スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
カエルカエル月見て跳ねる?
ここのところ、色々とアプデやマップ追加が立て続きましたが、今回はウェルス…のことには一切触れず、PDに新たに登場したナイトメアマップ及び、それと連動して行われた「ぷちイベント」についてまとめようと思います。
大型アプデネタはね!そもそも決戦のことすらノータッチですからね!\(^o^)/
ではでは、思いがけない再会やちょっと衝撃なオチなどが待っていた、モロクDぷちイベントをどぞ~。





さてさて、今回のぷちイベントを受け持っていたのはカエルのウィーン。
エクラージュ脳な私は日記カエルグラを見るとどうにも意識がビフロストタワーに向いてしまうもので、告知等でウィーンの名前と姿を見てもピンと来ていなかったのですが、現地で「彼」に話しかけた瞬間、あることに気が付きました。


何処かで聞いたことのある言葉


あれ、私このカエル知ってるぞ…とw
そうです、ウィーンという名のカエルは、去年も同じような時期に行われていたぷちイベントにおいて、一週目はアルデ、二週目ピラ前に登場していたのですよね。
しかし去年は、


オアシスのウィーン


同じピラ前でもかなりカエルらしいところにいたのに、今回はプレイヤーの利便性が重視されたか、PD入り口でやや保護色になっちゃってますねw
なので思わず、以前にも話を聞いたことがあるよ!と返すと、


カエルの脳は小さすぎて


その記憶がなかったらしいウィーンは、カエルの脳は小さいから物覚えがよくないのだと零します。
でも念のため、間違いなく去年会ったウィーンであることを確認するべく、ちゃんと話を聞いてあげることにすると、


心優しき方に感謝


心優しき方に感謝を…と返されます。
うむ、以前のウィーンと変わらない反応ですねw
その後、


元は人間だったウィーン


彼が元は人間だったこと、


Mobを倒しては傷を癒し


アドラムスが得意な…恐らくアクビで、Mobを倒しては傷を癒すといった、狩りに身を投じる日々を過ごしていたこと、


雲間から覗いた月に


ある雨上がりの夜に、


目を奪われたウィーンは


雲間から顔を覗かせた月の輝きに目を奪われていたら、いつの間にかカエルになっていたこと、それらを去年と同じように聞かせてくれました。
けれどそんな状況でも、


人間のときと同じスキルが


幸いなことに人間のときと同じスキルを使えたウィーンは、元に戻る術を探して旅を続けているのですが、未だ、その方法は発見出来ていないのでした。
…って、もうあれから1年近く経つのに、ずっとウィーンはカエルのままなのか((((;゜Д゜)))
これはちょっと、去年より同情せざるを得ない(==;
で、ここから徐々に、去年とは違う内容の台詞になっていきまして。
その旅の途中で、


不思議な力の集まった土地に


以前と変わらず、特定の地に不思議な力が集っているのを感じ取っていたウィーン。
そしてその場所では、例によってMob達が活性化しており、倒した際の各種取得物が増えていたり、そもそもの生息数が増えていたりしたようです。「生息数の増加」というのが去年のウィーンにはなかった台詞ですね。
この不思議なMob達の活性化現象について、


Mobの活性化とカエルには


ウィーンは自身がカエルになってしまったことと何か関係があるのではないかと考えておりましたが…、今もなお、手掛かりは全くないようで。
…ウィーンよ、1年頑張って手掛かりなしってことは、つまりそれって、見当違いってことなんじゃないかな…=w=;
ともあれ、他に関係性がありそうなことがないのであれば、この現象を調べるしかありませんね。
ってことで今回ウィーンが不思議な力を感じ取ったのは、


モロクで不思議な力を感じた


PDとSDに棲むMob達。
これまでこのような現象が起こっても、短い期間で収まっていたそうなのですが、


活性化し続けたら街に被害が


しかし短期間と言えどMobが活性化し続けた場合には、街にまで被害が及ぶ可能性があります。
そこでこのことを兵士に伝えたところ、


モロクの兵士に伝えたら


事態の収拾に協力する代わりに、宿と食事を提供してもらえたそうで。
おおう、よかったねえ、去年は雨ざらしの中寝たり虫を食べたりという生活を解消するために、


雨ざらしの野宿や昆虫を食べるのは…


プレイヤーからZenyを徴収していましたからねえw
そしてここからが本題。


活性化しているMobを退治して


ウィーンはプレイヤーに、活性化したMobの討伐を依頼してきます。
何故なら、彼が兵士から引き受けた仕事というのが、


冒険者の支援をするのが仕事


「Mobを討伐する冒険者を支援する」ことだったから。
また、プレイヤーが希望すれば、


望むなら転送も支援も無料で


転送の支援もしてくれるそう。
前述の通り、以前は宿と食事を確保するために代金を要求していましたが、今回はその必要がないため無料で構わないとのことです。
つまり、


ウィーンの支援で双方美味しい話


プレイヤーはウィーンの支援を受けて、普段より美味しくなったMobを倒し、ウィーンはプレイヤーを支援することで宿と食料の提供を受ける―。
どちらにとっても利のある話だから、と彼は説いて、


PDSDのMob退治に力を貸して


協力を促してきました。
いやーでも、去年は氷菓子がもらえたのに今回はないみたいだしなーと断ってみると、


そちらの都合を考慮せず不躾だった


そちらの都合を考えずに不躾だった、と丁寧に謝られてしまいました=w=;
まぁ手伝いするくらいならいいよーと返すと、


ああ、麗しきお嬢さん…


去年と同様に「麗しきお嬢さん」などと感激されます=w=
因みにこの台詞、♂キャラの場合だと何と言われるかは、去年のウィーンの記事をご参照くださいなー。
以降、ウィーンとの会話の冒頭で「以前も聞いた」と答えていた場合と共通の内容になりまして、


活性化しているのはPDとSD


彼は改めて、現在活性化しているのはモロク近隣DのMobだということを話し、


秘密の地下室のMobは影響外


ただし何故か最近PDで発見された「秘密の地下室」に棲むMob達だけは、その影響を受けていない旨を告げてきます。
その原因が何かはよく分かっていないそうなのですが…、これはどう考えても大人のじじょ…ゲッフゲッフ、いいえ何でもありません\(^o^)/
しかし地下室の方へ行きたければ、


地下室を調べたいなら転送はする


そちらへの転送もちゃんと無料で受け付けてくれるようで。
そしてウィーンは最後に今一度、


活性化したMobは生息数も増加


活性化したMob達は美味しい存在になっているけれど、生息数も増加しているため十分注意してほしいと警告をして、


Dに行く準備が出来たら


準備が出来たら声をかけてほしいと言うのでした。


そんなわけで、続いてウィーンに、


ウィーンから支援をもらう


今回のイベントの目玉の1つでもある「特別な支援」をかけてもらっちゃいますよー。
曰く、


モロクのもう一つの不思議な力


この地にはMobを活性化させた力以外にも、もう一つの不思議な力が宿っているらしく、


その力を君に与えようと思う


ウィーンは自身の身体を介して、その力をプレイヤーに授けようというのです。
PD及びSDのMobに対して攻撃力が増すという力をタダで受けられるのであれば、断る理由はありません。
支援をお願いし、


楽にして深くは考えずに感じて


言われた通りに、深くは考えず、楽にして力を感じるようにしていると…、


体内に流れ混込む不思議な力


ウィーンが身構えると同時に、何やら力が流れ込んできました。
これ、黄色のエフェだけが出ている瞬間のSSだと、パッと見オーラかと思いますねw
そしたら準備は完了。


これでウィーンの支援完了


頑張ってくれとウィーンに送り出されます。
因みに受けた支援の詳細を見てみたら、


不思議な力はピラミッドパワー


「不思議な力」の正体が、何かとても懐かしい響きをしていて笑ってしまいましたw
あと転送支援も利用しておきましたよー。


秘密の地下室に行く?


興味本位でPDの秘密の地下室に飛ばしてもらったら、


秘密の地下室に行ってみたら


何か分からないうちに転がってたけどな!\(^o^)/


そんなウィーンは、2週目には一週間限定の討伐クエを引っ提げてきておりまして。
そのクエ自体は次回まとめるつもりなのですが、ウィーンの様子までそちらに含めるとちょっと長くなってしまうため、今回一緒に見ていってしまおうと思います。


2週目のウィーンは、1週目に言葉を交わしていたか否かに関わらず、再び「話を聞いてほしい」という導入部のやり取りから、会話が開始されていました。
1週目との違いが生じるのは、Mobの活性化について兵士に伝え、宿と食料を用意してもらえるようになったという話の続きから。
先週、兵士に協力することとなったウィーンは、


Mobの活性化は収まりつつある


活性化したMobに対抗するべく、PDとSDへ向かう冒険者達に支援を行いました。
結果、多くの冒険者が討伐に参加することとなり、Mobの活性化は収まりつつあるそうです。
けれどおかしなことに、Mobから得られる成果物の量は普段通りに戻ったというのに、Mobの数は増加したまま。


何故かMobの数だけが減らない


このように活性化の一部の効力だけが残る現象は、ウィーンもこれまで見たことがないらしいのです。
そのため、イレギュラーな活性をしているMobについて、調査を行うことになったのですが…、


身入りが減ったら冒険者も減った


得られるものが多かったときには無償で手を貸してくれていた冒険者達も、危険のみが増している今の状況を前にして、潮が引くかの如く去って行ってしまったそうで…。
冒険者達現金過ぎだろおおおwwって言うかそういうリアリティはいらないんだけどおおおww\(^o^)/
しかし、そこはウィーンも元は冒険者の一人だったわけですから、彼らの行動にも一定の理解を示してくれまして、


彼らも慈善事業ではないから


慈善事業ではなく命懸けで戦っているのだから、責める気はないと言ってくれます=w=
そこでウィーンは、この話をモロク兵にもっていき、


モロク兵と報酬を出すことに決めた


調査に協力してくれた冒険者に報酬を出そうということに、話をまとめたのでした。
ウィーン出来る子(`・ω・´)
しかも何と、


冒険者にウケの良いコインを


その報酬の費用は全てモロク兵持ち\(^o^)/
ちょっと待ってモロクは最近復興したばっかりでまだ色々大変なんじゃないのそんな費用払わせちゃって大丈夫なの((((;゜Д゜)))
まぁその辺の話は置いておくとして、報酬として冒険者にウケがいいものは何かと訊ねられたウィーンは、あれこれと調査した結果、特定のコインの需要が高まっているとの情報を得て、


報酬用のコインを用意した


早速コインに詳しい友人に頼み、報酬として冒険者へ渡すため、そのコインを用意してもらったそうです。
報酬もきちんと出してもらえると分かったところで、一体どんな調査をすればいいのかというと、


指定したMobを指定数倒して


指定されたMobを一定数討伐してくれば、あとはウィーン側で勝手に対処してくれるとのこと。
また、調査が円滑に進められるように、


ウィーンの転送や支援は継続


先週提供していた支援や転送も、引き続き無料で行うと言ってくれます。
そこまで至れり尽くせりならこちらも文句はありませんから、協力を約束すると、


麗しきお嬢さんありがとう


例の殺し文句で礼を述べてくれましたw
さて、今回調査の対象となるMobは、


依頼するのはある程度強力なMob


PD及びSDに生息する、ある程度強力なMobになっているそうで。
その理由について、「下層にいるMobはモロク兵でもどうにかなるから~」とウィーンは言っていますが…。
おおおいウィーン、そういうときは「低層」って言おうよ!
SDは地下に潜っていくDだし(ファラオのいるところがB5F)、PDも地上地下両方に広がってるD(アモンがいるところはB3F)だから、どちらも下層には強いMobがいるんだよ!((((;゜Д゜)))
…と思わず突っ込んでしまいましたw
まぁそれは兎も角、


秘密の地下室のMobも対象


今回はPDで新たに発見された秘密の地下室に関しても、活性化との関連性を考慮して調査の対象にしてあるとのこと。
しかし調査依頼の管理はウィーンが行っているのではなく。


依頼は暑苦しい猫から聞いて


近くにいる暑苦しい猫とやり取りをするよう頼まれて、


活性化調査の検討を祈る


検討を祈る、背中を押されるのでした。


そんなわけで、約1年ぶりの再登場となったウィーン。
去年のこのくらいの時期には、ぷちイベントと称して季節に応じた討伐イベントが頻繁に行われていたのですよね。
そして去年のイベントの際に、ウィーンが人間に戻るところが見られたらいいのにと書いていましたが、この様子だと当分彼はカエルのままにされそうですね^^;

[2015/07/05 21:07 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<討伐をやりたがった猫 | ホーム | クロモの衣装は夏に向かって?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/1051-ea080280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。