トトマスクに挑む!(モロク復活祭その0)
さて、モロクも無事に復興したことですし、復興祭のまとめを進めていきたいとこなのですが!が!
時間がなくてちょっと難航気味なので、先にいきなりこんなネタを置いておきますw





そんなわけでですね、一体何のネタだって感じなのですが、そもそも今回の話はこんなところから始まりました。


モロク復活祭が催されるにあたって、各街に派遣されていた案内人。
彼女に声をかけると、


復興を果たしたモロクの街に


現在モロクでは、人々の絶え間ない努力と情熱によって街が復興を果たしたことを祝う「バーニングソウル・フェスティバル」が開催中だと紹介され、是非その姿を見に来てほしいと誘われます。
この祭りの目玉は、


目玉はホルスの神力による精錬


冒険者にお勧めの「ホルス神の熱い神力による特別な精錬」とのこと。
更に、


モロクまで無料でご案内


祭りの期間中は無料でモロクへの転送を行うと申し出てくれます。
ならば、と現地に向かいたい旨を伝えると、


モロクに案内する前に…


早速案内すると元気に返す案内人。
けれど彼女は、すぐにモロクへは向かわず、


これを被って参加すれば


「これを被って祭りに参加すればテンションマキシマム!盛り上がること間違いなし!」と、トトマスクを手渡し、恥ずかしがらずに装備してみるよう促してきました。
え、いやこれはちょっと恥ずかしいんだけど…(==;
しかし案内人はこちらの言葉を気にも留めず、


モロクに向かってレッツバーニング


自分の用が済んだらすぐさま、「レッツバーニング!」とプレイヤーをモロクへふっ飛ばすのでした。
…またか!また私はレッツバーニングにいいようにされたのか!(モロク復興イベントまとめ参照)
因みにこのトトマスク、装備した状態で再度案内人に話しかけると、


トトマスクで喜ぶ案内人


そのマスクは!と、とても喜んでくれるのですが…。
しかし…、しかし私は、復興イベントで愛するNPC達を狂乱に陥れた「レッツバーニング」に、これ以上好き勝手されるわけにはいかない…!
というわけで、ささやかな抵抗を試みてみました^^
何をやったかと言えば単純なことでして、所持品数を100にしてトトマスクを受け取れない状態にしたのです。
すると、


トトマスクを渡そうと思ったけど


案内人は荷物が多すぎると指摘をしてはきたものの、


渡そうとしたものは会場でも


渡そうとしたものは現地でも受け取れるからと、トトマスクのプレゼントを諦めてモロクへ転送してくれたのです。
…勝った!(`・ω・´)
で、無事にトトマスクを回避した私は、イベントを開始するべく、ご機嫌で五郎に会いに行ったわけなのですが…。
五郎に話しかけようとした瞬間に、


五郎に話しかけようとしたら…


会場で待ち構えていた案内人に掴まりまして=w=;


会場に来た人にこれを渡している


モロク復興祭に来た人にはこれを渡していると言う彼女に、何かを差し出されたのです。
はい、それはご存じの通り、


トトマスクでテンションマキシマム?


トトマスクですね!\(^o^)/
うああああああorz
見事トトマスクの布教に成功した案内人は、


盛り上がっていきましょうね!


引き続きお祭りをお楽しみください!と明るく立ち去って行ったのでした…。
ぐぬぬ…何てことだ…。すっかり油断して荷物整理をしてしまったぞ…。
でもこのままでは引き下がれないので、再び所持品を増やして抵抗を試みます^p^
するとここでも、


荷物が多くてトトマスクを渡せない


荷物が多すぎる、と案内人は困ったように言ってきます。
ふっふっふ、してやったり(`・ω・´)
けれど今回は、転送のときとは様子が違いまして、


祭りを楽しむのに欠かせないから


渡したいものは祭りを楽しむのに欠かせないアイテムだから、荷物を整理して来てくれと頼まれ、


荷物を整理せざるを得ない…


所持品を減らしてきた方がいいとのモノローグと共に、会話が終了してしまいました((((;゜Д゜)))
以降、何度話しかけても荷物を整理して来いの一点張り。
抵抗虚しく、トトマスクを手にしない限り五郎とは話をさせてもらえないという現実を目の当たりにした私は、イベントを進めるためレッツバーニングの下に平伏すしかなかったのでした(´;ω;`)


というわけで、モロク復活祭は計画的に動くべきイベントだというのに、こんな下らないネタに心血を注いでいたりしました\(^o^)/
何でそこまで頑なにトトマスクを入手したくなかったのかと訊かれると、特に意味はないので困ってしまうのですが、何となく何処まで回避出来るのか確かめたくなってしまったのですよねw
こんなことばっかりやってるから肝心の台詞SSを撮り逃したりするわけなんですが、気になったらやってみずにはいられない性分なのが運の尽きでした\(^o^)/
しかし今回はモロク復興プロジェクトに参加するためにモロクの街にいたキャラが、そのまま復興祭に流れ込むパターンが多かったでしょうから、下手したら本来トトマスクは案内人から渡されるものだってことを知らずに、現地で全キャラ受け取ったという人も多そうですね。

[2015/05/10 22:56 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<ホルスが目覚めるバーニングソウル1(モロク復興祭その1) | ホーム | クロモの衣装でもふもふ!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/1028-c35f8300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |