スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
おてんば修道女の起こした奇跡
さてー前回のファンタズミックアローに引き続き、今回は2次職用スキルクエからレディムプティオの習得クエを見ていこうかと思います。
このクエは「あるキャラクター」にまつわるエピソードとして描かれているため、そっち方面ではかなり有名なクエです。
そんなわけで早速ずずいっと。


※※※以下には、「レディムプティオ習得」クエストのネタバレを含みます※※※





プロンテラ大聖堂の中ほどに、


我らが主オーディンよ


一人佇んで祈りを捧げている修道女がいます。
彼女の名はライナース修道女。


ライナースの祈り


一心不乱に祈るライナースに、誰のために祈りを捧げているのか訊ねると、


幼い修道女の話


彼女はしばしの沈黙の後、おもむろに昔話を始めました。
それは幼い修道女の話。
彼女は、


おてんばで明るい彼女


とてもおてんばで、いたずらっこではありましたが、いつも明るい可愛い子でした。
ある日、とある冒険者達の一行がこの大聖堂を訪ねてきました。


聖職者を求める冒険者


冒険者が危険な地に赴くにあたって、聖職者はなくてはならない存在。
だから彼らは、自分達に同行してくれる聖職者を探していたのです。
けれど、幸か不幸か、その日に限って同行することが出来る聖職者は大聖堂にいませんでした。


これも運命の悪戯?


その、おてんばな修道女を除いては。
元々好奇心の強かった彼女は、半ば無理矢理同行するような形でその一行に加わることになりました。
冒険者達が向かったのはGH。


GHでの奮闘


そこで彼らは数多くの戦いをし勝利を修め、彼女も奮闘して一行に貢献しました。
しかし冒険の最後で、彼らは最大の危機に直面します。


最後に訪れた危機


GHで最も危険な区域で、修道女を除いた冒険者の仲間達が全員倒れてしまったのです。
そんな絶体絶命の状況の中で、


彼女が唱えた古の経文


彼女は古の経文を唱え始めました。
その経文の名は「レディムプティオ」。


レディムプティオという名の奇跡


それは聖職者の中でも実力のある者だけが使うことの出来る、自らの命と引き換えに仲間達を蘇らせるという最高の奇跡を起こす術。
本なんてつまらないと言ってほとんど勉強もしなかった彼女が、


仲間達を助けるために


仲間達の危機に瀕してレディムプティオの経文を思い出し、彼らを救うべく尽力したのでした。
ライナースは、そのときの彼女のことを想って、とても辛かっただろうと口にします。


自分の無力さを感じるときほど


自分の無力さを痛感することほど、辛いことはないだろうと。
そして、奇跡を起こすために心から祈った修道女の願いが天に届いたのか、


奇跡を祈った願いは


彼女のレディムプティオは成功しました。
力を取り戻した冒険者達は体勢を立て直し、修道女を助け起こして帰路につくと、


帰還した修道女


無事にプロへ帰還したのです。
その後、大聖堂へと帰った修道女。
冒険者と行動を共にしている間は聖堂での仕事を行っていなかった彼女でしたが、今回活躍をしたこと…上級の術であるレディムプティオを成功させ、危機的状況から仲間達を救い出したこと等が考慮され、


修道女はHPへ


数ヶ月の修練を経た後、ハイプリーストへの昇格を果たしました。
けれどもちろん彼女の旅はこれで終わりではなく、ますます活発に大陸を飛び回って多くの活躍をすることとなります。…元来の性格はそのままのようですが。


さらに多くの活躍を


一通りライナースの話を聞き終わって、どうしてこのことを話してきたのか訊いてみると、彼女はそのおてんばな修道女が今どうしているかを語り始めます。


彼女がリヒへ向かった後…


彼女は数ヶ月前、布教と修行を行う為に、仲間達と共にリヒタルゼンへと旅立ちました。
しかしそれっきり、連絡が来なくなったというのです。
ただ単に忙しいだけなのか、それとも何か危険な目にあっているのか…。
ライナースはそのことをとても心配に思って、


その子達の安全を祈っている


毎日この聖堂で彼女の安全を祈っていたのでした。


一晩中土産話を


早く無事に帰ってきて、またいつものように一晩中土産話を聞けたらと思う、と微笑むライナース。
そして彼女は随分と話し込んでしまっていたことに気が付き、


姉妹のためにも祈りを


各地へ冒険に行くプレイヤーの身の安全も祈ってくれます。
そんなライナースに、


彼女に伝えることがあれば


おてんばな彼女への伝言はないか、もしこの先の旅で出会うことがあればその言葉を伝える、と告げると、


親切な方ですね


その申し出に礼を言いながら、ライナースは音信不通となった修道女の名前を口にします。


彼女の名はマーガレッタ


ハイプリースト「マーガレッタ=ソリン」。
それが、ライナースの語った修道女の名前。
もしその子に会ったら、いつも聖堂で安全を祈っていると、くれぐれも気をつけるようにと、


聖堂でいつも祈っていると


そう伝えてほしいとライナースは話すのでした。


…と、ここまでが実は前振りでしてw
ここからが実際にレディムプティオを習得するクエパートです。
ライナースにレディムプティオを学びたい旨を伝えると、彼女はその基礎知識から教えてくれます。


レディムは難しい経文


レディムプティオは自分の周囲にいる戦闘不能のPTMを一度に復活させられるスキル。
ただしその経文はかなり難しく、覚えることすら簡単ではありません。
また、


自己犠牲のスキル


レディムプティオは仲間の蘇生と同時に、自身が戦闘不能になる自己犠牲スキルであることを忘れてはいけない、と彼女は語気を強めて言いました。
諸注意が終わった後、ライナースは自分がレディムプティオの経文を唱えるから、それを覚えるようにと促します。


ライナースに続いて


レディムの詠唱


言われた通りにライナースの言葉を追っていきますが、覚えるのが難しいというのは本当のようで、


レディム習得失敗


頭がショートしてしまうと習得失敗に(´・ω・`)
でも優しいライナースは何度でもその修練に付き合ってくれます。触媒は自腹だけどな!
そして努力の甲斐あって、


レディム習得成功


無事にレディムプティオを習得することが出来ましたヽ(・ω・)ノ
ライナースは祝いの言葉と共に、あくまでこのスキルは最後の切り札であり、本当に危険なときにだけ使うように、と改めて諭してくるのでした。


というわけでレディムプティオ取得クエでした。
このクエは不動の人気を誇る生体Mobの、生前の様子が分かる数少ない情報源としても有名ですね。
RO内でここまで詳しい為人が分かるのはマガレだけでしょうか。
おてんばだった後輩の身を案じて日々祈りを捧げるライナースですが、ご存知の通りもうマガレは…。
プレイヤーキャラはマガレの現状を知らない設定で話していて、何処かで出会ったらライナースのことを伝えると申し出ますが、もうライナースの知っているマガレに会うことは出来ないと思うと切ないですね。
でもちょっと気になったのが冒頭のライナースの祈りの言葉。
最初は迷っている旅人を導いてくれというような内容かと思ったのですが、2つ目のSSでの台詞はまるで死者に向けた祈りのようじゃないですか。
だからもしかしたらライナースは、マガレが二度とここへは戻らないことを知っているのかも知れません。
その真意を知ることは出来ませんが…。
クエで習得するスキルには基本的に何らかのエピソードが付随していますが、ここまでドラマチックに描きこまれたスキルもないのではないかと思います。残念ながら私はROの基本職を全て育てたわけではないので断言は出来ないですけども。
ただ少し残念に感じるのは、完全にエピソード部分とクエ習得部分が分離してしまっていること。
まぁこのクエ自体が実装されてからかなり経つものなので、当時のクエの不親切さが滲み出ているというか…、レディム習得に関する話題が全く出ずに一度会話が終わったときには、何か条件を満たしていなくてフラグが成立していないのかと思って焦りました^^;
構成的にはHunのPA習得クエの方が流れが自然で良かったなーと思います。
因みにこのレディムですが、うちのHPに習得させるのをすっかり忘れておりまして、今回慌ててクエをやってきました\(^o^)/
この子がHPになったのは大規模PTをあまりやらなくなってからでしたし、そもそも殺戮支援な私が支援職で呼ばれること自体が…というね=w=;
しかしレディムは私の憧れのスキルの1つでありまして、上級DでPTを全滅の危機から救うHPズはまさにまぢ聖女でした。…え? 男? 身を挺するのは当然でしょう?
…というのは冗談ですが、何故か私の周りだと女性陣の方がガンガン使うんですよねこのスキルw


そんなレディムの性能はというと、クエ中でも散々述べられている通り、自身が戦闘不能になる代わりに、画面内で転がっているPTMを全員叩き起こすスキルです=w=
ただ、この「自身の戦闘不能」状態というのが若干クセモノでして、スキル発動と同時に強制的にHPが1、SPが0の状態にされるのですが、実際に転がりはしません。
だから発動後も移動は自由に出来ますし、例えばサンクの上にいる状態でレディムが発動したとしたら、すぐにサンクの効果によって回復が始まります。
しかしデータ上は戦闘不能処理がされているため、レディムが発動した際にはデスペナを受けることになります。でも幸いにして、そのデスペナは「そのときのレディムで起こした人数×0.2%」分減少します。つまり5人を一度に起こせばデスペナは加えられないということ。
とはいえ発動直後はHPもSPもカツカツにされるので、そこでMobに殴られて転がったとしたら、もちろん通常通り1%のデスペナを食らいます。
また、レディムで起こされる側のHPはMHPの50%の状態。レディムをかけたプリはすぐに支援に戻ることが難しいため、場合によっては焼け石に水になる可能性もあります。
「経文を唱えるのが難しい」設定を再現したような、かなり長い固定詠唱もありますしね。
リザで個々に起こして支援を確実に回していった方がいいのか、レディムで兎に角動ける面子を増やした方がいいのかは、その場の状況を見て判断することになると思います。これが難しいわけですが…。
けれどレディムには、リザでは代用出来ない利点も存在します。
その1つが、画面内であれば射線が切れていても発動するということ。
特に私のGでは生体3の階段狩りでよくレディムが使われていました。
九十九折の階段では直線状にいないと射線は切れてしまいますが、レディムなら自分は安全な位置を確保しつつ蘇生が出来ます。
あるいはETでも、柱の影からPTMを起こして体勢を整えるのに一役買ってくれますね。
こういう生体やETといった狩り場では、支援が二人いることも多いので、レディムを使用しない側がフォローすることによって、スキル発動後の安定度が段違いになります。
両方が無事な状態からのレディムならなおいいのですが、一方が倒れていても蘇生した直後にレディム使用者に代わって回復や支援を行えばいいわけですから、レディムの何たるかを理解している同胞の存在は非常に頼もしいです。あと即座にSPを渡してくれる教授とか輝いて見えますねw
更にリザにはないもう1つの利点が、ドル服を装備している人にも効果があるということ。
これまではドル服で転んでしまうと復帰方法がほぼなかったのですが、レディムの登場によってそれが可能になりました。
現在ではレディムの他に、ミンワンのスキル「生死の境で」等でもドル服を気にせず蘇生させることが出来ます。
使いどころとタイミングが難しく、使用時のPTMの動きによって結果が左右される諸刃の剣ではありますが、絶体絶命の状況をひっくり返すだけのポテンシャルを秘めた、まさに最上級の支援スキル。
これが上手く決められたときの爽快感は支援ならではの醍醐味でしょうね(* ̄ヮ ̄*)
一斉に降臨する天使の姿も圧巻の花形スキル、是非隙あらば使ってみてくださいな。
そしてそして、レディムはPTMがその仕様を理解しているかによってかなり明暗が分かれるスキルでもあります。
強力な効果故に、使用者はスキル発動後の行動に大きな制限を課せられることを、支援をやらない方も覚えておいてあげるとよりPTプレイを楽しめると思います。
あと全く関係ないですけど、このクエってきっと男女差分がありますよね。微々たる違いとは思いますが…むぐぐぐぐ…。


おまけ。
躊躇いもなくレディムを放つギルメン達の勇姿まとめ。


溜まり場でよくある光景


リザでいいところを敢えてレディムしちゃう漢気。


枝騒ぎの後は…


枝で溜まり場が死屍累々になったときの定番。
※拳聖の名前を隠すため、頭上の発言表示に手を加えています。


輪番レディム!


実装直後の異世界にて。
火力職がMobのワンツーパンチで転がっていくため、支援部隊の中で生き残った人が順番にレディムしていく地獄絵図でした\(^o^)/
また、こちらの生体レディムネタもどうぞです。

[2013/09/07 08:31 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<目指せ一瞬城主! | ホーム | 魔力を溜めて物理で殴ればいい>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/718-f4fea3ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。