スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
二人の願った未来(悠久なる絆その6)
さて、いよいよ悠久なる絆クエも残りわずかとなってきました。
んでまぁ前回辺りからまた私の勝手に解説が好き放題になってきているのですが、恐らくラストに向けてもっとやりたい放題になってくると思います。
そんな人はいないとは思いますが、決してここに書かれていることが公式だとは思わないでくださ\(^o^)/


※※※以下には、「悠久なる絆」クエストのネタバレを含み、エクラージュに関するクエストのネタバレに類する情報を含む可能性があります※※※





ビフロストタワーから戻ってくると、ヒエールはプレイヤーを迎え、


通信機に色々な機能が


通信機に色々な機能を追加しておいたと楽しそうに告げてきます。これでかなりの広範囲で狭間に反応することが出来るようになったそうです。
そんなヒエールに、ホームツリーの葉がほしいと相談すると、


通信機でホームツリー創造は出来ない


突然の申し出に不意を打たれたのか、いくら通信機の性能がよくなってもホームツリーを創造することまでは出来ない、とヒエールは素っ頓狂な返事をします。流石にそれは分かるよ!
ヒエールにエスランとの約束の話をすると、その発言の経緯について彼は理解してくれますが、ホームツリーの葉を手に入れたいということに対しては難しいと答えました。
このエクラージュにおいて、


エクラージュでは違法行為


ホームツリーを勝手に損傷する行為は不法行為であり、即追放される程の大罪だからです。
葉を摘み取るのがダメなら落ち葉を拾ってくればいいじゃない。
…と思いますが、それも出来ません。
ヒエール曰く、枯れたホームツリーの葉は地面に落ちないから。


落ち葉のないホームツリー


その葉はゆっくりと生命エネルギーに変わり、そのままホームツリーへと吸収されていきます。
だからホームツリーには落ち葉が存在しないのでした。
何か方法がないかと悩むヒエール。
しばし唸りながら考え込んでいた彼ですが、


ヒエールの思い付き


あることに気が付いて口を開きます。
もし万が一、


ホームツリーの創造主が葉をくれるなら


ホームツリーの創造主がその葉を譲ってくれるのなら、それは不法行為には該当しないのではないか、と。
それはロベルのことかと聞き返すと、ヒエールは頷き、


ロベルが渡してくれるなら


それが一番いい、ロベルが渡してくれるものなら受け取ることが出来る、と声をあげました。
ホームツリーはそれを育てたロベルのものと言えなくもないですし、当然ロベルの時代にはまだホームツリーに関する決まりなどないはずですしね。
そうと決まれば、


早速交信しよう


急いでロベルと交信してみよう、とヒエールは促してきます。
いやロベル呼び出すのはいいんだけど、この前突然消えてしまってその後放置してたから絶対向こう怒ってるんだけど…(==;
通信機に手を置いて交信を始めると、


やはり夢ではなかった?


思った通り、ロベルはこの前のことを不審に感じていたようで、やはり夢ではなかったのか、と呟きます。
そしてその姿が鮮明になると同時に、


急にいなくなったな


やっぱり急にいなくなったことを怒られました(´;ω;`)
何でロベルさん登場するたびに最初は怒ってるん…。
彼の怒りを静めるためにも、これまでのことを説明すると、


機械の調子が…


ロベルは通信機の調子がよくなかったという理由に納得してくれ、技術の進歩というのは驚きが絶えない、とむしろ感心してきます。この辺は、分野は違えど彼も研究に従事してきた者だということが幸いしましたね。
と、そこでプレイヤーが手にしていた首飾りに気が付いたロベル。
それは何かと訊ねてきますが、


その首飾りは何?


ここでは正直に答えないと、


私を騙すことは出来ないぞ


私を騙すことは出来ない、正直に話してくれと怒られて怖いので正直に答えてください((((;゜Д゜)))
これは、


エスランの首飾り


エスランと会ったときに預かったエスランの首飾りだと答え、


エスランにビフロストの姿を


かなり疲弊した様子だった彼に、現在のビフロストの姿を見てもらったこと、


ビフロストを見て喜んでいたエスラン


ビフロストの大地が生命の地として蘇った様子を見て、エスランも喜んでいたことを併せてロベルに話します。
それを聞いたロベルは、


元気を取り戻したようで安心した


無理をして倒れていないか案じていたエスランが、ビフロストを見て元気を取り戻したことに安心し、


私からも礼を言う


エスランも自分の努力が報われたことを知ってさぞ嬉しかっただろう、と彼もそのことに礼を言ってくれました。
そんな彼に、エスランからの言葉を伝えます。


この首飾りをロベルへ


この首飾りをロベルに渡すよう頼まれたことと、自分の目で確かめた未来のビフロストのために、絶対に諦めないで努力するという決意の言葉とを。
更に、ホームツリーの育った姿を直接確認出来ない状況だったエスランが、


ロベルが勇気を失うことを


ロベルの勇気が失われてしまっていないか心配していたことも。
そんなエスランの様子を耳にして、それはしょうがないとロベルは話します。
大地に生命を吹き込む間、術師は絶対にその場所を離れることが出来ないのですから、どうしてもホームツリーを目にすることは叶わないのです。


エスランにもこの景色を見せたかった


それでも、何とかしてこの景色をエスランに見せたいと願うロベル。
そこでホームツリーの葉がほしいと願い出ると、


ホームツリーの葉を見せる


ホームツリーの代わりにエスランにそれを見せようとしていることをすぐに察してくれたロベルは、


初めての葉を生成したところ


ちょうど彼の育てているホームツリーが最初の葉を生成したところだと話し、少し待ってくれと言って一度姿を消しました。


ロベルがホームツリーの葉を収集に行っている間、ヒエールとそれを待っていると、


本当にそっくり(性格以外)


ヒエールが、ロベルは本当に自分にそっくりだと零しました。


不思議な親近感


まだロベルとは二度しか会っていないけれど、何とも説明しがたい親近感があるというのです。
…やはり性格は違えど、ヒエールはロベルの生まれ変わりなのでしょうかね。
そんなことをぼんやり考えていると、


通信機から目を離さないで


交信している状態だから、通信機から目を離さないでとヒエールが指摘してくれました。


間もなくして、


戻ってきたロベル


ロベルは再び姿を現します。
そして、


これがホームツリーの葉


これがホームツリーの葉だと言って、黄金のように輝く葉を差し出しました。
更に、先程ロベルに渡したエスランの首飾り。


首飾りはエスランに返してくれ


これをエスランに返すように言ってきます。


肌身離さず持っておくなんて


エスランの持ち物を肌身離さず持っておくなんて気味が悪い、と笑いながら。
ここでは、もう誓いの品などなくても二人は遣り遂げられると確信していたからこそ、ロベルは軽口を叩いたのでしょうね。本当にそう思っているなら、そもそも渡されたときにそう言っていたでしょう。そうやって突き返すだけの余裕があることを、「いつものロベル」であることをエスランに示したかったのだと思います。
そしてロベルは、最後に一つ、エスランへの伝言をお願いしたいと申し出てきます。


ロベルの最後の願い


ここポイントですよね。「○○してくれ」じゃなくて「○○してほしい」なんですよ。これはロベルが絶対に叶えてほしい頼みごと、絶対に伝えてほしいことなのでしょう。一語一句聞き漏らすわけにはいきません。
その姿が霞んでいく中で、ロベルが残したエスランへの言葉は、


心はいつも共に


共に歩んでくれてありがとうという感謝の言葉。
もう二度と会うことは叶わないかも知れないけれど、いつも心は共にあるということ。
そして、


私も信頼している


エスランがロベルを信じているくらい、ロベルもエスランを信頼しているということ。
それだけを告げると、再びロベルは姿を消していきました。


ロベルの置き土産


残されたのは、彼が預けてくれたホームツリーの葉と、エスランの首飾りと、彼への言葉。


ロベルとの交信が終わった後、ヒエールにホームツリーの葉を見せると、


輝くホームツリーの葉


彼はその輝きの凄さにしばし見入ります。
自分もほしいところだけれど…と彼は素直な感想を述べつつも、


早く葉をエスランに


早くその葉をエスランに届けるよう促すのでした。


てことでロベル回再びでしたが、何故かロベルメインのパートは台詞量が少ないです。
でも内容はとても濃いものですね。
特にロベルがエスランに贈る言葉を口にする場面はもう涙腺が危機的状況に…。
もしかしたら、エスランとロベルににそれぞれが守り育んだものの未来を見せたことは、逆に二人にある種の覚悟を決めさせてしまったのかも知れません。
二人の計画が成功したということはつまり、ホームツリーが育ち切るまでの約200年を、二人は互いの持ち場で過ごした…離れた地にいる二人はもう会うことが出来なかったと考えられます。
もし途中で計画が失敗していたら、二人はまた会うこともあったかも知れませんが、その可能性は限りなく無くなったのです。とはいえそれは、やがて大地と共に滅びるか、無理をして南方へ首都を移転しなければならないということなので、彼らの望む形での再会ではないでしょうけれども。
だから、ロベルのここでの言葉も「会うことは叶わないかも知れない」とぼやかしてはいますが、実際にはもう二度と会えないことを悟った上で、これだけはどうしてもエスランに伝えておきたいと、プレイヤーに託した言葉なのだと思います。
後でエスランも口にする言葉ですが、ロベルは本当に強いですね。自身も極限に近い状態にありながら、エスランを気遣って笑ってみせるのですから。自分は今も変わりないことを示すために。
軽口を叩いて見せた…というのは例によって私の勝手な解釈ですが、クリア後に見られるようになる二人のやり取りの感じからするに、あながち間違ってもいないと思います。
エスランを安心させるために、何よりロベルは、常にエスランより一枚上手でなくてはならなかったのです。
そんなわけで、次回は本編最終回です。二人の術師と二人の学者の話は、どのように締め括られるのでしょうか。
それにしても…、今回のプレイヤーはびっくりするくらい饒舌でしたねw


<後日追記>
一度ちょっと考えたけど下手に触れたら絶対沼に嵌まると思って敢えて思考停止してたことを、コメで見事に突っ込まれてしまったので、例によって私の勝手な解釈で補足しておきますよ\(^o^)/
エスランのために用意したホームツリーの葉が、完全に成長しきったホームツリーのものでないことについてですが、まず第一に今の時代…ヒエール達のエクラージュでは、ホームツリーの葉を入手することが事実上不可能です。
無理をすれば手に入らないことはないですが、エクラージュ追放という危険を背負ってまでやるというのは賢明とは言えません。
でもって実際のところ、エスランはホームツリーの葉を見ることさえ出来れば、その葉がいつのものかというのは然して問題にしていなかったと私は思っています。
一応、ああ見えて彼は当時最高クラスの頭脳を誇ったラフィネの1人なのでw
そんな彼が、同じくずば抜けた頭脳を持つロベルと共に、「最も効率のいい」つまり「一番成功する可能性が高い」大地再生方法として選択したのがホームツリーの創造です。でもそれですら不安定で、ある種の賭けの要素を含んだ計画でしたが。
エスランは既にホームツリーが大地に根付いたことを知っていましたし、再生したビフロストの大地を見た時点で、かなりの確率でロベルも成功していると分かっていたと思われます。
大地が蘇えった理由として一番可能性が高いのが、二人の計画が成功しているということだったのですから。
それでもエスランは、ホームツリーが完成した確証を得ずにはいられませんでした。
何故ならロベルは、エスランの前では強がって余裕があるように振舞う性格だったから。何らかのトラブルが起きてホームツリーの育成に失敗したとしても、それを自力で何とかしたうえで、そのことを隠している可能性もないとは言い切れません。
だから自分の目で確かめないことには、彼の不安を払拭することが出来なかったのではないかと。
…うーむ、もしこのこじ付けが元々そう想定されていたものだとしたら、これは完全にロベルが捻くれた性格してるのが悪い\(^o^)/
それでまぁ、現代でホームツリーの葉を手に入れることは諦めざるを得なかったわけですが、その代わりとしてロベルが採ってきたのがホームツリーの最初の葉であったのも、そう意図されたものなのかも知れません。
ホームツリーが普通の植物とは違うとしても、その最初の一葉はそれなりに重要なものだと思われます。特に今回は失敗することが許されないホームツリーを育てていたわけですし。
でもそれをロベルは躊躇せず採取してきます。
それはきっと、既に彼が自分の目で確かめて知っていたからですね。ホームツリーが無事に成長し切ることを。
まぁ葉を採ってしまうことによって未来が変わる可能性も無きにしも非ずですが、それでもホームツリーが一葉を失うことよりも、エスランの不安を払拭することの方が、この計画にとって重要な意味を持つと判断したのではないかなと。
でもってまた若干先のネタバレになってしまうのですが、結局エスランは何も言わずホームツリーの葉を受け取ってくれます=w=
なのでこの話については、エスランは頭のいい子なので全てを察して黙っていてくれてるんだよニコニコってことであまり深く突っ込まずに通り過ぎてあげてください\(^o^)/

[2013/07/21 13:29 ] | クエスト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top
<<そして果てない二人の絆(悠久なる絆その7) | ホーム | 二人の夢見た景色(悠久なる絆その5)>>
コメント
はじめて葉っぱを生成したホームツリーから葉っぱをぶっちぎってきちゃったの・・・イイノカ?
でも、それで大丈夫となるとなかなかに生命力あふれてる植物ということかw

でもエスランの要求って、ロベルの研究の成功を示す成長したホームツリーから取ってきた葉っぱじゃねーの?
[2013/07/21 23:20] | URL | さはらん #l5XOq/PI [ 編集 ] | page top
全くこれは手を出してしまったら泥沼一直線と思って避けて通っていたというのに\(^o^)/
というわけで既に後日追記で、末尾まとめ以上に長い私的解釈を載せてありますよもう。
しかし何でこんなあれこれ考察してるんだろね。怖いねヲタって=w=;
そして何で私はこんなに必死にシナリオの穴をフォローしてるんだろうね((((;゜Д゜)))
[2013/07/22 21:45] | URL | ちびくま #XRpZ5Ogs [ 編集 ] | page top
余計な突っ込みさーせんww

ROへの愛があるからこそだろうね>>そして何で私はこんなに必死にシナリオの穴をフォローしてるんだろうね((((;゜Д゜)))
[2013/07/23 19:55] | URL | さはらん #l5XOq/PI [ 編集 ] | page top
ぶっちゃけ、おや? と思って矛盾しない解釈考えることはよくあるんだけども\(^o^)/
でも絶対これ公式に見られたら「何かこんな考えてもいなかったことまで勝手に深読み人がいるんだけどどういうこと…」って思われそうだ((((;゜Д゜)))
[2013/07/23 23:43] | URL | ちびくま #XRpZ5Ogs [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/688-52af34c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。