スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
久々に現れた四度目の失われし大地(DDFその1)
というわけで~絶賛開催中の「Dimension Diver F ~異界の花嫁~」のまとめを、珍しく早めにお送りしますよ~。
ここ数年、毎年行われていたDDが、約1年のブランクを経て再登場です。
これまではタイトルの後に、2nd、3rdとナンバリングされていたのですが、今回は何故か「F」。
それは4th(Fourth)をもじって「F」なのか、Finalの「F」なのかと若干物議を醸しておりますね。
ではでは、DDF前半戦の概要を見ていきましょう。





過去のDDは、モロク南カプラ付近あるいは異世界のスプレ側WP付近にいた調査団の団長と話すことで進行し、次元の狭間に待機している兵士に異界へと転送してもらっていました。
しかし今回は、


モロク場跡の大きな亀裂


復興を始めたモロク城跡の、元は池だった場所にぽっかりと亀裂が出現しております。
えええ、ちょっとこんな街のド真ん中に時空の裂け目が生じている状況とか、危ないんじゃないのおおお((((;゜Д゜)))
…と一瞬思いましたが、よくよく考えたらこの街は、城の真下に魔王を封印していたようなところでしたね\(^o^)/
で、その亀裂に飛び込んでいくと、


異界の庭はタナトスタワー


何とそこは高い塔の頂上。
うわあああ懐かしいいい!
このマップはタナトスタワーの最上階、MVPMobである魔剣士タナトスが降臨する場所ですね。
入るには結構面倒なタナトスタワークエをこなさなくてはならないので、初めてここを見たという方もいるのでは?
かく言う私も、かつてギルメン達と一度来たことがあるだけですがw
今回はその中心部付近に調査団長が仁王立ちしています。
去年までの団長は、


貴方は三カ国同盟の


プレイヤーを目にした途端「貴方は三カ国同盟の○○様では!?」とかなり食いついてきていたのですが、今回は異世界クエが必須ではなくなったために、この台詞はカットされてしまいまして、


ミッドガルドから消滅した大地


いきなり「かつてミッドガルド大陸に存在し、そして消滅してしまった大地があることを知っているか」と訊ねてきます。
そこから続くイベント冒頭の団長の台詞は、2nd以降若干の修正が加わっているものの、ほとんど初代と変わらない内容のままですね。
でもこれまでまともに団長の台詞を載せたことがなかったので、この機会に載せておきます。
その消滅してしまった大地とは、


空間の捩れでこの世から消えた


魔王モロクの復活と共に生じた次元の狭間によって、空間のねじれに飲み込まれてしまったミッドガルド大陸の土地のこと。
それが以前、突如として姿を現したため、


空間が不安定になり調査を中止


名のある冒険者達に呼びかけて調査を行ったのですが、やがて空間が不安定になったことにより、人々を派遣し続けるのは危険と判断して調査を中断していたのです。
けれど、その後空間が安定することはなく、


程なくして次元の狭間へと


異界の大地は次元の彼方へと消えていってしまいました。
団長はあの異界の地が再び出現することを望んでいましたが、待てど暮らせど、次元の狭間に変化が起こることはありませんでした。
で、ここからが今回のイベントで新たに加わったエピソードですね。


不思議な石も石ころ同然


以前の調査の際、プレイヤー達が七異界で手に入れてきた不思議な石。
それも異界の大地が姿を消してからは、もはや謎めいた力を感じることもない、ただの石ころ同然の存在となっていました。
そんなある日、このまま闇雲に次元の狭間の変化を待ち続けても仕方ないと判断した団長は、もう調査を諦めようと、想いを吹っ切るかのように不思議な石をモロクの地面に叩き付けます。


不思議な石を叩き付けたら


すると何と、不思議な石が衝撃で砕け散ったその場所に、小さな亀裂が生まれたのです。
…って、モロクのあのヒビ割れは貴方の仕業かー!
それに気付いた団長は、すぐさまかつて手に入れた不思議な石をかき集めてくると、その持ち得る全てを同じ場所に投げ付けていきました。


不思議な石で空間が裂け


結果、みるみるうちに亀裂は大きくなっていき―、そこに次元の裂け目が生じました。
そしてその向こうには、あの失われた大地が出現したのです。
…って、何か団長自ら率先して事態を大事にしてるじゃないですかーやだー\(^o^)/
これ以降は、過去のイベントの台詞の修正版に戻ります。
思いがけず出現した異界に、団長は急ぎ団員達を召集して調査に乗り出しましたが、


あの大地には新種のMobも


今回も新種のMobが発見されたことに加え、人員も不足しているため、その進展は芳しくない様子。
ここは前回までは、


調査は困難を極め


「以前とMobの性質が変わっていたり」という一文がありましたが、それがなくなって、代わりに人員不足という文言が追加されています。
ただ以前も、冒険者に声をかけてもなかなか集まらない、と人手が足りていない様子を窺わせてはいましたが。
そこで彼は、


異界調査に協力して


例によってプレイヤーにも協力を求めてきます。
ここで「応援している」と返してやんわり断ると、団長は残念そうにしながら、気が変わったら声をかけてくれと引き下がります。
調査を引き受けると、


異界の調査に協力する


協力ありがとうと喜んで声をあげ、


三ヵ所に担当の調査兵が


より具体的な調査の内容は、この奥の3つの通路の先に担当の調査兵が控えているから、そちらで聞いてほしいと促すと、


調査が終わったら報告を


依頼を受けた分の調査が終わったら、自分に報告を入れてくれれば報酬を渡すと続けました。
そして今回は、


それぞれの調査兵から依頼を


調査する地域ごとに個別の兵士が依頼を管理するようになったため、同時に3つの調査を進行出来るようになっています。
これは過去3回のDDにおいて、


時空の裂け目の調査兵


次元の狭間の調査兵の依頼


次元の裂け目にいる調査兵に一任していた部分ですね。
つまり、これまでのDDの調査依頼は全地域のうち1種のMobに対してしか受けられませんでしたが、今回は各地域ごとに1種のMobの依頼を受けられるようになったということです。
だから例えばソロで森林のMobの調査を進行している最中に、PTで森境の調査に向かう…といったことが可能に。
これはかなり利便性が上がりましたね~。
上記のような状況になった場合、以前は討伐を回し切るまで待ってもらうか、諦めてキャンセルするしかなかったわけですから。
そんなわけで、


調査依頼を受けて異界へ


準備が整ったら調査兵から依頼を受けて、異界の地へ赴きましょう。


…っとその前に、


異界の庭の周囲の様子


いつもとは違うこの場所の雰囲気が気になったので、団長から周囲の様子について聞いておきましょうかね。
この異界の大地は、


3つの地域と2つの部屋


「界皇」によって治められており、過去にも調査を行ったことのある「森林」「森境」「渓谷」の地域に加えて、「界皇の間」と「皇妃の間」が存在します。
この界皇が、「界皇」表記なのが気になりますね。
前回のDDでは3次職及び限界突破職のみが行けた「七異界」という場所があったのですが、そこを統べていたのが7人の「界王」だったのですよね。
彼らは自分こそがその界王の中で最も優れた「界皇」であると主張し、力を誇示するべく暴れ回っていまして、それに困った商人猫が、不思議な石を報酬として渡すという条件で、プレイヤーに討伐を依頼してきていたのでした。
それが今回「界皇」になっているということは、あの7体の中の頂点が決まったということなのでしょうか。
さて、今いるこの場所…異界の「庭」には5つの通路があり、その先は袋小路になっています。


3つの道は3つの地域へ


北、北東、北西方面はそれぞれ3つの地域に繋がっていまして、そこに控えている担当の調査兵から調査依頼を受け、該当地域に赴くことになるというわけですね。
また、


南西の道は異界の皇妃の間へ


南西の道は皇妃の間へと続いていますが、


皇妃の間へは入れない


現在、皇妃の間には不思議な力が働いていて、立ち入ることが出来ないため、しばらく様子を見ることに。


南東の道は異界の界皇の間へ


南東の道は噂の界皇の間へと続いていますが、


界皇は現在留守中


界皇は現在留守中とのことで、会うことは叶わないそうです。


では、今度こそ調査兵のところへ向かい、調査を進めていくことにしますよー。
因みに、この調査兵の依頼開始時の台詞は、2ndから今回まで全く変わっていません。
のそのそと各地へ向かう小部屋に向かうと、


団長に派遣された方ですか?


待ちかねていたかのように声をかけてくる調査兵。
それはまぁそうですよね。
だってプレイヤーが団長と話す前の彼は、


調査に行きたくない調査兵


行きたくないなぁでも行かないと…と独り言ちていたのですから。
ついでに、彼と話をしないまま異界へ飛び込もうとすると、


異界へ行く前に依頼を


調査依頼を受けてから出かけるように呼び止められます。
そのWPの向こうに見えるものは何かと訊ねると、


突如現れ消えていった大地


彼はそれを、以前次元の狭間に突如現れ、やがて消えていった大地が再来した場所だと説明します。
その異界の地は、現在は存在を維持していますが、


調査を迅速に行わなければ


いつまた時空のねじれに飲み込まれてしまうか分からないため、調査は迅速に行わなければなりません。
けれど…、


以前より強力なMobも確認


先行して調査に向かった者達の報告によると、そこには以前にも増して強力なMobが生息しており、次々と仲間達が倒れていく様子はまるで地獄絵図だったとか。
そして、


こんな状況だけど手伝って


こんな状況ではあるけれど、精一杯サポートするから調査を手伝ってほしい、と頭を下げる調査兵。
調査団の現状を包み隠さず話してくれたことには好感が持てますが、やっぱり遠慮しておきます^^と断ると、


誰か代わりに調査を…


誰か調査を代行してくれる人はいないかと、彼は肩を落とします。
…ええとこれは確実に、自分の代わりに異界へ行かせようとしてましたね…。
もちろん引き受ける、と二つ返事で応えると、


調査依頼を準備しておく


調査兵は礼を述べて、早速調査依頼の準備を始めるのでした。
こうしてプレイヤーは異界の大地に身を投じていくわけですね。
この後、引き続き該当地域のどのMobの調査依頼を受けるか決めることになるのですが、それはまたDDF新規Mobのまとめで触れる予定なので今回は割愛。
…いきなり調査完了報告をしに、団長のところへトンボ返りしてしまおうと思います\(^o^)/


団長に異界調査報告


団長に、一定の調査を終えてきた旨を伝えると、


どの地域の報告をする?


何処の地域の報告をしてくれるのかと訊ねられます。
このとき未達成の地域を選択すると、


まだ調査は終わっていない


当然ながら調査が完了していないと指摘されます。
依頼達成済みの地域を選ぶと、


これで異界調査が進む


調査が進むと団長から感謝され、報酬としてEXPと調査ポイントを受け取ることに。
このときもらった調査ポイントは、


褒賞は褒賞課から


褒章課で任意のアイテムと交換出来るものですね。
また、報告を行ったキャラが3次職や限界突破職(以降まとめて3次職と呼ぶ)以外の場合には、


潜在能力を秘めているよう


団長から「まだ使いこなせていない潜在能力を秘めているよう」だと告げられ、


更なる活躍を期待して


今後の活躍を期待して特別にEXP変換サービスを行うから、


調査報酬はどちらがいい?


BaseとJOBどちらのEXPがほしいかと訊ねられます。
…ええと、これ、騙されちゃいけません\(^o^)/
何だか3次職以外を優待しているような言い回しをしていますが、3次職は黙っていても普通にBase・JOB共に報酬EXPをもらえるのでw
実は初代DDでは当初、報酬でもらえるEXPはどの職でもBaseだけだったのですよね。
それがプレイヤーからの要望を受け入れるかたちで、途中から3次職以外はJOBEXPももらえるようになったのです。


未熟な冒険者


だからその当時は「特別にJOBEXPも選べる」状態だったのですが…。
2ndのときには既に、「3次職は報酬としてBase・JOB両方のEXPがもらえる」「3次以外の職はBaseJOBどちらのEXPをもらうか選択する」という形式になっていました。
でもJOBEXPを選択した場合、3次職の数倍から数十倍のJOBEXPが手に入ったので、まだ優待感は残っていたのですよね。
けれど今回は3次職側の報酬JOBEXPが跳ね上がったので、JOBを選択しても得られるのは3次職と同等レベルになりました。そんなわけで、どんな理由で「特別に」なのかは、ちょっと分からないです=w=;
でもまぁ、


報酬EXPで一気に成長


それでも十分過ぎるほどのEXPをもらえるんですけどねw
あと初代DDの報酬EXP選択時の団長の台詞、危険な場所の調査を依頼している冒険者に対して「未熟な調査員」呼ばわりとは、何気に酷いですよね\(^o^)/


では引き続き、褒賞課で調査ポイントをアイテムに替えてもらいましょう。


調査団の褒賞アイテム


何か今回は1ポイント当たりでもらえるアイテムの量が全体的に増えていますね。数個増加したものから、2倍、4倍になっているものまで。これは美味しい(*^¬^*)
また、今回のDDイベントにおいて、ホムの新密度を上昇させる「ナカガヨクナール」を入手可能にしたいとの話が公式から出ていますので、後半戦で褒賞アイテムの種類が増加する可能性は高いです。
で、


調査の褒賞はそれでいい?


まずはほしいアイテムを選んで確認をします。
そして、調査ポイントと所持量の空きさえあれば最大100セットまで一度に渡してもらえるので、


褒賞は何セット交換する?


そのアイテムを何セットほしいのかを伝えれば、


調査の褒賞を入手


指定した分の報酬を受け取ることが出来ます=w=


そうそう、今回も調査依頼にはCTが設けられていまして、その間に再度調査兵のところへ行くと、


また調査を手伝う


また調査を手伝ってくれるのですね、と歓迎はしてもらえますが、


調査資料が届いてない


人手不足と言っていたのが嘘のように、今回は冒険者が集結してしまったらしく、まだ調査に必要な資料が届いていないらしく、


資料が到着するまで


それが到着するまでしばし待つよう言われてしまいます。


というわけで相変わらず需要皆無なDDFの主要NPC達との会話集でしたw
次回からはちゃんと新規Mobの紹介等を、出遅れ感溢れる内容でお届けしたいと思います(`・ω・´)

[2015/01/30 22:05 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<異界の新星達(DDFその2) | ホーム | 失われし大地の始まりの頃>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/986-309b7e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。