スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
春と夏からのアトラクション
さてさて今回はコモドフェスタGより、ロックスターの用意したアトラクション「ジュエルクラッシュ」と「風雲!アマツ城R」をご紹介しようかと。
どちらも稼動開始がイベント実装と同時ではなかったもので、ちょっと入り浸る余裕がなく、最低限という感じではありますが、一応過去の季節イベントで同様のアトラクションが設置されていましたので、そちらもご参考いただければと。





それでは「ジュエルクラッシュ」から。
コモドに設置された宝石に囲まれたリング。
その近くに、


宝石職人ジュエルキング


宝石達に魅了されたジュエルキングを自称する宝石職人が佇んでいます。…ちょっとこの発言はまず病院に来てもらった方がいいかも知れません。
ジュエルキングは、宝石こそがこの醜い世界にあって煌めく美しさを秘めた存在であると説きます。
しかしキングたる彼は、単に綺麗なだけの宝石では満足出来ない様子。
彼が望むのは、「完璧にして永遠なる究極の美」。
その究極の美を完成させるべく、ジュエルキングは宝石達に魔力を込めて、極限までその力を向上させようと目論見ました。


究極の美を完成させるため


その宝石というが、彼が「魔ジュエル」と呼ぶもの。
魔力の宿った魔ジュエルは、もはやただの宝石ではなく、


美しいものは強くなければ


「真に美しいものは何よりも強くなければいけない」というジュエルキングの意思の元、自律制御による戦闘も行えるようになったのです。
「完璧な美」の完成まであと一歩というところまで扱ぎ付けたジュエルキングですが、


完璧なる美に少し足りない


しかしまだ物足りなさを感じていた彼は、冒険者達の力を借りることにしました。
それこそがこのアトラクション、


ジュエルクラッシュ


ジュエルクラッシュ。
冒険者と魔ジュエルを戦わせることによって、彼らの攻撃にも耐えられる強力なジュエルを選定しようというのです。
究極にして至高の一品のみを求めるジュエルキングは、弱いジュエルは砕いてしまって構わないとさえ言い放ち、


砕けないジュエルが顕現したとき


冒険者達が砕けない魔ジュエルが降臨したときに初めて、自分の悲願が達成されるのだと語りました。
けれど彼の野望は留まるところを知らず、


ジュエルガイストも作成中


プレイヤーが宝石達と戦った際のデータを利用して、魔ジュエルをも越えた存在、「ジュエルガイスト」の作成も行っているそうです。
そのジュエルガイストは、一定のデータが蓄積されるごとに出現し、一度出現したら砕かれるまで姿を消すことはありません。
そして、その強力なジュエルを砕いた人には、


ジュエルガイストを砕いたら


特別なアイテムが贈呈が贈呈されるのです。


このジュエルクラッシュは、以前サマスペで行われていた「スイカクラッシュ」をリニューアルしたものですね。
参考までに、スイカクラッシュの記事はこちらにまとめてあります。
このときは時間帯によって参加可能なレベルが決められていましたが、今回は参加者のレベルによって自動的に登場する魔ジュエルの種類が変更されるので、以前より格段に遊びやすくなっていますね。
鉄カブト要素であるジュエルガイストも、以前は高レベルでなければ戦えなかったのですが、今回はレベル帯に関わらず手合わせ出来るよう改善されていて、ネタに走りたい私にはありがたかったですw


そんなわけで、のそのそ殴り込んできました。
近くにあるチャットルームに入っていると、順番にリングに通され、自動で振られるサイコロの目によって登場する魔ジュエルの種類と数が決定されます。


ジュエルクラッシュ開始


あ、何かちょうどレフリーに羽が生えてるみたいになってますね。
そのリング登場の際に、プレイヤー周辺に出現するエフェクトや、レフリーが紹介してくれる肩書き、プレイヤーの決め台詞等があるのですが、これは魔ジュエル破壊数によってキャラのランクが上がると、自分の好みのものにアレンジすることが出来ました。
以降、制限時間内にガシガシと魔ジュエルを叩き割っていくわけですが…、何かこれを見ていると、過去に低レベルキャラが通常のクリスタルを通りすがりに殴ってしまい、超絶ASPDで反撃を食らって、ヒットストップで動けないままノックアウトされたトラウマが蘇りました((((;゜Д゜)))
そうそう、


スイカ割りの名残…


魔ジュエルの中には、スイカクラッシュを彷彿とさせるものがいたりもしましたよ~。
でも高レベル用の魔ジュエルは倒すのが面倒だったので、ジェネに転職させないまま90台を楽しんでいるクリエに出動してもらいました。
「硬い宝石を砕くならADSだろう」という考えは、発想としては物凄く間違っているけど戦略としてはそれほど間違っていなかったようで。


ADSでジュエル砕き


瓶をポイポイッとするとガガガガッと崩れて行くのが見ていて楽しかったです。
割りと頻繁に、


砕いた宝石が…?


魔ジュエルが海産物化することがありましたが\(^o^)/
これは中のMobの名前が見えているわけではなくて、単にMob管理IDが混線しているだけです。
魔ジュエルの討伐が終わると開くWPの先には、


ダイヤクイーンなのです


今度はダイヤが大好きなダイヤクイーンと名乗る女性が待っています。
彼女は、


ジュエルを砕いた報酬


砕いた魔ジュエルの数に応じて報酬のギィコインを渡してくれ、更にキャラごとの累計ジュエル破壊数によって、ランクのチェックも行ってくれます。
ランクが上昇した場合、


カラットランクアップ


輝くエフェと共に何カラットのランクになったかを教えてくれ、ボーナスのコインもくれます。
実は彼女、究極のダイヤを手に入れるのが目的でジュエルキングを手伝っているらしく、ジュエルガイストを討伐した直後の会話で、その旨の台詞が聞けたそうです。


さて、ジュエルキングが現在進行形で作成しているジュエルガイストですが、魔ジュエルとの戦闘数が一定値に達するごとに徐々に作業工程が進んでいきます。


ジュエルガイスト原石選定中


原石の選定をし、


ジュエルガイストカットに入る


カットの作業に入り、


ジュエルガイストカット研磨終了


カットと研磨の終了後、


ジュエルガイストエンハンスメント


エンハンスメントを行い、


ジュエルガイストトリートメント完了


トリートメントが完了し、


ジュエルガイスト最終調整ほぼ終わり


最終調整もほぼ終わると、


ジュエルガイスト披露


ついにジュエルガイストのお披露目です。
このジュエルガイスト降臨と同時に、


ジュエルガイスト降臨


イベント会場内にそのことを知らせるアナウンスが流れます。
このときは朝の比較的人が少ない時間帯だったので、スパノビで遊びに行っちゃうぞーわっほーと突撃したら、


始まる前から終わってた


登場と同時に終わってました\(^o^)/
でも別の人と戦っている間にジュエルガイストがSWを置いたので、


ジュエルガイストキュアーD


今度はそれを占拠して近くでの撮影に成功(`・ω・´)
ジュエルガイストには3種類のパターンがあり、その中のどれかが登場します。
今回はキュアーDでしたが、


ジュエルガイストDジェネラル


それ以外のものが出ている場合も。
このジュエルガイスト各種を倒すと、ランダムで精錬された装備が入手出来ました。


また、このジュエルクラッシュには、面白い応援機能がありまして。
リングの脇にいるサンタ服姿の少女に話しかけると、


応援し隊リーダーなんだよ!


彼女は自らのことを「応援し隊リーダー」と名乗ってきます。
実はこのSS、ジュエルクラッシュ開催前に撮ったものでして、開催中とは若干台詞が変わっています。
そして当然、応援するべき対戦は始まっていませんので、


バトルはまだやってない


応援出来ずにを残念がるリーダーなのでした。
その後、ジュエルクラッシュが開始されると、


一生懸命応援するよ!


試合に出場するプレイヤーを一生懸命応援するというリーダー。
うっかり彼女に話しかけたが最後、


レッツ応援


強制オープン発言での応援を強制されます\(^o^)/
けれどその後で、


皆で応援すると


一緒に応援出来たことを喜んだ彼女から、ギィコインを1枚もらうことが出来ます。
ただしこれが出来るのは試合中のみで、討伐完了から次の対戦開始までに話しかけると、


一緒に応援してくれると


バトルが始まったら一緒に応援してほしいと頼まれるに留まります。


続いて、「風雲!アマツ城R」について。
こちらも春に行われているアマツ祭で、過去に人気を博したアトラクションのリバイバルでございます。
過去のイベントの記事は、初代風雲!アマツ城がこちら、風雲!アマツ城2がこちらです。
今回のアマツ城Rでは、基本的に走るコース自体に目新しいものはないのですが、


ボーナス発行機


入り口の方に「ボーナス課題発行機」なる聞き慣れない名前の機械が設置されています。
これは、


ボーナス課題で報酬が増加


ランダムで発行される課題を達成してクリアすることで、ゴール時の報酬コインを増やせるというおまけ要素。
その課題は、


ランダム発行のボーナス課題


罠を避ける系や出来るだけスムーズにコースを突破する系があるかと思いきや、逆に一定回数以上罠に掛からなければいけないものがあったりと様々です。


それでは、実際にコースを走ってみましょう。
ってことで、昼回スタート時間にWP出現場所に行ってみたらばですね、


独走確定アマツ城R


何この既に約束された勝利\(^o^)/
まぁゆっくりSS撮れていいよねってことで、気にせず進みます。
第一コースはお馴染み、


アマツ城R城外


夜のアマツ城城外。
タネも仕掛けも過去2回と同じです=w=
第二コースも定番の、


アマツ城R一本橋


一本橋のマップ。
ただし、前回あったスドリ戦はなくなっています。
また、同じく前回の第二コースだった水路マップも今回はなし。
この2ヶ所がアマツ城2の面倒ポイントだったので、これがなくなったことによってよりスピーディーな勝負が出来るようになりました。このときは競う相手がいなかったけどな!\(^o^)/
第三コースも初代からある、畳の迷宮。
しかしこちらはアマツ城2からの長くなったマップが採用されているので、


アマツ城Rびりびり廊下


迷路を抜けた先の長廊下のノックバックトラップを摺り抜けて進まなくてはいけません。
それらを抜けた第四コースには、


夜の部ゴールロックスター


城主の代わりに、このアトラクションの企画者・ロックスターが待ち構えています。
ここでの課題も定番のクイズ3本立て。
1問目は計算問題で2問目はMobに関する問題、っとここまでは過去のアマツ城と同じなのですが、最終問題だけは違った趣向になっていまして、


俺達のイベントについての問題


これまでにロックスター商会が開催してきたイベントに関する知識を問われます。


龍神祭のアニバちゃんクエ


この問題は、イベントスキーからしたらノーヒントで解ける問題ばかりで嬉しいのなんのってw
見事正解すると、


俺も感動したぜ


何だかロックスターも一緒に感動してくれます=w=
更に、


アマツ城R報酬


報酬のギィコインをもらったら、スタート地点に戻されます。
これは夜の回…一日城主を決める本戦においての第四コースの様子でしたが、


昼の部ゴール夏美


それ以外の回では夏美が最終問題を出してくれます。
ロックスターが考案したイベントなのに、夏美の方が城内で働いている時間が長いという\(^o^)/
夏美の場合も進行はロックスターのときと変わりません。


私達のイベントに関する問題


最終問題ではやっぱりロックスター商会主催のイベントに関する問題が。


アカデミー学園祭のキューペット


ここで出される問題の内容もロックスターのときと変わりませんから、夜の城主戦に向けて特訓をすることも出来ました。
ばっちり正解すると、


私も嬉しいです


私も嬉しいと一緒に喜んでくれる夏美。
更にこの時点でボーナス課題を達成していると、


ボーナス課題も達成


ご褒美も増やすという台詞が挿入され、


アマツ城Rボーナス込み報酬


いつもの1.5倍のギィコインをもらえます。
これはもちろん、ロックスターがいる時間帯でも同様のボーナスが追加されます。


そしてコメントで頂いた情報なのですが、今回のアマツ城Rには隠し要素として屋根裏部屋が存在しました。
…が、それはちょっと個人的に今ここに駆け足で書いてしまうには勿体ない内容でしたので、また改めて特集を組みたいと思います(*^¬^*)


てなわけで、ざざっと勢いに任せて見てきましたが、以上がロックスターの用意した残り2つのアトラクションでした。
どちらものんびり楽しめる時間がもっとあったらよかったのですけどね~。

[2013/12/16 21:50 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<屋根裏に隠された秘密 | ホーム | お触れの力でマジカルトゥインクル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/775-62195d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。