三度現れた失われし大地
さてさて現在絶賛開催中の「DimensionDiver 3rd ~異界の王たち~」。
概要はこれまでと変わりはありませんが、今回も新たなMobが投入され、更に新要素として、Dごとに入場出来る職が限定されている、高レベルキャラ向けのマップも登場しました。
てわけで早速ざっくり見ていきます~。
あ、先に断っておきますと、ここでまとめてあるのはあくまで今回のDDの紹介であって、有益な攻略情報とかは皆無だと思いますので、ご注意ください。





まずは通常の異界についてですが、調査団長達の台詞は前回のDDのときと全く一緒だったので、ここでは割愛します。
…が、それだと何か物足りないので、現在のDD(2ndと3rd)では文言が差し替えられている、初代DDの団長及び調査兵の台詞を置いておこうかと。
最初のDDのときにこの辺りのやり取りをまとめ記事に載せていなかったので、2年越しとなりましたがw
まず団長から。


初代DD調査団長の依頼


異界の調査が困難を極めているというこの台詞は、今は「以前とはMobの性質が変わっていたり、新種のMobが発見されたため」という理由が追加されています。
そして調査兵。


初代DD調査兵消失してしまった大地


最初のDDでは「次元の狭間の影響で消失してしまった大地」といった説明ですが、今は「突如として現れ、消えて行った大地」という説明に。でも後者の言い方だと、以前はミッドガルドに存在した場所という情報がごそっと抜け落ちてしまっていますね。
また、


初代DD調査兵迅速に調査


「今は存在しているけれど」は現在、「今は存在を維持しているけれど」になっています。
更に、


初代DD調査兵調査には危険が伴う


「消失した大地には強力なMobが生息している」という報告は、2回目以降のDDではもう既に知られていることなので、「以前より遙かに強力なMobが確認出来た」という内容に変わっています。
去年と今年の台詞についてはこちらに置いてあるので比較にどうぞ。
それにしても初代DD、見事に調査兵の周りに誰もいなくてビックリしますねw


ではでは、ここからは今回初登場のMobの紹介を。
まずは、


バシリン


我等が癒しマップ、森林に現れた新たなポリン族・バシリン。
ポリン族の中でも新参者であるボムリンのスプライトが、他のDD未登場ポリン族を押しのけて使用されています。
ボムリンと言えば、アニバのカウントダウン襲撃において、自爆で3次オーラを消し飛ばしまくっていた姿が印象的でした。


今年もボムリン


あとこっそり古代遺跡にも登場していたのですが、圧倒的な火力の前に、自慢の爆破を披露出来ないまま退場させられてちょっと切ないことに=w=;


小部屋でひっそりやられるボムリン


でもってこのバシリンも、一撃入れると詠唱を始めるのですよね。


バシリンを攻撃すると


何だか爆発の秒読みのようでガクブルですが、バシリンは自爆することはありません。


バシリンの詠唱


10秒の詠唱が終わると同時に、


ゾンリンに変身


ゾンリンに変身します。
ゾンリンといえば、去年初登場した不死ポリンで、恐ろしく高いHPとすぐに自決してしまう脆さが特徴でした。
つまり、


からの自決


変身したらそのまま自決((((;゜Д゜)))
因みにバシリンはエンペ型のMobで、与えられるダメは1ダメ固定、スキル無効。詠唱中は攻撃をしてきません。
MHPは50だかなので、メタモルフォーゼスキルの詠唱をしている10秒の間に倒し切れるだけのASPD(とミスを出さない程度のHIT)があれば、誰でも倒すことが出来る良Mobです。


次に渓谷のMob達。
ここのMobは共通して、特定のスキルを受けると自爆するという特徴を持っています。
いきなり大物の、


炎神タイガー


炎神・タイガー。
エドガのスプライトだけあって(?)火属性の魔法を多用してきますが、もちろん本家ほどの威力はありません。
TSを使うと自爆するらしいですが、唯一のTS所持キャラだったサラが3次転職後にスキルを切ってしまったので、現状実際に挑戦出来るキャラがいません。スパセルでガチはちょっと^^;
次は、


マーベラスカブキ


マーベラス・カブキ。
AX系のスキルを沢山使ってきた気がします。
自爆トリガーはME。渓谷の中では自爆誘発狩りが比較的やりやすいとかなんとか?
続いて、


倍返しだー


ナオサワ・ハン。
何か遊牧民の英雄っぽい名前になっていますが、モデルは銀行小説&ドラマのあの人ですね。
何故団子童子なのかは分かりませんが、ちゃんと元ネタ通り「倍返し」すべく、追尾AIでディレイ無視のLAを連打してきます。
自爆を引き起こすのもやっぱり元ネタを意識してお金関係。メマーで起爆するらしいです。
最後は、


崖の上のネオジオ


ネオ・ジオグラファー。
地属性の魔法を連打してきてチクチクされるのが痛い。
自爆は黄泉返しで発動だそうですが、理由もイマイチよく分からず。
ただこのネオジオ、オリジナルのジオとは違う驚愕の特徴を有し、プレイヤーに衝撃を走らせました。
このジオ…、


歩くネオジオ


動くぞ…!
ってな感じで凄まじい早さでうねうね駆け寄ってきます。ちょっとした恐怖画像です。
でももちろんこのスプライトはジオのグラが作られたときから用意されているもので、普通の動かないジオでもSGを当てたとき等に稀にこのモーションを取ることがあります。
それを知っていたが故に、動いている現物を見ても私はそこまで驚けなかったのですよね…(==;


最後は高レベルキャラの金策向けマップなイメージが強い森境の新Mob、その名もシーメイデン。


シーメイデン


前回まであった、オーコルニル一派スプライトのMobが徘徊していた荒野が今回削除されてしまったため、その中から人気の高かったブラッディメイデンだけを、名前を変えて移住させたようです。
SS撮影のために、いつものように突撃らぶあたっくをしたのですが、


シーメイデンのFN


FNやら、


シーメイデンのJT


JTやら、結構耐えられて逆にびっくり。
森境の他のMobも強力な攻撃をしてくるので、まとめて相手出来るよう調整されているのかも知れません。


シーメイデンの何か痛い攻撃


あ、ダメ蓄積中にこれは流石に無理\(^o^)/
このシーメイデンですが、恐らく上記の通りブラッディメイデンの能力をコピーしてきて調整したMobらしく、設定されていないはずのメタモルフォーゼを使用し、今回のDDには本来登場しないはずのサタンメイデンになってしまっていたそうですね(去年のDDでブラッディメイデンにMEを当てるとサタンメイデンに変身した)。
その件については既に修正がされているので、もうサタンメイデンに会うことは出来なくなっています。
それにしても荒野はオーコルニルMobに会える貴重なマップだったので、なくなってしまったのはちょっと残念でした。
でも今回の新マップもまた面白いDなので、それはそれでよかったですけどねw
というわけで多分次回はその新マップ、異界の魔境を取り上げる予定です。

[2013/10/24 22:02 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<猫と界王と不思議な石(魚帝ママン編) | ホーム | 久々に猫珠したら>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/747-d26e9773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |