スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
一味違った日常を、平凡で楽しい一日を。
さてさて、うれしはずかし(?)のスパノビ限界突破クエの後編になります。
今回は前回以上にクエの内容に対してSSの枚数が多かったりします。
でもやっぱりスパノビとしてその辺のお遊びを忘れたら負けかなと。


※※※以下には、スーパーノービス限界突破クエスト及びマラン島系クエストのネタバレを含みます※※※





ノードルに言われた通り飛行船シュバルツバルド国内線に来ると、彼にそっくりなノビが座り込んでいました。


兄さんの仕送りはいつ来る?


やっぱり疑いようもなくノードルの弟・ヌードルです。
彼に事情を話すと、


仕送りを渡しに来てくれたんでしょう


仕送りを渡しに来てくれたんですね? 兄さんはいくらくれたんですか? と期待の眼差しを向けられます。
が、500kはちょっと高いですよね…。
そこで、


お金を要求される…


お前に渡す金などないわーヽ(`□´)ノと言うと、


皆嫌い~!


ヌードルは泣き喚き、飛行船の中腹まで吹っ飛ばされてしまいました=w=;
泣く泣く500kを渡すと、兄さんがこんなにくれたの? とヌードルは喜び、


言ってみるもんだなあ


仕送りしてくれと言ってみるものだと口にして、礼を言ってきます。
何だか納得いきませんが、兎に角用事は済んだのでノードルのところへ戻りましょう。
すると既にヌードルから連絡が来ていたようで、


とても自慢していた


500kを渡したことを自慢していたそう。
ノードルも、


メンツを立てた?


そんなに渡してくれるとは、自分のメンツを立ててくれた、と上機嫌です。
そこでふと、


これも試験の一環?


これも試験の一環だったのかとノードルに訊ねてみますが、


お金に対するスケールを…


彼が慌てて「お金に対するスケールを知るためのテスト」だったんだと取り繕う様子を見て、考えすぎだったと思い直しました。
まぁそれは置いておいて、本題に戻りましょう。


限界突破の方法を教えて


限界を突破する方法をノードルに教えてもらわなくてはいけません。


昔の自分にサヨナラ


彼から限界を突破する際の注意を受けていくと、


あれは何だ?


話の途中で突然、あれは何だ? とノードルが声をあげます。
そのまま、


後ろからスタゴが?


後ろからスタラクタイトゴーレムの群れが!と叫び続けるノードル。
ここでの反応で、ちょっとだけ行動が変わったりしますが、大差はありません。
ん? と後ろを振り返り、


後ろを見た瞬間


何もないと言おうとした瞬間…!


何を期待した?


何を期待した? とノードルの冷めた声\(^o^)/
更に色々と物を持っていることを指摘され、


物に頼ってばかりだと


物に頼っていては強くなれないから、持ち物を全部預けて来いと言われます。
うん…、ステ・スキルリセットと出てたときからこうなるとは思ってたよ…。
やめて許して私の手持ちには大事な頭装備コレクションがいっぱい詰まってるんだって(つ△T)
…と言っていても仕方ないので、期間限定で実装されている天の助け・サブ倉庫を駆使して所持品をがっさがっさ詰め込んでいきました。
そして再びノードルのところへ。


カートを使って楽してる


カートを持って楽していると指摘されました\(^o^)/
やめて許して私のカートには大事な頭装備コレクションがいっぱい詰まってるんだって(つ△T)
…と言っていても仕方ないので、万が一にでも消えたら困る貴重品をやっぱりサブ倉庫に移して、ぽちっとキャストオフ。
三度目の正直でノードルのところへ戻りました。
でもって、


再び後ろからスタゴ


先程の説明→スタゴの群れが~の流れをもう一度やって、


驚いて聞きなおす


はい!? とノードルの言葉を聞きなおすと同時に、


限界突破1


限界突破2


限界突破3


限界突破4


派手なエフェクトやりたい放題に\(^o^)/
何事かと驚いていると、


大成功!


大成功!と喜ぶノードルの姿が。


一人で見るには


その顔は一人で見るには勿体なかった、と彼は楽しそうに笑います。
ノードルの言葉に、思わずそちらを睨んでいたらしく、


驚いたなら悪かった


驚いたなら悪かったと彼は謝ってきます。まだ笑いは押さえきれていないようですが。
その笑いが収まると、


楽しい一日を作る使命と義務がある


「ノービスはつまらない日常の中でも軽いいたずらを通じて、平凡で楽しい一日を作っていく使命と義務がある」と改まって述べるノードル。


何か変わったところはない?


何か変わったところはないかと訊ねてきます。
首を傾げると、


本当に気付かない?


本当に気付かないの? とノードルは頬をかき、


限界を突破したんだ


たった今、限界を突破したことを教えてくれました。
簡単に言うと、


これからはもっと強くなれる


もっと強くなれるということ。
ノードルは、


ノービスらしく楽しく生きろ


これから広い世の中に出て、ノービスらしく自由で楽しい人生を生きろ、と言うと、


無理矢理解散


以上で終わり!解散!と突然つっけんどんな態度になります。
これは怪しいので再度話しかけてみると、


来てしまったのか


もう一度来ないと渡さないつもりだったのに来てしまった、と何故かがっかりされる\(^o^)/
しかし来てしまったからには仕方がないと言って、


新しい道を歩むノビ仲間に


新しい道を歩くノビ仲間を祝福するために、装備をプレゼントすると申し出てきます。
その前に、カバンに荷物が溢れていると注意されないよう、手持ちに空きがあるか確認しろと言われますが、


整理してきます


基本的に全部倉庫に投げ込んできているので、ここで引っ掛かることはまずないでしょうね。
けれどいつものくせで整理してくると返すと、


戻ってくる必要はないぞ


君が戻らなくても損しないから、必ず戻ってくる必要はない、と念を押してくるノードル=w=
大丈夫だから渡してくれと頼むと、


以前使っていた装備


彼が昔使用していたという、ノビ装備一式を手渡してくれるのでした。
…と、ここで悲劇が起こりまして。
急に画面が重くなったと思ったら、まさかのサバキャン…orz
装備をもらった段階でフラグが立ってしまっているので、既に限界突破クエは終了している扱い。
最後の最後にノードルが祝福してくれる部分の台詞を見ることが出来ませんでした。゜゜(´□`。)°゜。
かれこれ5分くらいそのまま呆然としていましたが、これはもう仕方ないので…もし別のスパノビを育てることがあったら、その子が限界突破するときの楽しみにします(´;ω;`)
そして、


ノビは常にノビらしく


ノードルに別れを告げて、アルデバランに戻ります。
途中せっせと大事な宝物を倉庫から引き出して両脇に抱えて、やってきたのはカプラ本社。
非合法カプラさんにお願いして、


スパノビEXのカートは…


再度カートを借りました。
今はブリキカートですが、そのうち直るか…、


可愛いカート


twROに実装されているポリン系カートが実装されたら、そちらを引き摺りたいと思います。


そんなわけで、最後にまさかのサバキャンの悲劇に巻き込まれましたが、私は元気です(´;ω;`)
無事に…というわけではありませんでしたが、久々に堪能した転職クエでした。
まぁこれも思い出ですね。知り合いでこれから限界突破する人がいたらSS撮ってもらおうそうしよう。
限界を突破するタイミングは、ノビ→スパノビに転職する瞬間を覚えている人なら、ここだと予想が出来たと思います。
あのときも驚かされるのと同時でしたからねw
しかしエフェクトの激しさはRO内で1,2を争うほど。
派手ではないけど目立つノビ達にはぴったりかも知れませんね。
記事の中ではノードルに驚かされるところの選択肢を、持ち物を持っていることを指摘されるときと限界突破するときで違う方を選んでいますが、どちらを選んでいても条件を満たしていなければ注意されるし、条件を満たしていれば限界突破します。
因みにkROでは、このクエでスパノビと共にノビもLv150までレベルキャップが開放されていました。何故jROでは同時にこなかったのかは分かりませんが、こちらもそのうち実装されるのではないかと思います。
でもって突破したあかつきには3次職と同じEXPテーブルが待っているわけですが…無理して高レベルにならなくてもいいですよね。スパノビですから。私はこの子が大好きなので、これからもおもむろに暴走してみたり、まったり火力のなさに悩みながら狩ったり、新装備がきたらネタを考えたりしながら、のんびりと付き合っていこうと思います。
…既に取得スキルがハチャメチャなことになってますしね!


おまけ。
このクエのノードルのノリが何かに似てるなーと思っていたのですが、マラン島クエをやり直してみて「これだ」と笑ってしまいました。
そういえばニャンキー団のボス・ゴーボンは、


島に緊張とスリルを


「自分達が不良野良行為をすることによって島に緊張とスリルを与えている。平穏だけでは猫は生きられない」と言っていました。
もしかしたら、何気ない日常にちょっとしたいたずらで刺激を与えるスパノビ達は、世の中の平和を守っているのかもしれませんねw

[2012/09/27 21:51 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<のびのび育てー | ホーム | この道の更にその向こう>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/535-72de00c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。