在りし日の二人(悠久なる絆番外その1)
悠久なる絆クエのまとめは前回までで終わりましたが、このクエにはクリア後に楽しめる術師コンビの話が、短いながら沢山用意されています。
その中には本編に深く関わる内容も含まれていますので、番外編として2回に渡ってそのミニイベントを見ていきたいと思います。
もちろん悠久なる絆クエの本編の内容が分かっていてこそ楽しめるものですので、知らないよーという方は先にそちらのまとめからどうぞです。


※※※以下には、「悠久なる絆」クエストのネタバレを含み、エクラージュに関するクエストのネタバレに類する情報を含む可能性があります※※※





ホームツリーを巡る一件が一段落着いた後でヒエールを訪ねると、


次元通信機改良完了


彼は通信機の改良を一通り終えたから、好きに使用していいと言ってくれます。
ただし、


チャンネルもいじってみたので


チャンネルを色々いじったそうで、何が出るかはヒエールにも分からないとのこと。
ここではこの通信機を調べることで、ランダムで9種類の、エスランとロベルの会話を見ることが出来ます。
そのバリエーションが豊富で、二人が平和に暮らしていた時代のものから、クエ本編では描かれなかった二人の姿、更にはお遊び的なものまでありましてw
折角なので全て紹介したいと思います。
順番がちょっと悩むのですが、やっぱり分かりやすい方がいいかなーってことで時間軸通りにしておきました。
あと、二人の会話以外に、通信失敗パターンが3種存在していて、


交信失敗


何だかよく分からない会話が聞こえてきますw


・エスランとロベルの幼少時代1


笑みを浮かべながら、


何故泣いている?


どうした、何故泣いているのかと訊ねているロベル。
その相手はもちろんエスランで、彼は目に涙を溜めながら、


背が小さくてみっともないと


同じクラスの連中が「背が小さくてみっともない」と言っていじめてくることを打ち明けました。
それを聞いて、そんなことで泣いているのか、とロベルは笑いかけたままで、


背が急にたかくなるわけではない


だからと言って急に背が高くなるわけではないだろう、と説得し、


いつまでも泣いていたら


その連中はエスランが泣いている姿を見るためにわざといじめているのだから、いつまでも泣いていたら相手の思うままだと言って、泣くのは止めるよう諭します。
それでも、


涙目のエスラン


まだぐずり続けているエスランに、


本当に泣き虫だな…


本当に泣き虫だな、と流石のロベルも困った様子。
そのとき不意にエスランが、「いいよなロベルは」と言い出しました。


ロベルのようになりたい


背も高いし、自分もロベルのようにクールになりたい、と囁くエスランに、


無言のロベル


ロベルは無言のまま笑い返します。
…その数時間後、


怒りのロベル


一人外に出ていたロベルが、この辺りか、といつになく怒気を帯びた声で呟きました。
そして―。
その夜、エスランをいじめていたラフィネ達は、全治数週間の怪我を負ったのでした。
ロベル怖えええええ((((;゜Д゜)))
やっぱりロベルとか、絶対怒らせちゃいけないタイプでしょおおお((((;゜Д゜)))
それにしてもエスランがクラスとか言うと物凄い違和感ですねw
ラフィネにも学校とかがあるのか…?
でもってこの話には続きがあります。


・エスランとロベルの幼少時代2


この前とは打って変わって、


ご機嫌エスラン


笑顔でロベルを呼ぶエスラン。
彼の様子に、


随分と元気じゃないか


随分元気じゃないか、とロベルは応えます。
エスランがご機嫌な理由は、


いじめっ子が謝ってきた


先日彼をいじめてきた連中が、謝りながら仲直りしてくれと言ってきたから。
それを聞いて、


それはよかったじゃないか


良かったじゃないかとロベルは微笑みます。
でもエスランの話はまだ終わりません。


こう言ってやった


いじめっ子達にそう言われて、エスランはこう答えたというのです。


友達になる気はない!


「お前達みたいに平気で人の悪口を言うやつと友達になる気は無い」と。
もちろんそれを言った後には彼らにぼこぼこにされたようですが、


何故か相手も怪我を…


でも向こうも向こうで何故か怪我をしていて、おあいこだったんだと嬉しそうに報告するエスラン。
どうだい、とロベルに向かって胸を張り、


男らしくなっただろう!


少しは男らしくなっただろう!と自信に溢れた顔をして見せました。
そんなエスランの姿に、ロベルは笑いを堪えられず、


やはり面白いな


お前はやはり面白い、と返すのでした。
…もちろん、いじめっ子達の怪我を負わせたのは…ってことで、その連中が謝って来たのもエスランの背後に彼がいるからなのでしょうけど、そうとは知らず無邪気に喜ぶエスランが可愛らしい=w=


・料理を作るロベル


いい匂いだ、と口にして微笑むロベル。


漂ういい匂い


どうやら料理をしているようです。
時間を見て、もうすぐエスランが出先から戻る時分であることを確認したロベルは、


もうすぐエスランが戻る


その頃にはいい感じに出来上がっているだろうと、何だか楽しそう。
程なくして彼が作っていたものが完成しました。
ロベルは焼き上がったパイの出来栄えに、我ながらよく出来たと満足気です。


ロベルお手製のパイ


ちょっと試食をしてみようかと思案するロベルでしたが、


持って行って一緒に食べよう


間もなくエスランが帰ってくることを思い出した彼はそれを止め、エスランの家に持って行って一緒に食べようと決めました。
出来立てのパイを持ってエスランの家にやってきたロベルは、その家の前に置かれた案内板を目にします。
そこにはこうありました。


エスランの家の案内板


ここはエスランの家で、今日はビフロストに行っていること。帰りが遅くなりそうであること。
プレゼントは玄関に置いてほしいということ。
更に、


まさかロベルがパイを


「でもよく考えたらプレゼントを持ってきてくれる人なんていないか」とか、「まさかロベルがパイを焼いて来てくれるはずもないし」とか…。
それを読んだロベルは、


二度と持ってくるもんか!


パイなんて焼いて持ってきていない、二度と持ってくるものか、とお怒りに\(^o^)/
ここでは珍しくロベルがエスランにしてやられていますが、もちろん彼がこのままで収まるわけもありませんw
…というのが次の話。続編であることが明言されているわけではないですが、多分そんな流れだと思います。


・料理の鉄人ロベル


おもむろに、


パイを作るロベル


今からパイを作ると宣言するロベル。
それを耳にしたエスランは、本当に!? と声をあげ、


ブルーベリーも入れる?


ブルーベリーも入れるのか、大好きなんだと嬉々として訊ねました。
彼の問いに、もちろん入れるとロベルは答え、


大きなイチゴも乗せる


更にそれだけではなく、朝一で手に入れた大きなイチゴも乗せると言います。
その言葉に、


こんなことがあっていいのか


こんなことがあっていいのか、考えるだけで頭がおかしくなる、と大げさなほど狂喜するエスランは、


一体いくつ焼く?


一体いくつ焼くつもりなのか、2つでは足りなくないか、とロベルに訊ねます。
エスランが最初から2つと言い出しているのは、疑う余地すらなくロベルが自分の分も焼いてくれると思っているからですねw
しかしロベルの返事は、


君のはない。


「1つ焼く。君のはない」という無情な一言。
それにとてつもない衝撃を受けたエスランは、


私が何をしたっていうんだよ


「いじわるしないでよ!私が何をしたっていうんだよ!」と泣きそうな顔で抗議するのでした。
やっぱりロベルを怒らせてはいけませんね\(^o^)/
でも何となく、ロベルはちゃんとエスランの分も作ってあげそうな気がしますw


といった感じで、番外編その1でした。
術師コンビのことをより深く掘り下げられるこのミニイベントは、ただのクリア後のおまけと言うにはボリュームもありますし二人の会話も面白いのですよね。
今回紹介したのは、恐らくイグドラシルが異変を起こす前の、毎日を楽しく過ごしていた頃の二人の様子が描かれたものです。
取り敢えず何かもう、エスランもロベルもぶれない感じでいいですねw
振り回したりしつつも何だかんだでロベルに頭が上がらないエスランと、口ではちょっときついことを言いつつもエスランのことを気にかけているロベル。定番の組み合わせであるが故に外さないと言うか。
何も考えずに笑っていられる気楽な内容なのですが、この二人がやがて悲壮な決断をすると思うとまた違った感じに見えてきますね。
そしてエスランの好物は、ちょっと覚えておいてあげてくださいな。
あと、幼少時代の最初に出てくるエスランの立ち絵は、本編中でも2回しか登場していない涙を浮かべたバージョンの泣き顔が使用されています=w=
次回は番外編残りの5種を載せていきますよ~。

[2013/07/24 22:05 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<戻らぬ日々の二人(悠久なる絆番外その2) | ホーム | そして果てない二人の絆(悠久なる絆その7)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/690-fd8e2f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |