スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
異界の地で友を思う(駐屯地の人々クエ)
さて、相変わらずエクラージュクエが進められないから異世界初期クエを振り返ってみよう企画なわけですが、これはこれでまとめ始めると結構時間がかかってしまって…大分端折っているとは言えちょっと失敗だったかも知れません=w=;
今回は駐屯地到着時から開始出来るクエの一つ、「駐屯地の人々」。
異世界クエから始まった3ヶ国の関係が描かれるクエは「三ヶ国への報告書」で一段落着くのですが、それを開始するには駐屯地で進められる4つのクエのうち2つをクリアしなければなりません。
この「駐屯地の人々」は、4種のクエの中では恐らく最も早く終わるし、1パートを除いては危険もないので、前提として推奨されているものですね。
まぁその1パートのために、実装当時は転生オーラがころころ転がったものですがw


※※※以下には、「駐屯地の人々」クエストのネタバレを含みます※※※





まず、異世界のゲートのすぐ側に立っているマリアンという女性に話しかけると、


連合調査団のマリアン


彼女は「駐屯地に初めて来たのなら、まずルーゲン教官に挨拶するといい」と教えてくれます。
そして、お腹が空いていないかと訊ねてくると、


マリアンから炊事兵の情熱のチョコレートパイ


炊事兵からいつも食べきれないくらいもらっているからと言って、チョコレートパイを渡してきました。
この駐屯地の人々クエにおいて、異様な存在感を放つチョコパイがここで登場ですw
もうこのクエはチョコパイクエと言っていいくらい、頻繁にチョコパイを渡されるんですよねw
炊事兵のエリックスがこのチョコパイ作成に並々ならぬ情熱を注いでいるとかで、保存食を兼ねて皆に配りまくっているようです。


兎にも角にも、ルーゲン教官のところへ挨拶に行くと、


連合調査団のルーゲン教官


新兵の教育担当官だという彼はまず、連合調査団に登録することを勧めてきます。
そこに合流すれば、いくつか仕事を手伝う代わりに宿舎や食事が提供されるそう。
早速登録担当のブリンクに会いに行き、


連合調査団のブリンク


何か不安に感じながらも登録を完了すると、


ブリンクからのチョコレートパイ


彼からもまたチョコパイがw
登録したことをルーゲン教官に報告すると、彼の元には既にその連絡が入っており、宿舎にベッドが割り当てられたから、今日はゆっくり休むよう指示されます。


今日はゆっくり休んで


これでも食べて、と彼からも炊事兵自慢のチョコパイを渡されながら=w=
さて宿舎であるテントに行くと、その柱を隠すように寄り掛かっている不審な人がいました。
何をしているのかと声をかけると、彼…ディエゴが隠していた柱を見せます。
何とその柱は壊れてしまっており、


ディエゴの秘密


しかし修理をしたくても彼がここを動けば柱が倒れる恐れがあるため、動けずにいたのでした。
このままではテントが潰れてしまい、折角のベッドがぺしゃんこになってしまうので、ここは修理を手伝いましょう。
そこでディエゴは修理に必要なものを集めてほしいと頼んでくるのですが、


丈夫に見えるつるも必要だった


現在では「丈夫に見える蔓」は必要アイテムではなくなっています。
この蔓はネペ狩りをしていると割りと出るんですが、集めようと思うとなかなか集まらないんですよね^^;
丈夫に見える枝はスプレFにあるポイントを調べることで入手出来ます。
でもって、この頃はFに出る必要のあるクエを進行中でないと、


許可を得た者以外立ち入り禁止


クエ進行時だけ出られた


警備兵に止められて移動することが出来なかったんですよね~懐かしい。
そして必要な材料が揃ったらテントに戻って修理をするわけなんですが、


直すのが手間だったキャンプ


今では一発で終了する修理も、このときは終了するかがランダムで、下手すると延々修理し続けることになりましたw
何とか無事に柱の修復が完了すると、


ディエゴからエリックスのチョコレートパイ


ディエゴからも、ささやかな感謝の気持ちだとチョコパイをもらいます=w=
柱の修理で疲れ切ったプレイヤーは今度こそ宿舎のベッドに倒れ込んで休みます。
ここで起きたときに、


モノローグの罠


ルーゲン教官に会いに行こうとモノローグが流れるのですが、


まだ休めと言うルーゲン教官…


ルーゲン教官のところに行ってみると、彼からは「宿舎で寝て来い」と追い返されるっていうね\(^o^)/
ここは宿舎で隣のベッドにいる、AXのルーカスと話さないと、クエが進行しないのですよね…。
ルーカスは新入りであるプレイヤーを見て、連合はまだ危険な方法で人を送り込んでいるのかと呟きます。
どうやら時空の裂け目を通って駐屯地に来るのは非常に危険な手段らしいのです。
皆さんも駐屯地に来られる際は、安心安全快適の猫の手転送かアコさんのポタで来ることをオススメします。
…いや、普通に狭間から来ても何かペナルティが発生することはありませんからね?
しかし、


異世界に真っ先に投入されたアサシン部隊


異世界への突破口を切り開くために真っ先に投入されたアサシン部隊は、ルーカスの仲間の多くは、無事にこの地に着くことはなかったようです。
…と、ここまで言って、


ルーカスからのチョコレートパイ


ルーカスは聞かなかったことにしてくれとチョコパイをくれます。…口止め料?


改めてルーゲン教官のところに指示をもらいに行くと、


ルーゲン教官からのチョコレートパイ


彼はまたしてもチョコパイを\(^o^)/
そしてルーゲンから受けた仕事は、本国から届いた配給品を、


駐屯地のおしごと


駐屯地にいる人達に配ること。
最初に話したマリアンから配給品を受け取り、


マリアンからまたチョコレートパイをもらってる


SSには写っていませんが、やっぱりチョコパイも受け取ることにw
それらを、宛て先の人物のところへ届け、


ジャンからのチョコレートパイ


そのたびにチョコパイをもらっていきます。


ゼラルからのチョコレートパイ


ラストの届け先であるアルベルトだけはマヌクFにいるので、


アルベルトからのチョコレートパイ


ここは何とかMobをやり過ごす必要があります。
届け物が終わると、


配達完了


ルーゲン教官から礼を言われますが、その教官は随分と疲れている様子。


言葉を濁すルーゲン教官


そんなルーゲン教官が呟いた「オトゥ」という人物について訊ねると、


親友のオトゥ


その人は彼と共にこの地に来た親友であることが分かります。
でもお互いに忙しい身になってしまい、長いこと連絡が取れずにいました。
そうこうしている間に、オトゥの健康状態が芳しくないことを耳にしたルーゲン教官。


片付かない仕事


彼の安否を気にかけつつも、仕事が片付かずに持ち場を離れられずにいたのでした。
ここは何があるか分からない異界の地ですからね、どんな病気があるのかも知れないとなればそれは心配でしょう。
そこでルーゲン教官に代わり、プレイヤーがオトゥの様子を見てくることを申し出ます。
それを聞いて喜ぶルーゲン教官。


ルーゲンからの手紙


これも一緒に頼めないか、と手紙を渡してきます。らぶれたーきたわー。
オトゥの居場所を教えてもらい、早速彼のところへ向かうプレイヤー。
このクエを最初にやったときには、オトゥはどれだけ遠い所にいるんだろうとビクビクしていたのですが、聞いてみれば駐屯地の中、しかも同じ中央の島にいるのですよね。
まぁプレイヤーとNPCのマップの距離の感覚は違いますし、休む暇もないほど駐屯地では人手が足りていないってことなのでしょうけども。


柵の上の高見台に立っているオトゥを見つけて声をかけると、彼は柔和な笑みで挨拶をしてきます。
ルーゲン教官がとても心配していることと、彼からの手紙を預かってきたことを伝えると、


風邪だったオトゥ


体調を崩していたのは風邪だったと答えつつ、嬉しそうに手紙を手にするオトゥ。


ルーゲンからオトゥへ


確かに受け取ったと笑うと、


オトゥからルーゲンへ


今度は彼がルーゲン教官に手紙を配達してほしいと頼んできて、素早くペンを走らせて手紙を書き上げました。
因みに配達のお駄賃は、


オトゥからのチョコレートパイ


やっぱりチョコパイです\(^o^)/
そしてオトゥは、


休みが取れ次第会いに


「休みが出来次第会いに行く」と言っていたことを、ルーゲン教官に伝えてほしいと話すのでした。


すぐにルーゲン教官にオトゥの様子を伝えに行くと、彼はオトゥが大した病気ではないことを知って、ほっと胸を撫で下ろしました。
そしてオトゥが会いに来る心積もりでいることを聞くと、


オトゥからの伝言


自分も急いで仕事を片付けなければと口にして、オトゥからの手紙を喜ぶのでした。
そして、


ルーゲン教官の感謝


何かものすごく感謝してくれました=w=
因みにこのクエが完了した後でルーゲン教官に話しかけると、


会いに来てくれたオトゥ


後日オトゥが訪ねて来たことを嬉しそうに語ってくれます。


そんなわけで駐屯地の人々でした。
ここで登場するNPC達は、恐らく三ヶ国同盟でムーンケンロが送り込んだ人員ではなさそうですね。
それ以前の派遣部隊としてやってきて、駐屯地を築いた面々といった感じでしょうか。
故に、この遠征部隊がどれだけ厳しい環境下で活動しているかが骨身に染みているというか。
「大量に配られているチョコパイですら、それが最後の食料になってしまったらと思って食べられない」というゼラルの台詞辺りからも、そんな様子が垣間見えているのではないかと思います。
ルーゲン教官やアサシン部隊のルーカスはかなり精神的に疲弊しているような雰囲気ですしね。
まぁルーゲン教官はオトゥのおかげで最後に持ち直しますが。
一方、このクエに関わらない、大多数の駐屯地NPCからはそこまで張り詰めた感じはしていません。
それを考えると、やっぱり駐屯地の人々に登場するNPC達が駐屯地の機能を構築した後で、他のNPC達がやってきたのではないかなーと。
と言ってもこれは私個人の適当な見解に過ぎないのですが=w=
すぐに終わってしまう短いクエではありますが、じんわりとするラストだったり、その背景を色々と想像出来たりと、なかなか異世界の導入クエとしては良いものだと思います。

[2013/05/23 22:26 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<3つの国家、1つの故郷1(会議のおともクエその1) | ホーム | 花咲く大地で、もふもふしたい!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/657-2fb35040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。