病院に巣食う悪夢を討ち祓え!
えー、あれこれがひと段落しているこの隙に、ストーリー的にはクエの続きだけどこれまでクリア出来なかったから放置していた、ポートマラヤ系のメモDについて見ておこうかなと。
これはアマツ桜花幻燈祭の幻燈鬼ちゃん記事でも取り上げていますので、内容が被る部分も多いかとは思いますが、折角なので単独でまとめておきたいと思いまして。
そんなわけで今回紹介するのはビョンウンゴ病院です。
先に断っておきますと、ビョンウンゴの他にバコナワさんについてはまとめることが出来るのですが、ブワヤはいまだにちょっとあれなので今回も触れないまま通り過ぎます^^;


※※※以下には、メモリアルダンジョン「闇のビョンウンゴ病院2階」及び、「新任看護師と病院」クエストのネタバレを含みます※※※





まず先に、プレイヤーがビョンウンゴ退治に協力することになった経緯について、ざっくりおさらいしておきます。
人間に化けたビョンウンゴに騙されたプレイヤーは、看護師のマエンがビョンウンゴを退治するべく張った結界を無効化してしまいます。
結果、弱った患者のいる病院の2階へのビョンウンゴの侵入を許し、自分の身も危険に曝すこととなりますが、間一髪のところでマエンによって救出されました。
事の真相を知ったプレイヤーは、その行為の責任を問われ、マエンのビョンウンゴ退治に協力することになったのでした。
この辺は「新任看護師と病院」クエの内容になりますので、もうちょっと詳しい話を知りたい方は、そちらのまとめをごらんいただければと思います。(その1その2)
また、アマツ桜花幻燈祭の記事でもビョンウンゴDのことについて触れていますので、よろしければそちらもご参照ください。


それでは、再び恐怖の病院へ突入していきましょう。
病院の前で待つマエンは、


ビョンウンゴの気が感じられる


病院の外からでもまだビョンウンゴの気が感じられると警戒しています。
彼女と共に恐る恐る中へ入っていくと、


ビョンウンゴの気配が消えていない


やはりそこに残るビョンウンゴの気配は、完全には消えていませんでした。
しかし厄介なことに、ビョンウンゴは悪夢の力によって身を潜めているため、


悪夢の力で隠れている


ただ闇雲に2階を探して回ったのでは、倒すどころか交戦することすら叶いません。
けれど心配は無用です。
そういったことが専門であるマエンが、ビョンウンゴを誘き寄せる役目を買って出てくれました。


私がビョンウンゴを誘き寄せるから


そこで、まずは2階へと続く階段に向かうことになります。
この部分は、つい最近まで自力で階段を目指さなくてはいけなかったのですが、ポートマラヤ改修パッチで転送をしてもらえるようになりました。
これはかなりの良修正。
更に階段付近にいるマエンに声をかけた時点で、


2階入り口にいるマエン


その旨のモノローグが流れ、Mobのいない専用マップへと転送されます。
以前はメモDを生成してもらっている間にテレポアウトしてきたMob達にぼこぼこ殴られて、D内に入ったときには満身創痍なんてこともありましたからね^^;
専用マップが間に挟み込まれるようになったのはとても良かったです。
そしていよいよ、


ビョンウンゴを倒しにきたのね?


マエンにビョンウンゴを誘き出してもらい、


ビョンウンゴを誘き寄せる


準備が出来たところで、ビョンウンゴの潜む病院の2階へと歩を進めていきました。


さてこのビョンウンゴDは、突入しただけではまだイベントが開始されないので、まずは落ち着いて、その場で各種ブースト等を行うといいかと。上記の専用マップはスキルが使用出来ませんからね。


落ち着いて戦闘準備


そこから一歩右に動くとトリガーが発動し、病室での戦いが始まります。


もう私を止めることは出来ない


「ここから出て行け」というビョンウンゴの不気味な声が辺りに響き渡り、放たれる彼女の部下…悪夢のマンククーラム。
前にも書いたように、私はここでビョンウンゴにキャラ名を呼ばれることに割りとドキッとしまうのですが、そうですよね、彼女はラズに化けていたのですから、こちらの名前を知っていて当たり前なんですよね^^;
これはPTで行ったらPTLの名前が呼ばれるのでしょうか。
また、このときに湧く悪夢のマンククーラムは、真横から襲ってくるのですが、知らずにスタスタ病室に向かおうとすると背後から追いかけられる形になるのですよね。
これも最初「ええっ、後ろ?」と驚かされました。
警告のため仕向けられたマンククーラムを倒したことを、


恐ろしい悪夢を見せてやる


その言葉には従わないというプレイヤーの意思表示と受け取ったビョンウンゴは、「恐ろしい悪夢を見せてやる」と言い放ちます。
そこへ、1階で待つマエンが呼びかけて来ました。
彼女の情報によると、ビョンウンゴのいる部屋の入り口は閉じられているそうで、まずは病室にいる部下達を退治することに。
以降、6つある病室の手前から順に悪夢のマンククーラムが湧き、それを全滅させるとビョンウンゴの呪いの言葉と共に、次の病室にMobが出現します。
↑の左上の部屋と、


本当の痛みと苦しみを


左下の部屋には2体。


お前の苦しみは私の力となる


中央上と、


私に聞かせてみろ


中央下の部屋には3体。


もっと苦しむがいい


右上の部屋には4体。


もっと怯えろ、怖がれ


最後の右下の部屋には悪夢のマンククーラム4体に加え、悪夢のマナナンガルも1体追加されてプレイヤーに襲い掛かってきます。
各病室のベッドには入院患者が横たわっていますが、この時点ではまだ何もしてあげられません。
そして病室の部下達を全滅させると、


生きて帰ることは出来ないぞ


「本当の苦しみを教えてやろう…」という言葉と共に一番奥の部屋の扉が開かれ、いよいよビョンウンゴ自らがプレイヤーに牙を剥きます。


というわけでこちらが、病院に巣食う悪夢のビョンウンゴ。


悪夢のビョンウンゴ


あのほっそりしたラズからは想像も出来ない姿…。あーこれはまさしく悪夢だわ=w=;
ビョンウンゴ戦は部屋に入った瞬間から交戦時間がカウントされ、


病に苦しむ者の悲鳴を聞いたことがあるか


一定時間が経過したところで、ビョンウンゴがプレイヤーに問いかけをしてきます。
息をすることすらままならないほどに重い病がどのようなものか知っているか、それに苦しむ者達の悲鳴を聞いたことがあるか、と。
それは悪夢の始まり。
知らぬのなら、聞いたことがないのなら、私がそれを聞かせてやる、とビョンウンゴは声をあげると、


患者に取り憑くビョンウンゴ


本体は外部からの干渉を受けない「憤怒のビョンウンゴ」の姿になって病室の患者に取り憑き、部下達をけしかけて患者を痛め付け出したのです。
ビョンウンゴが患者の苦しみによって力を蓄えようとしていることに驚愕し、慌ててそれを阻止するよう声をかけてくるマエン。


ビョンウンゴが力を蓄える前に


やがて、ビョンウンゴに憑かれた患者の悲痛な叫びが聞こえてきました。
この病室パートが発生してビョンウンゴが憤怒モードに突入すると、戦闘パートに戻るまで一切ダメージを入れることが出来なくなります。
また、ここでビョンウンゴが取り憑く対象は、6部屋に2人ずついる患者の中からランダムで決定されますが、病室パートに突入してからマンククーラムが湧くまでには若干のタイムラグがあるため、叫び声を聞いてから探し始めた方が賢明です。
手前から入り口方向に向かって全部屋を探したけどいなくて、戻ってきたら最初に探した病室に湧いていた、なんてこともありますので。
通い詰めている人であれば、形容詞を見るだけで何処にいる患者か分かるのかも知れませんがw
そしてこのパートで、ぼんやり憤怒ちゃんを眺めたりしていると、


患者の苦しみで回復するビョンウンゴ


ビョンウンゴは患者の苦しみを糧に、じわりじわりと回復していってしまいます。
患者も浮かばれませんので、早急に退治しに行ってあげてくださいな^^;
取り憑かれた患者は、


ビョンウンゴに憑かれた患者


死神が頭上に浮かび、高熱にうなされているかの如く全身が真っ赤に染まっています。
この赤いエフェは、気合を入れたり力を込めたりする演出にも使われるものですが、このシチュエーションで連発されていると本当に苦しそうに見えるから不思議ですね。
因みに、ここでのマンククーラム討伐に手間取っていると、


もっと苦しめろ、呪われし病よ


ビョンウンゴの2回目のアナウンスと共にこのエフェも消えてしまいます(1回目のアナウンスは↑の「患者の苦しみが~」)。
そのときの色々手遅れ感がどうにも半端なく感じられて、何だか無性に焦ってしまうという=w=;
2体のマンククーラムを倒すと、


続けてこの私を相手にすることが


続けて自分を相手に出来るのか、と余裕の調子で語るビョンウンゴとの戦闘が再開されます。
マンククーラムを倒せなかった場合も、


もうそろそろ私と遊んでみるか?


一定時間が経過するとビョンウンゴに呼び戻されて、再戦を余儀なくされることに。
そして病室パートから戦闘パートに戻る際、ビョンウンゴの部屋には2体のマナナンガルが追加湧きします。
このマナナンガルは無理に倒す必要はありませんが、病室パートが明けるたびに2体ずつ増えていくので、長期戦覚悟なのであればこまめに倒しておいた方がいいです。
そんなこんなで、ビョンウンゴの体力を削り切ると、


忌み木に姿をやつすビョンウンゴ


今度は「忌み木のビョンウンゴ」となって部屋の中央に出現。
これこそが、古木に宿った悪霊であるビョンウンゴの、本来の姿。
こうなるともう、向こうはこちらに手も足も出せません。
けれどビョンウンゴはこの姿になっても、放っておくとどんどん体力を回復してしまいます。
忌み木モードは草タイプのMobなのですが、


ビョンウンゴが復活してしまう前に


比較的HPも高めでその上制限時間付き。
例によって時間が経過するにつれて、


私は不死身だ、すぐに復活してやる


減らず口を叩くビョンウンゴの声が響いてきます。
更に、あまりに時間がかかり過ぎてしまうと、


力を回復して戻ってきたぞ


やがて強気の笑い声と共に、ビョンウンゴが復活を遂げてしまいます。
SSでは倒しているように見えますが、これはイベントの進行で自動的に倒れた状態。
そしてここでビョンウンゴを仕留め損なうと、病室パートのときとは違って少し面倒なことになりまして。
病室パートはマンククーラムを倒せないまま時間切れになってもそこまで回復されないのですが、こちらはビョンウンゴ戦を最初からやり直すことになってしまうのです。
とはいえそこまでASPDが高くなくても忌み木モードを削り切ることは可能。
強いて言うなら病室パート後に湧くマナナンガルは、このときも変わらず襲い掛かってくるので、


マナナンガルは健在


うっかりそちらの相手をしてしまうと時間がぎりぎりになってしまうかも知れません。
無事に忌み木モードを倒せれば、


私は必ず戻ってくる


捨て台詞と共にビョンウンゴは消滅、マエンから労いの言葉をかけられ、報告を聞かせてほしいと頼まれます。


1階で待機しているマエンのところへ戻り、経緯を伝えると、


本当にビョンウンゴを倒すなんて


彼女は改めて「お疲れ様」と声をかけてくれ、ビョンウンゴを倒したことに対して、なかなかやる、と褒めてくれました。
しかし、ビョンウンゴがこれで大人しく病院から出て行ってくれるとは考えられません。


また力を借りるかも知れないから


マエンは、またビョンウンゴが姿を現したそのときには力を借りるかも知れないから、時々ここに来てくれると助かると言って、古代の呪符を渡してくれるのでした。


というわけで「闇のビョンウンゴ病院2階」メモDのまとめでした。
繰り返し挑戦するメモDの特性上、完全に病院を救うことは出来ないのが歯痒いところですが…。
しかしまぁ、長きに渡って新任看護師と病院クエで失態を犯したままになっていたので、面目躍如出来ただけでもよかったかな。
私がそれをやれるようになったのは、やはりポートマラヤの大規模修正が行われたことが大きかったです。
ビョンウンゴDに関しては、そもそも突入するまでが大変という酷い状況でしたからねw
まぁ1階のMobの露払いも出来ないようでは、ビョンウンゴを倒すことは困難だろうって判断で、ああいう状態になっていたのだとは思いますが…(==;
でもって、私が最初にアンリミの威力を実感したのがこのビョンウンゴ戦でして。
アンリミを取得する前は、ビョンウンゴを倒すまでに必ず1回病室パートを挟んでいました。それで2回目のアナウンスが始まる頃に忌み木化するみたいな感じで。
でもビョンウンゴを捕捉したらすぐにアンリミを入れるようにしたら、


アンリミでビョンウンゴ狩り


1回目のアナウンスが終わるまでに忌み木モードに突入出来るようになったのです。
早く倒せれば被弾する機会も減りますし、何より病室に戻らなくていいため、非常に楽になって驚きました。
そんなこんなで、クエの方のまとめのときにも書きましたが、ポートマラヤが「悪霊の住まう南国の街」であることを最も実感出来るのがこのビョンウンゴ関連のストーリーだと思いますので、難易度も引き下げられたことですし、まだノータッチという方は是非挑んでみてくださいな~。
あと物凄く余談ですが、タイトルの変換は悪霊を討伐することに引っ掛けた当て字ですので、そのまま使わないでくださいね=w=;

[2014/06/08 20:49 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<月を喰らう龍と妖狐と鷹と | ホーム | 巡る季節の中で(海だ!山だ!異世界だ!)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/868-e6469408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |