スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
キッコ・モストロで粉骨砕身!(ハロウィン2014その3)
ではでは今回からはガシガシと、ハロウィンのメインコンテンツであるキッコ・モストロでの労働と対価について見ていきますよ~。
しかしまぁ案外テキストが多くて、1回では収まらなかったので2回でまとめます、はい=w=;





それでは、ブラック店長から受けることの出来る4つの仕事について見ていこうと思います。
今回のSSは収集したタイミングがマチマチなので、プレイヤーの店員ランクがバラバラだったり、仕事の評価が過程と結果で違っていたりしますが、その辺はあまり気にしないでいただければ。


まずは害虫駆除からなのですが、これは一回ストーリークエ中に一度やっていますのでざっくりと。


好きな仕事を選びな


仕事のリストから害虫駆除を選ぶと、


どいつを駆除するんだ?


続いて駆除するMobを選択することに。
どれもある程度育ったキャラなら十分倒せるMobですが、一応その強さに応じて消費活力と基本給に違いがあります。
一気に活力を9使い切れて、なおかつ風コンバの材料も入手出来るスタイナーが一番人気だったんじゃないかな。
その後ブラック店長から、


清掃係のところへ行け


清掃係の脳無しことデュラさんのところへ行くよう言われ、


完了のハンコをもらってこい


完了のハンコをもらったらまた自分に話しかけろと指示されます。
因みにこのとき、


活力がない状態で仕事を選ぶと


活力が不足している状態で仕事を受けようとすると、


そんな状態で仕事をするな


店長がツンデレ風味なことを言ってそれを止めてくれます。これはどの仕事でも同じ。
で、今度はデュラさんに倉庫へ転送してもらうのですが、


駆除をキャンセルしてみる


このとき、ストーリークエでは選択出来なかった「キャンセルする」を選んでみると、


何匹討伐したか忘れたんだろ


デュラさんから「何匹討伐したか忘れたんだろう、オレと同じだな!」と言われて、何だか凄い敗北感が\(^o^)/
でも本当にキャンセルしたいなら、


俺じゃ判断出来ないから


頭がカラッポな自分では判断出来ないから、店長に相談してくれと促してくれます。
でまぁ寄り道はこのくらいにして、仕事をこなすべく倉庫に送ってもらったわけですが…。


スタイナーだらけの倉庫


課題の中で一番精神衛生上問題ないと思われるスタイナーでも、これだけいるとちょっと色々くるものがありますね=w=;
無事に討伐を終えればデュラさんがハンコをどーんと押してくれ、


給料もらいわすれるなよ


店長に報告すれば給料がもらえると改めて誘導しつつ、自分みたいにもらい忘れるなよと笑います。…彼は店長にいいように給料持っていかれてそうだな=w=;
ブラック店長に駆除完了のハンコを見せると、


害虫駆除の完了明細


該当分のモストロをもらえます。
これが通常の流れなのですが、これ以外に、仕事を引き受けたときランダムで「ブラックチャンス」なるものが発生することがあります。
以前店のシステムの説明を聞いたときに、ブラック店長が「追加の仕事を頼むことがある」と言っていた仕事のことですね。
害虫駆除では、


追加で駆除しておいてくれ


駆除することにしたMobの討伐数に追加分を盛られます。
ブラックチャンスが発生していると担当の店員にもその旨の追加台詞がありまして、


仕事を追加されてんのか?


デュラさんは大変だな~と同情し、


面倒だったら無視してしまいな


店長からの追加分が終わっていなくても、本来やるべき討伐数をこなせばハンコを押すと言ってくれます。
基本的にブラックチャンスは全てボーナス扱いで、完遂しなくてもペナルティが生じることはなく、やりたければやればいいという感じでした。
害虫駆除の討伐も、


ブラックチャンスのカウント


通常の仕事とブラックチャンスとは別のキルカウントで管理されていました。
追加分も含めて討伐してきたことをデュラさんに報告すると、


マジメちゃんか~?


言われたことを素直にこなしてきたプレイヤーに対し、「マジメちゃんか~?」と茶化すデュラさんw
ともあれハンコをもらって店長に成果を伝えに行くと、


駆除ブラックチャンス達成


ボーナス分込みでの精算をしてもらえます=w=


次は、資材補充。


どの食材を調達する?


こちらも納品したいものを任意で選べますが、調達は自力または自腹で行わなければなりません。
そのため、入手難易度で消費活力と基本給が変わっている感じですね。
この仕事を担当しているのは、


倉庫係のところへ行け


倉庫係のジビット爺さん。
彼を訪ねて、


ジビット爺さんに納品を


選択したアイテムを指定数納品すれば完了。
ハンコを押してもらえる…のですが、


押印でぎっくり腰


そのとき身体を仰け反らせた衝撃でぎっくり腰になってしまうジビット爺さん\(^o^)/


いつ給料をもらったかのぅ


どっすーんと派手に衝撃を散らしながら、押印をしてくれました((((;゜Д゜)))
そして彼も、自分がいつ給料をもらったのか覚えていないもよう。…ジビット爺さんも店長に給料をちょろまかされてそうだ=w=;
その結果を持ってブラック店長のところへ戻り、


食材調達の完了明細


忘れずに給料を支払ってもらいます。
食材調達のブラックチャンスは、


追加で調達しておいてくれ


指定した材料の追加納品。
しかしジビット爺さんも、


追加の調達も受けておるのか


最低限決められた数を調達してくればハンコを押すと言ってくれます。
このとき、対象アイテムをブラックチャンスで追加要求された以上の数量所持していると、


追加分も含めて納品する?


追加分も納品するか訊ねられます。
ブラックチャンスの条件を満たすかは、ここで好きに決めることが出来るわけですね。
仕方ないので、


追加分込みで渡してもらう


店長の要求してきた分も納品してあげることにすると、


これで給料アップじゃなぁ


ジビット爺さんはその両方を受領して、これで給料アップじゃなぁと喜んでくれました。
その後、店長に納品完了を告げ、


調達ブラックチャンス達成


アップした給料を手に入れます。


次は、お菓子作成。
何だかこの作業が一番、ハロウィンイベントをやってる感じがありますよねw
ハロウィン定番のスクウォッシュと共にお菓子を作っていく課題でして、


どの菓子を作る?


ここで作りたいものを選択します。
全て消費活力は同じですが、作業行程の多さで基本給に差が付いていました。
作るお菓子を選ぶと、


スクウォッシュ先生のところへ


奥の調理場にいるスクウォッシュを手伝うよう言われます。
スクウォッシュは必ず100単位でお菓子を作成するので、


先生の邪魔をしたら減給


プレイヤーが足を引っ張ってその数を減らしたら、その分減給すると脅されながら\(^o^)/
この課題は仕事の中で唯一、給料が減算方式のものでして、それ故かブラックチャンスも設定されていなかったようです。…いや、私の引きがあまりに悪すぎて、何回やってもチャンスモードにならなかっただけかも知れませんが…。
スクウォッシュに手伝いに来たと告げると、


作る前にレシピは確認する?


彼は助かると言って歓迎してくれ、早速調理を始めるか、それともレシピを確認するか訊ねてきます。
実はこの課題は、レシピに書かれていることをその通り再現しなければならないため、初見のときに大丈夫だろうと高を括ってここでレシピを確認せずに進めてしまうと、もうその時点で悲惨な結果になることが確定でした\(^o^)/


どの菓子のレシピを見る?


レシピは選んでいない課題のお菓子のものも確認することが出来まして、


カボチャケーキのレシピここから


作業を進める順番及びその手順のときにやることの詳細が示されています。


カボチャケーキのレシピここまで


この内容がそのまま問題として登場してくる感じで、覚えることがない場所は実技というかたちでこなしていくことになります。
レシピに目を通したら、


カボケ作りを手伝ってもらう


改めてお菓子作成開始。
進め方としてはまず、


どの作業を行う?


どんな作業を行うかを決定。
ここで正しい手順を選んでいれば、


その作業を進めてくれると


それをやってくれると自分も動きやすい、とスクウォッシュから褒められます。
間違った手順を選択してしまうと、


想定していた段取りとは違うけど


想定していた段取りとは違うけど…と言われて、お菓子の完成予想数が減少してしまいました。
次に、選んだ作業の、より詳細な動きを決定していきます。
オーブンの準備作業の場合は、


オーブンの準備作業


それを適切な温度に設定することに。
ここでは具体的な数値の入力をしなければならないので、


オーブンの適温は?


先程レシピで見た通りの温度に設定。
卵割りの作業の場合は、


卵を5個割る作業


卵を5個割ってほしいと頼まれ、


タイミングよくクリック


タイミングを計って上手く割ることを求められます。


タイミングバッチリ


調子よくポンポンやっていけると楽しい=w=
イベント中にちょこちょこ書いていましたが、ROのデフォカーソル(青い矢じり形のやつ)は1秒ごとに回転(半回転)しているため、こういった「○秒後にEnterキーを押す」系の課題が出されたときにはカーソルがクリンクリンする回数を数えていれば、タイマーがなくても簡単に経過時間が分かります。
その他、


カボチャの茹で加減


カボチャを茹でる作業では、割りとシビアな行動内容入力をしなければならなかったり、


生地に使う材料は?


生地作りでは、いくつ答えを選べばいいのか分からない選択式の課題が出たり…。
色々大変ではありますが、


ハロウィンぽいトッピングを


何とか最後の行程まで漕ぎ着けまして、カボチャケーキにハロウィンっぽいトッピングを施すことに。
この選択肢は、


どんなトッピングにする?


レシピを見ていなくてもストーリークエのクリオロ様の台詞を覚えていれば、正解が分かるボーナス問題ですねw
それらの行動決定は、


上手く出来たみたいだね


上手く出来ればスクウォッシュに喜ばれ、


素晴らしい腕前だね


完璧にこなせれば素晴らしい!と絶賛してもらえます。
ただそのときに、


ハートとGJエモが…


プレイヤーが嬉々とし過ぎたのか、エモがごっちゃになってしまうことが多かったですw
逆に何かしらのミスがあった場合には、


あまり上手くは出来なかった…


あまり上手く出来なかったみたいだね、とスクウォッシュを困らせてしまい、お菓子の完成予想数も減ってしまいます。
つまり、手順決定と具体的な行動のどちらのタイミングでも、失敗をすれば完成予想数は減少するということですね。
全ての行程が終わったら、


お菓子作成の結果発表


ドキドキの結果発表。
プレイヤーがスクウォッシュを手伝った結果、お菓子をいくつ完成させることが出来たかが示されます。


パーフェクトで100個完成


パーフェクトならば100個。
逆にどんなに内容がボロボロでも、


最低でも5個完成


5個以下になることはありませんでした。
結果がどうあれ、


お菓子の数はまだ足りないから


最後まで作り上げればスクウォッシュはハンコを押してくれるので、その足で店長に出来栄えを連絡。


お菓子作成の完了明細


すると、基本給に完成個数をかけた額で、モストロを支給してくれるのでした。


最後はクレーム対応…なのですが、これはここに載せるにはボリュームが大き過ぎる仕事なため、次回にしておきたいと思います^^;
代わりにプレイヤーをあれこれフォローする備品(?)2種のことについてとか。
1つ目は、仕事をするための活力を回復出来るベッド。
キッコ・モストロには仮眠室が設けられておりまして、休憩を取るためのベッドと、元気を取り戻せる栄養ドリンクが用意してあります。


仮眠室のベッドと栄養ドリンク


ベッドの方は何か例によって永遠の眠りにつけそうなフォルムをしていますが…。
兎に角、これらを利用すれば時間の経過を待たずに活力を復活させられる(かも知れない)のです。
ただし、ここにあるベッドと栄養ドリンクは有料サービス。
しかもベッドの方は必ず活力が回復するとは限りませんし、回復出来たとしても4種の活力のうちどれかが1復活するだけ。
栄養ドリンクはかなり高額ですが、活力が必ず大幅に回復します。結局こちらも、特定の活力を指定して復活させることは出来ませんしね(==;
あ、でも一番高いドリンクを飲めば全ての活力を最大値まで回復出来るよ!やったね!\(^o^)/
とは言え、100k台の高額のZenyを払ってまで栄養ドリンクを飲む気にはなれなかったので、


ベッドも栄養ドリンクも有料


ベッドでごろんごろーんだけしてきましたw
それにしても、ベッドで寝ても回復が出来ないってどういうことなのだろうと思っていたらですね、


ベッドで寝たけど騒音が…


ブラック店長のどっごーんが五月蝿くて、


五月蝿くて寝られなかった…


寝付けなかったというオチでした。なんてこったい\(^o^)/
しかし幸運なことに無事眠りにつけたとしても、


ちょっとだけ寝られた


ちょびっとしか疲れは取れないのでした(´・ω・`)


2つ目は、バイトマニュアル。
店長との面接のときに噛まれないようにと言われていたそれは、


怪物的な怪物のマニュアル


案の定、日々プレイヤーの頭をガジガジしていることで定評のある、ライドワードでした。
手を伸ばせばガチガチと歯噛みをするそのマニュアルを、ふと出来心で撫でてみると…、


マニュアルを撫でてみたら…


ぎゃあああああ((((;゜Д゜)))
次の瞬間、マニュアルに甘噛みをされて、手をべとべとにされてしまいました\(^o^)/
マニュアルを読もうと口を開くと、


マニュアルの口を開けたら


今度は突然、マニュアルが喋り出して、


歯に衣着せずに教えてやる


案外人懐っこい口調で、知りたいことを歯に衣着せずに教えてやる、と言ってきます。
内容に関しては同じことの繰り返しになるので、ここでは割愛しますが、でもマニュアルが話せるのなら、最初から恐る恐る本を開く必要はなかったようなw
因みに契約書にサインする前だと、


マニュアルに構わず手を伸ばすと


マニュアルを見るという選択肢がありません。
威嚇するが如く歯を鳴らしてくるマニュアルを、それでも構わず掴もうとすると、


やっぱり甘噛みされる…


やっぱり甘噛みされて手が悲惨なことになりました\(^o^)/


ということで、キッコ・モストロでのお仕事その1でした。
割りとハロウィンイベントは、内容を欲張ったらSS枚数と予定記事数が大変なことになってしまい、あれこれアプデやらイベントやらが立て込んでいるこの時期に、色々と自分の首を絞めることになったのですが…、まぁもういいかみたいな開き直りで突っ走ってしまうつもりです=w=;

[2014/11/15 17:52 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<骨身に染みる?ケーキとお仕事(ハロウィン2014その4) | ホーム | お菓子な賓客、おかしな店員(ハロウィン2014その2)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/942-cac06379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。