スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
強者の星は喪失の星その17(アルゴル・ミア・ルファク-17)
えっとですね…、前回あと2回と書きましたが、こっから先の内容が想像以上に多かったので、あと3回くらいになると思われますorz


※※※以下にはSSS:Final Episodeのネタバレを含みます※※※





さて、前回はオーブを破壊して脱出しました。早速続きをば。


なにやら辺りから騒がしい声が聞こえ、


多分「頼むから待ってくれ」


目を開けてみると、そこは見覚えのある廃墟(マップは違いますが、恐らくアイリがサビクを手当てしていて皆がアルゴルに襲われたところ)。
目の前には、


手を挙げろー


銃口をこちらに向けたルファクさん=w=;
驚いて飛び起きると、


スピカで覚醒


サビクで覚醒


アルナアイリで覚醒


一番親しい人が起きたかと声をかけてくれます。
2周目以降の場合、全員との信頼度が終了な状態でなければ、ここで登場するキャラとの個別ED確定だと思われます。
そして、スピカとサビクの場合、起きたばかりのところ悪いけどルファクを止めてくれと頼まれます=w=;


ルファクを止めるスピカ


ルファクを止めるサビク


アルナアイリの場合は、


起きたよー


二人に声をかけられたルファクが拳銃を降ろし、一番親しいのがルファクの場合、


ルファクで覚醒


騒がしいやつだと言ってルファクは拳銃を降ろします。
ルファクの様子に、彼を止めようとしていたらしいスピカとサビクは、二人して息を吐きました。
ふと気が付くと、


手を繋いで帰還


プレイヤーはアルゴルと手を繋いで寝ています。
取り敢えずアルゴルはおいておいて、何があったのか訊ねると、


アルゴルにトドメを


アルゴルにトドメをさそうとしていた、と再び拳銃を構えるルファク\(^o^)/
アルゴルを起こそうとした場合、彼を揺さぶって名前を呼びますが、


アルゴルは起きない


アルゴルが目覚める気配はありません。
するとスピカとアルナが、


自分から起きないと


自分から起きるのを待たないとダメみたい、プレイヤーのときもそうだったと教えてくれます。
その様子を見ていたルファク、


目覚めを待つ必要はない


目覚めを待つ必要はない、と言って再び銃口をアルゴルに向けます\(^o^)/
サビクがルファクを制止するように名前を呼びますが、


経緯が何であれ


ここに至った経緯が何であれ、アルゴルの息の根を止めさせてもらう、とルファクはなおも銃を構えます。
ここで何もしないでいると、そのまま話が進みますが、会話の後半のルファクの反応が変化します。
ルファクを止めるべく、彼とアルゴルの間に立つと、


アルゴルを守るのか?


貴様もアルゴルを守るのか、とルファクさんお怒り。
「守る」と返すと、


利用されておいて


利用されておいてよくもそんな甘いことが言えるなと、「そういうわけじゃない」と返すと、


ならどういうつもりだ


ならばどういうつもりだ!と声を荒げるルファクに、


ルファクを止める双子


待って、とアルナとアイリがしがみつき、プレイヤーはいい人だから酷いことしないで、と止めてくれます。
そして、絶対気になった人多数と思う一番下の選択肢、「ルファクの仮面を奪う」。
ルファクとの信頼度を犠牲に、素顔ルファクを召喚するしか…!


仮面強奪大作戦


即座に奪い返されました\(^o^)/


仮面は剥がすものだし


そして貴様は俺に喧嘩を売っているのか!? と銃を突きつけられ、それをアルナとアイリが「落ち着いて」とまたしても止めてくれます。
でもって、


アルナに怒られるー


アルナにお兄ちゃんをからかわないでと怒られる\(^o^)/
しかしさり気なくアルナが怒ることはあまりないので、怒られたい紳士淑女の皆さんはどうぞ=w=
どう返事をしても、サビクが恐る恐るルファクに声をかけ、


おそるおそるなサビク


話を聞いてくれるかと言うと、ルファクもサビクの方に視線を遣りました。
ルファクの仮面を奪った場合、他の2つで見られる次のシーンは飛ばされてしまいます。


アルナとアイリがルファクを止めると、


アルゴルを殺さないでー


アルゴルを殺すのは待ってほしい、俺の弟なんだ、とサビクがルファクに話しかけます。
それに対し、「その弟が俺の片割れを殺したな」と返すルファク。
しかしそこでサビクは、


そうなった原因は自分達にも


「そうなった原因は自分とスピカにもある」と口にします。
そこで、どうしてサビクがアルゴルがオーブで暴走した原因を知っているのかと疑問に思うと、


オーブを通じて見てた


それを察したスピカが、自分達もオーブを通してアルゴルの記憶を見ていたことを教えてくれました。
これはしまったぞ…。ミアさんに捻くれた返事をして遊んでたのとか、きっと全部見られてますね\(^o^)/


アルゴルは守ろうとしてたって


アルゴルは自分の意志で施設を破壊したと思ってたけれど、本当は自分達を守ろうとしていたんだと分かり、言葉を詰まらせるスピカ。
一方、沈黙したままサビクの言葉を聞いた場合は、


こちらには関係ないこと


それはこちらには関係ないことだと言うルファクにサビクが、


俺とスピカにも非が


アルゴルが弟だからという理由だけで殺さないよう頼んでいるのではなく、悲劇が起こったのは自分とスピカにも非があったからだ、と語ります。


そしてサビクは、自分は弟が苦しんでいることにも最後まで気付けなかった情けない兄貴だけど、もしルファクが許してくれるのなら、


生きて償ってほしい


アルゴルには生きてその罪を償ってもらいたい、とルファクに話しました。


サビクさんが見てる


アルゴルがまた道を外れそうになったら、今度こそ俺が止めるから、と力を込めた言葉を添えて。
深々とルファクに頭を下げるサビクに、


スピカも見てる


もうあんなことさせないから、とスピカも倣います。
その様子にアルナとアイリは、


ルファクが決めたならそれで


ルファクが決めたなら、それでいいと思うと言いました。
さり気なくこのアイリの発言が凄い。ルファクがいいならアルゴルを生かしてもいいし、逆にアルゴルぬっころもOKって意味っぽいんですよね。この後に出てくる台詞的に。
しかし皆の言葉にルファクは、


信用できるかー


貴様らが見張るなど信用できるか、という返事。
けれどそれは許さないということではなく、


次は息の根を


「アルゴル達のことは、自分が見張る。次があったらそのときは息の根を止める」と言って銃を降ろします。
つまり今回は殺さないってことですね。
ここで、前半にルファクを止めていなかった場合、


ルファクに同意を求められる


それでいいな、とルファクに同意を求められます。
こ、これは珍しいルファクのデレではないのか…!?
だ が 断 る ! (`・ω・´)


流石に空気読めてない?


流石に断ったら空気読めなさすぎ、と強制肯定選択肢にされましたorz
ルファクの問いに肯定すると、


ありがとう二人とも


サビクに、ありがとう『二人とも』と言われ、ルファクが「勘違いするな、許したわけじゃない」と返します。
因みに、最初にルファクを止めていた場合は、


ありがとうルファク


ありがとう『ルファク』に。こっちは省かれたよー=w=;
そのサビクに、礼など言うな気持ち悪いと返すルファク。…何この二人=w=
ルファクの決定に、アルナとアイリはよかったと胸をなでおろして、


ルファクが銃を使うところは


本当はルファクが銃を使うところは見たくなかったと言います。
つまり、ルファクがアルゴルに向かって撃つところってことですね恐らく。
しかし、アルゴルを生かすのに条件を出させてもらう、とルファクは口を開きます。
その条件とは、


ルファクの条件


アルゴルをルファクの監視しやすい場所においておくこと。
「俺のところじゃだめなのか」とサビクは驚きますが、ルファクは「貴様らを信用していない、皆特定出来る場所にいてもらわねば」との返事。
ルファクの言葉に、


そんないい場所は…


それはいいけど、そんな場所あったかな、と口にするスピカ。
モロクへ連れて行くつもりだったサビクも一緒に、どうしたらいいかと悩み始めます。
そこへアルナが、


アルゴルが隠れていた場所


アルゴルが隠れていた場所を知っていますよね? と確認してくると、そこではだめかと提案してきました。
アイリも、アルゴルに頼まれて会いに来てたんだもんね、と言い、デイブレイクでいいのかと悩みつつ教えることに。
ここでは、サビク以外のEXクリア状況によって、会話内容が変化します。


スピカとアルナアイリ共にEXクリアの場合、


そこは一緒に行ったお店?


そこって前に連れてってくれたランドルフさんのお店だよね、と驚くスピカに、知っているのかと返すサビク。


アルナアイリも行ったことがある


アルナとアイリも行ったことがあると言い、ルファクがまさかあの店にいたとは、と口にします。
俺は行ったことがないがそこは信用できるのかと問うサビクに、


ランドルフはいい人


まごころのおもてなし


ランドルフさんはいい人だったとスピカが、とても親切に迎えてくれたとアルナアイリが返します。
スピカのみEXの場合は、上記のアルナアイリの台詞が削除に。
アルナアイリのみEXクリアの場合、


その店はランドルフのとこ?


ランドルフさんのお店? という台詞と、


アルナアイリと一緒に行った


前に連れて行ってもらったという台詞、


ランドルフはいい人再び


ランドルフはいい人だったという台詞がアルナアイリ版に差し替わります。
誰のEXも発生していなかった場合は、


まさかあの店に…


伊豆のデイブレイクか、とルファクが言い、サビクに知っているのかと訊かれて、


むしろ常連


覗いたことはある、と返します。
…ルファクさん、「覗いたこと」どころか派手に喧嘩してましたよね=w=
そしてサビクの、信用できるのかという問いに、


ランドルフはいい人三度


見ず知らずのアルゴルを置いていたくらいだから悪い人間ではない、と答えました。


話を聞いていたサビクは、ルファクにそこなら問題ないかと訊ね、ルファクも「位置的に首都にも近く申し分ない」と返します。
サビクは、


デイブレイクにアルゴルを


決まりだな、とアルゴルを抱き上げると、デイブレイクにアルゴルを連れて行くと言います。
そして自分は店主と面識がないから、アルゴルのことを頼んでもらえないかとサビクに言われ、


アルゴルのことを頼んで


断りようがないので一緒に行くことに。
スピカも、


スピカもお願いする


アルゴルも兄弟だからランドルフさんにお願いしたい、と言って、一緒にデイブレイクへ向かうことになるのでした。
因みにここのスピカの台詞は、EXをクリアしているかどうかで、微妙に変わり、


スピカもデイブレイクに


ランドルフにお願いするという台詞がクリアしていないと登場しません。


…というのが、通常ルート。
誰とも親しくない場合だとここで驚愕なことが起こりまして。


ルファクのまさかの申し出


ルファクが自らアルゴルを連れて行く宣言\(^o^)/
しかも、


アルゴルを任せちゃうサビク


サビクもルファクに任せちゃった\(^o^)/
そして思い出したかのように、


ルファクと一緒に行ってくれ


プレイヤーに付き添いを頼み、


アルナとアイリもデイブレイクに


更にアルナアイリまでついて来てしまうという\(^o^)/
このルートをやったとき凄い笑いまくってました=w=
もちろん、この後のデイブレイクでのシーンも2通り用意されています。


因みに私のクエまとめではカットしていますが、この場面では会話終了後~WPを出る前に各NPCに話しかけると、クエ進行中には登場しなかった各キャラのこの後の行動や、思っていたこと等を結構な長さで聞くことが出来ます。
更にクエ進行中に自動会話を一回切ることで、オーブから脱出した後のそれぞれの反応も見られるので、気になる方はちょっと寄り道してみてくださいな。


ということで、オーブから脱出したら後は一直線だと思っていたのに、信頼度やEX進行状況での分岐があって、想像以上のボリュームでしたorz
そんなわけで、またしても記事数を増やして出来るだけこまめに掲載していきたいと思います。
ミアさんがいけないんだ…ミアさんが…(つ△T)

[2011/07/25 22:22 ] | クエスト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<強者の星は喪失の星その18(アルゴル・ミア・ルファク-18) | ホーム | ラスト3の絶望と希望>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/293-477ef7f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。