スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
新年・世界の福めぐり!(前編)
毎年恒例、餅神様&干支Mobの神様の新年クエが今年もやってきました。
今年はこれまでにない趣向でなかなかいい感じでしたよ。
にしても…、タイトルの「福めぐり」打ってるときに出てきた変換候補が「服めくり」だったのはどういうことだ…。
まぁ正月ボケのPCは放っておいて、兎に角見ていきますよー。


※※※以下には「新春アマツ祭~世界七福めぐり~」のネタバレを含みます※※※





季節イベント定番の転送NPCにアマツへ送ってもらい、港近くに居る餅神様を訪ねます。


君は誰モチ?


…何か忘れられてるー(つ△T)
まぁ…だらだらと過去のイベントを引き摺って、「君は前にクエやったから知ってる君は初めてだから知らない」をやり続けられるよりはご新規さんに優しいですが、何かこう一抹の淋しさが…=w=;
兎も角、何だか困った様子の餅神様。
訊けば、


お願いされたモチ


今年の歳神となった巳神がやってきて、何やら頼みごとをしていったのだそう。
そしていきなり「もう友達」宣言をしてくる餅神様に連れられて、事情を聞きに巳神のいる社へと向かいます。
そこにいた巳神は、餅神様を見ると「お願いしていたあれはどうなったか」と声をかけてきました。
あれとは一体何なのかと話に加わると、餅神様の連れかと巳神が訊ねてくるので、


餅神様って誰だっけ


「餅神様って誰?」と答えて、餅神様に忘れられていた憂さを晴らしておきました\(^o^)/
するとそこにいるプヨプヨの…と説明し始める巳神に、


モチモチのもち肌


もち肌だと憤慨する餅神様が可愛い=w=
餅神様曰く、出会ったらもう友達らしいです。つまり、一度会ったら友達で毎日会ったら兄弟ですね=w=
そして餅神様の友達なら一緒に相談に乗ってほしい言う巳神。
彼の願いとはずばり、


鏡餅をお供えして


鏡餅を供えてほしいということでした。
巳神が歳神としての役割に就くためにここへやってきたとき、この社にはお供え物がなかったそうなのです。更に、役務のことを考えて最近お酒を控えていた巳神。これでは十分な力が出せないと嘆きます。
そこで、


餅は餅屋


まさに餅は餅屋ということで、アマツに来ている餅屋のヴァレスに鏡餅のことを相談に行くことにしました。
ここでのヴァレスの説明にある「この世界では、独占企業」というのは…ユーモアってことでいいんですよね?
何かクリスマスのときにも感じましたが、どうにもこういうのが出てくるとひねた印象を受けてしまいます\(^o^)/


ヴァレスに鏡餅を用意出来ないか頼んでみると、


火力が足りない


彼曰く「もち米は用意できるけれど、それを一度に蒸すだけの火力を出す薪が足りない」とのこと。
…もちろん餅神様に押し付けられて、薪を集めるのはプレイヤーの仕事になりました=w=;
しかし今回のクエは、納品の対象となるものが複数提示されて、集めやすいものを沢山渡すか、強めのMobのドロップや高価なものを少量渡すかを選択出来るので、比較的進めやすくなっています(ただし、餅を割引してもらえるミーナのアイテム収集を除く。クエクリアには関係ないですが)。
薪になる収集品(丸太とか竹筒とか)を渡すとヴァレスはすぐに餅作りを始め、


鏡餅が出来た


あっと言う間に鏡餅を仕上げてくれました。
作り立ての鏡餅を届けると、


鏡餅には満足


その出来に巳神も満足そうです。
それと同時に、鏡餅と同じだけの力を秘めた「聖なるアイテム」が世界中にあることを感じ取った巳神。


世界中の聖なるアイテム


神力を如何なく発揮するために、それらを集めてきてほしいと頼んできました。
ここからのやり取りがちょっと好きで、


我らの双肩


「世界の秩序と平穏は我らの双肩にかかっている」とアイテムの収集を頼み込む巳神に、


巳神の肩は何処?


依頼を引き受けつつも、巳神の肩は何処にあるのかと返す餅神様。
それに対して更に、


餅神こそ何処?


貴方の肩も一体何処にあるのやら、と切り返す巳神の言葉に思わず笑ってしまいました=w=


さて、ここからは世界中の街…各ローカルマップを回ってその地域での新年行事を体験し、聖なるアイテムを探してくることになります。転送は全て巳神がやってくれるので安心。
ではでは最初はコンロンから。
ここではまず、ホンパイから「新年と言ったらこれ」と爆竹を受け取ります。
そして彼女の説明に従って、


柱のふもとでお祈りを


街の外周の島に立つ巨大な石柱に向かって、お祈りをしていきます。


祈りの心が届いた


回る順番は1つ目の石柱に祈ると2つ目の場所のヒントが出るので、ヒントを基に次の場所を探していくことに。
この石柱が利用されるクエは初めてなので新鮮で、謎解き要素もあって楽しかったです。…小島間の移動のやり難さとテレポのし辛さがなければ\(^o^)/
全ての石柱にお祈りをすると、


赤くなる爆竹


爆竹が今にも破裂しそうに赤い光を放ち始めました((((;゜Д゜)))
ポンパイに爆竹を見せると、


祈りが届いた証拠


それは祈りが神様に届いた証拠だと彼女は言います。
まずは聖なるアイテムの1つ目、


赤き祝福の爆竹


「赤き祝福の爆竹」を手に入れました。


続いてアユタヤ。
着いて早々、


お供えじゃないモチ


イングラットという少女に、餅神様がお供えと間違われて持ち去られかけていました。
相手は可愛い女の子ですし、ここは助けないでおきましょう=w=
しかしまぁ本当にお供えにされそうな感じだったので止む無く助けることになり、女の子に声をかけます。


この餅はタンブンのお供え物


と、もうすっかりお供え物扱いにされてました\(^o^)/
取り敢えず説明をして餅神様は返してもらい、


正月のタンブンは特別


この地での風習、新年の「タンブン」について教えてもらいます。
タンブンとは托鉢をするお坊さんにお供えをして読経してもらうこと。
そしてタンブンのお供えとしてマンゴーを勧められ、


マンゴーが食べたくなったモチ


それを食べたいという餅神様の分もあわせて購入しました。
するとイングラットはタンブンの作法を教えてくれます。
また、托鉢中のお坊さんは女性に触れることを禁止されているため、


隣に立っちゃだめ!


♀キャラで進行している場合は「絶対に隣に立っちゃダメ」と注意を受けます。
♂キャラの場合だと、


貴方は関係ないか


女性に触れることが禁止されている説明の後、貴方は男だから関係ないか、という内容に変化。
でもって無理矢理お坊さんの隣に立って声をかけようとすると、


それでも隣に立つと…


イングラットに注意されていたことを思い出し、強制バックステップをさせられます。
教えてもらった通りにタンブンをすると、


お経で輝くマンゴー


お坊さんがお経を唱えた直後に、お供え物のマンゴーが光り輝きました。
けれど、お坊さんはそのマンゴーを持ったまま立ち去ってしまいます。
どうしたらいいか分からないのでひとまず餅神様のところへ戻ると、餅神様は先程タンブンのマンゴーと一緒に買った、自分が食べる用のマンゴーを差し出してきます。
お坊さんのお経を思い出し、そのマンゴーに向かって正確に再現して唱えるようにと。
見事それを成功させると、


お経を再現しても光るマンゴー


再びマンゴーが輝き出します。
そして無事に聖なるアイテムの2つ目、


橙色の太陽マンゴー


「橙色の太陽マンゴー」を手に入れました。


次は龍乃城。
そこでは龍舞と獅子舞が睨みあっていました。
しかしその片方、龍舞マスターが困った様子です。
彼の悩みは、年による体の衰えを感じながらも、自分が引退したらこの流派が途絶えてしまうこと。マスターとまで呼ばれた自分が、強い覇気を持った目の前の獅子舞使いを相手に、無様な醜態を晒したくないというのです。


獅子舞使いを倒して


すると例によって餅神様が勝手にそれを引き受け、そういうアクティブな願いは冒険者であるプレイヤーがやった方がいいと言い出して押し付けてきました=w=;
まぁ仕方ないのでやりますか。
勝負の方法は、相手の気の色を見て、それに対して有利な属性の攻撃を選択していくというもの。
相性云々は五行説が用いられているので、五行相剋について知っていれば簡単ですね。知らないと青が風、黒が水という辺りからなかなかピンとこないかも知れませんが…。
そんなわけで、


獅子舞使いの技は見切った


3回勝負をして一度でも相手の弱点を突き、逆に向こうにこちらの弱点を突かれなければ勝利。


いつの間にか後継者


すると龍舞マスターから賞賛され、また彼の流派は獅子舞使いが継ぐことになって、龍舞のウロコが光り出します(後を継ぐ話はウロコ入手後に二人から聞ける)。
それが聖なるアイテムの3つ目、


緑色の龍のウロコ


「緑色の龍のウロコ」でした。


といったところで、クエの簡略化第一号記事でかなり内容をごっそり削ぎ落としているのですが、SSの表示数が多くなりすぎると記事が重くなるということもあるので、ここらで分けておきます。

[2013/01/05 15:19 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<新年・世界の福めぐり!(後半) | ホーム | 新しい世界へ初狩りに>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/592-bc5bfee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。