だめな子でも出来るオークの記憶
さてさて、しばらくオークネタをやってきたわけですが、オークメモDなんて敷居が高くて無理無理ヾノ'∀')と思っている人が案外いるのではないかと思いまして、こんなネタをやってみようかと。
実際私も専用Wizを作ったときや、スナを専用型に育てるときには割りと一大決心的な感じだったので。
流石にステ調整や装備の用意はそれなりに必要ですが、取り敢えず腕は相当悪くても堕ちたヒーローを倒せるぞってことで、あまり上手くないからという理由で二の足を踏んでいる人の背中を突き飛ばせたらなーと思います。





でもって今回取り上げるのはスナでの攻略。
何故スナかと言いますと、「一番色々アバウトでもクリアできる気がする」からです。
一般的にオークメモDの適職は、低予算で回せるWiz、1周が早い弓職、安定度が高い忍者と言われていますが、そんな中でも色々何とかしやすい弓職、しかも転生を使用というチキンっぷり=w=
腕がないなら職性能で何とかするしかないのです。
更に今弓職と言うと圧倒的にCT狩りなのですが、R化前のスナの伝統に乗っ取ったアンクルDS狩りです。何故かというと、D=Iの2極になりがちな罠型より色々潰しが利くからです。


まずは装備。
上中段及びアクセは状況によって付け替えます。
固定のものはこんな感じ。
弓は過剰オク弓。深遠弓があればそちらの方がいいです。オークのDをオークの装備で攻略って何かいいですよねw
肩はマグマリンベントス。堕ちたヒーロー戦での火力補助です。ベントスでなくてもそこそこAGIがあるのでそれなりに避けます。
服はポルセリオタイツ。D服何処行った…。ポルセが刺さっていれば何でもいいです。
靴は金オシD靴。バリ靴の方がいいですが正直なんでもいいです。ASPD補助とかでもOK。
下段はくわえ魚。今はお口の恋人の方がいいですが、何となく昔のままでやってしまっています。
雑魚Mobを倒さないように避ける必要がある道中では、


オークメモDスナ装備(道中)


妖精耳にペコHBを使用。回避向上のためにWW10も使っていますが、速さはペコHBの方が上ですしね。オークメモDのまとめのときには足の速さをWWに任せてAGIを上げるために風の道標を装備しておりました。
アクセはWアカデミバッチ。MHPを増やす目的ですが、なくても別に大丈夫。敢えて回避用装備を持ち込む必要もありません。
ボス戦では、


オークメモDスナ装備(ボス戦)


ライド帽と女神仮面に、イカロスセット。長期戦になる堕ちたヒーロー戦では少なからずSP吸引が助けになりますが、SP剤を叩くというのであれば火力頭装備でいいと思います。ライド高いし。


次に持ち物。


オークメモDスナ消耗品


使う矢は鋼鉄矢700~800、火矢水矢銀矢150程度。
罠は270~280持って行っていますが、100近く余ります。
回復はくわえ魚を使っている関係でお魚を80程度持っていますが、お口の恋人とスティキャンの方が効率がいいと思います。基本的に回復剤バリアをする狩り方はしないので、たまにちょいちょい叩いて足りる程度。
SP剤はイチゴを70程度。道中では使わず堕ちたヒーロー戦でぶっぱします。
忘れちゃいけないHSP。ASPDが早ければ早いほど、ボスのアンクル滑りをすぐ止められるので、HSPが有ると無いとでは大違いです。
火コンバ10個。堕ちたヒーロー戦で付与に使うのですが、ぶっちゃけこれは持ち込み過ぎです。でもちんたら狩るので心配だから持って行ってしまう。
後なんか転んだ時の保険が見える気がしますが気のせいです。
堕ちたヒーロー戦で相手の速度減少を打ち消したいのであればIAのごにょごにょを持っておくといいです。


使うスキルは、DS、アンクル、AS、サンド、集中、WW(Flee目的のためLv10)、たまにTrs。
ステは、素でD83A60I50でやっていますが、SP剤ぶっぱであればIはいりません。何故Iに割りと振ってあるかと言うと、一応CTでもそれなりのダメを入れられるように。…まぁ使っていませんけども…SPRがあるのはそれはそれでいいかなと。
私のスナはアカデミバッチを使っているためLv79ですが、イカセ固定にしてLv80まで上げてしまった方が、当然火力が上がって楽になります。


オークメモDの攻略手順は以下の通り。
まず入場後、


クルガーにはいつも怒られる


クルガーに話しかけて呼吸を整えます。素数を数えたりしてもいいです。


開始スタンバイ


「ただしひとつ注意しろ!」という台詞が出た辺りで自己支援スキルを使い始めます。基本的にこの支援スキルが切れる前に第一階層は突破出来るので、かけなおすことはほぼありません。
最初に使用するのは火矢。
草が消えてスタートしたら、


するすると逃げろー


雑魚は無視してだだだっと走ります。
道中の雑魚は倒してはいけませんが、名前が表示されないウィレスだけは追加湧きのトリガーになっていないので、倒してしまってもいいです。
雑魚がどの区画にどれくらいいるのかとその出現位置は毎回ランダムですが、オーク封印守護兵は常に同じ場所に湧きます。
湧き場所は他所様のサイトに掲載されているものを私は使用しているので、「オークの記憶攻略」等で検索して探してみてください。
封印守護兵を見つけたら、


封印守護兵を狙い撃ち


素早く狙いを定めてDSで打ち落としていきます。
倒したらアナウンスが流れるので、


速やかに退却


一目散に出現したWPへ。
もし絡まれて身動きが取れなくなってしまったときには、


ヒットストップがきつくなったら


サンドシュートで眠らせて引き剥がします。眠ってくれないということはまずありません。
それを4区画繰り返して、


第一階層を突破ー


最後の封印守護兵を倒すとウィレス以外のMobが全ていなくなります。


第二階層に来たらクルガーが待っているので、


クルガー前で一休み


取り敢えずそこで一休みして削れたHPやSPを回復します。時間はたっぷりあるので焦る必要はありません。
落ち着いたところで、


座りながら話を聞く


クルガーに話しかけて第二階層をスタートさせます。
これも、


第二階層スタート準備


静かに行動した方がいいという台詞が出たあたりで自己支援をし直して、Mobの湧きに備えます。


まずは第一区画
説明の通り、松明を順番通りクリックして魔力を注入していくパートに。


松明に魔力注入


ここでは多少Mobを抱えたままでも避けられるので、神経質になる必要はありません。ただしたまにオクスケが詠唱後にクリ攻撃をしてきて、こちらの詠唱を止められることがあります。
1番目2番目の松明に魔力を入れたら、奥の三角ドーナツ状の場所のMobを綺麗に連れ出します。


引っ張る引っ張る


ここがボスとの戦闘場所になるので、雑魚が残らないように。
SGを使うWizのように範囲攻撃をするわけではないので、巻き込んで倒してしまうことはありませんが、余計なものはいない方がいいに決まっています。
最初の通路の辺りに連れて来たら、


まとめてサンドシュート


サンドをASでシュートして足止めして、


ぐっすり放置


放置してすたすた。
オクスケとオークゾンビの移動速度が違うので面倒ですが、先にオクスケと足止めする場所近くのオークゾンビを眠らせて、後から改めてオークゾンビをまとめます。まぁヒットストップで動けなくならなそうなら、オークゾンビの速度に合わせて一度に全部連れて行ってしまいますが。
3番目の松明に魔力を注入したら、


前置きアンクル


ドーナツ状の場所の中央の岩左下にアンクルをいくつか置きます。
装備をボス用に変え、水矢を装備したら、4番目の松明をクリック。
と、


オーク守護大将現る


この位置にオーク守護大将が湧くので、


アンクルにかけてがしがし


ここからDSをしてあらかじめ置いておいたアンクルにかけます。
以後、数回DSを撃ったら後退してアンクル設置を繰り返して、


守護大将撃破


守護大将を撃破。
基本的に堕ちたヒーロー含め、ここのボスはこの狩り方で倒します。
ボス戦が終わったら、


倒したら休憩


ふうやれやれ。落ち着いて回復します。
回復を待ちたくなければ回復剤で。
来た道を戻り、多分睡眠が解除されている雑魚に絡まれたら再びサンドシュートをしておきます。
何故かと言うと、


フライング松明


次の区画の松明がここからクリック出来るから。
第二区画は1番目の松明の辺りにMobを溜めるので、ここでやってしまった方が楽なのです。
魔力が注入されたらWPへ。


次に第二区画。
ここは第二階層で唯一、長めの袋小路がないので、Mobを捨てておくのが面倒です。だからランダム湧きの雑魚がこの区画にいっぱい居るとちょっとテンションが…。


奥まできっちり回収


中央の木から右側がボス戦で使う場所なので、丁寧にMobを集めます。
集めたら、


柵の陰でサンドシュート


第二区画スタート位置付近でサンドシュート。
さっさと2番目3番目の松明に魔力を入れ、


アンクルは多めに


木の右下辺りからマップ右に向かってアンクルを多めに置いておきます。綺麗に並べる必要はないよ、うん。
装備を再びボス用のものに変え、火矢を装備。
そしてアンクルの終点辺りに立って、


松明スイッチオン


4番目の松明をクリック。
左側にオーク狙撃兵が湧くので、牛歩で左に移動しつつ、画面に狙撃兵が入ったらDSで攻撃してアンクルにかけます。


オーク狙撃兵現る


以降、アンクルを置きながら長めに距離を取りつつ後退し、


後退しながら遠距離戦


出来るだけ被弾(特に向こうのDSが痛い)をしないように倒します。
場合によっては、ここがオークメモDで一番被弾する場所なので、HP回復剤をがしがし使うことになっても止むを得ません。
倒したSSを撮りそこねましたが、終わったら再びその場で回復。


やっぱり倒したら一休み


…勢い余ってWPに突っ込んだので、幸いMobがいなかった第三区画入り口で休みました=w=;


続いて第三区画。


小屋の周辺もしっかり


空間が広いですが、小屋の奥から右下の方までMobを集めます。
特に小屋の辺りはボスが湧く場所なので、雑魚を残したくないです。
ぞろぞろと第三区画スタートの袋小路にMobを連れてきて、


通路でサンドシュート


サンドシュート。


奥で眠らせておくほど楽


ここでは完全に第二区画が見える場所でやっていますが、もっと手前でも大丈夫です。
小屋の近くにある松明から起動していきますが、ここは最後の松明がボスに近くないのがちょっと面倒。
ボス用装備に変え、銀矢を装備して、


松明がボスから遠い


松明に魔力を注入したら、


信頼と実績のアンクルロード


上方にアンクルを置きながら進んでいきます。
小屋付近に来たら、堕ちたオークの邪念がいるはず。


堕ちたオークの邪念発見


ちょっと移動されてしまったので、アンクルも斜め方向に追加しました。
そして下がって、


兎に角アンクルにかける


DSで引き寄せてアンクルにかけます。
例によって、


ぐるぐる回りながらアンクルDS


後退しながらアンクルを置いてDS。


いつも巫女にばれる


オークの邪念を倒したら、カルガルラスィのアナウンスが入ります。
が、やっぱり最終区画に入る前に回復休憩。


もちろんしっかり休憩


…またしても勢い余ってWPry。幸いMobがいなかった最終区画入り口ry。


さていよいよ最終区画。
装備はボス用に。ぶっちゃけ道中ボスは回避用装備でも倒せるのですが、ここではしっかりみっちりボス装備です。
そして鋼鉄矢を装備して、火コンバの用意をしておきます。
ここではもう雑魚は邪魔であれば倒してしまっても構いません。
何故なら、追加Mobが湧くのは既に通過済みの第一~第三区画か、最終区画のカルガルラスィ周辺だからです。
が、


端に寄せてサンドシュート


のんびりやる私は追加湧きMobに乱入されることもあるので、一応左の脇にある膨らみ部分に、適当に目に付いた雑魚をサンドシュートしておいています。


倒さなくてよければ放置がベスト


それが終わったら、マップ下方向へ。
堕ちたオークヒーローは、オークの巫女カルガルラスィの少し手前に湧いています。
奥に行き過ぎるとカルガルラスィまで引っ張ってしまうので、牛歩戦術で進み、堕ちたヒーローが画面に映ったら、単体攻撃でヒーローだけ引き寄せます。
しかし大抵ここで速度減少を食らってしまうので、


速度減少されたら


逃げながらアンクルを置いて、ひとまず引き離します。
入り口付近まで戻ったら、速度減少が切れるまで休憩。ここでの待ち時間が惜しい人は、速度増加スクロールを使用するといいかと。
速度減少が切れたら、戻ってヒーローを入り口の通路に引っ張り込み、


ヒーロー戦もアバウト


そこでアンクルを置きながら攻撃していきます。
大体DSを5回入れたら下がって、ヒーローとの間に2個アンクルを置く感じでやっていました。
Uターンの際は無理に攻撃を挟まず、余裕をもって切り返します。
途中で再び速度減少を食らったら、無理せず離れて回復します。
ヒーローが滑ってきて殴られてもそこそこ避けられますし、一撃ではやられないので落ち着いて距離を置いてアンクル。
こちらのHPがMAX近いかつ、向こうが爆裂していない状態であればSppを食らっても耐えられます。
オートガードをされたら、間のアンクルは多めにしておくといいかも知れません。私はごり押ししましたが=w=;
9999ヒールをし始めても、数回攻撃を入れれば取り戻せるので慌てずに後退とアンクル設置のペースを維持。
鎧破壊は滅多に食らいませんが、食らっても与ダメが減るだけなので気にしません。
その他スキルも食らわなければどうと言うことはありません。
それを繰り返して、


堕ちたヒーローに膝をつかせる


堕ちたヒーロー撃破。
魔力石が目当てであれば、ここでリログしてしまっても問題なし。
カルガルラスィもわずかながらEXPがあるので、少しでもEXPを抑えたい人はスルーがいいのかな。
一応カルガルラスィも倒すのであれば、


最後のボス戦カルガルラスィ


適当にアンクルにかけるなりガチで抱えるなりしてDSDS。QMやイービルランドが嫌らしいですが、痛い攻撃スキルはないのでごり押し出来ます。


巫女一派を退ける


カルガルラスィを倒すと、ウィレス以外の全てのMobが倒れて、死亡時のグラのクルガーがWP近くに出現。
オークの記憶のクエを最後まで楽しみたければ、クルガーに話しかければ会話後に自動転送で外に出ることになります。
そして3回クリアするまでは、少しずつ内容の変化が楽しめます。


そんなわけで、全く参考にならなくても謝らないオークメモD攻略手順でした。
まぁgdgdになっても割りと何とかなるってことで。
サバの状況によっては、重すぎてヒーローが滑り&位置ずれしまくることがあるので、様子を見てだめそうならさくっと諦めて出費を抑えるのも手かと。
何はともあれ、やり応えがあって楽しいメモDなので、機会があれば是非挑戦してみてください。


おまけ。


堕ちたヒーロー戦ではよくあること


転んでも泣かない!

[2012/05/23 23:08 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<ラッコの毛皮が来るよー | ホーム | ほら、怖くない。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/476-6e1af057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |