的に誰のところでどんなことが出来るのかを教えてくれるのですが…、


案内アスーカル&メープルと雑談


同じタイミングで彼女達との雑談が解禁されていたとあっては、そちらを先に見ないわけにはいきませんでした\(^o^)/
アスーカルが話題にあげたのは、


会場でクリオロに会った?


イベント会場にいるお菓子の妖精の女王・クリオロのこと。
彼女については次回のまとめで触れる予定です。
派手な格好で嫌でも人目を引くクリオロ様ですが、


ファウンテンも作ったクリオロ


やはり女王と言うだけあって、目の前にあるチョコファウンテンを魔法で作りあげるほどの力を持っています。
クリオロは去年、その力を使ってチョコで世界中をデコレートしようと目論んでいましたが、


去年は世界中をチョコでデコろうと


今年はまた違った目的があるらしく。
何でも、


白くて小さくて可愛いもの


白くて小さくて可愛いものに目がないクリオロは今、教皇様に夢中だそうで\(^o^)/
確かに、去年のホワイトデーイベントで山のように作っていたホワイトチョコクマ帽も、白くて小さくて可愛いものでしたねw
そのため、彼女は教皇を喜ばせるべく、


女王は教皇を喜ばせるために


メープル達まで駆り出してイベントに協力しているのだとか。
そんなクリオロのことを、「人使いが荒い」と評するメープルに対して、


メープルはこういうときくらい


普段さぼりすぎなのだから、こういうときくらい働きなさい、と苦言を呈するアスーカル。
口調は穏やかな彼女ですが、


アスーカルの絞めが決まった


メープルを抱き上げた腕にはグッと力が込められ、その首を極めるのでした=w=
勘弁してという言葉も聞き入れられぬまま、ガクッと力尽きるメープル。
アスーカルはそれを意にも介さず、


貴方は気にせずVDを楽しんで


「貴方は気にせずバレンタインを楽しんで」とプレイヤーに笑いかけるのでした。
安定のアスーカル姉様\(^o^)/


では、今度こそ二人からイベントの説明を受けますよ。
ここまで送り届けてくれた案内人の様子からも分かりますが、


今回はアルナ教国民が主体


今年のバレンタインは、アルナのセスルムニル神殿の人達の主催で行われています。
何故かというと、


招待されず落ち込んでいた教皇


去年、バレンタインイベントのタッグ戦にお呼びが掛からなかった教皇が、酷く落ち込んでいたため。
教皇は過去に、


以前招待された人気投票で


同様のバレンタイン人気投票企画で一位を取ったことがあり、


またVDイベントに参加したいと


そのときのことが忘れられずにいる彼女は、またイベントに参加したいと考えていたようなのです。
そこで教皇に喜んでもらおうと、


アルナの偉い人達がイベントを


今年はアルナの偉い人達がバレンタインイベントを企画し、


お菓子の妖精とショコラも協力


彼らに協力するかたちで、アスーカル達お菓子の妖精や、ミッドガルドが誇る老舗チョコメーカー「バシニオチョコレート」が参加することになったのでした。
イベント会場では、


手作りチョコで教皇クッキーが


手作りチョコを担当の神官に渡すことで、教皇を模して作られた「教皇クッキー」がもらえる他、


手作りチョコを沢山渡せば


沢山の手作りチョコを納めれば、教皇のプライベートガーデンを訪ねて、彼女と直接チョコを交換出来る権利まで得られます。これは貢ぐしかない…!
教皇に献上する手作りチョコはイベント会場で作成が出来ますし、


会場で手作りチョコを作れる


必要な材料はショコラから購入することが可能。
その材料を買うZenyがないよーという場合でも、


クリオロに助けてもらえばいい


クリオロに助けを借りて特別な魔法をかけてもらえば、


クリオロの特別な魔法で


Mobを倒したときにお菓子の材料が手に入るようになります。
でもってMob討伐となれば俄然熱くなってしまうアスーカル。


邪悪なMobに情けは無用よ!


邪悪なMobに情けは無用、正義の鉄槌を振りかざして存分にお菓子の材料を集めてくるといい、と掛ける言葉にも気合が込められていました。
アスーカルは過去のバレンタインやホワイトデーでも、この手の発言をしていましたねw
そしてそれを耳にしたメープルは、


Mobに容赦ないアスーカル


いつものことながらアスーカルお姉様はMobに容赦ない、と怯えます=w=
イベント会場には他にも、カカオ割り達人とその弟子、名前入れのアーティスト象さん(?)といったお馴染みのメンバーが集結していて、バレンタインを楽しむ準備は万端。


バレンタインを楽しむ準備は万端


これはもう、一刻も早くチョコファウンテンにざっぱーんして、イベント会場に向かうしかありません。
ってことで、


チョコファウンテンを見つめる


チョコファウンテンを眺める~。
…美味しそう(*^¬^*)
誘惑に耐え切れず、飛び込む前にちょっとなめてみると、


チョコファウンテンをなめたら


流石はクリオロ様の魔法で作られたチョコファウンテン。思わずファンファーレでも鳴りそうな勢いで、美味い!と声をあげてしまいました=w=
ではでは、つまみ食いも済んだところで、


チョコファウンテンにざっばーん


チョコまみれにはならないというアスーカルの言葉を信じて、チョコの海に身を投じました。ひゃっほーう!


そんなこんなでやってきましたイベント会場。セスルムニル神殿の正面玄関前のスペースを開放しているようですね。
一応ここでは真っ先にクリオロ様のところへ向かったのですが、ちょっとここに収めるには会話が長めだったので次回にしまして、先に会場でサポートをしているNPCを一部紹介したいと思います。


バレンタインと言ったら彼女は欠かせない、バシニオチョコレートの看板娘・ショコラ=バシニオ。
イベント内容によっては、たまに別のお仕事をしていることがあるショコラですが、


仕事中のショコラと雑談


今年はしっかりとお菓子の材料を販売しています。
でもでも、ただ販売をしているだけでなくて、ちゃんと雑談も出来る点を見逃してはいけません。
しかもアスーカル&メープルと同様に、去年のバレンタイン(orホワイトデー?)のクリアフラグがあるかによって差分まで存在したのですよ…!(`・ω・´)
去年もバレンタインやホワイトデーのイベントに参加していた場合、


今年も遊びに来てくれた?


ショコラに話しかけると、今年も遊びに来てくれたのですねと喜んでくれます。
彼女は今、


クリオロと一緒に今年のVDを


お菓子の妖精の女王であるクリオロと共に、バレンタインを盛り上げるべく頑張っているのだそう。
ショコラとクリオロは去年知り合ったばかりですが、


クリオロとは去年知り合った


お菓子が好きな者同士息があったのか、今ではすっかり仲良しのようです。
去年のバレンタインやホワイトデーイベントに参加しなかった場合、


冒険者さんもVDに参加しに?


ショコラに声をかけてみると、冒険者さんもバレンタインに参加するために来たのかと訊ねられました。
続いて、


クリオロと一緒にここで


自分はクリオロと一緒にバレンタインを盛り上げようと頑張っている、と自己紹介してくれます。ここの言い回しも若干変わっていますね。
更に彼女は、


バシニオチョコレートの看板娘


老舗のチョコメーカーである「バシニオチョコレート」の販売担当をしているから、過去のバレンタインやホワイトデーで会ったことがあるかも、と付け加えました。
ショコラはもうね、おもち界のヴァレス&ミーナ兄妹以上の古参ですからね。イベントに参加していなくても存在を知っている人は多そうです=w=
以降はほぼ共通の話になりまして、


今回のVDは教皇のために開催


今年のバレンタインは教皇のために開催されていると教えてくれるショコラ。
神官達やクリオロまでもが、その教皇に喜んでもらうために注力しているのです。
そしてショコラは、


教皇はショコラと同じくらいの


クリオロから教皇が自分と同じくらいの歳の女の子だと聞いて、


この国で一番偉い人なんて


それなのにこの国で一番偉い人だなんて凄い、と感心しきりの様子。
共通点は年齢と性別だけだけれど親近感が湧いたという彼女は、


私も教皇に喜んでもらえるよう


自分も教皇に喜んでもらえるようにと、張り切って仕事に励んでいるのでした。
去年のイベントフラグがない場合、会話はここで終了なのですが、そうでない場合は更に続きがありまして、


いっぱい買って行ってくださいね?


だからチョコの材料をいっぱい買って、とショコラにおねだりされてしまいます\(^o^)/
言葉巧みに買い物をさせようとするとは流石看板娘、やりおるな…w


そしてバレンタイン&ホワイトデーの出張カプラと言えばこの子、カプラW。
やっていることは倉庫サービスの提供だけなのですが、


Wがチョコで乱心?


会場内を行き交うチョコに、若干乱心気味です\(^o^)/
大好きなチョコがあるからと言って浮かれてはいない、と慌てて取り繕うWですが、


チョコがあるからと言って


しかし彼女もプロですから、提供してくれるサービスはいつも通りなので心配要りません。
最後のお礼口上まで、


後口上までしっかりと


しっかり業務を執り行います。
…が、そこまでが限界だったのか、


Wを誘惑する甘いチョコの香り


やっぱりチョコの甘い香りには、誘惑されまくりなのでしたw
可愛い(* ̄ヮ ̄*)


ってことで、今年もバレンタインの季節がやってきましたね~。実際にはもう終わっているけど気にしない!\(^o^)/
そして、またしてもお菓子の妖精達が、今度は強大な支持層を持つセスルムニル一派と組んで登場ですw
しばらくバレンタインとホワイトデーはお菓子の妖精ズに任せる感じなのでしょうかね。
キャラの個性もはっきりしていますし、なかなかにはっちゃけていて楽しいですから、私は一向に構わないのですが。
そうそう、ここ1,2年の季節イベントでは、過去のイベントのクリアフラグ如何に関わらず、イベント導入部ではNPCと初対面の場合と顔見知りの場合の両方の選択肢が登場し、任意で好きな方を選ぶことが出来たのですが、今回は過去のイベントのクリアフラグがないと顔見知りの選択肢自体が登場しなくなっていました。
これはあれですかね、ここ数年の不思議な状態は、ブレイザブリクに移住した人への配慮なのでしょうかね。
既存サバで過去の季節イベントはやっているからNPCのことは知っているけれど、ブレイザブリクで新たに作ったキャラにはクリアフラグがない…という人も結構いたと思うので、そういう場合でも知り合いとして接することが出来るように…みたいな。
また、今回のイベント導入部の優秀なところは、イベント開始前に会話出来るNPCがアスーカル&メープルのみだったため、よくある「まだイベント開始してないよね、○○さんから話を聞いてきて」という台詞を大多数のキャラで用意しなくてよかったという辺りでしょうね。
おかげでSS集めも若~干楽でした。開始前にぐだぐだNPCを確認して回らなくて済んだので=w=
それにしても異界へダイブしたりチョコファウンテンへダイブしたり、ここ最近は何かしらに潜ってばっかりですねw
ではでは、まだ始まったばかりのバレンタイン。次回はクリオロ様とその従者達を見ていきます。
…「達」、ということは、今回は「彼」だけではないということですねw

[2015/02/19 23:08 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<女王様は「彼女」に夢中?(バレンタイン2015その2) | ホーム | 皇妃達の休息(DDFその7)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/997-fa9d8ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。