ラフィネは大地へ冒険者は塔へ(花の咲き始めた大地関連クエ)
てことで今回は、夢見る作家クエに登場したゴルリの師であり、どうにも目を引くまっちょなラフィネ、フィリー様が関係する、「ラフィネ流ガーデニング」と「塔に挑んだ冒険者たち」の2つのクエを見ていきたいと思います。
彼から始まるクエはデイリークエとして何回でも出来るものなので、短くてすぐに終わる取っ付きやすいものです。
その分、ストーリーの重要度は非常に低いのですが、これまで長々とメインエピソードクエを見てきたので、ここらで気軽なのもいいかなーと思ったのと、このクエが前提となるビフロストタワー系のクエには、新規グラかつ新規立ち絵のあるNPCが登場するので、その人物を登場させたいという目論見もありまして。
ではサクサクと見ていきましょう。


※※※以下には、「ラフィネ流ガーデニング」クエストと「塔に挑んだ冒険者たち」クエストのネタバレを含み、エクラージュ関連クエストのネタバレを含む可能性があります※※※





まずは、「ラフィネ流ガーデニング」から。
花の咲き始めた大地の、ビフロストタワー近くにいるフィリー。
むきむきで大きな体躯をしていますが、草花を愛する優しい心の持ち主です。彼はドナのようですね。
そんなフィリーに話しかけると彼は、


草木の息づく草原


小さい葉や木の枝の一つひとつが息をしている、この草原の美しさを説いてきます。
今のこの大地の生い立ちを知っていると、そこの言葉の重みもひとしおですね。
けれど、どういうわけかここ最近、何だかこの大地に元気がないらしく、


小さなラフィネ達を集めて


そのためフィリーは小さなラフィネ(パパンのこと)を集めて、歌を聞かせたり水を撒いたりしているのだそうです。
もし興味があるなら、このラフィネの仕事を手伝ってくれないかとフィリーに頼まれ、快諾すると、


今日の作業の開始を


草原にいるラフィネ達に、今日の作業を始めるよう伝える役目を任されました。
彼らはフィリーの手伝いをしているラフィネ達で、


ラフィネ達が大地に力を


歌ったり踊ったり水をやったりと、各々が独自の方法で、木と草と風と土に力を与えているそう。
それらの仕事は元々フィリーが一人でやっていたことらしいのですが、


元々は一人でやっていた


肩を怪我してしまったために、今は他のラフィネにやってもらっているのだとか。
…ってことは、フィリー様は歌って踊れるアイドルガーデナーってことなの…?((((;゜Д゜)))
兎も角、その4人に作業の開始を告げに行ってきましょう。


まずやってきたのは、水を与えているラフィネのところ。


大地に水を与えます


作業開始を聞くと、彼は早速大地に水を与え始めます。
開始を伝える前から水をあげていたような名前だったけど、大丈夫か?
続いて、歌うラフィネのところへ。


では歌いますね


フィリーの使いで来たことを話すと、彼女はおもむろに歌い始めました。
何故歌うのかというと、


大地に安らぎを与える歌


彼女の歌は大地に安らぎを与えることが出来るから。
そして始まった彼女の歌に耳を傾けると、まさしくそれは心が暖まるような歌でした。
次に向かったのは、カワイイラフィネのところ。
…その名前からして、何かありそうな気が…。
何か用かと訊ねてくる彼女に、フィリーの頼みで来たことを話すと、作業開始を知らせに来たことを察した彼女は、「じゃあ新人さんね!」と喜びます。
即座に否定をしますが、


私が先輩だから!


恥ずかしがらないでいいよとか返してくるカワイイラフィネ=w=;
彼女も作業を始めたのは最近だそうですが…、自分の方が先輩だからねと主張してきます。
更に、


大地を愛する気持ちを表現


ラフィネ達は皆様々な方法で、この大地を愛する気持ちを表現しているそうなのですが、プレイヤーは一体何が出来るのかと彼女は問うてきました。
逆にカワイイラフィネは何をしているのか訊ねてみると、


大地に微笑みかけるお仕事


自身がオシャレでカワイイと自負している彼女は、大地に微笑みを分けてあげているのだと教えてくれました=w=;
自分が大地に向けて微笑めば、きっと大地も気分が良くなるはずだと言って\(^o^)/
彼女は、


大地のために出来る仕事を


大地のために出来る仕事を早く見つけてね、とこちらに促すと、早速大地に微笑みかける仕事を始めました=w=;
最後は、踊るラフィネのところに。
しかし彼女は、


どうして貴方がそれを


どうしてフィリーの指示を貴方が伝えに来たのかと不満そうです。
何故なら、


新しい踊りを見せる機会だったのに


彼女はフィリーに新しい踊りを見せたかったから。作業開始を告げに来たフィリーにそれを見せようと思っていたのですね。
踊るラフィネは、新しい踊りはフィリーに一番に見せるつもりだから、


フィリーに一番に見せる


今日はこれまで踊っていた踊りにすると言います。
どうして踊るのかと彼女に訊ねると、


大地と生命体の気持ちを


この地に住んでいるラフィネは、この大地と生命体達の気持ちを感じ取ることが出来るので、


私が踊れば大地が元気に


彼女が踊れば大地が元気になることが分かったから。
だから彼女は毎日踊っているのでした。


全てのラフィネ達に連絡を終えて戻ると、


草原の沢山の物語


皆が作業を始めたおかげで、草原が息を吹き返したことをフィリーは感じていました。
そしてこの草原には沢山の物語があると言って、


花と木とラフィネを愛する心と


花と木とラフィネを愛する心があるなら、その話を何処かで聞けるかも知れないと語ります。
更にフィリーは、今日の草原の作業はこれで終了だけれど、よかったらもう一つ手伝ってもらいたいことがあると言ってきました。


ここから「塔に挑んだ冒険者たち」に。
フィリーに再び話しかけると、


遙か昔からある塔


彼は目の前にある塔を見ながら、このビフロストタワーは遙か昔からあったと言われていることを口にします。そういえばエクラージュの王クエ冒頭でポメ達と共にいたリトリップもそんなことを言っていましたね。
しかしいつの日からかMobが棲み始めたために、この塔への出入りを禁じたのですが、危険と聞くと余計に入りたがる旅人が少なからずいて、フィリーも困った様子。
ここで冒険者でなく「旅人」と書かれているのは、リトリップ達がビフロストタワーに行こうとしていたように、人間以外の来訪者もこの塔に好奇心を掻き立てられているからだと思います。
最近も、


塔に入って出てこない冒険者


3人の冒険者が塔に入っていったきりで、出てくる気配がないそうです。
彼らを強く引き止めなかったことを後悔しているフィリーは、


彼らの無事を確認して


3人が無事なのか確認をしに行ってくれないかとプレイヤーに依頼してきました。
それを引き受けると、フィリーは3人の特徴について教えてくれます。
一人目はまだ入って行ったばかりで、あまり遠くまでは行っていないと思われること。
ニ人目は真面目そうな女性だったので、無事かどうか気になっていること。
三人目が一番の問題で、中で何をしているのか、楽器を手にして一曲作ってくると言い残し、塔に入っていってから、既に1ヶ月ほど経っていること。
彼らの安否を確認するため、塔の内部の調査に向かいます。


まず一人目の冒険者・ウンチョウは、熱心に塔の一角を調査していました。
声をかけると、ここは私が調べているから、調べたいなら後にしてくれと言ってきます。
彼に状況を説明すると、


冒険王に俺はなる?


心配をしていたフィリーに対して「暇なラフィネ」と言ったうえで、いつか冒険王になる男に心配など無用だと言い放ちました=w=;
何だそれと聞き返すと彼は、


ひとつなぎの財宝とか


あらゆる場所を探検し、手に入れた宝を何処かに隠すつもりだと宣言し、やがて多くの冒険者が自分の足跡を追うことになると胸を張ります。
うん、それ、どっかで聞いたことがある。
更にウンチョウは、


サインしてあげようか


いずれ大金になるかも知れないからサインをしてあげようかと言いますが、


冒険王は大丈夫らしい


丁重にお断りをすると、彼はプレイヤーには人を見る目がないとちょっと機嫌を損ねつつ、自分はまだここを調べるから、フィリーには大丈夫と伝えておくようにと話してきました。
次に、真面目そうな女性・ロシを発見。
突然声をかけられたことに驚くロシに状況を説明すると、心配されていたことを知らなかった彼女でしたが、


記者のロシ


そうと分かってもまだ戻ることは出来ないと返します。
何故なら、彼女は月刊ブリガンという情報誌に冒険者向けの記事を書いている記者で、


特ダネが見つかるまで戻れない


やっとここまで来たはいいもの、まだ特ダネを見つけられずにいたからです。
ここに何かがあると記者のカンが告げているのに、と話すロシは、いいネタが見つかるまで梃子でも動きそうにありません。
彼女もまた、


女性記者も無事


自分は無事だから心配は無用だとフィリーに伝えるよう言付けてくるのでした。
最後の一人・ニュオーズは、


もしかして人間?


声をかけたプレイヤーに対して、「もしかして人間なのか」と聞いてくるくらい、結構危険な状態のようです。
彼に安否を確認しに来たことを告げると、無事だけど無事じゃないとの返事。
一体どういうことなのかと言うと、


もう何日も食べていない


ニュオーズはもう何日も食事を摂っていなかったから。
今にも倒れそうと言う彼は、


「今は」生きている


取り敢えず「今は」生きているけれどいつまで保つか…と青ざめた顔で答えると、


吟遊詩人は空腹


外にいる筋肉ラフィネに、自分が倒れる前に食べ物を分けるよう伝えてくれと頼んできました。


取り敢えず、筋肉ラフィ…フィリーに3人の様子を報告すると、彼はひとまず全員が無事だったことに胸を撫で下ろしました。
でもいつになったら出てくるのかと、彼の心配は尽きません。


無事で安心したけど…


具体的には誰も何も言っていなかったことを話すと、困りながらも「私に出来ることがあればいいのだが」と話すフィリー様まぢいい人。
そこで、ニュオーズが空腹で倒れそうなことを教えると、


そんなことなら出てくればいいのに


そんなことなら出てくればいいのに、と流石のフィリーも呆れ顔。
そしてフィリーはプレイヤーに向かって、食べ物を持っていたら分けてもらえないかと頭を下げると、


今はこれが精一杯


自分も持ち合わせていた食料を出して、ニュオーズの様子を見に行くなら持っていってくれと預けてきます。
それだけでなく、


定期的に安否確認を


定期的に塔に入っていった冒険者達の無事を確認することを約束してくれました。


そんなわけで、中途半端な感じではありますが、「塔に挑んだ冒険者たち」がここで終わりなので一度区切ります。
やっぱりフィリー様はその存在感が物凄いですよねw
フィリーの弟子で一番クセモノなのが「カワイイラフィネ」だと思いますが、でも彼女の台詞の一部が結構好きだったりします。
彼女の言葉で、ラフィネ達がこの大地を愛していて、様々な方法でそれを表現していることが分かるのですよね。例によってですが、あの二人が一生をかけて再生させた大地ですからね、それを見て何だか嬉しくなりました。
しかし気になるのが、最近この大地が元気を失っているということ。
この原因は…まだ紹介していない別のクエで話題に挙がっていることが原因なのかな、と思いますが全く確証はありません。
あと今思いましたが、カワイイラフィネはユッブと同じグラだけど女の子ですね…。うーむ…。
そして、エクラージュパッチで追加された新規グラかつ新規立ち絵を持つ最後のNPC・ニュオーズが登場してきました。と言うか冒頭にあるように、彼を出したくて花の咲き始めた大地とビフロストタワー関係のデイリークエを紹介しているのですけどね=w=
割りとROの吟遊詩人系キャラは如何にも自由人という感じでぶっ飛んだ性格の人が多いのですが、既にその片鱗を窺わせている通り、ニュオーズもその例に違わずな感じです^p^;
次回はそんな彼に振り回される、ニュオーズメインのビフロストタワー系デイリークエをお送りします。

[2013/08/03 07:39 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<気の向くままに迷うがままに(塔の中の冒険者) | ホーム | 人の情けに幸せを そっと 運んだ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/692-5b045692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |