スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
悪夢の街の猫
前回のポートマラヤの老人と共に、クエ強化イベントで実装されていた「ナイトメアサイドストーリー」。
理由は後ほど書きますが、これに関してはストーリーを追う内容にはしておらず、簡単なあらすじしか載せていませんのでご了承ください。


※※※以下には、ポートマラヤナイトメアサイドストーリークエスト及びポートマラヤクエ全般のネタバレを含みます※※※





港に現れた猫に近付くと、何やら不思議な力を感じました。


不思議な猫


プレイヤーを何処かへ誘おうとしているその猫についていくと、夢の中へと迷い込みます。
その夢の中…精神世界で話が出来るようになった猫から、


悪夢から救って


悪夢で苦しめられているポートマラヤの住人を救ってくれと頼まれます。
救う相手は、ムンバキ・ポン、イメルダー、トトイ、バンタイ。
悪夢は彼らが過去に経験した辛い記憶を呼び起こし、更にそれを克服するために必要だった「もの」を封じてしまいました。
そのため、彼らの話を聞いて、封じられている「彼らの大切なもの」を取り戻し、悪夢から解放してほしいと言うのです。
というわけで早速助けに行きます、以下の手順は1キャラずつしか進行出来なかったのですが、ここではまとめて紹介します。


まずは彼らの話に耳を傾けます。


ムンバキ・ポンの悪夢


イメルダーの悪夢


トトイの悪夢


バンタイの悪夢


ここでは台詞1つごとに幽霊のエフェとコウモリのエフェが交互に登場。それが各2体になったところで、以降は画面が徐々に暗くなっていくという面白い演出が使われていました。
次に猫の待つ夢の世界に戻り、彼らの大切なもの・夢の欠片を手に入れます。


夢の欠片


夢の欠片には数種類あり、それぞれのNPCに合うものを届けなくてはいけません。
因みに手にした夢の欠片が正しいものかどうかは、現実世界にいるNPCの近くに行くことで、


正しい夢の欠片


正しいものを持っていれば○エモが、


間違った夢の欠片


間違っていれば×エモが現れて判断することが出来ました。
でもって間違ったものを届けると、


夢の欠片の爆発


軽く大爆発します=w=;
正しいものが渡せた場合、そのNPCの過去を垣間見ることに。


ムンバキ・ポンの過去


イメルダーの過去


トトイの過去


バンタイの過去


そして、それによって彼らは悪夢の呪縛から解き放たれるのでした。


ムンバキ・ポン覚醒


イメルダー覚醒


トトイ覚醒


バンタイ覚醒


これで、


悪夢に苦しむ人は救われた


悪夢に苦しめられていた人は救われましたが、


1つ多い夢の欠片


まだ夢の欠片が1つ残っています。
その最後の1つ、


雰囲気の違う夢の欠片


他のものとは雰囲気が違う欠片を猫のところへ持っていくと、彼女はそれによって自分が何者かを思い出します。


現世に魂を


霊的な力を持っていた彼女は死に際にこの世に魂を残しましたが、ポートマラヤに現れるようになった悪霊に捕えられそうになりました。
逃げ回るうちに力を失った彼女は猫の体を借りましたが、憑依が不完全で記憶を消失。


不完全な憑依


唯一覚えていた、大切な人を守りたいという目的のために行動をしていたのでした。
しかし、


現世に生きるもの同士


生きる人達は共に支え合って生きていけることを思い出した彼女はその未練も断ち切り、


断ち切れた未練


猫に乗り移っていた魂は旅立っていくのでした。


てことで、ナイトメアサイドストーリーでした。
そして何故今回こんなにざっくりだったかなのですが、以下はちょっと否定的な内容なので、以下反転で。



このナイトメアサイドストーリーですが、内容が正直クエをやったときの私が感じたNPCのイメージとかけ離れていて、例えkROやpROでこういう裏設定があったのだとしても、この場では「これがこのNPCの公式設定です」と言って提示したいものではありませんでした。
ムンバキ・ポンは、病院クエでは首を捻るところがありましたが、やはり皆から信頼される気さくな指導者だと思います。
そもそも「ムンバキ」って部族の結婚の許可を下す人でもあるので、脅して恋人を引き離す必要はありませんしね。
そして呪術師故に、呪いをかけてやるなんて言葉を軽々しく使えるとも思いません。
イメルダーについては街を思う少女の方でも書きましたが、今回こういう状況になっていて、そこに現れたプレイヤーの行動が受け入れられなかっただけだと思います。
過去にこのクエでイメルダーが言っているようなことがあって、本当に冒険者を嫌っていたなら、そもそもムンバキ・ボンが手伝ってやってくれなんて言わない気がしますし。
トトイもクエ中ではずっと一人でしたが、こういう小さなコミュニティの中で一人ぼっちは有り得ないのではないかと。
むしろ自分より年上の子がちょっと危ない遊びをするのに率先して混ざってそうな印象がありました。
でもってバンタイは…何か生体Mob出しておけば喜ばれるだろうみたいな感じがしてorz
またドンとの出会いの場面は完全にクエと話が食い違っています。クエでは村人が船で見つけて拾ってきた犬を、動物好きのドンが引き取った、ということになっていますからね。悪霊退治についても、ドンが骨を与えたからそれをやるようになったはずです。
最後の猫の設定は、NPCとして登場してこないキャラなのでどういじっても構いませんが、クエで出会っているキャラクターに対してあれこれ想像して楽しむ部分を、公式で「これはこう」と決めてほしくはありませんでした。
最近では生体4Fが実装される前に設定を公開して、イメージを固定してしまったということもありますし…安易に情報を出すとかえってそのキャラへの愛着を削ぐ危険性があると私は思っています。
このクエについても、描かれていない過去を作り出すのではなく、クエで説明しきれていない部分への補完だったりしたら良かったなーと、そんな風に考えてしまいます。


[2012/09/18 23:21 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<のびのびする前に… | ホーム | こんなときだからこそ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/531-295cbc5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。