海だキャンプだ青春だ?
さてさて、今年もやってきました安直なネーミングイベント、サマスペことサマースペシャル。
ただ今回は直前のDDが去年と比べて相当稼ぎやすかったので、こちらで絞ってくるのではとの懸念もありました。
兎にも角にも、キャンプに行ってみましょう。






去年までは森だったキャンプですが、今年の舞台は海に。ボンバスの居場所も変わっていますが、ナントカと煙は…いえ、プレイヤーに埋もれないように今回も高いところに立っています。
早速話を聞いてみると、


ボンバスと初対面…?


初めて見る顔とか言われました\(^o^)/
…気を取り直して話を聞いていきます。
去年キャンプ作っていた不思議な空間の裂け目は、例によって閉じてしまいました。


新たな空間の裂け目


しかしボンバスは、仲間達と探し歩いて新たに見つけた空間の裂け目に、懲りずにキャンプを設営したそう。
ええと…もしかして毎年非常に危険な場所に私達は駐屯しているのでは…?
兎も角、


砂浜と海と青春と


白い砂浜と青い広大な海に青春しちゃったボンバス。
前回とは世界の組成が異なっているため、1から施設を設営することとなりますが、


強さを手に入れることを望む?


この青春の海で更なる強さを手に入れるために、キャンプに参加するか問われます。
参加の意思を伝えると喜ぶボンバスでしたが、しかしこのキャンプを維持拡張するには大金が必要です。
けれど相変わらず何処の国もギルドも協力要請に応じてはくれず、唯一冒険者アカデミーだけは賛同して人材を派遣してくれているけれど、その人達も施設が充実しなければ十分な力を発揮出来ない…。
けれど施設を拡充しようにも、前述の通り大人の都合で以前とは世界の組成が違うために、今回も過去のキャンプで収集した素材は使えません。
そこで今回集めることになるのは、


魔力貝を使えば


「魔力貝」。
しかしそれもかなりの量が必要になるというボンバス。
そんな彼に魔力貝を納品すると、


納品に感謝


キャンプ内で各種特典を受けられる定番のチケットをもらうことが出来ます。


続いて、やはり今年もボンバスと一緒に登場の、彼の孫娘。例によって全体的なサポートをしてくれます。
ほとんどがイベントの説明なので割愛しますが、一応魔力貝について質問しておくと、


魔力貝という素材


魔力貝の種類の説明や入手方法を教えてくれます。
また、これまでと違うミュータントDについて教えてもらうと、


D内のタコ足


D内の5Fに謎のタコ足が出現していることと、


食神に聞け!


それについて詳しく知りたければD入り口にいる自称「食神」達に聞いてくれと言うのでした。


その食神とは、ミュータントD入り口に続く浜辺にいるサファ族風のNPCとババヤガの二人のこと。


次元が飲み込まれる?


彼らは「このままではこの次元は奴に飲み込まれてしまう」と恐ろしげな話をしています。
奴とは一体何かと訊ねると、二人は「自分達が食べ尽くしたはずの巨大なタコ・エターナルデビルフィッシュ」のことだと教えてくれました。
そもそも二人は、


我ら食神


自らを「食神」と称し、世界の様々な巨大食材に挑み、余すことなく食べ尽くすことに命をかける者。
あらゆるものを食べてきた彼らが最も苦労した食材が、


エターナルデビルフィッシュ


エターナルデビルフィッシュであり、


何本食べても生えてくる


その足は何本食べても次々に復活し、更に次々増えていったそうです。
このままでは負けてしまうと感じだ彼らは禁忌の技を使い、


禁術の幽門


一気にその足を食べ尽くしました。
こうして彼らとエターナルデビルフィッシュの戦いは幕を閉じたはずでしたが、しかし今またその匂いを感じるというのです。
エターナルデビルフィッシュのタコ足はエナジーの塊。


タコ足はエナジーの塊


放っておけばやがてこの次元を埋め尽くすと言う食神達。


タコ足を食べてくれ


ダンジョンの最深部へ到達し、その足を調べるよう頼んでくるのでした。


さて、そんなわけで今回もミュータントDに突撃するわけですが、


海のミュータントDへ


ちょっと長くなりそう&纏め切れていない部分があるので、続きは次回以降に((((;゜Д゜)))

[2012/08/01 21:58 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<遊びでスイカ割ってるんじゃない! | ホーム | 猫の代わりに犬かぶる?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/508-90696256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |