スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
思えばいと疾し、この年月
というわけでまたしても公式のキャンペーンに乗っかって、こんな記事を作ってみました。
これまでに実装された異世界及び魔王モロクに関連するクエについて、思い出とか感想とか四方山話とかをただひたすらに書いていきたいと思いますw
一緒にこれまで私が作成した、各クエのストーリーを追うまとめ記事へのリンクも貼っておきますので、もし何かありましたらご覧いただければ幸いです。
一応クエ一つ一つについてはそれほど長くコメントはしていませんが(本当は熱く語りたいですが)、量が量なので記事自体は結構な長さになっていたりします。


注:この記事は記憶だけを頼りに書き出しているので、まとめ記事の内容と同じことを言っていたり、逆にちぐはぐなことを書いていたり、まとめの際には自重したような、あれこれ振り切れた発言をしている可能性等があります。


※※※以下には、異世界関連クエスト、魔王モロク関連クエスト、及びその他のクエストのネタバレを容赦なく含んでいます※※※


【後日追記】
公式ブログにて、この記事を紹介していただきました~。





○ノーグハルトパッチ(2006年07月実装)


・モロクの魔王


公式では魔王モロクが復活して早6年、と銘打っておりますが、魔王モロクとの因縁はノーグハルトパッチから既に始まっていたじゃない!…と考えると、何と更に2年嵩増しでございますw
もう進行することが出来なくなったモロクの魔王クエではありますが、異世界関連クエを語る上では今も欠かせない話であると思います。
魔王モロクの追跡に登場するキドとリーンとも、この頃からの付き合い。


初登場リーン


初登場キド


どちらと行動を共にするかを選択し、一つの出来事を二つの側面から見るという進行法は、守護者クエに通じるものがあります。って話を今作っている守護者クエのまとめの方でも書きましたがw
あとROの10thアニバクエのストーリーは、モロクの魔王クエを意識して作られたものではないかと今でも思っています。
このクエが実装されたのは、タナトスタワーやアビスが追加されたノーグハルトパッチ。
時期的に共和国方面がメインでアプデが行われていたのに、何でここで急にモロクでのクエ? と当時は思ったものです。
まぁ魔王モロクと因縁のある魔剣士タナトスが登場したからなのですが。
そしてモロクの魔王クエには、途中でタナトスタワーに赴くパートがありまして、そこでLv4武器を使って封印を解除する場面が存在したのですね(そのパートはタナトスタワーのクエとして現在も残っている…はず)。
で、その当時のSSを見ていたら、


包丁で封印解除


うちのスナ娘(現レンジャ)が、ワイルドなことに包丁を突き刺して封印解除をしていまして、思わず笑ってしまいました\(^o^)/
この頃はLv4武器って微妙に手に入り辛かったのですよね。
しかもタナ低層でも一人で闊歩するのは厳しい時代だったので、ギルメンを誘えるときに行っておかないと!という切迫感があって、兎に角所持していたLv4武器である包丁を担いで行ったのでしたw
物凄く関係ない話ですが、この後、名無しが実装された頃には、一部のギルメン達がリーン派とニルエン派に二分されていました。
…何のことかは分かりませんが=w=;


○モロク崩壊パッチ(2008年09月実装)


・魔王モロク討伐


遂に崩壊してしまったモロク…。
この頃、同盟を組んでいたGの溜まり場がモロクにあり、Gvのベースもモロクだったため、覚悟していたこととはいえ街の様子が一変してしまったことには少なからず衝撃を受けました。主に宿屋廃業で…!\(^o^)/
でもって、私と魔王モロクさんの記念すべき初邂逅の様子がこちら。


魔王モロク


思いっ切り殴り飛ばされてましたww
しかもこれ、一撃耐えているように見えるんですが、実はダメ表示発生から実際のダメを受けるまでの微妙なタイムラグの瞬間を撮っています。
何故それが分かるかというと、この魔王モロクからの被ダメ18kに対して、このときのスナ娘のMHPは7.2kちょっと。絶対に耐えられるわけがないんです。オーバーキルにも程がある=w=;
また、魔王モロクが降臨して最初の週末は、


モロク討伐に集まった人たち


モロク討伐待ちの人で狭間2マップがこんな感じで賑わっていました。
狭間2から逃亡した、傷ついた魔王モロクさんと出会えたのはそれからもう少し後。


傷ついた魔王モロク


鷹が優雅に高みの見物をしております^^;
あと折角なので、崩壊前に撮っておいたモロク城のSSを置いておきますね。


モロク城の南


アルナベルツ教国の平和クエの冒頭で探す「異国の商人」もかつてはここにいて、例の召喚の儀式の際はこの水場の周囲をぐるぐるしていたんですよねw
何気にこのクエも、決戦パッチ後には消滅が予告されているクエです。
コンチ等報酬アクセがほしい方はお早めに!
…魔王モロクが倒されないことには、どうにもならないクエですけどね(==;


・運命のカラス 


奇しくも、エクラージュで再び脚光を浴びることになったこのクエが実装されたのもまた、モロク崩壊パッチでした。
未だにカラスやエヴァ達の正体は明らかにされておらず、様々な謎を抱く、ミステリアスなクエですね。
それにしてもまさかこのクエで登場するオリバーと、異世界で再会することになるとは思いもしませんでした。


夢のことを書いただけなのに


しかも今度はオリバーが見ている「夢」側の存在として会えるとは。
転生後のJOBEXP稼ぎと考えると今でも優秀なクエですから、復習ついでに是非是非。


○異世界パッチ(2009年7月実装)


・異世界 


異世界実装日、ギルメン達はこぞって異世界に繰り出していましたが、私は結構頑なに拒んだ記憶がありますw
このとき既にクエSSの収集を始めていたので、人がわらわらいる中でダッシュでクエをこなしてしまうのが勿体なかったからです。
結局、発光済みでペナっても痛くないスナでクエをやってしまうか、90台後半のジプでペナを受けるか悩んで、後者を選択しました。
ジプで先に異世界クエをやって、ギルメンに合流したのです。
まぁ案の定、数十分の観光をしただけでコロンコロンしましたねw
今となってはいい思い出ですがw
内容的には新天地への夢や希望よりも、三カ国の思惑が渦巻きすぎて一抹の不安を覚えるクエ=w=;
ムーンケンロの苦悩の独白とか切なくなるのですが…大抵のプレイヤーが「早く異世界に行きたい!」と急いでいる状態なので、あまり気にされていない感じですよね=w=;


ムーンケンロの苦悩


このクエの終盤に討伐することになる試験官は、kROでは転生オーラが薙ぎ倒されるくらいの強さがありました。しかもその試験官のドロップアイテムを複数個集めることが試験だったので、1体倒してお終いではなかったというね。
当時の異世界Mobの超AFKっぷりを見れば、これを倒せなくては異世界に行けないというのも納得は出来ますが…、jROでは緩和されてよかったですw
余談ですが、上にあるkROで収集を課された試験官のドロップアイテムは、jROでもほんの数日だか数時間だかだけ実装されていました。


試験官のメモ


すぐにドロップテーブルからは削除されましたが、既にドロップされたモノ自体は回収されなかったので、記念に1つ残してありますw


・駐屯地の人々  


ルーゲン教官が当時「黒ジョンダ」と呼ばれていたことがやたら記憶に残っています。


ルーゲン教官の殺し文句


でもルーゲン教官はショートヘアですからね!
実装当時から異世界クエ改修パッチまで、テントの修復にはネペがドロップする丈夫にみえる蔓も必要だったため、弓メインだった私も収集部隊に駆り出されたりしましたw
そして始まる、横湧きネペやらセンチ及びヒルスリの乱入による阿鼻叫喚\(^o^)/
そういえばネペやセンチは今でこそ名前が定着しましたが、超ゴラァや超ギオペと言った方が通りのよい時代もそこそこ長くありました。


・会議のおとも 1 2


三国の代表の中ではヘンジヌが一番気に入っています。クエ初見のときは何だこの人と思ってイラッとしていましたがw
でも会議中のハプニングの後のやり取りが凄く好きで。
それまで散々敬遠していた相手のために、自分が罪を被るってなかなか出来ることじゃないですよねー。


一緒にケーキを食べたかった


リョースンとヒューも何だかんだで後の二人のことを考えていたりするのが分かって、最後までやると微笑ましいクエですw
しかし、その前に立ちはだかる「釣り」という壁が、かつてはありまして=w=
ヘンジヌが落とした資料がもうなかなか釣り上げられず、しかも以前は釣りのCTが丸一日あったため、うっかりはしくれを20個釣ってしまうと翌日まで釣りが出来なかったんですね…。
モーラの温泉ほどではないにしても、同じ系統のドツボに嵌まりやすいクエでした^^;


・生態研究 1 2 EX


内容が見直された今もなお、かなり高い難易度を誇るクエ。
このクエは、異世界FのMobの配置とリンクしているという、凄く世界観を意識したクエだったんですよ。故にこの高すぎる難易度が悔やまれてなりませんでした。
今はMobの配置換えや討伐Mobの変更等でその限りではなくなってしまいましたが…。
ヒルスリやテンドリがスプレにいるのには、ちゃんとした理由があったんですよ!


