スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
異世界キャンピングツアーズ
さてさて、対人をするつもりはないROGMですが、背景目当てで異世界キャンプを作ってきましたよー。
以前、異世界だと施設のグラも違うと書きましたが、どうやらその時見ていた異世界キャンプのSSが他国の人のものだったらしく、見事に勘違いしておりました。





で、私のサバの王国は既に異世界の自国領土内部に空き地がないため、新たにキャンプを設置しようとすると、他国と領地争いをしているエリアに作らざるを得なくなっております。
そして自国のキャンプ沿いに割りと適当に設営出来る場所を探していたら、とある場所で建設が始まってしまいまして。この辺は安定のいい加減っぷりです。
まぁ画面内全部自国領になってる場所だし、いいかなーと思ってマップを1画面横にスクロールしてみたところ、その画面いっぱいに他国領土が広がっていて盛大に吹いたわけです\(^o^)/
しかも近くに他国の最大勢力キャンプがあって、週末ともなるとちょいちょい侵攻がある場所((((;゜Д゜)))
異世界のキャンプは、完成時間に他国領地になっていると建設自体が失敗となるため、いっそこのまま完成しなければ他所に移動出来るなーと思ったり、でも1週間以上ドキドキしながら完成予定地の様子を眺めたりもしていたので、出来るなら完成してほしいという気持ちもあったりな感じでした。
そして完成予定日。D派兵をしながら完成予定地の様子を見てみると、キャンプが建つまで30分を切っているのに他国領地にされていました\(^o^)/
こりゃダメかーと半ば諦めていましたが、近隣のキャンプの人がすぐさま塗り替えしてくれたらしく、時間には自国領に戻っていたようで、


ROGM初異世界キャンプ完成


無事に初異世界キャンプが完成しましたひゃっほーヽ(・ω・)ノ
背景は鉱石と雪の世界。元々ROで実装されている異世界・ヨトゥンヘイムもマヌク側が本来の姿ですし、サファ族の建物を彷彿とさせるデザインがあったりと、なかなかの出来です。
早速ちまちま建設を開始。私にとっては、この新キャンプのちまちま操作をしているのがROGMで一番楽しい時間かも知れませんw


異世界に新キャンプを建てると、完成告知をしていなくても何処からともなく資源が送られてくると聞いていましたが、特にそんな様子もなく、潰されたら潰されたで構わないキャンプに支援をもらってしまっても申し訳ないのでこの方が気楽でいいわーと思っていたのですが、約1h後に第一陣がやってきました((((;゜Д゜)))
しかもレポートを見てみたら、遠路遙々50分以上の時間をかけてやってきた物資補給部隊。
…つまり、キャンプが建ってから10分以内に発見→輸送部隊出発がされていたことになります。ぱねぃ((((;゜Д゜)))
お礼は個々にすると五月蝿がる人もいるらしいので、プロフィール内で謝意を述べさせていただきました。


その後、噂の資源地の取り合いのレポートログ流しも体験。私のキャンプはまだ1つなので、ログ処理も資源地共有化再設定も手間ではありませんが、複数の異世界キャンプを持つ人だと確かに相当煩わしそうですね。
レポが届くたびにこちらに攻めて来ていないかとびくびくしながらマップをチェックし、塗り直されていると嬉々として共有再設定=w=
大軍が押し寄せてきたらすぐに吹っ飛ぶキャンプなので気が気ではありません。


そんなこんなしていたら、ROGMでは他国でプレイしているROのギルメンから、週末に遊びに行く連絡が\(^o^)/
欲が出て、キャンプで建てられる施設は全部建てようとしていたところでしたが、向こうはこっちのギルメンよりレベルが上のキャラを所持していることと、どの程度の攻撃でキャンプが潰れるのかが全く分からないため、急遽傭兵修練と結界のレベル上げにも資源を裂くことに。
どう考えても異世界の低レベル傭兵所で修練出来る傭兵の数には時間的に限界があったので、異世界国境線のキャンプでも修練をし始めました。ここでうっかり上位傭兵ばかり修練したのが後で裏目に出ることになりますが=w=;
そんなドタバタの中で、


ROGM異世界キャンプ施設コンプ


何とかキャンプ施設コンプに成功ヽ(・ω・)ノ
ここから更に結界とアジトに注力して、少しでもキャンプを硬くしていきます。
傭兵も少しずつ修練出来てきましたし、後はGMキャラを一人防衛に着かせれば破壊は免れるかなーと思っていました。


けれど知り合い同士のぽこぽこパンチ攻防の準備をしているなんて、他キャンプの人は知る由もないわけで…。
来客予定日の朝、ご近所の他国大手にキャンプを襲撃されて敗北したレポが((((;゜Д゜)))
幸いにしてキャンプは残っていましたが、上げた結界と修練済みだった傭兵が全部とろけておりましたorz
急遽ギルメンに現状を伝えると、夕方に色塗りをして(異世界で派兵を行うためには、派兵先の周囲8マスどれか1つでも自国領地でなければいけないため。ただし道が繋がっている必要はない)、深夜着弾するとの返事が。
多分その時間までにキャンプを内を立て直せという内容だったのですが、その意図に気付かず空気も読まなかった私は「攻撃アラートが点灯しているSSが撮りたい」と返し、半日訪問を早めてもらいました\(^o^)/


そこから慌ててお出迎え準備。
おもてなしGMを一番レベルの高いアチャ子にするか、一番傭兵にもスキルにも頼らず戦えるノビ子どちらにするか悩んだのですが、向こうのサブマスも元アチャ子なのでアチャ子に行かせることに。
…ええと、サブマスはキャンプワープが出来ない(ギルド本部からGMの所属をサブキャンプに変更することで、そのキャンプに一瞬でGMを移動させられるが、サブマスは所属をメインキャンプから変更出来ない)のをすっかり忘れていましたorz
他のGMがD探索から帰ってくるのを待って、ノビ子を一日サブマスに任命すると、アチャ子を異世界国境キャンプにびゅーっと飛ばします。
そこで修練済みの傭兵を搭載して異世界キャンプに向かう…予定だったのですが、軽騎兵が全くいないことがその時点で判明。
派兵するPTが連れている傭兵の半数以上が軽騎兵の場合、移動速度がGM単体よりも向上するボーナスが発生するのですが、その効果は重騎兵にはないらしく…。騎兵ブーストをかけないと着弾までに到達→迎撃準備が出来るか危うい状態だったので、急遽修練した軽騎兵5人だけを連れて異世界に疾走することにしました。


そうこうしている間に、ギルメンは着々とご近所の色塗りを進めていて、ついに攻撃アラートが点灯!


ROGM被援軍&被攻撃


サブマスはずっとアチャ子固定だったので、ノビ子が立っているのは新鮮ですね。
行軍状況枠の、上の被攻撃がギルメンの訪問部隊、下の被援軍が私のアチャ子。


ROGM被援軍被攻撃アラート


…あれ、アチャ子余裕で到着出来る\(^o^)/
因みに今回は遠くのキャンプからやって来ているので被弾まで6hとかなっていますが、普通はもっと近場から数分~数十分で到達するように攻撃を仕掛けます。
アラートの点灯から着弾までの時間が長ければ長いほど、援軍や兵力増強をする猶予を与えてしまいますからね。
ついでに、着弾までの時間が短いとあまりお目にかかれない、被攻撃時のマップアイコン。


ROGM被攻撃マップアイコン


剣が交差している小さいアイコンが中央のキャンプに出ています(GMがキャンプにいない状態で、マップをGM所在地表示にして撮影したもの)。
更に指令所を開くと、


ROGM指令所被援軍被攻撃


何処から部隊が派兵されているか等の詳細情報を確認することが出来ます。


そして攻撃の際にギルメンが塗ってきた道を放っておくと、他のキャンプからも攻撃を受ける可能性があるので、到着したアチャ子で塗り返しをすることに。
異世界色塗りも初体験ですよー。


ROGM色塗りレポート


…色塗りでも戦闘が発生することを知らず、この状況で貴重な騎兵1人を失ってしまいましたorz
確かにデイリークエの戦闘回数を色塗りでクリア出来る(むしろ10回以上の戦闘を要求された場合は色塗り必須)というのは聞いていましたが、こういうことだったわけですね…。
そうそう、このレポで出ているように、今回のおもてなしのために3スロ装備を新調しました。ノビ子がサブマスになっているSSで極端に所持金が減っているのはそのせいです。元々大金を持っていたわけでもないけど=w=;
自力調達を目指して31F~に集中派兵していましたが、週末までに出なかったのですよorz
しかし挿してあるcは防御向けcじゃない罠=w=


その後、時間まで出来る限り結界のレベルアップと傭兵の修練をし、いよいよ初キャンプ防衛戦です。


ROGM初キャンプ防衛戦


当初GM4人で行くって言われてたからキャンプ消滅も覚悟していたのですが、完全にご祝儀訪問でした\(^o^)/
そのときに話していましたが、これは傭兵なし(あるいは同条件)にして、完全にGM同士の殴り合いにした方が面白かった気がします=w=;
ともあれ、異世界でしか出来ないことを楽しめた一週間でした。
何だかんだで向こうもキャンプ攻めは初だったらしいので、半日時間を潰した分くらいは楽しめてたらいいなと。
でもあの後また深夜に大手からの襲撃を受けて、結界と傭兵が全部とけてたから、頻繁に来られるとタイミングによってはキャンプ潰れるよ((((;゜Д゜)))

[2012/02/13 00:10 ] | ROGM | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<バレンタインでスウィートな日々 | ホーム | 憧れのアーティファクト>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/414-435f04a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。