スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
異世界の種族の言葉(知恵の王の指輪その2)
知恵の王の指輪2回目です。多分今回が、このクエで一番ボリュームのある記事になるかと。
前回の末尾にもちらっと書きましたが、このクエは異世界クエにおいてはかなり平和的に進行していくものなので、安心して見ていられるのが良いところですね。
…頼まれるお使いは、そこまで平和ではないですが=w=;


※※※以下には、「知恵の王の指輪」クエストのネタバレ及び、他の異世界関係クエストのネタバレに類する情報を含みます※※※





前回は、言語学者のディクショナリーに依頼されて、異世界にいる妖精と木の巨人の言葉を記録しに行ったところまででした。
その記録を手に戻ってくると、


彼らの言葉を記録出来た?


ディクショナリーはすぐさま、その成果の程を訊ねてきます。
そんな彼に促されて、


まず妖精の言葉を教えて


まずは妖精の言葉を教えることになるのですが…。


妖精の言葉を一文ずつ


何故かその発音を一文ずつ書き出すことを求められる\(^o^)/
現地で書き留めてきたのだから、その紙を直接渡せば済む話だと思うのですが、これが世界のルールなので仕方ありません(==;
というわけでガシガシ書いていきましょう。


妖精の言葉二行目


妖精の言葉三行目


因みに、ラフィネやサファの発言をSSに撮って控えておいたりしていなくても、クエウィンドウを開けば入力すべき文字列が表示されておりますので、あんちょこを使わない方はそちらを確認されるといいかと。


妖精の言葉はこれで終わり


最後まで書き起こすと、


妖精の言葉を全部合わせると


ディクショナリーが妖精の話していた言葉の全文をおさらいしました。
次は、


次は木の巨人の言葉を教えて


木の巨人の言葉。
こちらも妖精のときと同じく、


巨人の言葉も一文ずつ


一文ずつ書き出していくことになります。


巨人の言葉二行目


巨人の言葉三行目


つらつらと書き進めていって、


巨人の言葉もこれで終わり


最後までいったところで、


巨人の言葉を全部合わせると


再びディクショナリーは、木の巨人の話していたこと全ての内容を確認。
そして…、


妖精と巨人の言葉が分かる?


読める…読めるぞ…!
どうやらディクショナリーにはそれが解読出来るようで、


書いた言葉を厚い本で調べる


それぞれ種族の言葉を書き留めた紙と、沢山の厚い本とを交互に見遣りながら、内容を訳していきます。
程なくして翻訳を終えた彼は、


木の巨人の言葉を翻訳すると


木の巨人が言っていたのは「驚いた。君の種族を初めて見た。君も私を見て驚いているだろ?」という感じのことで、


妖精の言葉を翻訳すると


妖精が言っていたのは「君は誰? サファ族の仲間? こっち来るな!」という感じのことだと教えてくれました。
おお、ここで遂に「サファ族」という名称が登場しましたね。
異種族の言葉を解明出来たことに、凄いですねと素直な感想を述べるプレイヤーでしたが、それでも彼はまだまだだと返してきます。
今回ディクショナリーが彼らの言語を翻訳出来たのは、


紙の上だから翻訳出来たけど


あくまで紙に記されたものだったからであり、その発音についてはまだ完全に分析が出来ていないのです。
しかし、


発音が分からなければ会話は出来ない


彼らとコミュニケーションを取るには、その発音を聞き取り、こちらも彼らの発音で言葉を伝えられなければなりません。
そして発音についての研究を進めるための素材として、


連絡のないウィスパ


ウィスパという人物が「異種族の声を記録する方法がある」とディクショナリーに話していたそうなのですが…。
何の音沙汰もないということは、そちらの進行状況もあまり良くはないようです。
そのウィスパなる人は、


魔法学者のウィスパ


ルーンミッドガッツ王国の魔法学者で、


異種族の声を録る方法がある


彼女の「異種族の声を記録する方法」に、ディクショナリーは期待をしていたのでした。
でも様子が分からないままでは何も進展しません。
ディクショナリーに、ウィスパの様子を見てくることを申し出ると、


ウィスパに聞いてみて


彼は何から何まですいませんと申し訳なさそうにしながら、彼女の居場所を教えてくれました。
…あれ、ディクショナリーはこの建物のことを「駐屯地本部」ではなく「司令部」と呼んでいますね。この建物自体の名称は司令部で、特に中央の大きな棟のことを「本部」と言っている…のかな?
兎も角、今はまずウィスパを探して、話を聞いて来ましょうか。


司令部のすぐ近くにある簡易テントの下に、周囲からは少し浮いた雰囲気を放つローブの女性…ウィスパが佇んでいました。
彼女に声をかけ、ディクショナリーのことを告げると、どうやらプレイヤーについては既にドランスから話が行っていたようで、研究の協力者であることを理解してくれます。


異種族の会話を記録する件


で、問題は異種族の会話の記録についてなのですが。
ウィスパはその問いに対し、


宝石を回収したくても


まだ回収出来ていない、宝石を回収しに行きたくても行けない、と端的に返してきました。
これでは意味が分かりませんから、宝石を回収とはどういうことなのかと訊ねると、


宝石を使って声を記録する


彼女は、異種族が会話している声を記録して、何度も聞き返せるように、赤と青の宝石を使ったのだと答えます。
その2種の宝石には、ウィスパがかけた魔法によって特殊な力が宿っており、


音を魔力に変換して記録する


音の波長を魔力に変換して記録しておける仕組みになっているのだそう。
しかも、かなり広範囲の音まで感知し、記録することが出来るようです。
そしてその宝石を、アサシン達に頼んで駐屯地の外…西と東の地域にそれぞれ埋めてきてもらったのですが…。
あ、何かこの先の展開が読めましたね。


アサシンに埋めてもらったけど


現在、アサシン達は自分達の任務で手一杯となり、宝石を回収しに行ってもらうことが出来なくなってしまったのです。
やっぱり、ディクショナリーが連合軍の兵士達に調査を頼めなくなったのと同じ状況に陥っていたようで=w=;
ここでウィスパが兵士ではなくアサシン達に依頼をしているのは、彼女が王国の出身者だからでしょうね。
駐屯地の人々」においてAXのルーカスが語っているように、魔王モロクによって次元の狭間が穿たれたとき、真っ先に異世界に投入されたのがアサシン部隊でした。そのため駐屯地には王国出身のアサシンが多く駐留していたと考えられます。
また、ウィスパは割りと国に対する意識が強い人物のようなので、他国の出身者が混じっている連合軍兵士ではなく、確実に自国の人間であるアサシン達に頼みたかった、という面もあるのではないかと思います。
いずれにせよ、宝石が回収出来なくては、ディクショナリーに会話の記録を渡すことは出来ません。


だから会話記録を渡せない


困ったウィスパは、代わりに誰か行ってくれれば助かるのだけどと呟き、


手伝ってと言わんばかりに


「手伝って」と言わんばかりの眼差しで、こちらを見つめてきました=w=;
えー、ここでは素直に引き受けてもウィスパの台詞が短くなるだけなので、さくっと断っていきますねw
じゃ、また宝石が回収された頃にまた来るから!とその場を立ち去ろうとすると、ウィスパはしばしの沈黙の後、


何で手伝わないのよ…


「何で手伝わないのよ…」と小声で毒づきます\(^o^)/
しかし、何か言いましたか? と、しれっと訊ねると、


何も言ってない気のせい


何も言ってない、気のせいだと返してくるウィスパ。
けれど、「それならまた後で」と再び離れようとすると、流石の彼女も観念したのか、


引き留めてくるウィスパ


今度ははっきりと声をかけて引き留めてきました。
それでも、まだ自分からお願いをする気はないようで、


宝石が回収出来ず困っている


宝石が回収出来なくて困っていることは分かりますよね、とプレイヤーに訴えてきます。
更に、


三ヵ国で翻訳機の研究を


この翻訳機の研究は三ヵ国で協力して進めているものだから、


私の失敗は王国の失敗


もし自分が失敗すれば、それは個人の失敗ではなく、王国の失敗と見なされてしまうと、


王国の失敗と見なされていい?


そうなってもいいのかと問いかけてくるウィスパ。
けれど、そこまで食い下がっても、プレイヤーから返ってきたのは沈黙だけでした。
それでもう諦めがついたのか、


回りくどい言い方はやめます


彼女は一度黙り込んだ後で、回りくどい言い方はやめると口にすると、


単刀直入なウィスパ


単刀直入に一言、手伝ってくださいと頼んできます。


お願いだから宝石の回収を


お願いだから、宝石を回収してきてと。
そのあまりの気迫に、


ウィスパの気迫に


思わず頷いてしまうプレイヤー。
今回は珍しく抵抗したままで会話が進んでいくと思ったのに、最後の最後でこれとは、相変わらず押しに弱いな\(^o^)/
当然ウィスパは大変喜んで、


手伝ってくれるって信じてた


貴方なら手伝ってくれると信じていた、と一体どの口で言っているのか分からない礼を述べ、宝石についての具体的な説明を始めました。
なお、ウィスパから暗に手伝いを求められた際に、宝石の回収をこちらから申し出た場合は、すぐにこの台詞まで飛びます。
宝石は駐屯地の東西それぞれに1つずつ、合わせて2つ埋められていて、


一つ目の宝石の在り処


その1つは、妖精が目撃された場所の程近く、キノコのような構造物の下に埋められているそう。


二つ目の宝石の在り処


そしてもう1つは、巨人の目撃地点に近しい場所の木の下に埋めてあるとのこと。
どちらも一度足を運んでいますから、迷うことはなさそうですね。
…っていうか、ディクショナリーの依頼と同時に宝石の回収のことも相談しておいてくれたら、行くの一回で済んだんじゃん^^#
まぁ宝石の在り処については問題ないとして、回収の際に一つ注意しなければいけないことがありました。
それは、


アサシンがトラップを仕掛けた


アサシン達が宝石を埋めたときに、ちょっとしたトラップを仕掛けたということ。
一体どんなトラップかというと、


ウィスパが失神するような罠


もしウィスパがかかったら、失神してしまうようなものらしい。
とは言え、アサシン達は笑ってそのことを話していたようなので、不用意に宝石に近付いてきた者を驚かす程度のものなのでしょうが、それでも気を付けるに越したことはありません。
それでは、さくっと言ってきましょうか。


最初は妖精を見かけた地域の方から。
確かにキノコ装置の近くに怪しげなところがあり、


赤い宝石が埋もれている


盛り上がった地面に赤い宝石が埋められていました。
それを掘り起こして、


赤い宝石を掘り出した


土の中から赤い宝石を取り出します。
続いて木の巨人を見かけた地域に。
ウィンドウで隠れてしまっていますが、巨人の背後に立つ木の下を調べると、


青い宝石が埋もれている


盛り上がった土の中に、青い宝石が埋められていました。
こちらもしっかり掘り出していき、


青い宝石を掘り出した


青い宝石を回収します。


えーっと、このスパノビ娘は運良くトラップを回避してくれましたが、ここでアサシンのトラップに引っ掛かるとこういうことになります。


アサシンが仕掛けたトラップ


宝石に触れた瞬間、盗虫が襲い掛かってきて、それに驚いて宝石を取り損ねてしまうことに((((;゜Д゜)))
そういえば駐屯地にもいましたね…ごっきー…(会議のおともクエ参照)
しかもここで盗虫を湧かせてしまうと、


全て倒さないと進行しない…


それら全てを退治するまで吹き出しが消えてしまい、クエが進行出来なくなるおまけ付きなんです(==;
もちろんそのトラップは、


トラップに驚いて宝石を取り損ねる


マヌクの方でも同じ。
今でこそこれは、ちょっと面倒くさいギミック程度なのですが、異世界拡張パッチ実装当時はですね、本当にMob達が強かったんですよorz
当初は狭くてMHになりやすい場所に宝石が埋まっていたマヌク側は元より、スプレ側ですらもたもた盗虫退治なんてしていたら、ピンギに絡まれてゴリゴリHPを削られていくような状況。そこへルシオラが飛んできた日には、もう声にならない叫びを上げる勢いでした(つ△T)
だからこのトラップが何度も発動すると、本気で殺意を覚えるレベルでしたよ^^;
ですが、異世界改修パッチのおかげで、木の巨人と青い宝石は良くも悪くもマヌクF2マップへと移動し、トラップが発動する確率は引き下げられ、掛かったときに湧くごきの数も10体から3体へと減少されました。
それによってクエをやる際に転がる危険性がかなり減ったので、これが来たときには結構本気で嬉しかったですw
その割りには…このサラ娘は空気を読んで、両方のトラップに掛かってくれましたけどね=w=;


何はともあれ、2つの宝石の回収は成功しましたので、それをウィスパに届けてあげましょう。
駐屯地に戻ると、プレイヤーの姿を認めたウィスパが、お帰りなさいと声をかけてきます。


2つの宝石をウィスパに


思ったより早かったと言いながら、宝石を見せてくれるよう求めてくる彼女。
プレイヤーが回収してきた「赤い宝石」と「青い宝石」を渡すと、


早速宝石を調べるウィスパ


ウィスパは間違いなくこの宝石だと声をあげ、早速それを調べ始めました。
さて、気になる宝石の音声記録状況ですが、


音声の抽出は出来る


ウィスパ曰く「雑音は多いけれど音声の抽出は出来る」状態だそう。


妖精の言葉の録音


異種族の言葉も無事に録音が出来ていました。
因みにここで彼女が確認しているのは赤い宝石の方。
呟いている内容は、プレイヤーがディクショナリーに教えた妖精の言葉の二行目と一致しています。
もう一つの青い宝石の方も、


木の巨人の言葉の録音


問題なく会話が録れていたようです。
こちらは木の巨人の話していた言葉の一行目と同一ですね。
と、そこで何かに気が付いたらしいウィスパ。
どうやらその宝石には、


人間の声も録音?


異種族の言葉だけでなく、人間の声まで記録されていたようです。
思わず聞き入るウィスパの耳に入ってきたのは、


聞こえてきたのは…


誰かの愛の告白でした\(^o^)/
しかしそれは、


告白の結果は


残念な結果に終わってしまったようで=w=;
かと思えば、


衝撃の事実が色々と?


楽しそうにデートをしている二人の話し声が聞こえてきたり。
…って、駐屯地の人達は異世界で何やってるの仕事しなさい仕事!ヽ(`□´)ノ
そして思いがけない収穫を得たウィスパは、


他にも色んな会話が録れている


他にも色々な会話が保存出来ているらしいことに嬉々として、


後でゆっくり楽しもうっと…


後でゆっくり楽しもう、と含み笑いを零しました。
ちょっとウィスパも何やってるの仕事しなさい仕事!ヽ(`□´)ノ
そんな彼女の様子に、どうかしたのかとプレイヤーが訊ねると、


大丈夫です録音出来ていました


そこで我に返ったウィスパは、何でもないと答え、ちゃんと録音出来ていたから大丈夫だと取り繕います。
更に、


異種族の会話を抽出して


異世界の種族が話していると思われる会話を全部抽出して、それをディクショナリーに渡しておくと続け、


ディクショナリーが困っていたら


またディクショナリーが困っていたら手伝ってあげてほしい、自分の手伝いをしてくれてありがとう、と矢継ぎ早に口にすると、


ディクショナリーに会話記録を


プレイヤーとの会話もそこそこに、もう会話記録をディクショナリーに渡すと言って、司令部の方へ走り去ってしまうのでした=w=;


といったところで一区切り。
今回は翻訳機を作成するために異種族の言語について調べていくパートでしたね。
でもって、このクエで一番面倒な部分でもありました^^;
今は比較的いつでも気軽にやれるクエになりましたが、昔は転がって当たり前な部分があったので、EXPが0%になったタイミングを見計らって進行していたものでした。
もう異世界Mobが強かった頃のアサシンのトラップは、命からがら宝石を取りに来た人を絶望させるくらいの威力がありましてw
特にマヌクF3は、細い道にいる木の巨人の近くに上手いことテレポ着地するにも凄く時間がかかったもので、うっかり手間取ってごろりんしてしまうと、戻ってくるのがえらい大変でしたorz


旧青い宝石の在り処


しかし…そんな面倒で大変な作業のあるこのクエを、実装直後にタイムアタック(※)で駆け抜けた人がいるんですよね。今でもそれを考えると、何て飛んでもないことをやっていたんだと思いますねw
また、今回登場してきたウィスパですが、久々に出身国に拘る人が出てきたなって感じで興味深かったです。すんなり彼女の依頼を引き受けてしまうと、そのことは分からないのですがw
でも彼女はドランスやディクショナリーに対して非常に協力的ですし、他国を目の敵にしている様子はないんですよね。
だからこれは、争うとか競うとかいうことではなく、単に自分のせいで王国全体のことを悪く言われなくないという想いだったのかなと。
そんなウィスパの在り方と、「会議のおとも」クエでの初期のリョースンの態度を見比べてみると、異世界に進出した直後の3国の関係と、異世界の調査が進んできたイグドラシルアプデ時点での3国の関係の違いが垣間見えて面白いですよね。
まぁ、ドランスやディクショナリーがウィスパと同じような考えを持っているとは、あまり思えませんがw
ではでは、次回はいよいよ、彼らの研究成果が実を結ぶ…予定です=w=


※タイムアタックとは…、異世界拡張パッチ(イグドラシルアップデート)実装の際に、公式が行ったRO内連動企画の「クエスト早解きキャンペーン」のこと。
あらかじめ、スプレにいるラフィネ族とマヌクにいるサファ族の中から一人ずつ、お題となるNPCのSSが公開されていて、その二人がそれぞれ何と言っているのか、翻訳された台詞を回答する、というものでした。
と、そこまで見ると至って普通のクイズキャンペーンのようなのですが、それが何と、正解者の中で「メンテが終了してから応募を完了するまでの時間」が短かった人から順に入選となり、賞品をもらえるというシステムだったのです。
つまりメンテ明けにIN出来ない人は、スタートラインにすら立てなかったという\(^o^)/
そしてそれに応募するには、サーバーが開くと当時に知恵の王の指輪クエに着手→クリアして、スプレ及びマヌクまで赴き、SSに写っているNPCを探し出して話さなければなりませんでした。
このキャンペーン自体は、新クエ&新マップへの関心を高めるいいものだったと思うのですけどねー。多くの人が参加し辛い条件での開催だったのが残念でしたね=w=;
でもそれなりに反響はあったようで、後に同じタイプのキャンペーンが、若干改善された内容で行われたりもしていました。


おまけ。
探してみたらまだ上記キャンペーンが掲載されているイグドラシルアップデートの特設サイトが残っていました。
一応画像としてもキャンペーンの要項と回答のページを拾っておきましたので、気になる方は当時の気分で問題に解いてみてはいかがでしょ。
・問題やルール等。左右にちらっと覗いているラフィネズが可愛い。


イグドラシルアップデートクエスト早解きキャンペーン


・回答。因みに公式の方を見ると入賞者の記録タイムが確認出来るのですが、それが軒並み1h越えである理由は次回に。


イグドラシルアップデートクエスト早解きキャンペーン回答


[2014/07/28 23:06 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<この指輪で異世界の冒険を(知恵の王の指輪その3) | ホーム | ピカピカフェまっさいチュウ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/886-ba2e1792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。