お化け達だけのハロウィンパーティ
…当日に間に合わないとか、季節イベント記事ではよくあることですよね=w=;
そんなわけでハロウィンパーティ。
ハロウィンは毎年比較的軽めのクエですが、今年は直前までムーンスイーパーズツアーをやっていたためか単純にこなすだけならあっと言う間に終わります。
しかし、その短さに対して条件によって変化する台詞やちょいちょい更新される台詞の多いことorz
それが今回遅くなった理由なのだと(あと木屑も)言い訳をしまして、のそっと見ていこうかと思います。


※※※以下には、ハロウィンパーティ2012~特製カボチャケーキを追え!~のネタバレを含みます※※※





ハロウィンで何となく浮かれてた様子のプロで、神妙な面持ちで助けてくださいと声をかけてくる女の子がいます。
どうしたのか訊ねると、


スクウォッシュがさらわれた


何とパティシエのスクウォッシュがお化け達にさらわれてしまったのだとか。
詳しく話を聞くと、ハロウィン用の特製ケーキをスクウォッシュに頼んでいた彼女が、どんなケーキを作っているのか気になってスクウォッシュの家を覗いてみたところ、何と彼が目の前でお化け達に連れ去られていったというのです。
助けに行くのを手伝ってもらえないかと頼まれ、快諾すると、


一緒に助けに行って


少女はエレイナと名乗ります。…何かもう名前表示されてたけどな!\(^o^)/
早速お化け達のパーティ会場に乗り込むのですが、その前に、


仮想マスクが必要


仮面を持っているかとエレイナに訊ねられます。
助けに行くには仮想マスクが必要だと、隣にいるロリルリ先生が言っていたことを話すエレイナ。
スクウォッシュもロリルリ先生も去年からの連続出演ですね。
ロリルリ先生はスクウォッシュにケーキを注文しに来たものの、彼がさらわれたままではケーキが食べられない。そんな理由でエレイナに協力してくれているそうなのです。
そのロリルリ先生曰く、


お化け達だけのハロウィンパーティ


恐らくスクウォッシュが連れて行かれたのは、お化け…Mob達だけのハロウィンパーティ。
人間が入れないパーティ会場に行くには、人間だとばれないようにMobの振りをする必要があります。
そのために仮面が必要になるのですが、詳しいことはロリルリ先生に相談して、と突然話題を投げるエレイナ\(^o^)/
ロリルリ先生に話すと、


手助けしてくれるロリルリ先生


彼女は仮面がない場合の作成やパーティ会場への案内をやってくれます。
ただし、パーティ会場に移動する際に着ける仮面は何でも良い訳ではなく、Mobをモチーフにしたものかつゲーム内で入手(あるいは過去の季節イベントで入手)出来たものに限ります。
なので、


タナトスは仮面に入るんですかー


Mobの仮面でもタナトスシリーズなんかは対象外に。
今回は対象となる仮面全てを所持していたので、特に仮面作成は行いませんでした。
ではでは、


会場に出発


仮面を付けてパーティ会場に乗り込みましょう。


ハロウィンの女王が支配するパーティ会場にやってきたエレイナとプレイヤー。
まずは周囲にいるMob達に話を聞いて、スクウォッシュの情報を集めていきます。
さてここがこの短いイベントクエでの最初の厄介なポイント。
話を聞くMobは7種いるのですが、そのうち仮面のモチーフとなっているMob(キューブ、ルード、ゴブリン五男、アラーム)には台詞の分岐が存在します。
同族のMobがモチーフの仮面を着けていた場合は、


仲間の仮面


仲間と思われて無条件で情報を教えてもらえ、それ以外のMobの仮面を着けていた場合は、


いたずらかお菓子か


トリック(いたずら)かトリート(Mobが指定するお菓子アイテムを渡す)のどちらかを選択することに。
もちろん、


いたずらって楽しい


トリックと、


お菓子は美味しい


トリートでは違う反応があります。
特に曲者なのがゴブリン五男。仲間と判断される対象のゴブリン族の仮面は、リーダー仮面、ゴブリン仮面、三男仮面、四男仮面、五男仮面の5種なのですが、リーダー仮面、五男仮面、それ以外のゴブ族仮面で更に反応が変わるのですorz
トリックかトリートかの選択肢は大体どのMobも上に示したキューブのSSのような反応なので、ここでは一番内容が変化する「同族の仮面を着けていた場合」をピックアップしていきます。
因みに後の3種のMob(マリオネット、ウィスパー、ハイロゾ)は、必ず無条件で情報を教えてくれます。
また、


人間がいたらいけないところ


ここではカプラ職員と後で登場するある人物以外、仮面をつけていないと会話が進行出来ないので注意です。
しかも、


衣装装備で仮面隠し


衣装装備の下を見透かす驚異の能力((((;゜Д゜)))
どうしてこれで更に仮面の下を見破れなかった\(^o^)/
…まぁ仮面姿がどうしても嫌という方は、中段か下段が埋まる衣装装備を着ければ仮面を隠すことが出来ます。


では早速スクウォッシュの情報を集めていきましょう。
まずはルードから。


スクウォッシュのケーキを食べた


スクウォッシュの話をすると、彼の作ったカボチャケーキが美味しかったと話すルード。
その人は何処にいるか訊ねたところ、


家の裏で合言葉を言うと


彼は東の家の裏にいて、合言葉を言うとカボチャケーキをくれるのだと教えてくれます。
その合言葉についても訊いてみると、


皆から文字を集めないといけない


それは一人1文字ずつしか教えられないルールで、皆から文字を集めなくてはいけないとルードは言い、


ルードは「ジャ」


自分が教えられる文字は「ジャ」だと続けました。
…あれ、おかしいな…。何か2文字に見える気がするぞ疲れてるのかな…。
何か出鼻を挫かれましたが、気を取り直して次はマリオネットです。
カボチャケーキを作る職人に話しかける合言葉を知らないか声をかけると、


女王様の決めたルール


女王様が決めたルールだからもちろん知っているし、ルール通り1文字教えてあげる、と彼女は答えます。
なるほど、この謎ルールを作ったのは女王だったのですね。
そしてマリオネットの合言葉は、


マリオネットは「ッ」


「ツ」じゃなくて「ッ」。いわゆる促音というやつです。
うーん…、1文字だけど…何か納得いかない\(^o^)/
どうにも捻った首が持ち上がりませんが続いてウィスパー。
合言葉を知っているか話してみると、


遠い昔に聞いたような…


遠い昔に、女王様に1文字だけ教えていいと言われた気がするとか何とか。
そうか…このルールはそんな昔からあったのか…。てっきり今年決められたのだとばっかり=w=
そして、ウィスパーが教えていい言葉は、


ウィスパーは「ク」


「ク」でした。
やったよ…ついに普通に1文字の合言葉が出たよ…!
前向きになったところで、お次はアラームに。
合言葉を知っているかと言うと、


仲間だから教えてやる


知っているし、仲間だから教えてやる、となかなかに話が分かる返事。
彼が教えられるのは、


アラームは「ラ」


「ラ」の文字でした。
アラームだからラなのかな?
調子が上がってきたところで…紹介するのがなかなか難しいゴブリン五男=w=;
まずは話しかけた時の反応。


ゴブ五男に声をかける


ゴブリダ仮面の場合は敬語、五男以外のゴブ仮面(つまり五男から見ると年上の兄弟)の場合は柔らかめの口調、五男仮面の場合は上から目線で返事をされます。基本的に五男の反応はこの3パターンの反応になっています。
スクウォッシュを知らないか訊ねると、カボチャケーキが食べたいならルチに合言葉を言わないといけないことを教えてくれた後で、


女王様のルールだから


「このルールは女王が決めたものだから、皆守らないといけない。守らないとお仕置きされる」と五男は話します。
ここが特に仮面による台詞の違いが顕著で、比べてみると面白いですねw
そして、


ゴブリン五男は「ン」


自分が教えられる1文字は「ン」だと言いました。
因みに、


こちらの台詞も違う


さり気なくプレイヤーの発言として登場する台詞も、ゴブリダのときはちょっと偉そうだったり=w=
また、兄弟仮面Ver.には存在しない台詞がゴブリダ仮面Ver.と五男仮面Ver.にはありまして、


教えたい?教えたくない?


合言葉について、リーダーには「本当は全部教えたいのだけど」と言うのに対して、五男には「本当はお前になんか教えたくないけど」と真逆のことを口にするのが何とも彼の性格を現していますね\(^o^)/
しかしまぁ、もうここまで文字を集めたら大抵の人は合言葉が何か分かっているでしょうから、全部教えてくれなくても、逆に文字を教えてくれなくても大丈夫ですけどねw
一山越えたところで次はキューブ。


特別に1文字教えてあげる


仲間だから特別に教えてやると言って来ますが、相手が誰でも1文字教えなきゃいけないルールなのは分かってるぞー=w=
てことで教えてくれるのが、


キューブは「タ」


「タ」の文字。
さぁ、もう残りは1文字です。
合言葉集めの締めくくりはハイロゾ。
ハイロゾの合言葉は…、


合言葉は何だっけ?


えーと、何だっけ\(^o^)/
しかしちゃんと思い出してくれて、


ハイローゾイストの「ン」


「ン」だということが分かります。
ここまで全て合言葉に順番通りにMobに話しかけてきましたが、全員に話しかけるのが条件なので順不同で大丈夫です。


さて、スクウォッシュの居場所も、話しかけるための合言葉も分かりました。
早速声をかけますが、


人間立ち入り禁止!


例によって仮面を着けていないと話をすることが出来ませんorz
改めて話しかけると、


合言葉を言え!


警備デビルチ兵に合言葉を言えと止められます。
エレイナと共に、集めた文字を繋げて作った合言葉を伝えると、


ルチへの合言葉


ケーキ作りの邪魔をしないなら話しかけてもいい、とルチ兵から許可が下りました。
スクウォッシュに話しかけると、


ケーキを作るから助けて


彼はこちらのことが分かっていないようで、ケーキを作るから助けてと声をあげています。
そんなスクウォッシュに対して、Mob達に気付かれないよう少し仮面をずらして名乗るエレイナ。


こんなところにエレイナが


どうしてこんなところにいるのだと驚くスクウォッシュに、エレイナは頼んでいた特製ケーキをもらいに来たと言います。
それを聞いて微妙な表情を浮かべるスクウォッシュでしたが、それはただ単にエレイナのちょっとしたトリック(いたずら)だっただけ。


スクウォッシュを助けに来た


本当は彼を助けに来たのですから。
エレイナがここまで来た理由を知ったスクウォッシュでしたが、


特製かぼちゃケーキは出来ていない


残念なことにまだ彼女が注文した特製ケーキは作れていません。
というのも、ここに来てからずっと彼はMob達のためにカボチャケーキを作っているから。
そうこうしている間にも、警備デビルチ兵から手が止まっていると叱責する声が飛んできます。
そんなスクウォッシュの様子を見て、ここから逃げようとエレイナは言いますが、


ケーキを望んでいる子供達がいるから


彼の返事は、こんなにケーキを望んでいる子達がいる以上、それは出来ないというものでした。
怒られはしているものの、幸いにして危害を加えられるといったことはないから、と。
それどころか、


もしエレイナが手伝ってくれれば


エレイナが手伝ってくれれば特製ケーキを作る時間が出来るかもと言い出してしまう始末\(^o^)/
しかも、


ケーキが早く作れるなら


それを素直に受け入れてしまうエレイナ((((;゜Д゜)))
これでいいのかよく分かりませんが、兎に角彼女からは「連れてきてくれてありがとう」と言われ、


エレイナの代わりにカボチャケーキを


スクウォッシュはエレイナの代わりに、とお礼のカボチャケーキをくれました。


…思った以上に長くなってきたので、ここらで一度切りますねー。
内容は少なめのクエなので2回で終わらせたいところですが…、既に3回になりそうな予感がひしひしとしています=w=;

[2012/11/03 23:27 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<さらわれたパティシエ、奪われたケーキ | ホーム | ハロウィンにやってきた子達>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/551-88aaa85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |