スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
あるハンターの道具(笛吹きハンター!その2)
引き続き、弓手向け鷹師用装備入手クエである、笛吹きハンター!を見ていきます。
実は前回までの内容はクエの前置き部分であって、全然本題に突入出来ていないんですよね=w=;
でもこのクエは今回で終わらせられると思いますので、がしがし見ていきますよー。


※※※以下には、「笛吹きハンター!」クエストのネタバレを含みます※※※





前回、動物を伴ってHun転職試験を受けることを認めてもらうべく、Hunにとって非常に利用価値のある「鳥狩の呼子」を見てもらおうと、カエクスと共にHunギルド員を訪ねるところまで進めました。


プレイヤーの戻りを待っていたギルド員に、


鳥狩の呼子を持ってきました


挨拶をしつつ鳥狩の呼子を差し出すカエクス。
自らやって来たカエクスに、


よく話も聞かず追い返して


ギルド員が「この前はよく話も聞かずに追い返してすまなかった」と気まずそうに謝りますが、


ギルドのルールを守っただけ


彼は「お姉さんはギルドのルールを遵守していただけだから」と淀みなく返します。
そんなカエクスの姿を見て、ギルド員は「いい子だな…」と感慨深そうに目を細め、


カエクスにお願い


「そんな君に一つお願いがある」とおもむろに口にしました。
彼女の突然の申し出に、何でしょうと真面目に答えるカエクスでしたが…。
ギルド員の頼みとは、


一度でいいからお姉ちゃんと…


一度でいいから自分のことを「お姉ちゃん」と呼んでみてほしいというもの\(^o^)/
そういえば彼女は、自分の弟がよそよそしくなってしまったことを嘆いていましたね^^;
…って、ちょっと待った。ついさっき「お姉さん」って呼ばれてるけどそれじゃだめなのか=w=;
予想だにしていなかったその言葉に、カエクスは小さく驚きの声をあげますが、


頼み倒すギルド員


なおも強い口調で頼み続けるギルド員の勢いに押され、しばしの沈黙の後、


…お姉ちゃん?


戸惑いながらも要望に応えてあげます=w=;
次の瞬間、


衝撃を受けるギルド員


目に見えない衝撃を受けるギルド員\(^o^)/


ギルド員に効果は抜群だ


何か想像以上に効果は抜群だったらしいです。つまり被ダメ2倍です。
しかし彼女はすぐに取り繕い、


変なお願いをしてしまって


変なお願いをしてしまってすまないとカエクスに侘び、頼みを聴いてくれたことに礼を言いました。いやまったくです。
当のカエクスはというと、


困惑のカエクス


彼女の言動に困惑した様子。…まぁそうなりますよね(==;
でも取り敢えず満足したらしいギルド員は話を元に戻して、


鳥狩の呼子を見せてくれるかな


鳥狩の呼子をお姉ちゃ…じゃなくて自分に見せてほしいと促します。
カエクスが手渡した笛を、ギルド員は珍しそうに見つめ、


不思議な形をしてはいるが


不思議な形をしてはいるけれど、特殊な力を持っているようには見えない、と正直な感想を述べました。
彼女はカエクスに、


これの使い方を知っている?


その笛の使い方を知っているか確認し、


姉に使用法は教わっている


カエクスも、姉から教わっていると言って頷きます。
それを聞いたギルド員は、


笛と共に上層部に報告して


彼の話を報告書にまとめ、笛と共に上層部に渡した上で、カエクスのHun試験への挑戦を認めるかどうか、判断を仰ぐことにすると返答。
その言葉を聞いてカエクスは喜び、ギルド員に礼を言いました。
更にギルド員は、今度はプレイヤーの方へ向き直ると、


何もせずに待つのは…


結果が出るまで時間がかかりそうだから、その間何もせずに待っているのはつまらないだろう? と訊ねてきます。…これはどう考えても面倒事を押し付けられるパターン\(^o^)/
それを事前に回避すべく、いや別に待つのとか全然平気だし、と返事をすると、


流石に君を待たせるわけには


流石に君を待たせるわけにはいかない、と何故か焦り出すギルド員。
お願いを聞いてくれたらカエクスの件に色を付けて報告をしてもいい、と取引を持ちかけてきます。
その目は鋭い眼光を宿し、


つべこべ言わずに受けろ


どう見ても「つべこべ言わずに手伝え」と訴えかけていました。
…今の状況で彼女の機嫌を損ねさせるわけにはいかないので、止むを得ずその頼みを引き受けることに。
ギルド員の意を汲んで、待つのはちょっと苦手ですねーと話を合わせておくと、


だよなあうんうん


途端に上機嫌になる彼女=w=;
実は手伝ってほしい依頼がいくつかある、と切り出してきます。
もちろんそれを達成したあかつきには、


カエクスの件に色を付けても


彼女がカエクスのことを上層部に伝える際に、色を付けてもいいとのこと。
しかもこれは、


ギルド員の完璧な提案


プレイヤーが待ち時間の暇を潰せるだけでなく、その間ギルド員はカエクスと親睦を深めることが出来るという完璧な提案。
…えっと、プレイヤー→時間を潰せる、カエクス→Hunギルド上層部により優位に報告してもらえる、ギルド員→仕事をやってもらった上にカエクスにお近付きになれる。
なるほど完璧ですね!ってそんなわけあるかー(ノ`□)ノ⌒┻┻
まぁその交換条件は、悪くはないのですが、


妙に緩むギルド員の口元


どうにもそれを持ち掛けるギルド員の口元が、緩んでいるように見えてダメだこりゃ=w=;
兎にも角にも、準備が出来たら再度ギルド員の話を聞くことになります。


動揺するギルド員


…何か余計なこと考えてますけど\(^o^)/
でもって彼女の頼みとやらを聞いていきますと、Mob討伐かアイテム収集のどちらかを任されます。これは好きな方を選んでOKで、達成が難しいと思ったら途中から変更することも可能です。
討伐は、


グリーンイグアナの討伐


グリーンイグアナ。
アイテム収集を選ぶと、


鷹に飲ませる薬の材料


Hunギルドで管理している鷹に与える、漢方的な薬の材料を集めてほしいと言われ、


薬の材料あれこれ


アロエの葉や紙類、水溶液2種を求められました。
さて、突然ですがここで問題です。


完全擬態のグリーンイグアナ


このSSにグリーンイグアナは何匹いるでしょうか!
いやー何かもう、これをやりたいがためにこの地域のマップとこのMobのグラをこんな風にしただろって感じですよねw
正解は…ええと…4匹かな?(自信がない)
そんな擬態に惑わされつつ、指定された数を倒してきまして、


討伐を完了したか


ギルド員に報告します。


アイテムを集めてきたか


アイテム収集の場合も同様に。


すると、しばらく待った後にギルド員が、


面倒事を頼んでしまって


今回は面倒なことを頼んでしまってすまなかった、侘びを入れてきます。
おかげで久々に何ちゃら言っていますが、聞こえなかったことにしましょう(==;
それで結局カエクスの件はどうなったのかというと、


呼子の性能とカエクスの事情を


鳥狩の呼子の性能と彼の事情について、ギルド員が上層部に掛け合った結果、


ギルドに協力する条件で


今後もHunギルドに協力をするという条件付きで、動物を伴って転職試験を受けることが許可されたそうです。
その手の平を返すような意見の変わりっぷりには、流石のギルド員も「今まで守ってきたことは何だったのか…」と呆れ気味でしたが、ともあれカエクスの望みが叶ったことには違いありません。
そしてHun試験への挑戦権を得たカエクスはというと、


ハンターへの転職を達成した


そのまますぐに試験を受け、見事Hunへの転職を果たしたのだとか。
…早っ。ここまで協力したんだから、ちょっとくらい待っててくれたっていいじゃんorz
とは言え、今回のカエクスの件はある意味特例。


カエクスの試験については…


このことについて他言は無用で、と頼まれます。
あ、うっかり記事にしちゃったので、皆さんも何も聞かなかったことにしておいてください。
というわけで何もかも上手くいったように見えるこの一件ですが、ギルド員には何やら引っ掛かることがあるようで、


カエクスの話のおかしな点


カエクスと話をしていたら色々とおかしな点が出てきた、とおもむろに口を開きます。
まずカエクスの姉についてですが、


姉のように慕っていた…が正しい


その姉というのは、血の繋がった本当の家族ではなく、「カエクスが姉のように慕っていた人物」というのが正しいらしい。
更に鳥狩の呼子に関しても、


呼子を勝手に持ち出していたから


カエクスが姉と称する女性の持ち物を、勝手に持ち出して使っていたため、彼女はそれを止めさせるために止むを得ず作り方を教えることにしたようです。
加えて、


彼女の行く先々に現れては…


カエクスは動物達の力を借り、その女性の行く先々に姿を現しては、彼女の様子を物陰から窺っていることも。
そのことついて本人から注意を受けても、彼は「姉を心配するのは当たり前」と言って聞き入れませんでした。
そればかりか、


よく分からないプラス思考


そんな状況に対して「自分が一人前になることを姉が望んでいる」「自分には姉を守る使命がある」といった捉え方をしているようで…。
…ギルド員も大概だと思っていましたが、彼の方が色々始末に負えない感じですね((((;゜Д゜)))
姉と呼ばれていた人物が黙って姿を消したのは、カエクスに原因があるようにしか思えないんですが\(^o^)/
ギルド員はそこまで言ったところで、


これ以上深く追及するのは…


いずれにせよ鳥狩の呼子がHunにとって利用価値の高いものであることには違いないから、深くは追求しない、とこの話を打ち切りました。
なのでこちらも話題を切り替えて、カエクスがHun試験を受けられるようになった条件である、「Hunギルドへの協力」とはどんなことなのかを訊ねてみます。
それは、


カエクスのお仕事


先程ギルド員がプレイヤーに頼んだことのような、Mobの討伐やらアイテムの収集やらの依頼の斡旋。
つまり、カエクスは自分を通して依頼を達成した者に、


鳥狩の呼子やその他の道具


鳥狩の呼子やその他諸々の道具を贈呈する役割を受け持つことになったのです。
その他のものとは、


鳥狩の呼子以外にも


鳥狩の呼子以外にも彼が作れるという、Hun達に役立つ装備品のことのようですが、詳細についてはカエクス本人に訊いてくれとギルド員に断りを入れられます。
というわけで、念願叶ってHunになり、今後はHunギルドのために働くこととなったカエクスに会いにいくことに。


カエクスに声をかけると、


無事ハンターになることが出来た


彼は「おかげで無事Hunになることが出来た」と喜んで、礼を言ってきました。
早速、彼がHunギルドから請け負ったという仕事について訊ねてみましょう。
何でも、


鳥狩の鉤爪と鳥狩の弓懸


カエクスが姉と慕う女性は、「鳥狩の呼子」の他にも「鳥狩の鉤爪」と「鳥狩の弓懸」という道具の作製方法を彼に教えてくれたそうで、


カエクスが斡旋した依頼を


カエクスはそれらを、自身が斡旋した依頼を達成したHunに報酬として渡すことになったのだとか。
そして、今回協力したお礼にと、


僕に協力してくれたお礼


カエクスは鳥狩の呼子を譲ってくれ、


鳥狩の呼子入手


また会い来てくれたら嬉しいと話すのでした。


というわけで、カエクスのHun試験を巡る内容はこれで一件落着。
ここからは彼の依頼を受けて、鳥狩シリーズを収集していくことになりますが、それはまた次回に…。
クエ中で何度か話題に上がっている「カエクスが姉と慕う女性」のことについてちょっと触れておきますと、前回彼女は「臆病で自然を愛するHun」だと紹介されています。
その一言でピンと来る方もいるかと思いますが、これは生体3FのMob「セシル=ディモン」のオリジナルとなった人物の、jROでは公開されていない公式設定での性格と一緒なのです。
しかしこのクエにおいて、彼女がセシルであると断定出来るような内容は出てきません。
なのでこれはあくまで、その設定を知っている人に対して「あっ、もしかして」と思わせるためのネタに過ぎないと思います。
もしそうでなかったら、カエクスは多数のセシルファンを敵に回すことになってしまいますしね。だって彼女の笛を勝手に使(自粛)。
2回予定が3回になってしまったクエのまとめですが、次でさくさくっと終わらせられると思います。


【後日追記】
その3の方のコメにて情報をいただきました。
「セシル」という女性名は古代ローマの「カエキリウス」という姓に端を発しているそうです。
カタカナで見ると「セシルとカエキリウスって全然違うじゃん」と思いますが、綴りで見ると「Cecile」と「Caecilius」…前半部が変化したものであることは容易に想像が出来ます。
そして重要なのがここから。
その「カエキリウス」の語源が「カエクス」。カエクスとは…目が見えない人を意味する言葉なのだそうです。
…↑で私は、「カエクスが姉と慕う女性がセシルであると断定出来る内容はない」と書いていますが、それは明言をしていないだけで、少なくとも公式が意図的に「プレイヤーがセシルが連想するよう誘導している」ということが、この部分からも分かりますね。
となると、もしかしてこのクエはそもそも、「セシルを思い起こさせる女性」ありきでストーリーが作られたものなのかも知れません。
そのために「セシル」の語源である「カエクス」をNPCの名前として採用し、その名が意味する属性をカエクスに与えた、と。
私はこのクエをやったとき、カエクスの目が光を宿していない必要性はあるのかと疑問に思っていたのですよね。Hun試験を受けられない理由なんて、正直何だっていいのですから。
でもそれには「セシル」を導き出す重要な役割があった、というわけです。
いや、実際にこのクエがどういう風に作られて行ったのかは分かりませんよ?
でもセシルを思い起こさせるためにここまで作り込まれたクエだったなんて、とこれを知ったときにかなり驚きました。
しかしですね、カエクスが慕う人物は限りなくセシルに違いないわけですけれど、はっきりとその名を出したりはしない。もしかしたら同姓同名な別の誰かかも知れない…と考えるの余地を残している辺りが、また心憎いぁと思うわけです。
貴方の思い描くセシルは、ちょっと困った弟分がいる少女でも、そうでない少女でも構わない。好きなように想像したらいいって言われたわけですからね、要するにw

[2014/04/22 21:05 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<鷹愛づるハンター(笛吹きハンター!その3) | ホーム | 憧れのハンター(笛吹きハンター!その1)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/847-cc2db626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。