スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
我々は、立ち向かう
前回に引き続き、バコナワに関するクエ「消えた住民とバコナワ」を見ていきます。
バコナワの伝説と同様にこちらもメモD「バコナワの棲み処」の前提になっていますが、どちらのクエからでも始められて、片方だけでもクリアすれば入場出来る…という感じなのでしょうか。
如何せんそのメモDに今のところ入場出来ないのでちょっと確認が出来ませんが…。
というわけでのそのそっと。


※※※以下には、消えた住民とバコナワクエストのネタバレを含みます※※※





ポートマラヤの町長に話しかけると、


伝説は全て嘘


ちょうどバコナワの伝説クエの結末を伝えることになり、自分達はバコナワに踊らされていたのかと彼は口にします。
恐らくバコナワの伝説を未クリアの場合、この台詞は登場しないのでしょう。
そしてここからが本題。


住民の連続失踪事件


最近この街では住民の失踪事件が多発しているそうです。
それを人々は「バコナワに襲われたのではないか」と噂しているのですが、実際のところ本当にバコナワの仕業なのか単純な失踪なのか判断をしかねている町長。
そこで、バリオ・マヒワガで頻繁に発見されている失踪者達の所持品を回収し、


失踪者の所持品探し


その家族や関係者に渡してもらえないかと町長が頼んできます。
それを引き受けると、


所持品を見かけた場所


所持品を見掛けたという場所の情報と誰にそれを届ければいいのかを順番に教えてくれます。
所持品を探す失踪者は全部で4人ですが、1人目が終わると次の人~というように届ける順番が決まっているので、町長から情報をもらった通りに進めなくてはいけません。
まずはバリオ・マヒワガに向かい、


失踪者の所持品発見


所持品を探し出します。
それを各々の関係者へ渡していきますが、所持品を探す手順は全員同じなのでここでは省略して、所持品を届けたところをそれぞれ見ていきます。
まず失踪した青年の父親。


息子は怪物に?


息子の持っていたものに違いない、と失意を隠せません。
次に失踪した少女の友達。


僕の友達は何処?


友達は何処にいるのか、早く連れて来て、と声をあげます。
続いて失踪した男性の息子。


確かに父さんのだけど…


まさか自分の父親が…、と泣き出してしまいます。
最後に失踪した少年の母親。


うちの子の声が聞こえる


怪物に襲われたことを信じられず、精神的なショックを受けてしまいました。


全て届け終えたことを町長に報告すると、


巨大な生物に襲われた痕跡


彼は失踪者の所持品全てに巨大な生物に襲われた痕跡があったことを教えてくれます。
そしてついに町長自ら、


全員バコナワに…


失踪者は全員バコナワにやられたのだと明言。
それを聞いた街の人達はどよめき、


私達の手で退治しよう


自分達の手でバコナワを退治しようという声があがります。
それに応えるように、もうバコナワを慰めることは無意味だと口にする町長。
そしてそこで町長は思い出したかのように、


若い占い師の伝言


月の様子が怪しいためプレイヤーの助けが必要だ、と若い占い師が言っていたことを教えてくれ、そちらに向かうことになります。
また、


バコナワと戦うための準備


所持品を届けてくれたお礼をくれ、自分達はバコナワと戦う準備を進めておくと言いました。


占い師の元へ行くと、彼女は「ここ最近月の力が弱まっている」と言い、


弱まる月の力


街周辺に魔物が増えたのも、バコナワの犠牲者が増えたのもそれが原因だと続けます。
そこで、月の力を戻す儀式を行うため、


月に力を戻す儀式


月に血を捧げるMobを倒してきてくれと頼まれ、急ぎティクバランを倒すことに。


ティクバランがぶがぶ


前略殴りました倒しました後略。
占い師のところへ帰ると、彼女はこれで儀式が始められると言い、


ティクバランベルト


お礼にティクバランのベルトを譲ってくれます。これはテイムアイテムですね。
後でテイムしておきました。


ディクバランテイム


更に必要な品を町長に報告してくれと言われますが、


彼女が必要としているものは


それは町長が街の人に届けさせるよう手配してくれます。そうですよね一般人に出来ることは一般人にやってもらいましょうよ=w=;
それより急いで処理しなければならないことがあると話す町長。
それは、


落とし穴を仕掛ける


いつくるか分からないバコナワの襲撃に備えて、街の入り口と湖周辺に落とし穴を設置すること。
…バコナワって超巨大だから落とし穴に落ちないのでは?
という疑問を抱いても仕方ないので、既に配置しているという作業員達の罠設置作業を手伝いに行くことにしました。
まぁその辺は、罠を扱う職の一人として、出向かないわけには行きませんね=w=


作業員を手伝う


例によって落とし穴の設置作業も順番があります。所持品同様、一つを処理すると次の場所を指示されるので、それに沿って進めていきます。


まずは無口な作業員。


無口な作業員


無駄口は一切叩かず数歩手前に移動してくれと指示してきます。


道具を持って叩く


道具を持って叩いて、


落とし穴完成


落とし穴の完成です。
次に不満そうな作業員。


不満そうな作業員


穴掘り作業をとても面倒がっています。


つるはしを持って掘る


つるはしを持って一生懸命掘り、


不格好な落とし穴だけど…


不格好ながら落とし穴が完成。
続いて腰抜け作業員。


腰抜け作業員


落とし穴が出来たら帰れるんですね? と弱気です。


スコップを持って掘る


怪しい物が埋まってたりしないかとビクビクしながらスコップで掘り、


何事もなく設置


しかし何事もなく落とし穴は完成します。
更に憂鬱な作業員。


憂鬱な作業員


何でこんなことを頼まれるんだと鬱々としています。


網を張る


網を張って、


これが役に立つ?


本当に役に立つのか疑問を抱きながらも落とし穴は完成。
最後に感激している作業員。


感激している作業員


協力して落とし穴を作ることにワクワクしているようです。


縄を受け取って


縄を使い、


立派な落とし穴


立派な落とし穴が完成しました。
これで罠の設置は全て完了。ポートマラヤに戻って町長に連絡します。


街に帰ると、ちょうどバコナワに関する会議が終わったところでした。
ポートマラヤの人々は、


我々はバコナワに立ち向かう


バコナワに立ち向かうことに決めたのです。
そして共にバコナワの住む湖に突入して力を貸してくれと頼まれ、これまでの協力のお礼にとお守りをくれるのでした。


てことでもう一つのバコナワクエでした。
こちらのクエは伝説ではなく、本当のバコナワの凶悪さが描き出されています。
どうしてバコナワが力を溜める前に倒しに行かなかったのかと思いますが、それはやはり「バコナワの伝説」を信じ、バコナワを慰めるべきとする人達との関わりがあったのでしょう。
pRO公式のバコナワイラストは、


バコナワpRO公式


こんな何か優しげな表情をしていますが騙されてはいけませんよ!
何となくこちらのクエの方が、メモDに行く際の士気が上がっていいかも知れません。伝説の方は何となく余韻を楽しみたいタイプ。
そのバコナワの棲み家が早めに再実装されるといいのですが。

[2012/09/04 22:06 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<森で見つけた宝箱 | ホーム | 未来の彼らを信じてる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/523-1ad2b89d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。