スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
続・アルフォンヌとお菓子の妖精達(ホワイトデー2014その2)
バレンタインに続いて、ホワイトデーでもまさかのアルフォンヌ特集です=w=
例によって前回の会話内容と被る部分がちょいちょい出てきますが、アルフォンヌしか教えてくれないイベントの情報なんかもあったりするので、話してみるとなかなか面白いのですよね~w





それでは再び自称エリートチョコルチのアルフォンヌに、ホワイトデーイベントについて聞いていきましょう。


アルフォンヌに聞きたいことその1


まずは、クリオロの指令について。
これはバレンタインのときにはチョコルチ討伐のことを指していましたが、ホワイトデーではスウィートメイズのことに変わっています。
前回教えられた通り、


ホワイトデーなのでホワイトチョコ


現在クリオロは、世界中をホワイトチョコでデコレーションする計画を進めています。
しかし以前もそうだったように、


スウィートパワーを集めることに


お菓子の妖精の女王と言えども、世界中をデコレートするだけの力を有しているわけではありません。
そこで今回集めることになったのは「スウィートパワー」。
「スウィートパワー」は、バレンタインに集めたチョコレートパワーとはまた違うもの。


スウィートパワーは純白なパワー


ホワイトチョコや砂糖のように純白な力で、これなくして「世界をホワイトにデコる」ことは不可能なのだとか。
そのスウィートパワーを、彼らは、別な倉庫に保管していたわけなのですが、


倉庫はスウィートメイズへ


そこを殺風景でみすぼらしいと思ったクリオロの魔法によって、倉庫はスウィートメイズへと変貌を遂げました\(^o^)/
結果、


我々はメイズに入れない


お菓子の妖精やチョコルチ達はスウィートメイズに入れず、スウィートパワーを集めることが出来なくなってしまったのです。
何で彼らが中に入れないのかは…、多分大人の事情です=w=;
そこで、


ホワイトなアローが立った


数々の秘境に日夜挑み続けている冒険者達に、「ホワイトなアロー」が立ちました。
ええと、これはもちろん「白羽の矢」のことですが…、変えられるところは何でもホワイト統一にしないと気がすまないようですね^^;
というわけで今回のクリオロ様の指令は、


メイズに入ってパワーを集める


スウィートメイズに突入し、出来るだけ多くのスウィートパワーを回収してくること。


パワーを捧げてご褒美を


そして集めてきたスウィートパワーをチョコファウンテンに捧げることで、クリオロからの褒美がもらえるそうです。
以降はスウィートメイズの説明と同じ内容になってくるので、こちらでは割愛します。いやもう十分色々被ってますけども。


次はチョコレートファウンテンについて。


ファウンテンで新たに出来ること


ホワイトデーのチョコファウンテンは、新たに「スウィートパワーを捧げる」ことが可能になりました。
前述の通り、


パワーを捧げるのと引き換えに


メイズ集めてきたスウィートパワーをファウンテンに捧げることで、クリオロの宝物を報酬として受け取ることが出来ます。


クリオロお気に入りの特別アイテム


その宝物とはクリオロお気に入りの特別なアイテムだそうで、頑張ってスウィートパワーを集めるよう、アルフォンヌは促してきました。
以降の説明は、バレンタインと変わりません。


次はホワイトデーイベントのメインコンテンツ、「スウィートメイズ」について。
繰り返しになりますが、スウィートパワーを保管しておく倉庫だった場所は現在、


デコレートされた倉庫


クリオロの魔法でデコレートされた、「おかしな」場所になっています。
そこでアルフォンヌは改めて、その空間に入ってスウィートパワーを持ち帰ってくるよう、プレイヤーに依頼してきました。
スウィートメイズ内部にはスウィートパワーを溜め込んでいる各種クリスタルがいて、


メイズの中にはクリスタルが


それらを倒すことでスウィートパワーを回収出来ます。
そしてここからが重要で、


メイズに入るにはキーが必要


そのスウィートメイズに入るには、1回につき1個のスウィートキーが必要です。
つまり、所持しているスウィートキーの量と同じ回数までしかスウィートメイズに入場出来ません。
スウィートキーは毎日クリオロからもらい受けることが出来ますが、


スウィートキーは1日3個


如何せんその鍵の作成には手間がかかるらしく、1日3個渡すのが限度なのだそう。
え~女王なんだからそこはもっと頑張ってよ~と思ってしまいがちですが、でも毎日彼女に鍵をもらいに来るプレイヤーの数を考えたら…ね=w=;
更に幸いにして、持っている分のスウィートキーを使い切っていなくても新しい鍵はもらえたので、メイズに行けない日でもクリオロから鍵さえ受け取っておけば、後日まとめて使用することが出来ました。


チョコルチ討伐の説明は、バレンタイン時の「クリオロの指令について」の内容からチョコレートパワーの記述が削除されただけでしたので…、


アルフォンヌに聞きたいことその2


次はお菓子の妖精について。
…ですがこちらも前半及び「アルフォンヌは甘くないの?」を選択した場合の内容は変化がなかったので、


メープルとアスーカルに会ったよ


バレンタイン中は姿を現さなかったメープルとアスーカルに、ホワイトデーイベントで会えたことを、アルフォンヌに伝えてみましょう。
因みに彼女達との会話はまた後でまとめますので、ここでは載せておりません。
するとその報告に、


二人の話で人間世界に興味を


「おお~」と声をあげて応えるアルフォンヌ。
メープルとアスーカルの二人から聞いた話によってクリオロが人間の世界に興味を持ったという逸話は、バレンタインのときにも語られましたね。
…要するに、全ての元凶は…ゴゴゴゴ。
バレンタイン中は「重要な使命」を果たすため不在だったメープルとアスーカルでしたが、


ホワイトデーでは協力を


ホワイトデーでは協力してくれることになり、イベント会場にもやって来ています。
彼女達に頼めば、


スウィートパワーを特別なお菓子に


スウィートパワーを特別なお菓子と交換してくれるとのこと。
そんなメープルとアスーカルに憧れているアルフォンヌ。


私もお二人を見習って


自分も二人を見習って、これまで以上にクリオロのために頑張る所存…と語りますが、


またもクリオロに踏み付けられる


その言葉も言い切らないうちに、彼はいきなり、敬愛する女王様に踏み付けられてしまいました((((;゜Д゜)))
アルフォンヌをぐりぐりするクリオロ様は、


だべっている暇があったら


「もうおやつの時間なのだから、くだらない話をしている暇があったら可愛くて美味しいスウィーツを探して来い」と言って高笑い。
しかし、そのような手厳しい仕打ちにもアルフォンヌは負けません。


厳しい仕打ちも期待が故?


これも全て期待されているが故に違いない、と不敵な笑みを浮かべて立ち上がるのでした。
…何となくプレイヤーが引いているのを察したのか、


応対に気まずさが漂う


このやり取りの後の「他に聞きたいことは~」の台詞には、ちょっと気まずそうな沈黙時間表現がされています\(^o^)/


次はアルフォンヌに、「ここだけの話」を聞いちゃいましょう。
すると、しばし考え込んだアルフォンヌは、


くれぐれもオフレコで


プレイヤーになら話してもいいかも…と呟くと、「くれぐれもオフレコで」と断りを入れた上で話し始めました。
バレンタインにおいてチョコレートパワーを集めるのに苦労したクリオロ様ご一行は、


早いうちに集めたスウィートパワー


その失敗を踏まえて、早い段階からホワイトデーのためのスウィートパワーの収集に着手していました。
なるほど、ちゃんと学習していたのですねw
それが功を奏して、


十分集まっていたスウィートパワー


今回は十分なスウィートパワーが集まっていたのですが…。
そう言いながらアルフォンヌが指差した先には、


うず高く積み上がる真っ白な何か


うず高く積み上げられた、真っ白い何かがありました。
よく見てみるとそれは、


ホワイトチョコデコのくま帽


くまの顔を模した帽子に、ホワイトチョコのデコレーションが施されたもののようで、


くま帽を気に入った結果


その名も「ホワイトチョコクマ帽」。
くまー!(*・(エ)・*)
アルフォンヌ曰く、人間世界で見つけた「くま帽子」を甚く気に入ったクリオロが、それをホワイトチョコでデコレートしてしまったのです。…それはもう、山のように積み上がるほど大量に。
それは仕方ないですよね!くま帽は可愛いから(* ̄ヮ ̄*)
クリオロ様握手しよう握手(`・ω・´)
しかし問題は、そのデコレーションをした際に、


スウィートパワーを使い切った


元々用意してあったスウィートパワーを使い切ってしまったこと。
…一体どれだけのくま帽をチョコまみれにしたんだ、この女王は((((;゜Д゜)))
そのため、不足した分のスウィートパワーを補わなければならず、スウィートメイズからそれを回収してくる必要が生じたのです。
また、心の赴くままにホワイトチョコクマ帽を作りまくったクリオロですが、


沢山作られたホワイトチョコクマ帽


それをその後どうするかまでは、考えていなかったようで=w=;
くま帽のあまりの可愛さを前にして、後先なんて考えられなかったようですね\(^o^)/
そんなわけで、有り余ったホワイトチョコクマ帽は、


パワーを集めて来た冒険者へ


取り敢えずスウィートパワーを集めてきた冒険者に渡すことになったのでした。
あ、でもそのチョコクマ帽は、クリオロの魔力が宿った特別な頭装備であり、「決して在庫整理ではない」とアルフォンヌは強調します。
さてさて、ここに来て、これまで語られてこなかったホワイトデーイベントの本当の背景が明らかになりましたね。
今まで聞いてきた話だと、プレイヤーがスウィートメイズに駆り出されることになった経緯は、こんな風に読み取れました。
あらかじめスウィートパワーを収集→スウィートパワーを倉庫に保管→クリオロが倉庫をデコってスウィートメイズ化→スウィートパワーが取り出せなくなる。
ですがその説明には抜け落ちている部分がありまして、実際はこういう事態が起こっていたのです。
あらかじめスウィートパワーを収集→スウィートパワーを倉庫に保管→クリオロが倉庫をデコってスウィートメイズ化→しかしスウィートパワーには余裕がある→クリオロがスウィートパワーを使ってホワイトチョコクマ帽を大量生産→スウィートパワーが不足→倉庫のスウィートパワーを使おうにもメイズ化していて取り出せない。
つまり、スウィートパワーは倉庫に保管されていた以外にも十分な量を収集してあったけれど、クリオロがホワイトチョコクマ帽を量産したせいで空っぽになってしまい、倉庫の貯蓄を切り崩さなければならなくなった。
でも倉庫はメイズになっていて中に入れず、スウィートパワーが取り出せないため、プレイヤーに協力を依頼した、ということ。
…だめじゃん。クリオロ様、だめじゃん(==;
このことから察するに、恐らくホワイトデーでは本当にバレンタインの反省を活かして、プレイヤーの手を煩わせなくてもいいくらいのパワーを集めていたのでしょうね。
でもそれがクリオロの手によって色々めちゃめちゃにされてしまった、と\(^o^)/
そんなわけですから、これには流石のアルフォンヌも、


パワーの無駄遣いはやめてと…


あれほどスウィートパワーの無駄遣いは止めるよう忠告したのに、とついつい零してしまいます。
…が、次の瞬間、自身の背後にクリオロが立っていることに気が付いて、戦慄するアルフォンヌ((((;゜Д゜)))
息を呑んで佇んでいる従者のチョコルチに、


もしやわらわの悪口では?


まさか自分の悪口を言っていたわけではないだろうな、とクリオロが訊ねます。
アルフォンヌは即座に、


弁明するアルフォンヌ


「女王様の悪口など滅相もない」と必死でそれを否定しますが、


アルフォンヌへの無慈悲な制裁


クリオロに無慈悲に踏みつけられて、悲鳴とも付かぬ小さな声をあげました((((;゜Д゜)))
これはアルフォンヌ絶体絶命か!? と思いきや、


お前の忠誠心は疑いようがない


彼女から発せられたのは、「アルフォンヌの忠誠心は疑いようがない、これからも一生仕えるがいい」という意外な言葉。
それを聞いてアルフォンヌは歓喜し、「ありがたき幸せ」と声をあげて、


クリオロのヒールと言葉を脳天に刻んで


クリオロの言葉を脳天に刻み付けて生きていくと誓うのでした。
…彼の脳天にめり込んでいるのは、主にクリオロのハイヒールですけどね\(^o^)/
ここで質問選択に戻るときには、喜びで興奮したためか、はたまた一瞬冷や汗をかいたためか、


応対に必死感が漂う


アルフォンヌは「はぁはぁ」と息を荒くしていました=w=


以上で、アルフォンヌによるホワイトデーイベントの説明は終わりなのですが、ホワイトデーでもクリオロの話を聞いてイベントを開始する前に、アルフォンヌと話してきましたので、そちらも置いておきますね。
今回も丁寧に、


エリートチョコルチのアルフォンヌ


「女王様に仕えるエリートチョコルチ」と名乗ってくるアルフォンヌ。
彼は誇らしげに、


スペックに雲泥の差が


自分はエリートだから、そこらで遊び回っているチョコルチ達とはスペックに雲泥の差がある、と語り始めますが、それも最後まで喋らせてもらえないうちに、とても目立つ格好をした女性…彼の主にしてお菓子の妖精の女王であるクリオロに踏みつけられてしまいました=w=;
一呼吸おいて、今踏んだのがアルフォンヌである可能性に思い至ったクリオロは、


遊び回っているチョコルチかと


それが事実かどうか確認し、「遊び回っているチョコルチ」と勘違いして制裁を加えてしまったと悪びれずに口にします。
しかしそれは自分の過失ではなく、


わらわが悪いのではないぞ


好き放題やっているチョコルチと区別が付かない方が悪いのだと言い聞かせるクリオロ。
このクリオロの発言は、バレンタイン時からある「アルフォンヌは甘くないの?」の選択肢を選んだときの台詞と同じですね。
踏みつけられたアルフォンヌはしばらく手足をバタバタとしていましたが、


切なさを誘うアルフォンヌ


やがてその気力も尽きたか、パッタリ動きを止めてしまいます。
その姿が何とも言えない切なさを醸しているのでした(つ△T)


というわけで第二回アルフォンヌ特集でした。
前回はメープルとアスーカルが不在の理由を話してくれたアルフォンヌでしたが、今回は敢えて聞かなければ知ることのなかったクリオロの失態についてまで教えてくれてしまいましたねw
しかしクリオロのスウィートパワーの無駄遣いも、ホワイトチョコクマ帽を作るためとあっては、強く非難することが出来ません。
ぐぬぬ、クリオロ様め、やりおるな。
それにしても、扱いの酷さは相変わらずで、アルフォンヌの忠義は報われたのか何なのか\(^o^)/
頑張れアルフォンヌ、エリートと呼ばれるその日まで…!

[2014/04/02 22:08 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<ホワイトデー・スウィートメイズ(ホワイトデー2014その3) | ホーム | お菓子の妖精の女王とお供のチョコルチⅡ(ホワイトデー2014その1)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/838-5f5a316f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。