テンドリの存在理由


異世界実装当時、スプレあるいはマヌクFに出るには、駐屯地のNPCから何かしらFに出る必要のある依頼を受けなくてはならなかったため、すぐにネペの討伐を頼まれるこのクエがよく利用されました。
引き受けるだけ引き受けて、クリアされないパターンw
本当に当時の異世界はMobが強すぎたため、よくて遠距離職でネペ討伐を終えるのがやっとという人も少なくなかったと思います。
私は協力者の多大なる犠牲のおかげで、何とか修正が入る前にクリア出来ていました。
修正後も別の協力者の多大なる犠牲のおかげで、どうにかクエ用のSSが撮れまして、本当に二人には今でも大感謝しております。


・魔王モロクの追跡 1 2 3 4


ずっと気になっていたキドとリーンのエピソードのその後。
異世界パッチが来る際、私が最も楽しみにしていたクエでした。
リーンの立ち絵が、


覚えていてくれたリーン


負傷したものに挿し替わっているのもまたね…!
キドはキドで、


生殺与奪の権限は


以前は何でも面倒がってプレイヤーに仕事を押し付けていたのに、今や立派な「上司」になっていてちょっと感激しました=w=
生殺与奪の権限? 差し上げます!\(^o^)/
それにしてもキドとリーンの関係は変化なさそうですね…。交換日記はやってましたが。…エキナシア込みでw


・小さな妖精&木の巨人 


ここで登場する妖精と木の巨人は、異世界実装時には世界に唯一存在するラフィネ族とサファ族でした。
会いに行くのすら命がけ((((;゜Д゜)))
そして話しかけた結果、


初登場ラフィネ


初登場サファ


「日本語でおk」となるまでがテンプレでしたw


・三ヶ国への報告書 1 2 3 4


このクエは絶っ対に襲われるシーンでの選択肢を間違っちゃだめですよね!(`・ω・´)
いやどちらを選んでも大した違いはありませんが。
でも報告書を守ったときにアジフから言われる台詞が好きなんです。


アジフがでかすぎる件


このクエは今でも報告書収集がちょっと面倒なのですが、以前は必死の思いで報告書の一部を集めてきても、その先に更に鬼畜なアビダルくじが待っていましてww
今では必ず持っていない巻の報告書を仕上げてくれるアビダルですが、改修されるまでは4巻のうちどれが手に入るかはランダム、しかもやったら同じ巻ばかりを復元してくれていまして、おかげで露店では何巻かによって値段が全く異なるといった事態まで発生していました。何故かよく出た三巻だけがやたらと安かった…。


○イグドラシルパッチ(2009年11月実装)


・知恵の王の指輪 1 2 3


会議のおともに続く、三カ国それぞれの出身である三人と関わっていくクエですね。
こちらの三人は非常に協力的です。
…が、ディクショナリーとウィスパの依頼がまたきっついというw
本当にもう実装当時は、一撃喰らったら倒れるMobだらけのFで、NPCと長い会話したり盗虫を倒したりしなければならないのには、流石に頭を抱えていました=w=;


命がけの宝石回収スプレ編


命がけの宝石回収マヌク編


この指輪を着けると異種族と会話出来るようになるという設定自体は凄く好きなのですが、貴重な装備品枠を潰して装備しなければならないという仕組み上、なかなか強いMobの多い異世界でこれを強制し続けるのは難しかったようですね(´・ω・`)


・二つの種族 1 2 3 4


はい、初見で泣きましたw
このクエはラフィネとサファの両種族が置かれた状況と、種族という枠を超えた個々の人物像が描かれていて切ないですね。
特にテラからの最後の質問とかもう崩れ落ちてました=w=;


テラの質問


同時にこのクエがあったからこそ、戦争の裏に隠された秘密を知りたいと思ったり、戦争を仕掛けた真の犯人に対して許しがたい感情が湧いたりするのではないかなと。
まぁ私だけかも知れませんがw
でも何となく、イグドラシル戦争に関する話題が登場するたびに、このクエのことが頭をよぎるんですよねー。


・守護者 1 2 3 4 5 6 7



で、その戦争の発端である、「イグドラシルの力を弱めた」犯人が分かるのがこのクエ。
このイグドラシルアプデのメインとなるクエなのですが、如何せんニーズが!ニーズが強くて…!
クリア出来るようになったのは3次職になってからでした=w=;


ニーズ初討伐


というかこの当時は、護衛兵討伐の時点で結構苦戦していましたねー。湧き位置が固定とか知らなかったので。
一応ニーズD内でのパートの進行フラグが、ニーズのキルカウントではなく、ニーズ討伐後のイグドラシルリアドとの会話によって成立するため、戦闘に向かないキャラの場合は既にニーズが倒されたメモDに突入して、イグドラシルリアドにだけ話して出てくることで、最後までクエを進めることが出来ました。こういう仕組みにしたのはかなりよかったと思います。
それにしてもニーズのグラは、如何にも邪竜って感じでかっこいいですよね!
余談ですが、ニーズの最も有名なドロップ装備である「スキンオブシャドウ」は、今は影肩という略称で呼ばれていますが、kRO実装時には「代行者の皮」と直訳されていたため、「代行者」という名で呼ばれることが多かったです。


・リーンの依頼 


イグD深部に潜んでいるダンデリオンの侘しい食生活が垣間見られたり、リーンのお宝がそこまで高価なものでないことで物議を醸したミニクエw


ダンデリオンさんと遊ぶ


今は修正が入ったおかげで、以前よりは随分とマシになりました。
まぁZenyの価値も常に一定ではないので、この辺の調整は難しいところですね。


・アールブヘイムの香水


ギルメンの某氏が、「フラーワリ」が可愛い可愛い言うのでやってみたデイリークエ。
初回と2回目以降でメインNPCの台詞が変わるだけでなく、アロマセラピーをする兵士達の台詞も1回目に行ったときと2回目に行ったときで変化します。
…兵士達は7人いるのですが、1回に香水を使える相手は5人まで。
つまり最低3回はやらないと、兵士達の台詞を全て聞くことが出来ないという、私的には割りと困ったクエでしたw
で、問題のフラーワリですが…、物凄ーく可愛いです。


フラーワリの理由


私もこの子は大好きです。
でもそれは、フラーワリが部屋の片付けが出来なかったり、四六時中居眠りをしているからではなくてですね。
彼女がそんなことをしている理由が2回目以降に分かるのですが、その小さな抵抗が愛おしいなーって感じなんです。


・ラフィネ族のヤイ


これは何かもう忘れられていそうなくらいのマイナーなミニクエなのですが、この後エクラージュ関連クエにおいても、ラフィネ達のヤイに対するこだわりが見られたときにはちょっと感激しましたw


ラフィネがヤイにかける思い


でも求められるアイテムの微妙な入手難易度から、簡単に勧められないクエなのが残念…。
個人的に彼らが卵型にこだわるのは、二つの種族でイグ実を採取するイグドラシルの蕾のようなものが卵形をしているからかなーと勝手に思っています。


・異種族の調査


マヌクのサファ族との押し問答が楽しいミニクエw


サファ族と押し問答


あの状況でどうやって釘を作ったのかは分かりませんが…。
しかしまさか、


駐屯地の人の言葉が分からない


駐屯地の人間と会話するのに知恵の王の指輪が必要になるとは思ってもみませんでしたよ^^;


・マヌクのモンスター討伐


ジプ(現ワンダラ)がマヌクをのそのそしていたときに知らないうちに開始していて、偶然G狩りでイグDに行ってフラグが成立したためクリアしていたクエ。
レンジャでは今の今までノータッチだったことに今回のイベントで気が付いて、さくっとこなしてきました。


弱そうに見える人間


まぁサファ族と比べたら人間が華奢に見えるのは仕方ないかと…。


・ミッドガルドの鉱石


サファ族を蝕む病の根本的な治療をするための物質(ブラディウムは病の進行を一時的に留められるだけに過ぎない)の完成を目指しているサファ族の学者が、ミッドガルドから持ち込まれた鉱石にその可能性を見出し、プレイヤーにその採取を依頼するクエ。


サファの病を完治出来る物質?


彼らに再び、病に怯えずに済む日々が訪れればいいのですが。


・ブラディウム


サファ族が不治の病の進行を抑えるために摂取するブラディウム。
その鉱山が減ったことにより、ブラディウムの採取量が減ったことを憂う工学者の求めに応じて、ブラゴからブラディウムを収集することになります。


減っているブラディウムの採掘量


しかし…このクエ実装当時は、普通に狩りに行った自分が帰らぬ人になる可能性が高すぎて、なかなか手が出せませんでした\(^o^)/


○エルディカスティスパッチ(2010年10月実装)


・エルディカスティス


遂にサファ族の首都への門戸が開かれた…!のですが、その門前の門番との会話が鬼畜過ぎて泣いた人多数ではないかと。
捕まったらその超ASPDから逃れることは出来ないドロメから逃げて、やっとの思いで入り口に辿り着いても、知恵の王の指輪を装備していなくて話をしてもらえませんでしたーという悪夢\(^o^)/
装備していたとしても、


エルディカスティスの門番


微妙に会話が長いので怖いんですよねw
ブルーメヴァルトの美しさは、kRO実装時から話題になっていました。


・猫耳と尻尾の男 ♀キャラ版 ♂キャラ版


三カ国への報告書クエで、報告書を奪おうとした犯人に迫るクエ。
アサシンらしからぬぶっ飛んだ性格のシャイもこのクエで登場しましたw


ビケイのキャンプ


そのシャイの言葉に怯えるビケイがもう可愛くて可愛くて…。
ビケイはエルディカスティス実装当時はカミダル山脈にキャンプを張っていましたが、今はエルディカスティスの入り口付近に収容されました。
あのフィールドのキャンプにビケイがいる様子は凄く好きだったんですけどねー。
如何せんドロメさんが強すぎました…orz
そしてそして、このクエの重要人物である大臣のアハト様には、プレイヤーの性別によって立ち絵が変わるという驚きのシステムが採用されていました。


男性の姿のアハト


女性の姿のアハト


まぁ性別でフラグ管理するだけなので、難しいことではないのですがー。
これがあることで、このキャラは相手が好ましいと思う姿に見える術を使っているってことが分かるんですよね~。
kROに実装された時点で、サファ族と同じ服を着た凄く似た外見をしている男女の立ち絵が追加されているということは知っていたのですが、最初は男だと思っていた相手が実は女でしたーみたいに使うのかなーと考えていたんですね。
それがまさか同じ人物用の立ち絵だったとは…。
自キャラでクリアした後に、他所様のブログで女性バージョンのアハト様を見たときには、ああああああこういうことかああああと思わず声をあげた記憶がありますw
立ち絵と言えば、チェシャーのフードを取った姿はこのときから存在しますが、実際にそれを外した様子が見られるようになるのはビフロストパッチ以降でした。


・友達のために 


カミダルトンネルで作業するサファ達のお気楽っぷりとは対照的に、かなり深刻なサファ族の状況を目の当たりにするクエ。


サファ族の病


彼らが不老不死から一転して、ブラディウムを採取し続けなくてはならない病に侵されたのは魔王モロクの計略ではないかなと。
ブラディウムを採取するためにサファ族は絶えず掘削を行い、その行為をラフィネが「イグドラシルの根を傷付けて力を弱まらせている」と曲解して戦争を始めたわけですからね。


○ビフロストパッチ(2011年11月実装)


・ビフロスト 1 2


俺…このキャラがLv100になったらビフロストクエやるんだ…!
という死亡フラグを私が立てまくっていたクエですw
何故かというと、このクエの前半で関わるラフィネが、3人の中から完全にランダムで1人に決定されていたからです。しかも3人とも微妙に話してくれる情報が違うというね。


袋返却ポションVer.


袋返却テオドVer.


袋返却クスミVer.


幸いにして、4キャラやったところで3人全員と遭遇することが出来て助かりました。
今なら更に2キャラほど挑める子がいるのですが…、でも「ビフロストクエのフラグを立てずに、その後実装されたクエをやった場合の台詞差分」なんてものをチェックしたい性分なため、未着手のままです\(^o^)/
こちらはこちらで、スプレ基地の切迫した状況が明るみに出るクエ。
本来ならば霧の森を突破してモーラに出なければいけないのですが、ビフロスト実装時にイベントで「不思議な種」が配布されたため、ビフ北Fへとショートカットすることが出来ました。
…これは本当に良い采配だったと思いますww


・紫色の竜 オリジナル版 ノローキア版 EX


姿を消していたニーズヘッグ本体が降臨し、原作キャラであるロキが関わってくる、このパッチの花形クエ。


私の罪は


しかし例によって難易度が難易度だったために、後日霧の森で戦闘を行わなくてもクエを進行出来る、ノローキアルートが追加されました。


懐かしいあの歌


でもノローキアルートでクリアしていると、正規ルートとは別のクリアフラグが立ち、エクラージュの王クエにおいては「紫竜クエをクリアしていない」場合と同じ台詞分岐に進んでしまいます。これがフラグの設定ミスなのか何なのかは分かりませんが。
今はどうなっているか分からないので後で調べてみます。酔狂なことにこれを確認するためだけにクエを途中止めしているキャラがいるので…。
このクエでもまた魔王モロクの狡猾さが浮き彫りになっておりますね。
イグドラシルが弱ったのは魔王モロクがニーズヘッグを唆したためでしたが、それを上手いことサファ族の採掘のせいに仕立て上げたのですから。
【後日追記】
調べてきました。ノローキアルートで紫竜クエをクリアしている場合、現在も変わらず紫竜クエ未クリア時と同じ台詞のルートに行きました。詳細は「エクラージュの王」クエのまとめその7に記載してあります。


・モーラの温泉調査 1 2


難易度的な問題を除けば、異世界関連で最も時間がかかると思われるクエw
その原因は失敗フラグがあることと長すぎるCTのせいですね^^;
オッシー戦に突入すると、BGMが変わるギミックが好きです。


VSオッシー!


「オッシーに○○した」作文は久々に来た言葉遊びですねw
プロスク4コマのネタになっていたあの一言とかオススメです=w=


・ロペの捜索 


これまた救われないクエ。
ユリディには死んだと伝えてと話すロペの言葉が切なくてもうね…。


森の肥やしになったと


ビフロストには何かが巣食っているということがこのクエからも窺い知れるのですが、その正体は未だに分かっていません。
あとビフロストの意志とは何なのかとか。


・地元騎士団~霧の森~親分のおつかい~  


レシア族の街モーラにおいて、現地住民のレシア族がメインとなっている希少なクエw


団長は命じたよ


「団長は命じたよ!」とか彼らの言動はなかなかに可愛らしくて面白いのですが、採取が大変な収集品を要求してきたりと、地味に難易度が高かったりします=w=;


・チェシャーの依頼(ビフロスト版)  EX


チェシャーの依頼には、カミダルで遺物を採取するものと、カミダルトンネルからビフロストまで荷物を運ぶものの2種があります。
前者はエルディカスティスパッチで、後者はビフロストパッチで追加されました。


頭巾で隠すのは…


エルディカスティスでは目立つ彼の猫耳も、獣人が暮らすアールブヘイムではよく見かけるものですから、ここではフードを外しています。
けれど注目すべきは、こちらではなくブルーメヴァルトに追加されたチェシャーとの会話イベント。


アハトと散策


彼と話をすることで、ブルーメヴァルトがどんな場所なのかが判明します。
これまた切ないサファの現実を目の当たりにして、私は轟沈していました(つ△T)


○エクラージュパッチ(2013年5月実装)


・冒険者達との出会い 


どうしてエクラージュに入場するためのクエなんて作ったんだ…!
おかげで私は実装後しばらくエクラージュに立ち入れませんでした。理由は異世界クエのときと同じw


俺のおかげで早くなった


このクエはそのまま夢見る作家へと続いていきまして、そちらのクエで一緒に行動することになるテューリアン一行の顔出しも兼ねております。


・夢見る作家 1 2 3 4


夢見る作家の二つ名を持つオリバー・ヒルベルトは、寝ている間に次元を超える能力を持っていまして、自身ではそれを夢の中の出来事だと思っているのですね。
ここで登場するオリバーは、その転送されてきた、彼自身は「夢」を見ていると思っているオリバー。
立ち絵が幼く描かれていることで分かりますが、運命のカラスに登場するよりも小さい頃のオリバーです。


美味しく食べるよ!


kROでこのクエのオリバーの立ち絵が実装されたとき、運命のカラスのオリバーと同じ名前でよく似た外見をしていたことで、凄くテンションが上がっておりました。
ROにおいて、何年も前に実装されたクエの続きが作られることは珍しいですからねw
同時に、オリバーが霧散して消えていく立ち絵があったことで、「…あれ、オリバーの身に何か起こるの?」みたいな一抹の不安もありました。
幸いにして抹消されるフラグではなくてよかったですw
あとマギ可愛いよマギ。
マギがWLというのが未だに信じられないのですがw


マギも喜ぶ


個人的にはアルプも結構好きだったりします。


ファンだから…


彼が装備しているブラッドサッカーは、jROでは装備の方が先に登場しましたが、10th本の話が出たとき既にアルプはkROに存在していましたから、これは彼の装備がモデルになっているのではないかなと。
…はっ、テュー一行の中でマークの名前だけ出してないな…。


だから気を付けろと


でもテューの為人にも触れてないからいいか…。


・エクラージュの王 1 2 3 4 5 6 7 8 EX


双子が大好きです。
むしろこれ以上は下手に語らない方がいいじゃないかなってくらい私はこのクエが好きでして、まとめ記事の方も相当大暴走して酷いことになっています\(^o^)/
ラフィネに関する様々な情報がこれでもかと詰め込まれている、中身の濃い内容のクエです。
そこへ更にカルデュイやヒシエの生い立ちとか、


ドナとパパンの混血


兄弟の秘密


冷徹なようでいて息子達のこととなるとさり気なく態度が変わるエイヴァントとかもうね…。


息子の友人ではないか


更にシナイム騙されてオーブを守るエクラージュガードを手にかけてしまうプレイヤーとか、その危機を察知して姿を現すニーズヘッグとロキとか、


決してそのような方ではない


次から次へとテンションの上がる展開で、もう進行してしまうのが勿体ないくらいでした。
はい、かなりの重病ですすいませんでも本当にこのクエが大好きなんです=w=;


・悠久なる絆 1 2 3 4 5 6 7 EX1 EX2


こちらは打って変わって、かつて危機に瀕していたエクラージュを救った二人のドナの話。
エクラージュの王ではぼんやりとしか登場しなかった「元老会」がどういう組織かが、このクエを進めると分かります。
これも涙なしには語れない系ですね。
個人的にはこのクエのために、ビフタワー1Fの配置は変えてほしくなかったです。
あそこはどんより暗くて埃っぽい場所であってほしかった。
だからこそ、エスランを連れて花の咲き始めた大地に出たときに、一気に目の前に鮮やかな光景が広がって、うわあ…っ!てなるのだと思うのです。


エスランとビフロスト


メンブリッツやペタルはその、華やかな世界の方にいてほしかったなーと今でも思います。
少なくともエクラージュ関連クエを進行する上では、以前の配置の方が色々やりやすかったですしねw
またエスランとロベルについては当時からあれやこれや言われておりますが…(==;
でもこの話の展開から考えたら、やっぱり彼らは男女や女同士の組み合わせではだめだと思うんです。


私からも礼を言う


まーエスランがロベルに依存しすぎな気はしますが…。一応エスランも優秀な生物学者なのですけどね^^;


・プロフェッサーワームの記憶 1 2


ビフロストの謎に迫る…と思いきや、ますます訳が分からなくなってしまう罠クエw
取り敢えずプロフェッサーワームさんがかつては美男子だったことだけは把握しました=w=;
プロフェッサーワームはちゃんと前面のグラがあるにも関わらず、視点固定の室内にいるがために背中しか見えないんですよね、勿体ない。
あと、このクエに出てくる日記カエルはあれですよね!


しらばっくれカエル


可愛くて可愛くて思わず塔の外に投げ飛ばしたくなっちゃいますよね!\(^o^)/


・美しさの代償 1 2


これも悲壮感が漂うクエですね。色々考えさせられます。
取り敢えず彼らがやろうとしていたことは、パパンとサファ族の融合…ですよね。


こんなモノを望んだわけでは


ウフルは、例えコンプレックスを抱いたままであっても、パパンとして生き続ければそれなりの幸せがあったはずですが、そうではない道を選んでしまったと。
でも外見だけドナのようになっても、結局ドナ達からは認められないんですよね。ドナ達にとって大切なのは「純粋なドナの血が流れていること」なわけですから。
このクエの一番の被害者は、異形の者になってしまった兄を元に戻そうとするウハリと、やってはならないことに手を染めていた父であったとしても肉親を失ったジラニだと思います。


・エクラージュの悪戯キッズ 1 2 EX


キッズというタイトルではありますが、パパンは幼い姿であっても何百年も生きていますから、プレイヤーよりは明らかに年上ですw
まぁその言動は子どもそのものなんですが。


だから貴方が泥棒です!


ギルメンの某氏は、セシリアさんのこの辺りの発言にツボってました=w=
前にも書きましたが、ドミニクの言い分はもっとも、ただしやり方がよくなかったと思います。


・妖精たちの事件簿 


エクラージュクエで唯一、その内容が理由で私がオススメしないクエ…(==;
これまでラフィネもサファも、悪いことをするにはそれなりの理由があったり、後に反省したりしているのですが、このクエのクルイアンは救いようがなくてですね=w=;


犯人が分かりました


強いて言うなら推理ショー形式で進むクライマックスを楽しむクエですかね。


・ラフィネ流ガーデニング 


フィリー様まぢフィリー様w


草木の息づく草原


あの外見で植物を愛するとかもう反則ですよねw
パパン達の大地に力を与える方法は何か色々おかしいですが、微笑ましくていいかなとw


・塔に挑んだ冒険者たち~塔の中の冒険者~食料配達~ほこりの除去~記念品収集~ 


悪夢のジターバグに登場するミンストレル・ニュオーズが先行して登場しているクエですね。


私の大好きなお肉


彼はあれじゃないですか? 喋らなければかっこいいのに系のキャラじゃないですか?w
しかしこんなゴーイングマイウェイな彼がギルドのマスターだというのだから驚きです((((;゜Д゜)))
この系統のクエも、ビフタワーの配置変更によって難易度が跳ね上がってしまいました。


○英雄の痕跡パッチ(2013年11月実装)


レイヤン・ムーア 


魔王モロクを復活させ、アサシンギルドやルーンミッドガッツをはじめとするミッドガルド大陸の各国、そして異世界までを混乱に巻き込んだ張本人、レイヤン・ムーアが捕えられたという一報が舞い込んで始まるショートクエ。
遂にリーンが借りを返せる日が来たのかと思いましたが、運命とは残酷なもので、魔王モロクの情報を提供したレイヤンは今や連合軍の重要人物となり、リーンはその看護と監視を行う役目を担っていました。


昨日のことのようによく覚えている


このクエの見どころは、リーンがモロクの魔王クエ時代の通常モード立ち絵に戻っていることと、異世界クエの重要人物達が一所に集まっていることでしょうね~。
あとね、例のあれですねw
ドン引きされても構わない。


全ては世界樹とカルデュイの


ヒシエさんのこの一言がドツボ過ぎて悩殺されます\(^o^)/


●RagnaROCK FESTIVAL(2010年4月1日限定イベント) 


「魔王モロクとの思い出」としてこのイベントを引っ張り出してくる人は、色々どうかしていると思ってもらっていいかと\(^o^)/
この年のエイプリルフールイベントは、「RagnaROCK FESTIVAL」と題して、モロク全体がロックなことになっていました。
某業務外時間活動のユニットがデビューしたのもこのイベントですね。
そしてそのメインNPCが、


ラグナロックフェスティバル


魔王モロクと魔剣士タナトスだったんですw
このときは魔王モロクがタナトスに連れてこられたと言っていましたね…。
イベント開催中は、次元の狭間に飲み込まれて消失したモロクFマップへの転送サービスがあり、感涙ものでした。


失われたモロクの地へ


Mobとかもそのマップが存在していた当時のままの配置で再現されていたんです。


今は無きモロク→マップ


でもどんなにテンションが上がっても、ソグラド砂漠でのモッシュダイブは禁止です!w


というわけで、何かもう好き勝手に殴り書きした、異世界関連クエの思い出総集編でしたw
本当に私はこの異世界関連のエピソードが大好きなので、思い入れも色々とあるのです…。
その全てを書き出すことは到底出来ませんが、長きに渡って追いかけてきたストーリーの結末が楽しみでなりません。
問題は…最後まで私がちゃんと辿り着けるかってことなんですけどね((((;゜Д゜)))

[2014/10/19 14:08 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<イグドラシルの洞窟の門(守護者クエその1) | ホーム | 異世界クエのまとめ記事一覧>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/932-f9dc7f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。