スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
湯けむり温泉ぱにっく?
ビフロストパッチの遺産装備実装が発表されましたし、イベントひと段落中しているので、保留にしておいたモーラ関連クエの続きでも。
…と言っても、ストックがあるのはモーラの温泉調査関係クエだけなんですけどね=w=;
この温泉調査クエは頻繁にクールタイム(クエが進行できない待ち時間)が入るので、数日に渡ってちょこちょこ進められる時に開始するのがオススメです。


※※※以下には、モーラの温泉調査クエのネタバレを含みます※※※





モーラの宿屋にいる、困った様子の研究員に話しかけると、「別の世界から来た人か」との返事が来て、


怪しい笑みの研究員


何やら怪しい笑みと共に手招きされます。
が、特に何をされるわけでもないので逃げずにドーンと構えておいて問題ありません。
でももし地下にある研究所でキヒヒヒヒヒとか言ってる研究員に同じことを言われたら即逃げないとダメです。晴れてレゲンシュルム研究所の仲間入りを果たしてしまいます。
逃げ出さないプレイヤーを見て、研究員は「なかなか肝が据わっている」と褒め、


研究テーマは温泉


自分がモーラの温泉をテーマにして研究していることを話してきます。
けれどこの間、サンプルを採取するために温泉に入ったところ、


温泉の未確認生命体


未確認生命体に襲われて研究の道具を奪われてしまったとか。
更に最近はその未確認生命体が温泉の入浴者を襲う事件が多発しているとのこと。


入浴者が襲われる


その生命体を研究員は、


その名はオッシー!


「温泉にすむ魔物、オッシー」と呼ぶことにしたそうです。
…えーと、謎の水棲生物を「○ッシー」と名付ける伝統に乗っ取って、温泉の「お」を当てはめた…ってことでしょうか=w=;
まぁ毎回未確認生命体と言うのも面倒なので、その案を受け入れてオッシーと呼ぶことにします。
そして早速、


研究道具の奪還


オッシーから研究道具を奪い返してくるよう依頼をされるのでした。


温泉にある「黒い影」を調べると、


温泉バトル!


敵意を剥き出しにしたオッシーとの戦闘になります。
このオッシー戦は是非ともBGMをONにして挑んでください。
RO初と言われる「戦闘開始と同時にBGMが戦闘用のものに切り替わる」仕掛けがあるので、なかなかに熱いのですよ。
オッシー戦は基本的に神器4次のスドリと同じ形式。


オッシーと戦闘開始


こちらの攻撃は「素手で殴る」で10ダメ、「物で殴る(その辺にあるものを適当に掴んで殴る)」で20ダメ、「噛み付く」で50ダメを与えられますが、当然高ダメの攻撃ほど外しやすいので、最初に「噛み付く」をひたすら選択し、外したらキャンセルでやり直す…という、スドリのカウンター狙いみたいなやり方が楽かと。


ワイルドに攻撃


しかし「物で殴る」は割りとしょうもないものをプレイヤーキャラが武器にしてしまうのが面白いので、ちょっと選んでみると楽しいです(ただし私がやったときは「素手で殴る」の数倍当たり難かったですが)。
オッシー側の攻撃のときは、選択肢の一番上に「何もしない」があるので、連打注意。
そしてオッシーの体力が0になると勝利に。


オッシーに勝利


逆に敗北すると、HPが減った状態でモーラの宿屋に強制転送されます。
オッシーがいた穴を探ると、


研究カバン回収


無事研究道具を発見。
それを研究員に届けると、


助手にしてよかった


助手を頼んでよかったと喜ばれ、お礼にモーラコインをくれて、


道具をチェック


道具に損傷がないか確認する間、休憩をしていてくれと言われます。


再び研究員に話しかけると、またもや依頼されたのはオッシー退治\(^o^)/
曰く、


研究中に襲われたら困る


温泉でのサンプル採取や確認が必要なときにまた襲われたら困るから。
えーっと…、どう考えてもそのサンプル採取と確認もプレイヤーがやるよね…?=w=;
しょうがないので、「3回ほど懲らしめれば大人しくなるだろう」という研究員の指示通り、オッシーと再戦してくることに。
ここでの戦闘も上記と同じ形式で進行しますが、オッシー戦は1回相手を倒すごとに1hのクールタイムがあり、その間はオッシーが姿を現しません。
…いいこと思いついた。そのクールタイム中に研究を進めようぜ!
と言いたい気がしましたが、世界のルールには逆らえないので、クールタイム中は体育座りでオッシーを待っていました\(^o^)/
ここでのオッシー戦は、


オッシーをこらしめちゃう


戦闘後にオッシーをこらしめるパートが追加されていて、何をするかは任意で文字入力出来ます。
何を入れても失敗にならない、教皇で好評のあれですが、


定番のいたずら


「オッシーに」と「した」に繋がるようにしないといけないため、ちょっと難しい。


および腰のオッシー


額に落書き程度では、まだまだ威嚇してきます=w=
しょうがないので、


必殺くまちょーっぷ!


必殺くまちょっぷを繰り出したところ、


怯えるオッシー


オッシーが怯えて降参\(^o^)/
まぁお分かりの通り、何回倒したかによって、こらしめ後の台詞が変わるだけですが=w=


オッシーをこらしめてきたことを研究員に伝えると、


オッシーの被害は減った


どうやらかなり効果があったようで、被害を受けたという話はなくなったらしい((((;゜Д゜)))
早速研究員も研究を再開することとなり、


温泉水の採取


試験管に温泉の水の採取を頼んできます。
ほらあああああ、オッシーがいてもいなくても結局行かせるんでしょうがあああああ\(^o^)/
取り敢えずサクッと採取をしてきます。


浴室の研究資料?


温泉内の各所をクリックするだけなので、オッシー戦より楽に終了。
しかしこの温泉水…、「浴室の研究資料」…?
採取した水を研究員に渡すと、


温泉水の分析


分析を行うから24h待つように言われます。
この辺りが一番このクエでだれてしまう部分なのですよね。クールタイムが長すぎるo< ´ ・ ω ・ ` >o
せめて20h以内にしてくれれば、遅い時間に納品してしまっても次の日のIN時間にはクールタイムが解除されていていいのですが。


そして翌日、分析の結果を聞きに行くと、モーラの温泉は外部の4ヶ所の水源の水が混ざり合っていることと、


オッシー成分


更にそれに未確認生物(オッシー)らしき成分が含まれていることが分かったと研究員は教えてくれ、その結果を立証するためにオッシーの鱗を集めてくるよう言ってきます。


オッシーの鱗集め


ほらあああああ、結局確認もプレイヤーに行かせるんでしょうがあああああ\(^o^)/
因みに私の場合は鱗集めが最初に指示されましたが、ランダムで歯の場合もあるようですね。
このオッシーの鱗や歯の収集では戦闘の必要はなく、
温泉水の採取と同じ要領でさくさくと。


オッシーの鱗


これを持っていくと、


オッシーの鱗の分析


再び分析のために6h待たされることにorz
更に分析の結果がどうなるかもランダムのようで、


オッシーのじゃなかった…


今回はオッシーのものではなかったと言われ、


オッシーの歯集め


今度は歯を集めてくるよう頼まれました。ここで鱗と歯のどちらを言われるかもランダムとかなんとか。
これも集めるのはサクサク。


オッシーの歯


またしても6hの分析の後…、


オッシーの分析成功


今度は上手くいったようで、次の調査で使う試験管を渡されます。
分析の結果、


オッシーは70%変化な魚


オッシーは一般的な魚(後で出てくるレポートによるとソードフィッシュのことらしい。一般的…?)から70%程変化した生き物だとか。
けれど、


オッシー謎だらけ


何処からやってきて、どのくらい温泉に棲んでいて、何故温かい水の中で暮らせるのか、謎はまだまだ尽きないようです。
続けて研究員は、


温泉の水源


温泉の水源は街の周辺にある水溜まりのところと聞いたそうで、ビフロストFに4ヵ所ある水溜まりの水をサンプルとして採取してくるよう指示してきます。


4ヵ所の水源


これは1ヵ所ずつランダムで指示され、結局のところ全ての水溜まりで水を採取することになります。


4ヵ所でサンプル採取


上のSSではカットしてしまいましたが、全ての場所で進行中にMobが画面内にやってきて、凄いドキドキしながら進めていたりしました=w=
全てのサンプルを渡すと、


水源の水の分析


畳み掛けるように分析で12hのクールタイムがあった後、


研究結果が出た


見事研究が完了し、


温泉の秘密


レポートを読むことが出来ます。
でも、


まだある温泉の謎


まだオッシーをはじめとした謎が残っていたり\(^o^)/
兎にも角にも、研究はこれで完了。


温泉調査完了


最後まで助けてくれてありがとうと言われ、モーラコインをいっぱいくれてクエは終了です。
…プレイヤーの気になるモノローグは、


研究は終わったけど…


また次のクエにて。


そんなわけでモーラ温泉クエでした。
基本的にモーラ内で進行出来るクエなので、ビフロストで戦えないキャラでもやることが出来ます。
終盤の水溜まりはテレポとハイド(ただし虫がいない場合に限る)で強行突破になりますが、それはもはや異世界系クエでは定番ですね=w=;
この段階ではイマイチよく分からない内容なのですが、一応続きのクエの伏線となっております。
しかし手順を進めている時間よりクールタイムの長いことが気になってしょうがないこのクエ、狩りの合間とかにやりたいところではありますが、ビフロストFで狩りをしていなかったり守護者のペンダントを所持していない場合は、モーラセーブをするかモーラポタがないと街に戻ってくるのも一苦労という、何ともやり辛い部分の多いクエなのが残念です。

[2012/01/13 21:45 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<温泉に潜むものの孤独 | ホーム | 親玉っぽい風格>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/397-76a66831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。