月の夜釣りのウサギ祭り
ってことでラビットカーニバル第三段、ムーンフィッシャーズを見ていこうと思うのですが、今回もラッキーラビットと同様に週末限定イベントだったため、外出予定が入っていた都合上あまり釣り糸を垂れる時間がありませんでした。
でもまぁNPCとの会話は割りとしてきたので、例によってイベレポをw





ではまずイベント開始前の会話から。
何と何と、


輝きを増す月の光


これまで「ラッキーラビット通訳」としか出ていなかった猫の手職員に「ソラ」という名前が付いていましたw
一応ここでもルナ(多分おまじないをしてくれたラッキーラビット)と一緒にはいるものの、今回ルナは喋らないので、通訳って表記してしまうと前のイベントを知らない人には意味が分からないからでしょうね。
ソラは徐々に月の光が輝きを増していると言い、月のウサギ主催・猫の手職員運営のムーンフィッシャーズイベントを開催する予定だと話します。
何でも、


狭間から月に流れ着く


ミッドガルドで日々生産される様々なアイテムは、少しずつ次元の狭間に飲み込まれて何処かに飛ばされていっているのだとか。
その中の一部が月に流れ着いているようで、月のウサギ達が困っているそうなのです。
でもそのアイテムの中には、


ウサギ達には価値のない


ウサギ達からすると無益なものでも、冒険者達にとっては価値のあるものが多く混ざっていることに目を付けた猫の手職員。まぁ元々ミッドガルドから流出したものですしね。
そこで彼らが考え出したのが、


皆ウハウハ


月面をお掃除するイベントでしたw
その方法はというと、魔力の込められた触媒で月面からアイテムを引っぺがすというもの。そうすれば冒険者はアイテムが手に入ってウハウハ、ウサギ達は月面が綺麗になってウハウハ、と一挙両得。
…ここでは挙げられていないけれど、触媒として使用する黄Jを売って猫の手職員もウハウハ、というのも絶対彼らの打算に含まれていると思うw
とは言っても猫の手職員からのアイテム購入は必須ではありませんから、まぁ良しとしましょうか=w=
けれど、


月に行く魔力を蓄積中


地上に住む冒険者や猫の手職員が月へ行けるのは、この季節の短い期間に限られています。だから今はまだ魔力を溜めているところで、今後月に行けるようになるだろうとソラは言いました。


そして機は満ちまして、月への道が開かれると、


月の光が美しい(でも昼)


ソラの台詞もイベント開催中のものに。
続く説明はこれまでと同一ですが、


月に行くなら今


最後の文言が「やるなら今しかない、興味があったらそこの光に入って」といった内容に変化します。
…このSS、本当なら開催前と開催中のものを同じアングルで撮りたかったのですが、ソラも言っている通り、イベント中は光に入ってしまうと月へと強制連行されてしまう状態だったため、敢えなく断念しました=w=;


そんなわけで、実際に月へと行ってみると…、


今回はウサギをお手伝いリール


去年までギィ・ロックスターの釣りイベントの実務を担当していた猫の手職員達が\(^o^)/
しかもリールは、


今回もお手伝いリール


話しかけたときの台詞がアルベでの釣りイベントのときとほぼ同じなのが嬉しいところ(*^¬^*)
また、基本的な説明はソラがしてくれたものと同じですが、


月面を歩き回れば


月面を歩くと見つかるポイントで回収作業が出来ることや、その方法が釣りと似ていること、


釣りのように作業出来る


特製オートキャストロッドを採用しているため釣りのように作業が出来ることも追加で教えてくれます。つまりやることはこれまでの釣りイベントと変わらないということ。
また今回回収出来るものは、クエで使用するものや次元の狭間に吸い込まれた装備品、


たまに月のMobも


それに加えて、たまーに月のMobも出現します。
続いてリールの隣にいるリョショーのところへ。以前のイベントでは討伐によるボーナスを付与してくれた猫ですね。
リョショーに話しかけると、


リョショーと再会


何処かで会ったかと訊ねられます。
…が、この台詞は全員に対して言っていたのか、前回の釣りイベに参加したキャラだけが言われたのか確認し忘れましたorz
でも取り敢えずそれはどうでもよかったようで、


釣仙猫再び


海を愛し釣りを愛する釣仙猫だとリョショーは名乗ります。
ここには水のある海はないし、今回やるのは釣りと同じ要領でやる回収作業だけどな!
とか突っ込んでいたら、


月の海の釣りも乙なもの


たまには「月の海」での釣りも乙なものとか、釣りの何たるかを知らないウサギが「回収」と呼んでいるとか、しっかり辻褄を合わせてきて笑ってしまいましたw
まぁそれは置いておくとしまして、今回月での回収作業には、魔力の込められた触媒…黄Jが必要となります。
釣り好きのリョショーはそれを大量に月へと持ち込んで来ていまして、それを売ってもいいと考えているようですが…、


ただ売るのも面白くない


相変わらず酔狂な彼は、ただ売るのも面白くないと言い出し、


折角の月なのだから


折角月にいるのだから、ウサギのような衣装や装備を身に着けてきたら売ると話します。
言われた通りウサギ的な格好をしていくと、


黄J売ってほしい?


いきなり最初から黄Jを売ってほしいのかという話に。
売ってほしいと返せばまとめて購入が出来ました。
ここで「あなたは?」と訊くと、ウサギ装備を着けていなかった場合の会話が始まりますが、


お主のようにウサギ装備を


黄Jを売る条件の部分は、既にウサギ装備を着けているバージョンに挿し替わります。


ってな感じで後はだらだらと釣り糸を垂れていきます。時間なかったから全然目ぼしいものは手に入りませんでしたけどね^^;


月で釣り糸を垂れる


例によって釣りを開始してからの、


月釣りでも定番のあれ


所持品数多すぎによるソッコー強制釣り停止\(^o^)/


月ウサギ一同


何となくこの回収スポット案内の「月ウサギ一同」がツボでしたw


ニンジンいっぱい取れる


それにしても随分とニンジンが釣れます。
これもウサギにとっては意味のないもの…?
月ウサギは地上のニンジンなど食さないのでしょうかね=w=
釣れた中で一番いいものだったのは、


月で紫箱が釣れた


恐らくこの紫箱…。
他には、


眠いルナ釣る


適当な立ち位置で釣りを始めたときに限って月面限定のねむねむルナを釣り上げてしまったりとか、


怒るナモチ


ぷんすこルナモチにも遭遇したりもしましたよー。


そんなこんなで、楽しむというよりはもう期間が短くてカツカツ状態でやった月釣りでした。
今回は結構いいcが出たりもしたようですが、イベント限定衣装装備すらなかなか入手出来なかったり、割りとシビアなイベントだったみたいですね。
過去の釣りのネクタイや衣装ゴーグルですら私のキャラは苦戦していましたから、もし今回もそれらと出現確率が変わっていなかったとしたら、相当最適化したキャラかよっぽどのリアルラックの所持者じゃないと厳しかったでしょうね。
個人的には、ラビットカーニバルの一環としてやるなら、もっとウサギ成分の多いイベントにしてほしかったなーって感じでした=w=;

[2013/09/24 23:26 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<クロモのアタックチャーンス? | ホーム | 幸運を呼ぶウサギ祭り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/730-b00f1bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |