スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
今はなき世界の中で
前回に続きまして、既にサービスを終了したトリスタの、最後の数日間を楽しんで来た様子をまとめておこうかなと。
多分この記事でも終わらないと思いますが、もう今後トリスタの記事が増えることはありませんので、お付き合いいただければと思います。





さてさて、クエで30までレベルを上げ、そこからジャンピングで一気に130になったポーラー。
このレベルであれば1次職どころか2次職(最高位職)になる条件まで満たしてしまっています(正確にはROのJOBに当たるレベルも関係しますが割愛)。
しかし転職をするための条件を見てみると、Mobを倒してアイテムを集めなくてはいけなかったり、何よりその時点での自キャラの所持金の15倍もの転職費用が必要だったりしたため、こりゃだめだと諦めていたのでした。
そんな折、ROがR化する辺りからトリスタをやっていて、ギルメンの中では一番トリスタの現状に明るいと思われる[G]ちゃんにそのことを話したのですね。
そもそも「ジャンピングキャンペーンというのをやっているよ」という情報も[G]ちゃんから教えてもらっていたので、「やったけど転職出来なかった」という報告も兼ねて。
しかし返って来たのは意外な言葉でして。
「ジャンピングしたときに転職用アイテムもらえたでしょ? それを持っていればすぐに転職させてくれるよ」と、[G]ちゃんは即答してくれました。
…そういえば何かジャンピングしたときに、


ジャンピングしたときに…


そんな案内が出ていたような気がしなくもなくもないような?=w=;
で、メールを確認してみたらちゃんと、


ジャンピングした冒険者への


ジャンピングしたキャラ用のアイテム一式の入った箱が届いていました\(^o^)/
教えてもらった通り、その箱の中には、


次元のバッジ


1次職に転職出来る次元のバッジと、


次元の宝石


2次職に転職出来る次元の宝石が入っていました。
他にもLv130から装備出来る武器や頭装備なんかが用意されている至れり尽くせりっぷり。
しかしそれでも、「転職場所とかも分からないし、やっぱりいいかな~」と何故か消極的な私。
…に対し、「転職アイテムと一緒に転職場所に飛ばしてもらえるアイテムも入ってるよ」と更に即答してくれる[G]ちゃん=w=
このときどうして私が転職を渋っていたかと言いますと、Lv130になっても転職出来ないなら最初からやり直したいと思って、キャラを作り直していたからなんですよね\(^o^)/
実は前回載せたローリンのイベントは、初見のときにかなり不満の残るSSになってしまったため、作り直したキャラで再撮影したものなんです=w=;
しかしこれが最後の機会でしたし、折角なら上位職にしてみたい思いはあったので、慌ててもう一度Lv30までクエでレベルを上げて、再度ジャンピングをすることに^p^;
↑のSSで転職アイテムを2つ所持しているのも、最初のキャラがジャンピングしたときのアイテムと、作り直したキャラがジャンピングしたときのアイテムを両方受け取ったから、そういうことになってしまったのです(このメールはアカに対して送られるものなので、取得条件を満たしたキャラでなくても受け取れた)。
そんなわけで、何だか随分遠回りをしてしまいましたが、ローリンのイベントも満足のいくSSが残せたので良しとしまして、いざ転職です(`・ω・´)


1次転職の部屋スクロールなる転送アイテムを使うと、飛ばされたのはこんなところ。


1次職転職NPC群


転職NPC大集結(* ̄m ̄*)
その一番奥にいるミミが、ポーラーの1次職・ブリーダーへの転職を行ってくれます。


ブリーダーミミ


何これ可愛い(* ̄ヮ ̄*)
ポーラーが次元のバッジを所持していることに気付いたミミは、


次元のバッジを持っているみたいですね


すぐにブリーダーに転職するか訊ねてきました。
彼女に転職する旨を伝えると、


女子中学生からブリーダーへ


早速あれこれ確認をしたミミは、ブリーダーへの転職を了承してくれます。
ここで転職前後の姿が並んで出てくるのがいいですね=w=
再度転職をする意志を示すと、


ブリーダーに転職


魔方陣と閃光がポーラーを包み、


ブリーダー転職完了!


無事にブリーダーへと転職しましたヽ(・ω・)ノ
くるりんと大きな輪に結った左右の髪が、ちょっと大人っぽく見えて愛らしい(* ̄ヮ ̄*)
でもって前回ちらっと書きましたが、転職したことによって髪がデフォカラーの白にw
まぁ元々薄い水色だったので、それほど違和感がなくてよかったです。
にしてもこの転職場、こんなにNPCが密集している上に、


ミミのパフォーマンス


トリスタのNPCは頻繁に吹き出しで発言をしつつパフォーマンスをするのですよね。あと向いている方向も変わるし。
けれど私はクエやイベント進行中のSSには出来るだけその吹き出しを入れたくなかったので…、全員が黙り込んだタイミングを待って進行するのにはなかなか骨が折れました=w=;
しかも、チャンス!と思ってPriScrを押した瞬間、


チャンスと思ったら…


サーバーアナウンスが入ったりとかもうね\(^o^)/
更にこのNPC群は急ぎで配置されたものなのか、もう一度ミミに話してみたところ、


転職後もポーラー…


「ポーラーだけがブリーダーに転職可能」と言われてびっくり。
ブリーダーになっても、この子がポーラーであることには変わりないのでは((((;゜Д゜)))
一応この場所のWPを出た先、アステカ遺跡にいるミミも確認してみたところ、


女子中学生のみがブリーダーに


こちらはちゃんと「女子中学生だけが~」と話していました。


さて、無事ブリーダーに転職出来たので、次に目指すはテイマーへの転職です。
今度は転送アイテムがないので、2次職の転職場所まで自力で辿り着かなくてはなりません。
調べてみたところ、転職場所はメガロポリスの中のようだったので、ワールドマップを頼りに徒歩で移動をしました。
メガロポリスはこのカバリア島の中心都市のようなものです。プレイヤーも一番多く出入りしているのかな?
昔はプロの大通りのように露店が沢山あったのを覚えています。
街の中に入っていくと、


ブリーダーとクリスマスメガロポリス


おおっと、中はまだクリスマスの真っ最中でしたw
確か去年のうちに最終アプデが実施されたのでしたっけね。つまりそのまま時が止まってしまったと…。
ちょっと切ないですが、クリスマスデコレーションは基本的に可愛いものなので、私的には問題ないです=w=
そうそう、ブリーダーでも忘れずに、


ブリーダー座り


座り姿と、


ブリーダー眠り


眠り姿を撮っておかなくてはです。
うっかり戦闘中のSSは撮り忘れてしまいましたが…orz
それではお次は、テイマーへの転職行っちゃいますよー。
っとその前に、先にトリスタの2次職についてざっくり説明を。
と言いつつ、私は今の今まで1次職にすらしたことがなかったので、かなり怪しい説明ですがw
トリスタの各キャラにはそれぞれ2種の2次職が用意されています。
1種はそのキャラの得意分野をより強化した2次職専用スキルが取得出来る特化型。
もう1種は、同じ職タイプの異性(バニーならバッファロー)の1次職スキルを取得出来るハイブリッド型。
ただしドラゴンは1次職のスキルで光魔法と闇魔法のどちらかを選んで習得していくので、光魔法の特化型と闇魔法の特化型にハイブリッド型を加えた3種、逆に対になる存在のいないポーラーは特化型の1種となっています。
どのキャラの場合も、一度どちらかに転職すると、別の型に変更することは出来ません。
その2つの型には個々に職名が付いていて、デフォルト状態の服の色が違うものになります(ただし服は染色可能)。


ちょっと迷いつつもスキルマスターの庭園に辿り着いたので、その奥にある審判の門にハンマーアタックをかまします。…あ、いや普通に叩いてください。
因みにこの審判の門、


審判の門を叩く


まさかの立ち絵付き。どういうことなの\(^o^)/
でもってこの辺は詳しくは分からないのですが、


メッセンジャー達を知っている?


どうやら海に蜃気楼が出現し、それと同時にメッセンジャーなるものが姿を現したそうで。
そのメッセンジャーはポーラーの新たな能力を覚醒させ、あることを伝えるために、この審判の門の向こうで待っているらしい。
けれどそう簡単には彼らに会わせてもらえません。


能力と資質を審判する必要がある


ポーラーにその資格があることを、審判の門の試練に挑んで証明しなくてはならないのです。
しかしこの審判の門、無謀で愚かな者に裁きを与えるとか言って脅してきたくせに、


次元の宝石を持つ者よ


ポーラーが次元の宝石を所持していると認めた途端、「今この扉を開き道を示そう」と態度が一変。あっさりとメッセンジャーとの面会を許してくれました\(^o^)/
早速、審判の門の中に入ってみると…、


大きなのっぽのメッセンジャー


でかっ((((;゜Д゜)))
そこには道化師と死神が混ざったような井出達をした存在が2体、ポーラーを待ち構えていました。
まずは右側のメッセンジャー・アルセイドバードの守護者に声をかけてみますが、こちらはハイブリット型の転職NPC。


アルセイドバードの守護者


ポーラーにはハイブリット型が存在しませんから、ここで話を打ち切られます。
次に左側のメッセンジャー・バルカンフェニックスの守護者に話をしていきます。


バルカンフェニックスの守護者


この2次転職クエは、恐らくトリックスターの世界の謎を知る上で重要なクエに位置付けられていて、故に彼らとの会話にも大切な意味があるのだと思いますが、そもそも海に現れた蜃気楼のことすら知らない私は、メッセンジャーの正体についてより詳しく聞いても、ただポカーンとしていることしか出来なかったので、ここでは割愛して、さくっと転職することを申し出ます^^;
転職先がテイマーじゃなくてトレーナーになっていますが、もうこの際気にしない\(^o^)/
すると、メッセンジャーは、


テイマーという職業について


テイマーがどんな職かをおさらいしてくれ、転職の意志を確認してきます。
でもってここでまた蜃気楼についての話題が入りまして、何か聞いたことのあるような単語が出てきたり、でもやっぱりきちんとストーリーを追っていない人には分からない内容だったりします=w=;
しかし注目すべきは、


トリックスターという存在


このMMORPG、そしてカバリア島で行われているゲームのタイトルである「トリックスター」が、如何なる存在なのか語られているということでしょうか。なるほどそういう者のことなのか~。
そして次元の宝石を有していたことで、それが資格の証明となったポーラー。


汝は次元の宝石を所有する者


バルカンフェニックスの守護者はその宝石と引き換えに、新たな力を授けると話します。
次元の宝石を渡すと、


光の羅針盤について


守護者はそれを「光の羅針盤」に変えると言い、その使い方を教えてくれました。
…色々すっ飛ばしてきているうちのポーラーにおいて、作ってもらった羅針盤を使う機会はありませんでしたが…。
光の羅針盤(何故か突然コンパスになっていますが)も用意され、


ブリーダーからテイマーへ


いよいよ転職の準備が整いました。
ここでもう一度転職することを宣言すると、


テイマーに転職


再び魔方陣と閃光がポーラーを覆い、


テイマー転職完了!


見事テイマーへと転職を遂げましたヽ(・ω・)ノ
念のため守護者にも再度話しかけてみましたが、


ブリーダーがテイマーになるための


ここもちゃんと「ブリーダーだけがテイマーになれる」と言っていました=w=
でもってこのとき初めて気付いたのですが、


転職祝いアナウンス


転職をすると、自動的にそのお祝いがサバ全体アナウンスで流されるのですねw
チャットログ欄はほとんど表示自体させていなかったので、偶然開いたらそんなことになっていて驚きました((((;゜Д゜)))


というわけで、


テイマー


じゃじゃーん、テイマーですよ~。
頬の左右できっちり編んだ三つ編みに、リボンで結ったゆらゆら揺れるポニテが可愛いですw
見方によってはテイマーの方がブリーダーより幼く感じるかも?
例によって、


テイマー座り


座り姿と、


テイマー眠り


眠り姿。
何この歪みない愛くるしさ。
因みに、これまで確認し忘れていましたが、


テイマーステ画面


キャラ情報での画像はこんな感じになっていました。
加えてもう一つ忘れていた、トリスタの特徴であり重要なコンテンツでもある「ドリル」による発掘についても触れておきます。


ドリルはNPCからもらったり購入したりしたものを装備することで使用出来るようになり、


ドリルで発掘


このように採掘可能なフィールドを所構わず掘りまくることで、アイテムを入手出来るシステムです。
左クリックを長押しすると上がっていくバーを、上手いことゲージ内に入っている細いライン位置の近くに調整することで発掘をし、成功すれば発掘でしか手に入らないアイテムが地面から飛び出します。
そのとき、


発掘成功


キャラが全身で喜んでくれるのが嬉しい=w=
逆に何も見つからなかった場合、


発掘失敗


がっくりされてしまいます(´・ω・`)
更に、時々ドリルを構えた段階で、


アイテム知覚


その場所にアイテムがある、


アイテムがない


または無いということをキャラが知覚してくれることがあります。
これは感覚系ステが高いほど多く発生し、使用回数に制限のあるドリルの無駄使いを避けたり、効率的にアイテム発掘出来るといった利点があります。
だから知覚系職のライオンとフォックスは、アイテム探索に向いているというわけですね。


そんなわけで、やりたかったことは大体やることが出来たので、


笑顔でハンマーを振りかぶってー


後はひたすら青ペンギンを狩って、


テイマークリティカル


クリティカルひゃほーしていましたw


以前トリスタをやっていたときも、こんなに集中して遊んだことはなかったのですが、腰を据えていじってみるとやっぱり楽しいですねw
そのことに気付いたのがサービス終了2週間を切ってからだったわけですが…でも気付かずに終わってしまうよりはずっとよかったに違いありません。
一つ確実に言えるのは、最初にトリスタを触ったときからポーラーがいたら、もっとはまっていたに違いないということですw
また、今回フルに利用したジャンピングと転職試験免除アイテムについてですが、もし自分がトリスタで時間をかけてコツコツキャラを育てていたとしたら…と考えるとちょっと複雑な気分になりますが、限られた時間の中で出来るだけ沢山のことをやっておきたかった今回は特に、このシステムのおかげで「出来ること」の幅を広げてもらえました。この後も引き続き遊ぶという環境だったとしたら、すぐに資金と知識と経験の乏しさで行き詰ることになったでしょうけどねw
さて、やりたいことは大体やれたトリスタですが、最後にもうちょっとMMOっぽいことをしておこうと思いまして。
次回は、その辺りについて触れようと思います。


ROプレイヤーじゃないと分かり辛くて申し訳ないおまけ。
私が男性キャラで唯一自キャラにしていたドラゴンなのですが、


ドラゴンキャラクター作成画面


その2次職はこんな姿をしていました。
ここで出ているのは闇魔法特化のダークロードなので黒と緑の服装ですが、光魔法特化のプリーストの場合もっと白を基調とした配色になっています。
これを眺めながら、「あーきっと今ドラゴンを育てるとしたら、絶対カルデュイって名前付けるだろうなー私」とか思ったりしていました\(^o^)/
いやまぁ、何て言うか、


ドラゴンでカル作ってみた


やっておいたんですけどね=w=;
だって万が一、未来の私が今やらなかったことを後悔したら嫌じゃん!((((;゜Д゜)))


(c)2004 Ntreev Soft Co., Ltd. All Rights Reserved. (c)2012 Gamepot Inc. All Rights Reserved.

[2014/01/31 21:50 ] | 他MMO | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<最後で最高の思い出を共に | ホーム | 消えゆく島に寄せて>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/804-1ee2da1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。