宇宙より遠い海の底
さてさて、jROからの熱い要望でついに実装となった伊豆D6F。
5Fに何かありそうなのになかったり、魚介MVPがいなかったり、歴史と伝統の深さの割りには何となく扱いが残念な感じだったこのDにも、ついにクラーケン率いる一行や、某魚介娘をモデルにしていると噂のあの子がやって参りました。





まず、イズルードにいる教授のビュートを訊ねると、イズルードの話をしてくれます。
この辺はすっ飛ばして直で伊豆Dに行っても問題ありませんが、一応雰囲気的に。


海底神殿を調べていた


ずっと海底神殿を調べていたというビュート教授でしたが、調査を始めてから一年しても新しい発見も成果もなく、引き上げを考えていたほどだったのだとか。
しかし、


あの日見つけた


ある日、何かを見つけたと荒い息で話す教授。
一体何を見つけたのかと訊ねると、


海底都市を発見した


それは海底神殿の奥の海底都市。最盛期には都市だったであろう、未発見の遺跡でした。
その発見に興奮するビュート教授でしたが、海底神殿にMobが巣食っているように、海底都市にもMobが潜んでいるようで、腕っぷしの強くない彼は単身での調査を断念。
そして、


海底神殿調査団


海底都市を調査するための「海底神殿調査団」を結成したとのことです。
まだ調査団は準備中だけれど、


是非とも参加してほしい


是非参加してほしいと言われ、「君はとても良い…」と意味深長な発言を教授がしますが、


頼もしそうだから?


はっと正気に戻って、頼もしそうだからと取り繕うのでした。
因みにLv100以下のキャラで話した場合は、


たくましくなったら


もっとたくましくなってから~と言われるのですが、お願いします教授スパノビ拡張してから無茶振りしてください。


教授の発言が何か引っ掛かりましたが、まぁ伊豆Dに行ってみましょう。
まずは5Fですが、Mobが一新しております。
以前いたMobはほとんど姿を消し(取り巻きとしてはいますが)、


イズ5F亜種


4種の亜種Mobがメインとなっています。
取り巻きは兎も角、本体はぷちタフなので、結構囲まれるとぽかぽかされました。
以前はジプが電気うなぎ1本でまったり狩れる狩場でしたが、今は見事な魔境=w=
でもマルクがこそっといたり、各種取り巻きのcが美味しいですから、金銭的とJOB的には良好かも。
ぽろぽろ出るミスフロや稀に出る装備が重いのが難点…orz
そして、5F中央の壇上に行き、


海底神殿入場


海底神殿調査団員のおっちゃんと話して、いよいよ6F入場です。


既に各種メディアで紹介されているので、ご存知の方も多いと思いますが、海底都市のMobは基本的にクローク状態で徘徊しています。
だから何もない空間で、


何もない空間で


炙りスキルを使うと、


炙るとセドラ


この通り。
電気うなぎのスロフォはBase120↑のキャラに対してノンアクになるので、


スロフォがしがし


炙るまで気付かなかったとかいうことが何度か(電球エモを頻繁に出してはいますが)。
FiT自体はクロークを貫通するので、大体の場所が分かっていれば、そのままゴリ押しで倒すことも出来るのですが、余裕綽々で歩いていると、


謎の被弾を


突然あいてててになったりして、


炙るとMH


炙ってみたら何か色々いたりとか((((;゜Д゜)))


もう何が何やら


うぎゃーという感じで討伐。
FiT狩りで怖いのがセドラの頭装備破壊とスロフォの武器外しですが、一応QMCは外されても、再装着可能時間まで耐えられました。頭装備破壊もMissばかりだったので、1h近く滞在してもう帰ろうかという頃にようやく壊されたくらい。
凍結はされても勝手に割ってくれますし、ビフロストほど難易度が高いとは思わなかったのですが、いちいち炙らないと周りのMobが確認出来ないことと、上記2つのスキルでいつ武器と頭装備がダメになるかというストレスが半端ないです。


しばらくしたら疲れてきたので、


イカちゃんと一緒


癒しを求めてイカちゃんとSS撮影。
にこにこエモと走りモーションがいい感じに撮れて満足でしたが、別れ際にライド帽をぶっ壊されました\(^o^)/
ライドも壊されたしもう帰るかってところで今度は、


クラーケンはっけん


ヌシを発見。
そういえば単品ゲソは全く見かけませんでした。
しばらく見ていましたが、なかなかいい位置に来てくれなかったので、


クラーケンに絞められる


特等席に逝って伊豆6F観光を終えましたとさ。

[2012/03/04 15:35 ] | 近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<戯れて美味しい強大な敵 | ホーム | ひなちゃんのお菓子>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/428-b51de8bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |