やがて世界が終わるその前に 君の手を差し出して
サーバー統合のためデータが残らないプレイ期間だったユナイトカーニバルの二日間。
その間だけ設置されていたイベントクエ・「新世界」について、まとめを置いておきます。
因みに、普段SSに関しては出来るだけ自キャラとNPCのみの状況で撮影出来るようにしていますが、このクエに関しては期間が非常に限られていたことと、平日だったために私がログイン出来る時間も制限があったこと、そして空くのを待っている間にも状況がどんどん変わっていってしまう状態だったので、あまり周囲を気にせずガンガンSSを撮っております。
あと折角なので掲載SSを多めにしているため、ちょっと重いかも知れません。


※※※以下には、「新世界」クエストのネタバレを含みます※※※





今回のクエの開始は、クリックするとレベルが上がりそうな花壇の前にいる博士からでしたが、先にお手伝いをしているポリン団の二人・ネコリン&ミスティに話すとちょっと面白かったです。
しかも、クエ全体を通して二人と顔見知りかどうか(ポリン団開始が条件なのかクリアが条件なのかまでは確認しませんでした)で、台詞が変わるおまけ付き。
二人に声をかけると、


誰か一緒に探すのじゃ


誰か一緒に探すのじゃ~と弱っているミスティと、


世界の危機なのだ~


世界の危機で「1/1超合金ポリン人形」を集めないと大変なことになる、とあたふたしているネコリン。
ここでポリン団クエをやっていないキャラの場合、


新入りさえいれば


あの新入りがいればこの程度のトラブル造作もないと言うミスティと、


その通りなのだ


それに同意するネコリンの会話に。
やっているキャラの場合、


早く声をかけるのだ


目敏くネコリンに発見されます\(^o^)/
ネコリンからプレイヤーに声をかけるよう言われ、呼び止めてくるミスティでしたが、


奇遇じゃのう


プレイヤーはダッシュで逃走\(^o^)/
逃げられたと呟くネコリンをしり目に、


ポリン団のことだから


ポリン団のことだから、またトラブルに巻き込まれたか、発生させたに違いないという自キャラのモノローグがおかしい=w=
ではでは、博士に話しかけてクエを進めていきますよー。


お祖父ちゃん博士のウェスターに話しかけると、


世界が耐えられん


エネルギーが足らず、このままでは二つの世界の統合にこの世界が耐えられない、と彼は焦っている様子。
こんなときには、


素数を数えて落ち着くんだ


素数を数えるに限ります=w=
…が、


サラマインのレシピ


何だかサラマインの材料を数えだす博士。相当参っているようで、何を呑気なことをやっているんだと自分に対して溜め息を吐きます。
と、こちらの存在に気付いた博士。


エネルギー集めに協力して


時間がないからエネルギー集めに協力してほしいと助けを求めてきます。
彼の名は、


ウェスター博士


ウェスター・グレーション。
そのウェスター博士と話を続けようとすると、


細かい話は助手のアイに


取り敢えず詳細は助手の「アイ」に聞けば分かる、と追い払われてしまいました=w=;


そんなわけで、


超合金ポリン人形を集めて


博士のすぐ脇で超合金ポリン人形を求めている助手に話しかけると、「もしかして手伝っていただける方ですか?」と食いついてくる彼女。
「アイ」という人物を探していることを伝えると、


アイを探してる?


多分自分のことだと思う、と返す助手。
彼女は「アイ」ではなく「マイ」でした\(^o^)/
お祖父ちゃんが自分の名前を正しく読んでくれないことが悩みの種のようです。
…といっても、彼女から名乗る場面はなく、台詞欄が突然[助手]から[マイ]に変わるだけなんですけどね((((;゜Д゜)))
因みにウェスターのファミリーネームは「グレーション」。つまり、その孫娘である「マイ」のフルネームは…。
名前を覚えてくれないお祖父ちゃんですが、


お祖父ちゃんの話を聞いてくれた


そんな彼の話を最後まで聞いたことにお礼を言ってくるマイ。いい子ですね=w=
まぁここからが本題で、マイと博士は「次元の歪み」についての調査を行っているそうです。


巨大な次元の歪み


そして、過去に類を見ない巨大な次元の歪みが発生する兆候を察知した博士。
その原因についてウェスター博士が導き出した答えは、


もう一つの世界と世界の統合


「もう一つの世界」の存在と「世界の統合」。


わけがわからないよ


正直わけがわからないよね、と間に挟むマイでしたが、それでも彼女は、


別の世界の噂


別の世界から来た人の噂や突然この世界から消えた人の話を例に挙げて、だからちょっとだけなら博士の言うことを信じられるのだと言います。
まぁ世界間の行き来はROでは割りと日常茶飯事ですね=w=
博士の言うことには、


平行世界のミッドガルド


これまでの次元の歪みも、今回の歪みも全て、同じ時間軸に存在するミッドガルドに繋がっているそう。平行世界というやつですね。
今までは小さい穴だったので特に大事にはならなかったものの、


今度の歪みが発生したら


今回の次元の歪みが発生したら、この世界ももう一つの世界も無事では済みません。
加えて、博士の仮説によると、


同じ存在が引かれ合って


もう一つの平行世界には自分と同じ存在がいて、同じ存在同士が引き合って一つになろうとする力が働きます。
それは、


ぽりんとぽりんがぽり~ん


ポリンとポリンがぶっついてポリ~ンってなっちゃう感じらしい。なるほど分からん\(^o^)/
しかしこの事態を予測していた博士は、


ああ見えてキレる人


前もって対策を練っていたそう。おおう凄いな博士。


衝撃は緩和できる


二つの世界の衝突は避けられないが、その衝突時の衝撃を緩和することは出来ます。
そして、


二つが一つに集約


極限までその衝撃を吸収出来れば、二つの存在が一つに集約されるのです。つまり1のものが2つではなく、2のものが1つになるのです。
この計画において重要なのは2点。


次元の歪みの始点を見つける


一つは統合が開始される次元の歪みの始点を探すこと。


衝撃吸収材を用意


もう一つは世界が統合される際の衝撃吸収材を大量に用意すること。
既に次元の歪みの始点は探し出されていて、


中心地点はプロの握手象


中心点はプロの握手象と確定しています。
あとは衝撃吸収材を大量に用意すれば何とかなるはずだったのですが、


超合金ポリン行方不明


その緩衝材である1/1超合金ポリン人形が行方不明になってしまいました。
だから、


超合金ポリンとエネルギー集め


その超合金ポリン人形の回収と欲を言えばそれに注ぐエネルギーを回収してほしいというのがマイのお願い。
集めた超合金ポリンは、


ミスティって女の娘


真向かいにいるミスティに渡すよう言われますが、「女の娘」ってちょっとそれ間違えてますよ((((;゜Д゜)))
あと超合金ポリンは、


シャイニングポリンが持ってる


シャイニングポリンなるものが持っているそうです。
ついでにエネルギーについて聞いておくと、


特殊な力が宿るもの


そのエネルギーは人の手によるものではない装備品やカード、特殊な力が宿ったものから抽出出来るそう。
カードは超合金ポリン人形と相性のいいポリンc限定。強力な装備は神器のことで、特殊な力が宿ったものとはETの闇の灰です。
例によって、


女の娘と桃色スモーキー


集めたものは「女の娘」のミスティと「桃色スモーキー」のネコリンに渡してくれと言われますが、いやいや違うから=w=;


そんなわけでシャイニングポリンを探しまして、


シャイニングポリン殴る


ぼこぼこ殴って倒すと、


シャイニングポリン割れる


中から超合金ポリン人形が出てきます。
このポリン人形の説明ですが、


超合金ポリン人形


ここで登場する「クラッシャーマッスル」とは過去のGM主催イベントで何度か登場したことがあるBS系のGMキャラの名前です。


集めた超合金ポリンや、倉庫に眠っているポリンcなんかを持ってきて、ネコリン&ミスティに早速納品していきますよ。
まずはネコリン。


元気にしてたのだ?


元気にしてたかと声をかけてくれます。
でもって


超合金ポリン人形納品


超合金ポリン人形を納品します。
続いてミスティ。


ボランティア精神に感謝する


何だかボランティア精神に感謝されました=w=
ミスティの回収物は多いので、


力が宿っているものの回収


持ってきたものを選択して、


ポリンcを納品


納品完了です。
ネコリン&ミスティと面識がない場合、


シャイニングポリンから手に入る


シャイニングポリンは見つかった?


二人ともシャイニングポリンは見つかったか最初に聞いてくる内容に。


ネコリンとミスティに納品したもので得られたエネルギーの状況は、


明るい未来への第一歩


明るい未来への第一歩を踏み出せそうと話す、


着実にエネルギーが集まっている


ウェスター博士から聞くことが出来ます。
でもってその時の%によって台詞が次々変わっていたのですが…。刻みが細かすぎて全部回収出来るわけがー(ノ`□)ノ⌒┻┻
取り敢えず80%・90%・95%は見ることが出来たので置いておきますね。
80%のとき。


エネルギー80%


料理で言えば下準備が全て終わった状態。ここからが肝心だそうです。
90%のとき。


エネルギー90%


これだけの力が世界に散らばっていたとは信じられないと言う博士。
95%のとき。


エネルギー95%


いよいよ大詰めとあって、最終段階の準備に取り掛かる博士もハイテンションに。
そして…、


奇跡は起こるもの


奇跡は起こるものだと話す博士。


エネルギーは満ち溢れている


当初不可能と思われたこのエネルギー集めも、100%に到達しましたヽ(・ω・)ノ


充填率MAX


ちょっと見切れてしまっていますが、統合装置のエネルギーもMAXに。
更に世界の統合も開始されました。


消滅が始まるはずの花畑


本来なら、その始点である握手像周辺の花畑から世界が消滅していくはずですが、その花畑は見事に残っています。
あとはただ、


あとは無事を祈るのみ


無事に世界が統合されることを、超合金ポリン人形と集まったエネルギーに願うばかり。
やれるだけのことをやりきった博士は、


出来るだけのことはやった


助手のマイを呼び、少し休むと言います。
その言葉に、


正しく名前を呼ばれたマイ


名前を間違えられていないと驚くマイ\(^o^)/
博士はプレイヤーに、


残された時間は思うままに


残された時間は思うままに大切な人と過ごすよう言い、本当に感謝していると口にするのでした。


その後、


あれから名前を間違えられない


マイは博士が一度も自分の名を間違えないと喜び、けれど今回の作業で疲れ切っている様子の彼を気遣って、


元気になったらマラン島へ


元気になったら猫達の楽園・マラン島に行くんだと話します。
更に今回の手伝いのお礼を言ってくれ、


新しい世界の何処かで


新しい世界の何処かでまた会いましょう、と続けるのでした。


ミスティは、


何とか責任を果たした


何とか責任を果たした、と安堵の様子。
対してネコリンは、


もう回収はコリゴリ


もうこんなことはこりごりだとお疲れのようです。
で、どうしてこんなことになったのかというと、


超合金ポリン=ゴールデンロッドオーブ?


ネコリンが超合金ポリンを「あれは貴重なゴールデンロッドオーブ」と言ったとか、


超合金ポリン=おいしいゼリー?


ミスティが「おいしいゼリーを一度食べてみたかった」と言って超合金ポリンに齧り付いたとか、なるほど、やっぱりやらかして責任を取らされていたのですね\(^o^)/
ポリン団と面識がない場合、ここでモノローグが出て終了なのですが、


彼女達を無視して


目の前の彼女達は無視してこの場を去ろう…って、プレイヤーまで勘違いしてるー\(^o^)/
まぁ確かにポリン団をやったときのカミングアウトで私も驚きましたからね=w=;
ポリン団と顔見知りの場合、


丁度良いところに来た


ミスティに声をかけられ、ネコリンにガツンと言ってやってくれと言われます。
が、


何でそういう目で


じとーっとミスティを見つめてみる('ω')
ここぞとばかりにネコリンも、


自分の胸に手を当てて


胸に手を当てて今までのことを振り返るよう言いますが、


思い当たることが多すぎて


思い当たることが多過ぎて何から思い出せばいいか分からないと返すミスティ\(^o^)/
更にミスティは、


完 全 論 破


大事なことならば思い出すはずだから、思い出せないということは特に問題がないということだと言い出し、「完 全 論 破」と勝利宣言=w=
それを聞いたネコリンは、


お話にならないのだ


お話にならない、と流石に呆れ顔\(^o^)/


やっぱりポリン団のことだから


やっぱりポリン団が絡んでいる以上何かあるのだとは思っていましたが、必要だったエネルギーは全て揃ったようなので、深く考えるのは止めて「めでたしめでたし」ということにするのでした。


ってことで、


新世界クエ完了


新世界クエ完了ですヽ(・ω・)ノ
この新世界クエ完了のインフォメーションは、エネルギーが100%になった後で博士と話すことで更新されました。
二日間だけの限定クエだったためか、台詞の分かり辛さが目立つクエではありましたが、このサバ最後の皆の協力作業という感じでよかったですね。
また、報酬が自サバと統合先サバの合算での%で決定(Aサバ100%+Bサバ100%の200%が最大)だったため、先に100%に達したサバの人が、相方のサバに援護に向かったり…という交流もあったようです。
さり気なくアーティファクトやマラン島といった最近のパッチの宣伝もしているのも心憎いw
最終結果しか残らないクエではありましたが、私的には十分、現サバの余韻を楽しめる内容でした。


おまけ。
私には縁がありませんでしたが、神器を納品した人がいるとサバ全体アナウンスが流れました。


神器納品

[2012/04/19 09:51 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<リターンオブハピネス | ホーム | それを覚えてる。決して忘れない。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/455-f906fb7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |