スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
生態調査の今昔(生態研究クエ新旧差分)
さて前回まで見てきた異世界の生態研究クエですが、何度か繰り返している通り、現在の生態研究は異世界実装と同時に設置されたものとは一部内容が変わっています。
既に旧Ver.の記事の末尾でも何処がどう挿し替わっているのか記載しましたが、折角なのでここでは変更された台詞も含めて紹介していこうと思います。
元々やる人の少ないクエだしね!
また、今回の記事に使用しているSSは、全てその差し替え前の台詞SSを本編の方に載せていますので、興味のある方は比較してみてくださいな。


※※※以下には、「生態研究」クエストのネタバレ及び、各種異世界関連クエストや異世界の世界観に関するネタバレが含まれます※※※





まず最初は、異世界に来てまだ何の研究もしていなかったルミスが、兎に角何かしなければと気を持ち直した矢先に異世界のMobに怯えるパート。
旧Ver.ではネペンテスに対してでしたが、


あのピンギが見えない?


新Ver.ではピンギキュラに変わっています。あんなに可愛いのに…。
もちろんネペのときとは違い、ピンギが顔を出しているのはマヌクではなくスプレ。


少女のようにも見えるもの


従って風景描写も「緑豊かな森」に変更されています。
また、「ゴラやヒドラのようなMobが苦手」という発言は、


外見は可愛いかも知れないけど


「外見は可愛いかも知れないけれど、見境なく襲ってくる」という台詞に。
アクティブMobは基本的に見境なく襲ってくるけどな!\(^o^)/
そしてここはどうなっているんだろうと一番気になっていた「うねうねした動き」は、


ウネウネした腰が気持ち悪い怖い


「うねうねした腰の動き」になっていました。あーなるほど、上手く誤魔化したなぁ。
って、そのくねくねが可愛いのに!w
…まぁ揺れてる系グラは見ていると不安になる人もいるようですし、こればっかりは嗜好の問題なので何とも言えませんけどね^^;
でもってピンギを倒したという証拠の品は、


証拠に鋭い葉っぱを


ピンギのドロップする鋭い葉っぱになっていまして、


笑わないばかりかピンギの退治まで


感謝の言葉もピンギになっています。
更に、


ピンギを標本にしてあげたら


ピンギを剥製にしちゃうルミス((((;゜Д゜)))
今持ってきたのは葉っぱだけなので、葉の標本なのでしょうけれど、


ピンギの標本の完成


ピンギの標本って言われてしまうと、あの姿をそのままホルマリン漬けのような状態にしたのかと思ってしまいますねw
そうなると必然的に、


ピンギの標本はここへ来たその日のうちに


兄のテリスはピンギを大量収集している危ない人にも見える不思議\(^o^)/
また、ネペのときにテリスが語った薀蓄も、


ピンギは新種のMob


ピンギの説明に差し替えられています。
ただ…、


自立して移動することが出来る


「厳しい環境で育ったから、ゴラと違って自立移動が出来る」という説明はちょっと無理があると思うんですよね。ドリアードやフェアリーフ等、ミッドガルドにも動く植物は沢山いますから。
加えてミッドガルドに似たMobがいるネペと違って、


弟がピンギを苦手としていることは


どうしてルミスがピンギを苦手だって知ってるの? という疑問が浮かんだりとか。
ネペの場合は、ミッドガルドでゴラを見て大騒ぎしたんだろうなってことが想像出来るのですが、ピンギは異世界固有種と紹介されているMobなので。まぁこの辺も双子だから分かる、の一言で片付けてしまえばいいんですが。
あ、因みにこの台詞、「どうして笑うんですか」と「本当です!」のどちらを選んだかによって、非常に些細な違いがあったりします。


些細な違い


その些細さたるや、語尾に「!」が付くかどうかってだけなんですけどねw
また、ルミスが作った標本を受け取ったテリスが、プレイヤーに見てくるよう言うMobが、


ダークピンギを見たことはある?


ピンギからダクピンに。


ピンギ同様可愛らしいダークピンギ


ちょっと目が危ない感じになっていますが、ダクピンもピンギ同様可愛らしいことには同意=w=
当然の如くダクピンを討伐してきた後のテリスの台詞も、


ダークピンギは可愛らしかったでしょう


ダクピンは可愛かったでしょう? というものに。ダクピンと一緒に群れてくるピンギの方が可愛かったのは内緒だよ!
そしてこのときテリスと警備隊が話していた、測定器を壊すMobについて。
コルヌスのときには凶悪な蹄で壊すと言っていましたが、


測定器を水浸しにして壊すやつが


こちらでは「水浸しにして壊す」に変わっています。
テリスの話によると特殊な測定器のようですし、精密な装置だったら水浸しは一発アウトですね=w=;
その水浸しの犯人は、アクアエレメンタル。


アクエレに測定器は危険だと


しかしこのテリスの台詞、オリジナルの「コルヌス」に対してアクエレの名前の字数が倍以上あるため、目いっぱい文字を詰め込んで何とかメッセージウィンドウに収めている努力が垣間見えて、微笑ましく思ってしまいますw


てな感じで、クエの内容変更による台詞差分は大体こんな感じでした。
んでまぁ、何度か私の記事を見ていただいた方はご存知かもですが、私はkROで作られたエピソード関連のクエの内容が、jROの都合で実装後に内容が変更されることをあまり快く思わない人間ですw
もちろん花子のように、話の内容とは関係なく無駄に手間隙かかる部分での条件緩和ならいいと思いますけどね。
なので、この先は初期のルミス張りに色々ぐちぐちすると思うので、敢えて不快な思いをしたくないという方は引き返していただけるとありがたいです。


そんなわけでー、生態研究クエにおける内容変更について、私的に感じたことなどを。
まずネペからピンギへの差し替えは、ネペは遠距離職じゃないと倒し辛いということへの配慮だったようですが、実際にここで必要なのは「丈夫に見えるつる」を用意することであって、自分でネペ倒す必要はないので、敢えて変更する必要もなかったと思うのですけどね。
しかしこのクエの修正と同時に「駐屯地の人々」のテント修理パートでの必要アイテムから「丈夫に見えるつる20個」が削除されている点からしても、どうやらネペはあまり対象にしたくなかったようです。確かにそこまでドロップ率がいいアイテムでもないので、20個集めるとなると微妙にきつかったのは事実なんですが…、ここで必要なのは1つだけですしね。
しかもここでネペを倒すよう誘導されていないと、このクエの進行の中で、テリスがスプレとマヌクの違いを語る段階までにプレイヤーがマヌクに行く機会がなくなってしまうのです。駐屯地の中をうろつくだけでも、マヌク側が雪原地域だということは分かりますが、やっぱり実際にFに出ていた方が実感が湧きやすくていいのになと。
また、差し替え前の状態だと、基本的にルミスはマヌクのMob、テリスはスプレのMobに関する依頼をしてくるんですよね。兄弟で綺麗に調査地域が分かれているんです。
でも最後の最後で、ルミスが自分の調査していたヒルスリに酷似しているMobを、ずっと兄が調査してきた領域であるスプレに見出すわけで、ここでこれまで擦れ違っていた兄弟の進む方向が一緒になるのです。…いやまぁ、これはきっと深読みのしすぎで、テリスは既にマヌク方面の調査を粗方終えているだけなのでしょうけどね。ネペについての研究はかなりやっていたようですし。
でも私的にはそういう風に感じたので、変えないほうがよかったんじゃないかなーと思うのです。
そして最も意図がよく分からなかったのが、コルヌスからアクエレへの差し替え。
どのタイミングでこの変更が来たのかは忘れてしまいましたが、その当時ですら、アクエレが討伐対象に入っているんじゃ全然敷居下がってないよーと思った記憶があります。しかもその後のパッチでアクエレは超強化されてしまいましたしね。
確かにコルヌスは属性の関係もあって、この頃は倒し難いMobだったのですが、それでも他にルシオラやナーガという、異世界と同時に実装されていて、ステ調整のおかげ比較的倒しやすくなったMobがいるのに、何でそれらを差し置いてアクエレが採用されたのかと…。
一時期のリンコ臨が盛んだった頃なら、ついでに倒されるアクエレで討伐のカウントを稼ぐことも出来たのかも知れませんが、それでもクエの間口が広がったとは私には思えませんでした(==;
やっぱりこのクエは、異世界にきてまずやるように作られているものですから、異世界Mobの試し狩りや異世界観光をしながら進められるものだったらよかったのにな。
実装当時から他クエと比べて挑戦者が少なく、テコ入れされても結局難易度は下がらず、jROオリジナルのMobの配置変更によってクエの内容までおかしくなってしまった、とことん不遇なクエに思えます。
同時に、異世界実装当時に無理してこのクエをやっておいて良かったなとも思います。超ATK時代のMob相手に苦労してクリアしたときの喜びは特に大きかったですからねw
そして二度とやりたくないと思ったわけですが\(^o^)/

[2013/10/19 07:52 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<今度はばっちり占領した! | ホーム | ハートはと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/724-75bf7bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。