スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
戦いの始まりの、この街で(モロク復興その1)
決戦パッチ、そして魔神の塔メモDが実装され、長きに渡って続いた魔王モロクとの戦いにも終止符が打たれました。
あ、何かこれネタバレな気がしますが、公式でもそう謳っていますからいいですよね。
ってことで、その全ての始まり、封印を破った魔王モロクによって崩壊した砂漠の街モロクが、この度、かつての姿へと復活を遂げることとなりました!わーぱちぱち。
そこでモロクの街が復活するにあたって行われていたのがこの「砂漠の都市モロク完全復興プロジェクト」イベント。
春のイベントと連動する要素もあり、また多数の異世界やモロク関連のNPCが集結する、賑やかなイベントとなっていましたよー。
今回はクエNPCが多数登場する関係上、文中で異世界や魔王モロク関連クエのネタバレ要素に触れているかも知れませんので、その点はお気を付けください。


※※※以下には、異世界関連クエスト及び魔王モロク関連クエストのネタバレに類する情報が含まれる可能性があります※※※





本格的に復興の始まったモロクの街では、


モロクに無造作に置かれた資材


先日までなかった資材類が、あちらこちらに無造作に積まれています。
こういうのを見ると、おお~いよいよ復活するのか~という感じですね。
徐々に傷跡が癒えつつあることを実感しつつモロクの広場へとやってくると、そこには忙しそうにしている職人風の人物がいました。


モロクで慌しそうにしている男性


復興作業の関係者らしきその男性は、


一緒にモロクの街を蘇らせよう


モロクの復興を手伝ってくれる作業員を募集中だと声を張り、一緒にモロクの街を蘇らせようと呼びかけています。
彼に話しかけてみると、


モロクの作業員になりたい?


プレイヤーも作業員になりたいのかと問うてきました。
そこでまずは、現状について聞かせてもらうことに。


最近魔王モロクが倒されたらしく


最近魔王モロクが倒され、周囲の安全が確保出来るようになったと判断されたため、モロクではかつての街の姿を取り戻すべく、復興作業が進められているのだそう。
その男性自身も大工仕事の経験等はないそうなのですが、


モロクへの熱い想いがあれば


モロクの街に対する熱い想いさえあれば、きっとこの街を復活させられると胸を張ります。
ええと、この井出達で大工ではないってことは…この人は見た目通りの鍛冶師なのでしょうかね?
また、街の復興には土地の人間だけでなく、


異世界からも復興の手伝いに


異世界から手伝いに来ている人達もいるようで、有り難い話だと彼しみじみと感謝している様子。
ならばとプレイヤーが、自分にも手を貸せることはないか質問を投げかけてみると、


あんたも手伝ってくれるのか


人手はいくらあっても足りないからよろしく頼む、と男性はこちらの申し出に礼を述べ、


建築資材に使う木材が不足


建築資材に使う木材が不足しているから、それを集めてきてくれないかと相談してきました。
ちょっと心が痛みますが、ここで依頼を断ると、


冷やかしなら帰りな!


冷やかしなら帰りなと怒られてしまいます。まぁ当然ですね(==;
二つ返事で快諾してあげると、


復興作業を引き受けてくれるか


彼は「そうか!引き受けてくれるか!」ととても喜んでくれました。
となればもう、プレイヤーも立派なモロク復興作業員の一員。


これで立派なモロク復興作業員


男性は自分のことを「親方」とでも呼んでくれと続けます。
ただ親方と言っても、彼はあくまで復興作業現場のまとめ役的な立場のようで、自分自身では大したことは出来ないし、渡せる礼もない…と断りを入れてくるのですが…。
と、そのとき不意に、


親方!空からラフィネ族が!


親方!空から女の子が!…じゃなくて、空から舞い降りてくる二つの人影がありました。
プレイヤーが示した方を見遣った親方は、


あれがラフィネ族ってやつか


あれが異世界のラフィネ族というやつか!と声をあげます。
だめですよ、最初から目の前に二人いるじゃんとか言っちゃ\(^o^)/
果たして、プレイヤー達の前に降り立ったのは、


モロクに降り立ったヒシエ


フレイムヴァレーでラフィネ軍の指揮を執っていたヒシエ=w=
彼は親方を目にすると、モロク復興を指揮している方ですね、と確認を取って挨拶し、自身の名を告げました。
そしてヒシエと共にやってきたのは、ラフィネ族の魔学者であるエイヴァント。
彼は、「ここがモロクか」と口にしながら周囲を見回し、


下等な人間が住むには


下等な人間が住むにはちょうど良さそうな場所だと含み笑いをします。
エクラージュの王をクリアしている場合には、ここで追加の台詞が発生しまして。
プレイヤーの存在に気が付いたヒシエが、


こんなところで会うとは奇遇だな


元気にしていたかと訊ねてくれます。至福=w=
エイヴァントもプレイヤーに向かって、


またお人好しをこじらせて


「またお人好しをこじらせて復興の手伝いでもしようとしていたのだろう?」と口角を吊り上げました。はい、よくご存知で\(^o^)/
あ、でもここはもうちょっと頑張ってほしかったかもですね。エクラージュの王のクエの中で、エイヴァントは最終的にプレイヤーのことを「君」と呼ぶようになるので。
そんなエイヴァントの発言に、親方はやや機嫌を損ねたのか、


ラフィネ族が何の用だ?


ラフィネ族が何の用かと二人に訊ねます。
しかしその辺はもう慣れっこなのか、


エイヴァントの非礼は詫びます


ヒシエがすぐさまエイヴァントの非礼を詫び、自分達にもモロクの復興作業を手伝わせてもらえないかと申し出ました。
…ってエイヴァントさん自分で名乗ってなかったのね^^;
彼は更に、


共に魔王モロクと戦った仲間


種族は異なっても共に魔王モロクと戦った仲間として、困っているときにはお互いに手に手を取って助け合おうと訴えます。
…で、そんなヒシエの言葉の後で、


力仕事が苦手で研究に着ただけ


自分は力仕事が苦手だし、ここにも研究のついでに来たに過ぎない、とか言っちゃうエイヴァント=w=
でも彼も復興に手を貸す気がないわけではなく、


私の力で能力を引き出す


作業に協力し、貢献した人に対して、自分の力で能力を引き出してやると続けました。
…実験にもなるからちょうどいい、という一抹の不安が過ぎる一言も添えて\(^o^)/
けれどそれを、


快諾する親方


素直に喜んで受け入れてしまう親方ねw
彼からしたら、何も礼が出来ないところへ渡りに船だったのでしょう。
早速、親方は諸々の準備を始め、


復興手伝いの準備をしておくから


プレイヤーにも都合のいいときに声をかけてくるよう頼むのでした。


そんなわけで、ここからは復興の手伝いを進めていきましょう。
親方に話しかけると、


復興作業を手伝う?


待ってたぜ、手伝ってくれるのか、と歓迎してくれます。
…が、天邪鬼な私は一度はお断りしてみないことには気が済まず…=w=;
ここまで来たけれど手伝いは止めておくと、


人ではいつも足りないから


親方は寂しそうに、人手はいつも足りないから、気が向いたら来てくれと口にしました。
復興支援のための依頼を受けることにすると、


集めてほしいのは木材1個


親方は建築資材として使用する木材を集めてほしい旨を伝えてきます。
その木材は、


木こり用の斧で木を採取


親方が用意している木こり用の斧を使い、街の南にある木を調べ、切り出しを行うことで入手可能。
あるいは、


Mobの落とす丸太でもいい


Mobから入手出来る「丸太」を木材の代用品にすることも出来ます。
というわけで、


資材を集めたら親方のところへ


そのどちらかを持ってくるようにと言いながら、親方は木こり用の斧を貸し出してくれました。
余談ですが、既に依頼を進行している状態で再度仕事を請けようとすると、


もう作業を頼んでいるはず


親方は「もう作業を頼んでいるはず」と指摘しつつも、最初から説明をし直してくれていました。優しい=w=
さて、親方から預かった斧を持って、モロク↓へ行くと、そこには木材を切り出せる木が3本生えていまして、


木材を採取する木はこちら


ちゃんと立て看板で該当の木を利用するように示してありました。
あ、何か木の向こう側に気になる二人組がいますが、彼らについてはまた後日採り上げますね。
そこでおもむろに先程渡された斧を取り出し、


木材として使用出来そうな木


木材として使用出来そうな木を調べ、


木材採取はステ依存


木材採取に挑むと、


木こり用の斧を使って…


そのキャラの純ステに応じた時間の詠唱が発生します。
詠唱後には判定があり、


木材採取成功


成功すれば木材を取得、


木材採取失敗


失敗したら再度挑戦となりました。
当然、この木材採取は木こり用の斧を所持していることが条件なので、


親方から木材収集を受けていない


親方から貸し出しを受けていない場合、採取を行うことは出来ませんでした。


木材を採取、あるいは自力で丸太を用意したら、親方のところへ戻って報告を入れます。
ここではどちらの資材を渡すか、指定出来るのですが、


どちらの資材を持ってきた?


当然持っていない方を選ぶと、


資材の数が足りていない


数が足りないと指摘されました。
逆にアイテムを持ってさえいればフラグの確認等はなかったので、木材を伐採してきたけど丸太を納品する…ということも出来ました。
ただ、木材はこのイベント専用のアイテムで、丸太は一般収集品ですから、何か理由がない限り木材を渡してしまった方がよかったですけれどね。
しっかりと持ってきた資材を納めると、


これでモロクも復興に近付いた


親方は労いの言葉をかけてくれ、モロクの街も復興に近付いただろうと喜んでくれます。
そして、


貢献した力が偉大なる卵に


モロクの復興に貢献した力が、「偉大なる卵」なるものに宿りました。
これについてはまた別のときにまとめますが、説明もなしにいきなり偉大なる卵にパワーが充填されたとモノローグが出て、何だ何だ? という感じでした=w=;
更に様子を見ていたエイヴァントが、


約束通り能力を引き上げてやろう


約束通り能力を引き上げてやると進み出て、


エイヴァントの力をその身に


彼の力をその身に受けられることを、ありがたく思えと言いつつ、EXPを注いでくれました。
で、復興開始当初はこんな上から目線だったエイヴァントさんなのですが、作業が進んできた11日以降になると、依頼達成時の台詞に変化が現れておりまして。
プレイヤーがここまで復興に尽力するとは思っていなかったらしいエイヴァントは、


ここまで復興に尽力するとは


珍しく「感服した」と褒め言葉を口にして、


この程度のことしかしてやれないが


自分にはこの程度しか出来ないけれど受け取ってくれ、とEXPを授けてくれました。
デレたー\(^o^)/
因みにエイヴァントは、登場初期には人間のことを「取るに足らない存在」だとして完全に見下していたので、当初の言動でも彼からしたら十分デレているのですけれどねw
このときもらえるEXPは40分割だかで獲得出来たため、


エイヴァントのEXPで花火乱舞


1次職になったばかりのようなキャラで受けると、レベルアップのエフェがテストサバで見るような盛大な花火状態になっていましたw
エイヴァントさん幼気な1次職をどうするつもりなの\(^o^)/
しかしこんなに美味しいのなら、いくらでも資材持ってくるよ!と言いたいところなのですが、1日1回ルールなので、


今日はもう十分だからまた明日


再び依頼を受けようとしても今日はもう十分だから明日また来てほしい、と言われてしまいます(´・ω・`)


さて、納品も終わったところで現在の状況を確認すると、


今日の復興依頼は達成済み


これまで資材を納品した回数を親方が聞かせてくれます。
併せて、依頼の進行度も示してくれているのが嬉しいところ。
木材の入手法に関する説明を一切聞いていない状態だと、


一度も復興依頼を受けていない


まだ一回も手伝いをしていないから、手伝ってくれるなら依頼を受けてくれと頼まれます。
他にも、


今日の復興依頼は受注可能


その日の分の作業を請け負っていないときには、今日の依頼は受注可能だと教えてくれ、


今日の復興依頼は未達成


親方から仕事を頼まれたけれど、完了はしていないタイミングだと、当日分の納品が未達成だと案内してくれました。
至れり尽くせりですね=w=


というわけで、ざっくりですがモロク復興プロジェクトの根幹である「資材供給」についてでした。
このクエは元々kROの方でも、決戦パッチからファンタズマゴリカ実装までの期間に設置されていたものでして、実はもっと面倒だったり集める資材の種類が多かったりしていたのですが(街の中には木材の他にレンガやロープの山がありましたよね)、jROでは手間のかかる要素をバッサリ削って、随分すっきりとした内容となりました。
まぁ向こうと違ってこちらは短期のイベントとして開催されたわけですから、これはこれでよかったのではないかと。


それにしても、まさかヒシエとエイヴァントが話の流れに絡んで来るとは思っていなかったので、この一家大好き人間には嬉しい誤算でした(* ̄ヮ ̄*)
しかもエイヴァントに至っては毎日会話が発生していましたしw
イベントを始める前から広場に立っている方と話が出来ましたから、てっきりそちらだけだと思っていたのですよね。
相変わらず息子と行動を共にしたがるエイヴァントと、レイヤン・ムーアクエや決戦パッチ以降、すっかり父親のお目付け役にされてしまっているヒシエが、何か微笑ましくていいです=w=
エクラージュの王クエから決戦パッチに至る間に、カルデュイを含めたこの親子には若干関係の変化がありまして、そのことをフレイムヴァレーで知ることが出来るのですが、決戦パッチ関連は全然まとめられていないのですよねーうぼあー。
その辺りを知っていると、このイベントでのヒシエの発言に、にやりと出来たりしたのですけれどね。
ヒシエとエイヴァントとの通常の会話については、また他の異世界関連NPC達と一緒に紹介する予定です。
また親方に関しても、残っているネタがあるのですが、それについてはこのイベントの他のコンテンツに触れてからにします。そうしないと意味が分からないので。
兎にも角にも、新キャラ育成にはとっても美味しかったモロク復興支援ですが、これが一筋縄ではいかないイベントだったことは皆さんご存知の通りかとw
案外色々な仕込みが多かったのですよね~=w=
てことで次回はその仕込みの1つ、あるNPC達による支援イベントを見ていきます。

[2015/04/22 22:44 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<砂漠の地の支援者達(モロク復興その2) | ホーム | 古代より伝わりし禁断の麺(エイプリルフール2015その3)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/1022-70778644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。