ホルスが目覚めるバーニングソウル1(モロク復興祭その1)
では、無事にイベントが終わったところで、モロク復興祭こと「爆熱!バーニングソウル・フェスティバル」についてまとめたいと思います。
いやぁ、このくらいのペースが安心しますね\(^o^)/
去年大好評のまま終了した桜花幻燈祭のコンテンツをほぼそのまま、むしろ以前より改善されて実施された今回の春祭りイベント。
アマツの春祭りは元々花見イベントとして始まったので、当初の趣旨とは若干離れてしまっていますが、折角長きに渡って崩壊したままだったモロクの街が復活したわけですしね。
そして、去年初登場し、一躍人気者となったあのNPCも、しっかりと続投しておりましたw





モロクの街の復興と共に、偉大な卵に眠っていたホルス神が目を覚ましました。
はい、つまりこのホルス神が、皆をレッツバーニングで洗脳した張本人。
そのホルス神がどんなやつかというと、こんなやつでした。


ホルス神


調印ー!\(^o^)/
ちょっとこんなのに乱心させられてたとかまぢ許すまじなんだけど倉庫に残ってる調印特化でお礼参りしてやっていいかしら(#^ω^)
…とか、この姿を見たときには思ったのですが、幸いにして私が復興後のモロクに初めて足を踏み入れたのは、バーニングバーストタイムに突入してからだったのですよね。
よって、初対面のホルス神はこんな状態だったのです。


ホルス神バーニングバースト


でっかいグリフォン…!(* ̄ヮ ̄*)
グリはROの数あるMobの中でも昔からかなり気に入っているキャラなもので、それがこんな大きな姿で間近に拝めるなんて…!と、テンションの上がった私は、あっさりそれまでの怒りを水に流すことにしたのでした\(^o^)/
というわけで、ホルス神と和解(?)したところで、今回のストーリークエを進めていきます。
因みにこのストーリークエなんですが、前半部の台詞に差分の生じる条件が結構多くて驚きました。
具体的に言うと、去年のアマツ桜花幻燈祭のクリアフラグが立っているかどうか、ホルス神がバーニングバースト状態であるか否か、今年のホワイトデーイベントとモロク復興プロジェクトイベントのクリアフラグの組み合わせ(両方クリア、ホワイトデーのみクリア、復興プロジェクトのみクリア、両方未クリアの4通り)によって、若干内容が変化していたのです。ひぃぃぃ((((;゜Д゜)))
そんなわけで、その点も踏まえつつ、のそのそ見ていきますねー。


去年の幻燈祭でもお世話になった、桔梗の兄でありアマツの術師である五郎が、何故かモロク城の裏手で、覚醒したホルス神の側に控えておりました。
五郎は例によって、


また今年も神様方の


また面倒なことになった、今年も神様達の手伝いをしなければならないとは…、と溜め息を吐き、自分の仕事は縁側で日がな一日ゴロゴロして過ごすことのはずなのに、と独り言ちています。
ここから早速、台詞の分岐が発生。


幻燈祭をクリアしている場合、そこへ知った顔がやってきたのを目にした五郎は、


五郎に発見される


いいところに、とプレイヤーを呼び止めました。
そして、実は今、困っているのだと訴え、


俺とあんたの仲じゃないか


自分とプレイヤーの仲なのだから、何も言わずに手伝ってくれと縋りついてきます。
一体何事かと思っていると、


サンダルでスパーン


次の瞬間、そんな五郎の後頭部を、隣にいた少女がスパコーンと叩き下ろしました。サンダルで。
え、そのサンダルは履いていたもの?((((;゜Д゜)))
こちらが目を丸くする前で、その少女は痛がる五郎に、


面倒臭がらずに説明して


プレイヤーが困惑しているから、面倒がらずにちゃんと説明して、と叱ります。
五郎はその少女…ロードピスと呼ばれた彼女の、容赦ない一撃に呆れつつ、


あんたも容赦ねぇなぁ…


半ば自棄のように「説明させていただきますよ!」と応えますが、プレイヤーに対しては丁寧に、事の経緯を話し始めました。
ご存知の通り、現在モロクの街では復興を祝う祭りが開催されています。


復興祭を神様も盛り上げようと


それをより一層盛り上げるべく、祭りにはモロクの神様までもが参加しておりました。
五郎はそう言うと、目と鼻の先を指し示し、


ホルスの御大は神格が高い?


すぐそこで騒いでいるのが件の神様…ホルス神と愉快な仲間達だと紹介します。
あんな調印みたいな外見をしてはいますが、モロクでは神格の高い存在なのだとか。
ええと、ここでは都合によってホルス神の美脚しか写っておりませんので、最初のSSで脳内補完してください^^;
また、このホルス神の説明は、覚醒していないときのもの。
一時的に本来の力を取り戻している場合には、


ホルスの御大はバーニング中


今は限界突破してバーニングバースト状態にある、との説明がなされていました。
でもって、ここからが本題。
そんなモロクの祭りに何故五郎が参加しているのかというと、


ホルス神からのご指名で


ホルス神から直々に、手伝ってくれと指名を受けたからなのでした。
それにしたって、モロクの神様が何でアマツの術師の五郎を呼びつけたのでしょう。
不思議に思った五郎がその理由を訊ねたところ、


幻燈祭での成功実績があるから


去年の幻燈祭において、ヒノカグツチの右腕として働き、祭りを成功に導いた実績があるからだそうで。
それを聞いた五郎は、


頑張ったのはヒノカグツチと冒険者


頑張ったのは冒険者達とヒノカグツチであり、自分は何もしてないと反論したそうなのですが、神様を説き伏せられる術があるはずもなく…。
流石の五郎も、神様からの指名とあっては無下に断るわけにもいかず、


神様からの直々の指名とあれば


こんなことならヒノカグツチの手伝いなんかするんじゃなかったと嘆きつつも、結局今年はこうして、モロクで働くことになったのでした。
で、そこへのそのそと、プレイヤーがやってきてしまったわけですねw
運良く一蓮托生出来る相手を見つけた五郎は、自分だけ面倒事を押し付けられるのは気に喰わないから、と笑い、


巻き込んでやろうって魂胆


プレイヤーも巻き込んでやろうという魂胆だと、悪びれもせず告げてきました=w=;


…という五郎の態度が、プレイヤーと初対面の場合にはガラリと変わりまして。
今年も神様のために働かなければならないことをぼやく五郎は、


あんたにお願いがあるんだ


ちょうど祭りの様子を見に来ていた冒険者を呼び止めます。
彼はその冒険者…プレイヤーに、自分の手伝いをしてもらうことを思い付き、お願いがあるから話を聞いて行ってくれと頼みました。正直困っているという一言も添えて。
プレイヤーが何事かと耳を傾けると、まず五郎は、モロクの神様が今回の復興祭に参加していること、その神様というのがホルス神であることを説明。このホルス神の紹介部分は共通です。
続いて、何で自分が困っているのかを打ち明けようとしますが、


アマツの陰陽師くずれの五郎


その前に自己紹介がまだだったことを思い出し、自分は「五郎」という名で、「アマツの陰陽師くずれみたいなもの」だと述べました。
何気に五郎は、これまで「火の神の神社の関係者」あるいは「居候」としか名乗っていなかったと思うので、本人の口からはっきりと自身の職業について語られたのは、これが初めてな気がします。
で、アマツの人間である五郎がどうしてモロクの祭りに参加しているのかと言えば、


アマツの陰陽師が何故ここに?


ホルス神から名指しで協力を求められたため。
しかし何で自分が選ばれたのかが分からなかった五郎は、その理由をホルス神訊ねてみたのだそうです。
すると返って来た答えは、


選ばれた理由を聞いたら


去年のアマツの春祭りでヒノカグツチをサポートし、見事成功を収めたから、というもの。
その「去年の春祭り」というのは、


アマツの春祭りっていうのは


アマツにいる「ヒノカグツチ」という神様が「熱い冒険譚を聞かせろ」とせがんできたことに端を発して開催された祭り。
五郎は沢山の冒険者に協力してもらい、どうにかヒノカグツチも満足するかたちで春祭りを終えることが出来たのですが…、


神様同士のネットワークで


どうやらその話が神様同士の情報網を通じて広まり、ホルス神が聞き付けるに至ったらしく。
アマツの春祭りと同じように、モロクの祭りを盛り上げたいと思っていたホルス神は、


モロク復活祭を盛り上げるために


その功労者とされた五郎に、白羽の矢をブス~ッと突き立てたのでした。
しかし神様から直々の指名とあれば、容赦なく突っ撥ねることも出来ません。
こんなことになるなら最初からヒノカグツチの手伝いなどしなければよかった、と五郎は零し、


面倒事を避けて通る人間なのに


面倒事は避けて通る性分なのに、何で自分はこうなるんだか…と溜め息を吐きました。


ここからは共通に戻りまして。
自分が負わされた面倒事についてあれこれと愚痴っている五郎ではありましたが、


神様を手伝えば報酬も期待出来る


何だかんだで神様からの依頼とあれば、相応の報酬も期待出来る、とプレイヤーに解きます。
更に、


神様からの報酬気になるだろ?


どんな報酬か気になるだろ? と訊ねてくると、その辺についてももう少し詳しく説明するから、話を聞いてほしいと続けるのでした。
でもってその説明の前に、


その前に水を一杯いただく


暑くて辛抱たまらんと喉を潤して休憩する五郎\(^o^)/
これはモロクの気候のせいなのか祭りの熱気のせいなのか…、いずれにせよ、今年はもう完全に春の祭りといった感じではなくなっていますねw


一息ついた五郎は改めて、


悪い話じゃないってほんとほんと


ホルス神からの依頼のことを、悪い話じゃないのだと強調してきます。
この台詞は、初対面の場合の会話の流れだとちょっと違和感がありますね^^;
彼はプレイヤーに、


ホルス神に熱い冒険譚を


各地のメモDに挑んで、そこでの出来事や冒険譚をホルス神に熱く語ってほしいのだそう。
何故そんなことをするのかというと、


ホルス神の力を回復させるため


ホルス神の力を回復させるために他なりません。
かつてモロクの街が崩壊した際、ホルス神はその力の大半を失ってしまったらしく、


モロク崩壊の影響で力の大半を失った


最近になってやっと姿を見せられる程度には回復したものの、それでもまだ本来の力を取り戻すには至っていないようなのです。
そんなホルス神の力の源は、


ホルス神の力の源は人々の熱意


人々の「熱意」。
今まではモロクの街の復興に取り組む人々の熱意を糧としていたホルス神でしたが、本来の力を発揮するにはまだまだ熱意が必要でした。
そこで、


冒険者達の熱意を冒険譚として


「冒険者達の心に宿る熱意」を冒険譚というかたちで集めることになり、


冒険者を集めて支援するのが仕事


メモDに赴く冒険者達を集め、支援するという仕事を任されたのが五郎だった…というわけです。
本当に人使いが荒い…と五郎は消沈しますが、


ここからは報酬の話を


すぐに気を取り直して、今度は肝心の報酬の話に移ります。
…が、


それについては私からお話しする


五郎が口を開くより先に、彼の隣りにいた少女が、それについては自分から説明する、と会話に入ってきました。
けれど声をかけてきた少女は、


とても眠そうに見える少女


何だかふらふらしていて、とても眠たそうに見え…、


…ぐ~ぐ~


とか思っていたら案の定、いきなりぐ~ぐ~と寝息を立てて眠り始めてしまいました=w=;
余談ですが、先程サンダルで五郎の頭をスパコーンとしたときの彼女は「女性」と表現されているけれど、こちらの眠たげな様子のときには「少女」になっているのですよねw
なので、ここでは全て少女という記載で統一しておきました。
突然寝始めてしまった少女に、


いきなり寝るなよ!


五郎が慌てて「話をすると言っておきながら、いきなり寝るな!」と声をかけると、彼女はハッと我に返り…。


私は寝ていませんよ


次の瞬間、「私は寝てませんよ。貴方の見間違いです」と、しれっと言い放ち、


ほぅらほぅらぴょんぴょん


「ほぅらほぅら」と、その場でぴょんぴょん飛び跳ねて見せてきました=w=;
そんな少女はプレイヤーに「ロードピス」と名乗り、


ホルス神に仕える神官ロードピス


ホルス神に仕える神官で、得意技は「呪術」だと自己紹介します。
あ、訂正が入りました。


得意技は呪術改め恋の☆魔法


得意技は「呪術」ではなく、意中の相手を無理矢理自分の方へと振り向かせることが出来る「恋の☆魔法」だそうです。
それを耳聡く聞いていた五郎は、


今確かに呪術って言った


すかさず「今確かに呪術と言った!」「さり気なく無理矢理とも言ってるし!」と突っ込むのですが、


では報酬についてお話を


再び居眠り→覚醒に至ったロードピスは、何事もなかったかのように報酬について話を始めようとし、


居眠りで華麗にスルーされた


五郎だけが「華麗にスルーされた!」と衝撃を受けることになりました\(^o^)/


さて、それでは改めて、ホルス神からの報酬に関することを、ロードピスから教えてもらいましょう。
ホルス神に熱い冒険譚を伝えると、


ホルス様の燃える魂の具現


その褒美として「ホルスの燃える魂の具現」を授かることが出来ます。
…このままだと長いので、


以下ホルモンと称します


以降、これをホルモンと呼び現します。
というロードピスの注釈に、


ほるすさまのもえるたましいの…


五郎は驚きの声を発しつつも、「そういう言い方もあるのかぁ」と何だか納得したもよう。
いや…もうちょっとその略称はどうにかならなかったのかと思いますが=w=;
兎も角、ホルモンはホルス神の神力の結晶であるため、


ホルス神の偉大な神力の結晶


その力を発現することで、様々な奇跡を得られるのだとか。
例えば、ホルス神に力を還せば特別な精錬を行ってもらえますし、会場内では様々なサービスを受けられます。
加えて、


ホルモンを特別なアイテムに


ロードピスに渡せば特別なアイテムとも交換が可能と至れり尽くせり。すごーい。
その説明に五郎は、ホルモンと言われると何か美味しそうだと感想を述べつつ、


何か美味そうなホルモン


兎に角プレイヤーがやるべきことは、メモDに行って冒険をし、そこでの出来事をホルス神に語って聞かせることだとまとめます。
最後にロードピスが、


もちろん強要ではありません


もちろんこの頼み事は強要ではなく、プレイヤーにも都合があるだろうけれど、協力してもらえるととても助かる、と締め括りました。
そんな彼らの依頼に対し、ちょっと考えさせてと保留にすると、


その気になったらまた声をかけて


五郎はやや残念そうに「その気になったらまた声をかけてくれ」と返します。
その後、再度彼に話しかけた際には、


人助けすればきっといい事がある


手伝ってくれる気になったのかと問いかけてきて、人助けをするといいことがあると思う、と勧誘してくるのですが…。
神様のため云々ではなく「人助け」と言っている辺り、自分が手伝ってもらう気満々ですねこの人w
でもまぁ、去年のヒノカグツチにも相当美味しい思いをさせてもらいましたし、何より五郎はとっても可愛い「式神」を連れていますからね。ここは協力してあげることにしましょう。
その旨を伝えると、ロードピスは丁寧に礼を述べ、


寝る間も惜しんで…ぐ~ぐ~


寝る間も惜しんでサポートさせていただく所存…と言いながら、早速ぐ~ぐ~と寝息を立て始めました\(^o^)/
五郎は立ったまま寝てしまった彼女に、器用なやつだな…と口にすると、


立ったまま寝るとか器用なヤツ


今度はこちらに向かって、プレイヤーが手を貸してくれると助かると、嬉しそうに声をあげました。
それでは早速、メモDに挑戦!


早速メモDに挑戦といきたいが


…といきたいところなのですが、「その前に…」と五郎が何かを言いかけると、


ホルス様の試練を受けていただく


「ホルス様の試練」を受けていただきます、とその言葉をナチュラルにロードピスが引き継ぎました。
…って、いつの間に起きたの=w=;
しかも本人は「寝てませんから」と言い張るし\(^o^)/
それを聞いた五郎は、


ぐ~ぐ~言ってたし!


「寝てたじゃん!ぐ~ぐ~言ってたし!」と即座に突っ込みを入れますが、それに対して疑惑の表情を浮かべるロードピス('ω')
結果、


五郎の妄言は無視…


彼女は五郎の「妄言」を無視することに決めてプレイヤーに向き直り、メモDに挑戦するにあたって力量を判断させてほしいと申し出てきました。
そして、具体的にどんな試練を課せられるのかについては、改めて自分から説明させてほしいと告げると…、


試練については私から説明…ぐ~ぐ~


またしても「ぐ~ぐ~」言い始めてしまいます。
すっかりおやすみモードに入ってしまったロードピスを目にして、


話を聞くには起こしてやるしか


「また寝ちまったな」と呆れた様子で話しかけてくる五郎。
どうやら続きを聞くには、声をかけて起こしてあげるしかなさそうです。


というわけで、区切りがいいので今回はここまでに。
何かもうあれですよね、五郎は登場するたび、毎回違う女の子を近くにおいていますよね('ω')
幻燈祭のときは桔梗(妹だけど)、クリスマスのときは幻燈鬼とモモッカ、そしてモロク復活祭ではロードピス…。
まぁ、ぐうたらなだけで面倒見はいい人なのですが、いいからそこを変われとw
凄くどうでもいいですが、私は割りと普通に立ちながら寝られる人間なので…ロードピスが居眠りしまくることをただの萌え属性と思っていた罠がありました\(^o^)/


おまけ。
ロードピスに話しかけるフラグ成立後に話しかけると、


手伝ってくれるなら楽出来そう


プレイヤーを道連れにして楽が出来ると喜んでいる人が(==;

[2015/05/13 23:26 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<ホルスが目覚めるバーニングソウル2(モロク復興祭その2) | ホーム | トトマスクに挑む!(モロク復活祭その0)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/1029-33228b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |