たれ教皇とアニバちゃん(9thアニバちゃんクエその1)
さてさて、実装から余裕の2週間オーバーですが、アニバちゃんクエのまとめです。
アニバイベントの施設は去年の方が充実していましたが、やっぱりアニバちゃんクエがないと物足りないですね。
しかし毎回アニバちゃんクエは、開始や終了がロックスターというものが多いので、混雑を避けているとなかなかSSが撮れない…。今回は人がそこそこはけるのを待って待ってしていたら、クエ開始から終了まで10日という酷いことになりました\(^o^)/
そんなわけで早速見ていきます。


※※※以下には、9thアニバーサリーイベントクエストのネタバレを含みます※※※






まず先に補足をしておきます。
アニバちゃんクエの進み具合によって、飛行船にいる人形職人の弟子・アニサの台詞が変化しますが、基本的にクエの進行を促すものなので割愛します。同じくクエの進み具合によって、スカイコインとブランクカードの交換が出来なくなるパートがあるので、コイン集めと平行している場合は注意です(そんな人は私くらいしかいなそうですが)。


アニバイベント「蒼天祭」が行われている飛行船・グレートアンビシャスで、ロックスターに話しかけると、


グレート・アンビシャス号


今回のイベントの概要を説明してくれます。
けれど説明を終えた後、不意に溜め息をつき、「また彼女か…」と洩らすロックスター。
何があったのか訊ねてみると、この時期になると現れて世間を騒がせる「怪盗アニバーサリー」から予告状が届いたのだと、その現物を見せてくれます。


アニバちゃんの予告状


今回のターゲットは「夏美のたれ教皇」であることと、夏美さんのたれ教皇が他のものとは違うことが書かれていました。
そして予告通り、夏美さんのたれ教皇を盗まれてしまったとのこと。
たれ教皇はイベント用の余りを関係者に配ったもので、代わりはいくらでもあるけれど、人から盗んだことが許せないと言うロックスター。
彼は「夏美のたれ教皇」を取り戻したいと思い、アニバちゃん関連の事件をいくつも解決している探偵を呼んだと続けます。


アテイル君を呼んだ


まぁアニバちゃん絡みで出てくる探偵といったら例の彼、アテイル君のことですね。というか解決したのはプレイヤーの協力があったからげっふげっふ。
ここでどう行動するかを選択することになりますが、


私も手伝う


私の目当てはアニバちゃんなので当然協力を申し出ます。
ここで引き受けなかった場合も、再度ロックスターに話しかけることで、


捜査は進んだ?


捜査の状況を聞いて手伝いを申し出ることが出来ます。
するとロックスターは、ゲストに働いてもらうのは気が引けるが、手伝ってもらえるなら心強いと言い、船長室にいるアテイルの話を聞いてくれと頼んできます。


船長室へ行くと何やらブツブツ呟いているアテイル君。
声をかけるとこちらに気が付いて、


迷探偵アテイル


今回の事件を担当しているアテイルだと自己紹介をしてきます。
ここで久しぶりですねと言うと、


アテイル君と再会


久しぶりと返してくれ、手を貸してくれると心強いと笑顔に。
この選択肢は、アテイルと初対面だとないのかな?(去年までのアニバ不参加かつ今年のバレンタイン参加のキャラの場合は、どちらで判定されているかは分かりませんが)
初対面でないキャラで「はじめまして」を選んでも、


はじめましてのアテイル君


忘れちゃったんですか? みたいなボケはなく、普通に挨拶をされるだけです。
というか、今回は選択肢がいくつかあっても反応はほぼ同じというのがほとんどです=w=;


さて、ロックスターから依頼を受けたアテイルですが、なかなか捜査が進まないでいるよう。
まずは彼と、事件の概要をおさらいし、目的はアニバちゃんを捕まえてたれ教皇を取り戻すことだと確認します。
けれど気になることがあるというアテイルは、


犯人はアニバちゃんじゃない?


おもむろに「今回の犯人はアニバちゃんじゃない気がする」と言い出します。うん、大丈夫。私もそうだと思ってた。
しかし世界のルールなので、ちゃんと予告状が来ていることについて突っ込むと、確かにその筆跡はアニバちゃんのものだけれど、どうしても引っ掛かるとアテイルは食い下がります。
そしてきちんと真実を確かめ、その結果アニバちゃんが犯人なら仕方がないという彼。


真実を確かめて


…に、この突っ込みである。
アニバちゃんが好きなの? と訊かれたアテイル君、


真実を解明したいだけ


相変わらず安定の動揺っぷり=w=
そんなアテイルに対し、


アテイル君を華麗にスルー


ネタを振っておいて全く関心がなさそうな「何から始めましょう?」という問い\(^o^)/
凄いんだな、世界のルールって。
そして咳払いをするアテイルと共に、


聞き込みを開始


二人で聞き込み調査をすることになりました。
プレイヤーは祭りの関係者への聞き込みを頼まれ、取り敢えず二手に分かれて調査を進めます。


まずはロックスターから話を聞くことに。
聞き込みは操作の基本かとノリのいいロックスター。


夏美のたれ教皇は


たれ教皇の作成は、ルティエの有名な人形職人にお願いしたことと、夏美さんに渡したたれ教皇は、その人形職人から最初に納品されたプロトタイプだったことを教えてくれます。
なるほどそりゃ世界に1つだけしかない試作品なら、ほしいと思う人は多いでしょう。特にアルナベルツの人とか。セスルムニル関係の人とか。教皇信者の人とか。


続いて夏美さんの話を聞きます。
たれ教皇がなくなってとても残念がっている夏美さん。盗まれたときの状況を教えてくれることに。


スタッフルームに置いておいた


たれ教皇は蒼天祭が始まってすぐにスタッフルームに置いて仕事に出たが、休憩に戻ったときにはそこからなくなっていた。
けれどそのときは、別の場所に置いたのだろうと思って探しはしなかった。
そしてアニバちゃんからの予告状が届き、改めて探したときには、もうたれ教皇は何処にもなくなっていた。
…ということを夏美さんは説明してくれました。


予告状が来たときには…


うーむ。予告状が来たときにはもう盗まれてたって、予告状の意味がないんじゃ? と思いつつ、今度はリエッタとジェニファーのところへ行きます。


一応リエッタとジェニファーは個別に会話をしますが、言っているのが同じことについてなので、二人まとめてしまいます。
事件の捜査を応援すると言うリエッタとジェニファー。
二人に話を聞くと、


二人のたれ教皇も盗まれた


アニバちゃんの予告状には「夏美のたれ教皇」だけいただくと書いてあったのに、実際には彼女達のものまで盗まれたこと、


予告状には書いてなかった


しかも夏美さんのたれ教皇が盗まれた後、結構時間が経ってから持っていかれたことを教えてくれます。
リエッタとジェニファーは立ち絵が付いたときから、通常顔と笑顔の他に泣き顔・困り顔・怒り顔の表情バリエがあったのですが、二人の役割の関係上、これって使うことがあるのかなーと思っていたら、今回のクエで登場してきました。
ひとまずここで、得られた情報を伝えるためにアテイルのところへ戻ることに。


アテイルに成果を訊ねられ、各人から教えてもらった話を伝えていきます。
まずはロックスターから聞いた話をすると、


プロトタイプのたれ教皇


確かに夏美さんのたれ教皇は、アニバちゃんのが予告状に書いた通り「特別な」ものだったけれど、それが動機になるとは思えないということに。「高く売れる?」と言ってみても、それは即物的すぎて、アニバちゃんらしくないとのアテイルの返事。
続いてジェニファーの話をすると、


予告されてないのに


予告状にないたれ教皇まで盗まれたのはおかしいというアテイル。見た目が同じだから間違えたのだとすると、スマートな手口ではないと付け加えます。
更にリエッタの話をすると、複数が時間をおいて盗まれたことについて彼は気になると言います。


一緒に盗んだ方が


わざわざ危険を冒してもう一度現場に行くより、盗むなら一緒に盗んだ方がいいのだから、何かタイミングがずれる理由があったのか、絶対に見つからない自信があったのか…と考え込んでしまいます。
最後に夏美さんの話を伝えると、


予告状が来たら盗まれていた


予告状が来たときには既にたれ教皇は盗まれていた、ということに対して、予告状が後から届いたのでは意味がないとアテイルは声を上げます。
特にアニバちゃんは、予告状を送ることで現場が騒然とすることを楽しむタイプの人だと説明し、


趣向が変わった?


今回はアニバちゃんらしくない、趣向を変わったのかな…とこぼします。
そして集めた情報をまとめるための時間をくれと彼に頼まれ一度仕切りなおすことになりました。
…で、今まで私が拾って来た情報だけで話が進んでいるけど、アテイル君は何か情報掴んでこなかったのかと小一時間=w=
兎に角考えをまとめ直したらしいアテイルに話しかけると、これまでの事件の概要を再確認することになります。
まず結論から述べて、


アニバちゃんは犯人じゃないと思う


アニバちゃんが犯人ではないと思うと言うアテイル。


喜ぶアテイル


賛同すると、貴方もそう思ってましたかとニッコリ笑顔にw
アニバちゃんが犯人だというと、


僕の考えを聞いて


取り敢えず考えを聞けとたしなめられてしまいます=w=;
アテイルは今回の事件には不自然な点がいくつかあると話し、それが何かを答えることに。


不自然な点がいくつか


不自然な点はない、にしても無限ループになるだけなので、大人しく正解を選んでください\(^o^)/
「予告状の来たタイミング」と「予告と犯行内容が異なる」はどちらを選んでも、両方についての説明がアテイルからあります。違いは選んだ方が説明が先になるというだけ。
まず、予告状を犯行前に送るのは事件が大きくなるのを見て面白がるため。


予告状を送る意味がなかった


なのに予告状が来たのは犯行が行われた後で、予告状を送る意味がありません。
更に予告状では「夏美のたれ教皇」を盗むとあったのに、


時差で盗まれたたれ教皇


リエッタやジェニファーのものまで盗まれ、しかもそれは別のタイミングで盗まれています。
3つとも盗むならわざわざターゲットを指定する必要はなく、タイミングをずらしているのも予告状を出している割りに計画性がないとアテイルは指摘しました。
そしてそのことを総合すると、


これまでの情報を踏まえると


犯人はアニバちゃんではないという結論に(ここの選択肢も素直に選ばないと無限ループします)。


別の人間と考えると


別の人間の犯行と考えると、ここまでの矛盾点がなくなるとアテイルも話します。
あくまで仮説なので、ロックスターに報告は出来ないけれど、これで方向性が見えたと話すアテイル。
アニバちゃんが犯人でないという、ちゃんとした証拠を探すために、更なる情報を求めることになります。
そこで、


マスコットの中の人に


船内のあちこちで案内を行っている「マスコット」の中の人に、怪しい人を見かけなかったか聞いてみてほしいとアテイルに頼まれるのですが…。


中の人などいない!


ここはもちろん、「中の人などいない!」を選択=w=
それを聞いたアテイルは「知らないんですか? あのマスコット中には…」と何かを言いかけますが、やだなーアテイル君は何を言ってるのかなー中の人とかいないですよねー。


中の人はいません


というわけで頬っぺたぐりぐり\(^o^)/
中の人はいないということで平和的に話は進んで、マスコットの皆に話を聞いてくることになります。


というところで長くなってきたので一回切りますー。


おまけ。
ロックスターもアニバちゃんを悪いやつとは思ってないようです。


悪い人間ではなさそう


あとアテイルにマスコットについて訊ねると、空賊をモチーフにしたキャラクターと教えてくれます。


空賊のマスコット

[2011/12/16 22:56 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<たれ教皇とマスコット達(9thアニバちゃんクエその2) | ホーム | 13番目の月のクリスマス>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/382-dc308c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |