最後で最高の思い出を共に
さてさて、トリスタを偲ぶ記事も今回で最後です。
前回書きましたように、ここまで私は自分のやりたいことをひたすら消化してきたので、他のプレイヤーの方と関わることがありませんでした。
いやむしろ、知り合いが出来るほどプレイしてきたわけでもない、あと数日でサービスが終わるMMOで、限りなく初心者に近い人がその辺りをどうこうしようと言うのがそもそもの間違いなわけですが。
しかし幸いにしてトリスタは、公式にユーザーが利用出来る掲示板を用意しているタイトルでしたので、そこの告知掲示板で新参者でも参加出来そうなユーザーさん主体のイベントを見つけて行ってきました。
あと公式で開催告知がなされていた最後のCastイベント(GM主催イベント)も、フルタイムではありませんが見に行ってきたので、ざっくりですがそちらについても置いておきます。





というわけでまずはユーザーさんイベントの方から。
掲示板に告知があった中で、人数がいた方がよくて初心者でも参加出来そうなものを選びました。
そうそう、先に説明しておきますが、プレイヤーの周囲に浮かんでいる精霊や幽霊のようなものは「ソウルガーディアン」といって、トリックスターに覚醒したキャラだけが連れて歩け、一緒に戦ってくれる存在だそうです。
もう一点、今回はプレイヤーが集まっている場のSSが多いため、都合により発言やPT看板を一部塗りつぶしているものがあります。


1つ目に参加したのは花火大会。
花火スキル(?)や花火アイテムを夜時間に皆で打ち上げて楽しもうというものです。
もちろん私はそのスキルもよく分かりませんでしたし、アイテムも持っていませんでしたが、見学OKとのことだったので、もし参加出来るようなら加わって、無理そうなら端からその様子を見てこようと思いまして。
しかし開催サバが私が遊んでいたのとは別サバだったことを集合時間ぎりぎりになって気が付き、急遽キャラを作成してジャンピングも出来ないレベルのまま現地にいくことになってしまったというorz
でも主催者さん達が会場で花火アイテムを無料で大量配布してくれていたので、手順を聞きつつ一緒に打ち上げさせてもらうことに。
主催者さんが、SSを参加者皆が中央近くで撮れる機会があるようにと配慮して、グループを作って移動順序を何度も分かりやすく説明していたのが印象的でした。
やがて辺りは夕焼けになり、


夕暮れを待つ花火大会


皆で打ち上げの瞬間を待ちます。
これまで掲載してきたSSはほとんど昼の時間に撮ったものですが、トリスタには仮想の1日が存在しまして、夕方から夜にかけての時間に突入すると、野外のマップはかなり暗くなります。
そして夜の帳が降りたところで、主催者さんの合図に合わせて一斉に打ち上げを開始しました。


花火一斉点火


撃ち上がる花火


夜時間に輝く


おおー綺麗~(* ̄ヮ ̄*)
…とは言え実はこれ、ほとんどの花火が処理落ちして表示されていない状態だったりします。
サバキャンせずにキャラがちゃんと動いただけで十分。
それでも暗がりのあちらこちらがキラキラと光って、幻想的な景色が楽しめましたヽ(・ω・)ノ


2つ目に参加したのは、そのイベントの直後に開始だった青ペンギン撮影会。
ここ2回のトリスタ記事でも何回か登場している、あの愛くるしい青ペンギンを皆で撮影しようというイベントで、変身スクロールを使って自ら青ペンギンになってしまったり、青ペンギン系統のペットを出して、兎に角青ペンギンだらけのSSを記念に残そうという趣旨でした。
こちらは遊んでいた方のサバでの開催で、前回の記事の最後で私が青ペンギンを狩りまくっていたのは、このイベントで連れて歩くペットを手に入れたかったからです。
ペットの「ブルーペンギン」は青ペンギンのそこそこレアなドロップ品なのですよね。
そんなわけで少し時間がかかりましたが、


ブルーペンギン出た


無事に自力で調達出来ました=w=
試しに連れてみると、


ブルーペンギンと青ペンギン


一回り小さい青ペンギンがちょこんと出現。やばいつぶらな瞳でこっちを見つめている(* ̄m ̄*)
変身スクロールの方はある程度なら配布すると告知にあったので、取り敢えずブルーペンギンと共に現地に行ってみたのですが…。


青ペン撮影会集合場所


何この青ペンもふもふエリアは!(* ̄ヮ ̄*)
もうこの破壊力の高さにやられましたw
そして右下に落ちているのが、主催者さんが配布していた青ペンギン変身スクロール。


ブルーペンギンスクロール


その1つをいただきまして、SS撮影のために一度ちょっと離れた場所に移動して、


青ペン変身スクロールで


いざ変身!


青ペンに変身!


じゃじゃ~ん。


親子青ペン?


何この親子状態!可愛すぎるんだけど!(*^¬^*)
すぐさまよちよちと子連れペンギン気分で集合場所に戻ると、


集まってくる青ペン達


さっきより密集してました((((;゜Д゜)))
皆青ペンと思いきや、


青ペンに擬態?


同じカラーリングに染色したキャラが紛れていたりとかもw
この、


踊るチビコラナ


チビコラナが自分の周囲に出現して踊ってくれるのは、どの職のスキルなのでしょうかね。
とても可愛かったのですが、如何せん全員青ペンなので判断が付かず\(^o^)/
偶然通りかかった人も巻き込んで、


青ペンコロニーの完成


最終的にはこんな大群の青ペンコロニーが完成(`・ω・´)


青ペンでペンギンエモ


皆でペンギンエモを出して撮影をしました。
その後、青ペンで人文字ならぬペンギン文字を作ろうぜという流れになり、主催者さんが提案した言葉のうちの1つ、ブルーペンギンの略である「ブルペン」(注:野球用語ではない)にしようと決まると、もう少し開けた場所に移動して、誰からともなく文字を作成し始めました。


ペンギン文字を作ろう


徐々に出来上がってくるペンギン文字…。真ん中にいるのが主催者さんです。
砂浜に埋まっているタイヤを「ぺ」の「゜」にしてしまっているのが面白いですよねw
因みにトリスタの地面にはROのようなセルはありませんが、上手く立ち止まれる場所とそうでない場所が存在します。
なのでちょいちょい微調整を重ねつつ…、


夜明けと共に完成に近付き…


夜明けと共に素敵な「ブルペン」が姿を現しましたヽ(・ω・)ノ
私の画面では見切れてしまっていますが、


ペンギン文字完成!


主催者さんが中央でハイドのような姿を消すスキルを使って全体のSSを撮り、


ペンギン文字でペンギンエモ


更にもう1枚、ここでも皆でペンギンエモを出して撮影=w=
その完成したペンギン文字がこちら
おおー思っていた以上に綺麗に出来ていて素敵ですね~(* ̄ヮ ̄*)
時間が遅くなってしまったので、この撮影の終了後に私はお疲れ様してしまったのですが、この後PTを組んで青ペンギン系Mobのいるマップに皆で遠足に行ったりしたようです。
素晴らしい癒しの空間でしたw


そして最後にご紹介するのが、最終日前日から最終日のサーバーシャットダウンまで行われた最後のCastイベント…の、最初の時間帯のイベントの更に前半部分=w=;
昔から一度参加してみたいと思っていたCastイベントでしたが、時間的に厳しかったり、ROのイベントと重なったりすることが多かったため、今回が最初で最後の参加となりました。
開始時間に集合場所へ向かうと、既に凄い人だかりが。
前日の花火大会では、負荷がかかってもでもキャラの移動自体にはそれほど影響なかったのですが、こちらはもう動きがカックカクで、読み込みにも時間がかかりました。


Castイベント開催


真ん中でワシのような帽子…「Cast帽子」を被っているキャラがCast(GM)さんです。
トリスタではROのGMキャラのような専用グラがあるわけではなく、一般キャラと同じ姿をしていますが、Cast帽で見分けが付けられるようにしているみたいですね。
今回のCastイベントは、プレイヤーからやりたいことを募って、最後まで盛り上がろうという趣旨のイベントでした。


イベントの中身はノープラン!


ノープランなことにドヤ顔してしまうCastさんが可笑しいw
…が、基本的にこのイベントはノープランなことが多かったらしいです\(^o^)/
このとき出た案が、


かくれんぼをやりたい人


かくれんぼと、


ネイトフルボッコ?


「ネイトふるぼっこ」なるもの。
何かMobを登場させるようですが…流石に多くのプレイヤーが集まるイベントで飛び交う会話は、新参者には分からないものが沢山ですね=w=;
しかし後者のそれはGM権限で簡単に出来ることだそうで、


ひとまずやっちゃいますか


ひとまずそっちをやってしまおうとCastさんが言い出し、Mobを出現させに向かったので、ついて行ってみました。
着いた先のフィールドでは、


ふるぼっこなネイトサンドバッグ


どんな外見をしているのかが全く分かりませんが、「ネイトサンドバッグ」というMobを無心に殴り続けている、多数のプレイヤーの姿が((((;゜Д゜)))
後で調べてみたところ、「ネイト」というのは錬金術師のキャラの名前で、装備に能力を付加して強化をしてくれるNPCらしく。そういえばクエの途中で課題をやりに行ったなぁ。
しかし付加される能力によっては、レア装備を一瞬にしてゴミ装備化されることもあるそうで…。つまりROにおけるHSENPCのような役割みたいですが、立ち位置的にはホルグレンを想像すると分かりやすいのではないかなとw
皆装備をだめにされた積年の恨みを晴らすために、ネイトの姿を模したサンドバッグをこうして一心不乱に叩いているわけです。
これは…、ROにもホルグレンサンドバッグを実装すべきなんじゃないだろか…。
そして改めて、


かくれんぼに決定


かくれんぼを行うことに決定。
これはフィールドに隠れたCastさんをプレイヤーが探すというもの。
今回は最後ということで、発見者には可能な範囲で希望のものをプレゼントすると話すCastさん。
そのリクエストで「最高の思い出」と言われて、


最高の思い出?


「最高の思い出? 今でしょ!」と返し、すかさず「言うタイミング狙ってたでしょ」と突っ込まれるCastさんが楽しいw
兎にも角にも、最初は隠れるエリアを限定して、


かくれんぼ開始


かくれんぼがスタートしました。
…が、


ソッコーで見つかっちゃった


隠れ終えてから告知アナウンスを流すまでの短時間に見つかってしまったCastさんが可愛い\(^o^)/
その後、隠れる範囲を一部地域とD内を除いたカバリア島全域に広げ、入賞枠を多くしてイベント再開。
流石にカバリア島全域となると、土地勘のない私には無理だなーと思って、


かくれんぼ開始の告知


かくれんぼのヒント告知


かくれんぼの大ヒント告知


アナウンスを聞きつつ、のんびりマップ散策気分であちこち巡ってみました。
このときCastさんが隠れていたのはゴーストブルーという地域で、かくれんぼが始まって間もない頃に一度足を向けていたのですが、その道中に結構狭いアクティブMobのいる洞窟があり、そのMobが自分の相手に出来る強さなのか分からなかったので、迷惑をかけたらまずいなと思って引き返してしまったのですよね。惜しいことをしました。
しかし何故かこのかくれんぼ中、擦れ違う人の多くが一度足を止めていくなーと思っていたら、このとき連れていたペットが「GMポプリシア」というGMを模したペット(メガロポリスで露店を見ていたら1ゲルタで売られていた子)だったからのようで、そちらの方が混乱させてしまったかも知れません(==;
そんなこんなしていたらCastさんが発見されたので、再び集合場所へ帰還。
発見者さんに何がほしいか訊ねつつ、横から「Castさんの心」と言われて、


私の心は…


「私の心はすでに皆様の物です」と応えるCastさんまぢイケメソw
この時点でイベント開始から1h以上が過ぎていまして、最後にどうしてもやりたいことがあった私は、名残を惜しみつつもここで撤収しました。


そして最後にやりたかったことというのが、以前私のメインキャラだったバニーの再現。
今はもうSSが吹っ飛んでしまって残っていませんが、うちのバニーはフレンチメイドとお揃いの「うさみみカチューシャ」という頭装備を身に着けていたのです。
何故だか、


ロード画面 チビフレンチメイド


以前プレイしていた時のチビフレンチメイドのロード画面のSSが残っているくらい、当時の私は彼女が気に入っていたものでw
しかしそれは入手出来る期間が限られていたものでしたし、その後手に入れられる機会があったのかも分かりません。そもそも資金のない私がどうにか出来るものでもないと思って、そのことはもう諦めていました。
しかし上記の花火大会の際、見た目の良い頭装備を無料配布してくださってる方がいまして、何とその中にうさみみカチューシャがあったのです!


うさみみカチューシャ外見融合


何故か名前が「あひるさんヘルム」になっていますが、イラストは見紛うことなくうさみみカチューシャ。
後で調べて知ったのですが、トリスタには「Aの装備の性能」と「Bの装備の見た目」を掛け合わせて1つの装備にする「外見融合」というシステムがありまして、そのベースとなるアイテムとして人気だったのが、軽くて装備制限レベルが低めの「あひるさんヘルム」だったのだとか。つまりROでいう、本気装備と衣装装備が一体化しているものが作れるということ。
しかしいくらあひるさんヘルムの装備制限レベルが低いとはいえ、キャラを作ったばかりのサバでもらったもの。ポーラーですらまだ装備することが出来ませんorz
そこで、多少なりともクエをやっていたポーラーをそのままLv30まで育て、新たに作ったバニーをジャンピングで一気にLv1からLv130にして、あひるさんヘルムの装備制限レベルを突破しようと考えたのです。
最終日故に接続している人が多かったのか、サバの重さに悩まされつつも何とかポーラーでLv30に到達し、バニーをジャンピングさせ…。


フレンチメイドとおそろいうさぎ


ああああ嬉しいいいい(つ△T)
1stにしてメインだったバニーは、このうさみみカチューシャを装備するためにレベリングを頑張ったのですよね。
最後の最後に一番思い出深い姿に再会出来て、本当に良かったです。
装備を配布してくださった方、おかげさまで最後の最後にいい記念が出来ました。本当にありがとうございます!m(_ _)m


さて、最後の心残りを解消出来たところで、ここ数日間共に過ごしたキャラ達の役目を自分の手で終わらせるかどうか、ちょっと悩みました。
ROのメインアカの子達の名前を付けていたので、そのキャラをトリスタ世界に置いていくのはどうかなと思ってしまったりで^^;
でも、試しに以前トリスタで使っていた名前でキャラ作成をしてみたところ、他にこの名前を使う人はいないだろうというものが使用されていました。
それは恐らく、もうログインIDも覚えていない昔のアカのキャラデータが今も生きているということ。
なので、今回カバリア島を見納めに来た子達も、昔同じ場所を駆け回った子達と一緒に、この世界に残ってもらうことにしました。


やがて最後の夜は明け、朝のCastイベントの後にCastさんを囲んで終了カウントダウン→まさかのロスタイムに突入してからの、サーバーシャットダウンとなったそうです。
スタッフさんの「これからトリックスターは長期のメンテナンス作業に入ります」「またいつかこの島でお会いできる日を楽しみにしております」の言葉が切なかった。
でもロスタイムに突入した(運営アナウンスでロスタイム突入宣言をしていた)ことについて、「くだらないなーって笑っておしまいにしたかったので」とスタッフさんがコメントしていたのを見て、またそのことを楽しそうに書いているプレイヤーさんのブログ記事を読んで、皆に愛されて素敵な最後を迎えたんだなと思いました。
これまでトリスタに関わってきた運営さん、プレイヤーさん、お疲れ様でした。
プレイヤーの分身としてカバリア島を走り抜けた皆、お休みなさい。
いつかこのエターナル定期メンテの明ける日が来たら…、そのときはもっと沢山、カバリア島での冒険を楽しみたいなと思います。
その日が来るまで、


フレンチメイドとにっこり


ばいばい!


(c)2004 Ntreev Soft Co., Ltd. All Rights Reserved. (c)2012 Gamepot Inc. All Rights Reserved.

[2014/02/02 13:10 ] | 他MMO | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<取り急ぎバレンタイン投票過去情報 | ホーム | 今はなき世界の中で>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/806-526e26ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |