スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
チョコに対する愛情の評価?(バレンタイン2015その7)
え、ホワイトデーがとっくに始まってる? こちらのバレンタインもこれで終わるので何も問題はないですね^^
ってことで、今回はこちらもすっかり恒例となった、イベント終了後の限定回復アイテム交換NPCネタです。
去年のホワイトデーで教皇クッキーが初配布されたときと同様に、今回のイベント終了後の交換を担当していたのもアスーカル&メープルでした。
折角ですから、バレンタインではイベント開始時以外なかなか関わることのなかった二人との会話を、ここで楽しみたいと思います。





一時的にチョコファウンテンの前から撤収しているアスーカルとメープル。
彼女達のところへ赴くと、


VDイベントは終わったけれど


こんにちはと名前を呼んできて、イベントは終わったけれど教皇クッキーの交換サービスを行っているとアナウンスしてくれます。
クッキーをもらい切れなかった人にも、手作りチョコが余ってしまった人にも対応をしてくれる、サービスのいい二人。


もらい忘れも余ったものも


でも、まずはやっぱり雑談をしていきましょう=w=


バレンタインは楽しんでくれたかと訊ねてくるアスーカル。


VDは楽しんでもらえた?


ここで手作りチョコをネマに渡したよーと答えると、


どれくらいチョコを交換した?


どのくらいの数のチョコを納品したのか報告することに。
するとイベント期間中ネマに渡したチョコの量を自動的に告げることとなり、


このくらいチョコを交換した


その数に応じて、アスーカルとメープルが様々な反応をしてくれました。
↑のSSは私のキャラで一番多く貢いだ子ですね。
渡したチョコの量を聞いて、


凄すぎて開いた口が


凄いとしか言いようがない、と開いた口が塞がらない様子のメープル。
これにはアスーカルも、その熱意に感動したという感想を口にし、


貴方のチョコに対する愛は


貴方のチョコに対する愛は本物のようだと認めてくれます。
しかしメープルはそのことを、


チョコへの愛情とは違うような


チョコに対する愛情とはちょっと違う気がする、と首を傾げるのでした=w=
そりゃね、納品しまくったのはプライベートガーデンに入るためだったわけですからね\(^o^)/
この台詞は恐らく、納品数が1k個以上だと登場する台詞でした。


交換数1k個以上


凄いとしか言いようが


ちょっと量が少なかったキャラでも同じ反応でしたし、聞いた話によれば5k近く納品してもこの台詞だったそうです。
続いて、かなり量が減ってしまいますが、


交換数198個


198個納品した場合の台詞。
この数は、オッドアイを入手するために必要な最低限の納品個数でした(正月イベントクリア特典面会1回+納品による面会2回)。
それを聞いて、


凄い頑張ったのにゃ


おお~と声をあげ、凄く頑張ったと褒めてくれるメープル。
アスーカルも、


VDを満喫してもらえたみたいで


バレンタインを満喫してもらえて嬉しいと満足そう。
そしてすかさずメープルが、


WDも参加して楽しんでほしい


ホワイトデーもやる予定だから、そちらも参加して楽しんでほしいと勧めてくるのでした=w=


次に99個納品。


交換数99個


これは1回は「自力で」教皇に会いにいったというラインですね。


なかなか凄いのにゃ


メープルがそれを、なかなか凄いと賞賛してくれ、


WDも参加してちょうだい


こちらはアスーカルが、ホワイトデーイベントへの参加を促していました。
最後に3個。


交換数3個


バレンタインイベントのクリアフラグを立てるために必要だった最低納品個数です。


もらったクッキーは足りてる?


ちゃんとバレンタインには参加したと伝えると、それに頷きながら耳を傾けるメープル。
彼女は話の後で、交換でもらった教皇クッキーは足りているかとプレイヤーに訊ねてくれます。
それをアスーカルが引き継いで、


チョコを私達がクッキーに


今は自分達が手作りチョコと教皇クッキーの交換をしていると言い、


教皇クッキーが食べたくなったら


教皇クッキーがほしくなったときには声をかけて、とメープルが締めました。


もう既に答えが出ていますが、ホワイトデーはやらないのかと二人に問うと、


もちろんホワイトデーも開催


アスーカルからは、もちろんイベントを開催するとの返事。
対するメープルは、


クリオロが何かを企んでいる…


クリオロがまた何かを企んでいるようだから、自分達も相変わらずこき使われるに違いない…と気が重そう。
でも、


また会えるなら手伝うのも


またプレイヤーと会えるのであれば、手伝うのも吝かではない、と楽しげに含み笑いをします。
そして、


機会があればWDに参加して


機会があれば是非ホワイトデーイベントに参加して、とアスーカルがプレイヤーを誘うと、


WDで会えるのを楽しみに


メープルもそれに便乗して、是非是非参加してほしい、ホワイトデーで会えるのを楽しみにしている、と猛アピールをしてくるのでした=w=


バレンタインは楽しめたかと訊かれても、甘いものはあまり好きじゃないんだよな~と返すと、


メープル的衝撃の事実


衝撃の事実のカミングアウトに、思わず何てことだと声をあげるメープル。
でもそんな彼女を、


この世界には甘くないお菓子も


世の中には甘くないお菓子もあるのだからと、アスーカルが冷静に諭します。
すると、それを聞いたメープルは、


アマツで食べたイカのお菓子


この間アマツで食べたという、物凄く酸っぱいイカのお菓子のことを思い出し、それが好きなのかとプレイヤーに質問を投げかけてきました。
しかし、メープルから飛び出した「酸っぱいイカのお菓子」という単語に、


酸っぱいイカのお菓子?


自分が言っているのはビターチョコのことなのだけれど…と、今度はアスーカルが首を傾げるのでしたw
ここでメープルが口にしている「酸っぱいイカのお菓子」というのはあれですね、前回のクリスマスイベントでモモッカが五郎に教えてもらっていた、酢漬けイカ的なもののことですねw
地味にこういうネタが仕込まれていると、滅多に顔を合わせることのない季節イベントのNPC同士でも、世界観が繋がっていることを感じられていいですよねw


因みに、バレンタインイベント未着手のキャラで二人に話しかけたときには、


冒険者さんにVD終了をお知らせ


話しかけた際に名前を呼ばれるところが「冒険者さん」になっており、雑談の内容も専用の1種のみに。


貴方はVDに参加してなかった


バレンタインに参加していなかったことを、アスーカルに残念がられるプレイヤー。
でもそこへ、


WDもやるから問題ない


問題ないと割って入って来るメープルの声。
まだホワイトデーでもイベントをやるから、是非そのときに参加してと提案します。
アスーカルもそれに賛同し、


WDで貴方と会えるのを


ホワイトデーで会えることを楽しみにしていると続けました。


ではでは続いてあれこれと説明を聞いていこうと思いますが、


にゃふふ~何について聞きたい?


まぁ基本的にはイベント期間中と変わりないのでザクザク見ていきますね。
手作りチョコと教皇クッキーの交換については、


チョコとクッキーの交換レート


ネマに渡したとき同じく、手作りチョコ3個につき教皇クッキー50個をもらうことが出来ました。
加えて、


ネマからもらい忘れたクッキーも


イベント期間中にネマからもらい忘れていた分のクッキーの受け取りも、アスーカルとメープルが代行してくれています。
一応ここでも、


クッキー受取可能数は変わらず


ストック出来る教皇クッキーの上限数の紹介がありますが…、よもやそこまで溜め込むことが出来る人はいないでしょう=w=;
教皇クッキーとその箱についての説明も、


アスーカルの教皇クッキーの説明


ネマからの説明と特に変わりないため割愛します。


次に、まさかイベント後にも出来るとは思っていなかったチョコ納品。
この二人が登場していたのはちょうどDDF後半戦が開催されていた時期でしたから、そちらで使えるようにとの配慮だったのでしょうかね。
ここでも納品は3個単位での受付です。


手作りチョコをメープルに納品


ここでチョコ納品を取り止めると、


チョコ納品を止めたらダブルで


アスーカルとメープルが揃って口を開くという、多分今回はここでしか見られない状態の台詞が登場。
任意の個数のチョコを渡すと、


メープルに手作りチョコを渡す


メープルが、「チョコを渡してもらったのにゃ~」とネマに負けないテンションで喜び、お礼のクッキーの合計数量を知らせてくれて、


現段階でプレゼント出来るクッキー


それを受け取りたい場合には、改めてもう一度話しかけるよう頼んできます。
また、手作りチョコを所持していないまま納品をしようとすると、


手作りチョコが足りてないにゃ


その旨をメープルに指摘され、


必要分のチョコが用意出来たら


アスーカルから必要分が用意出来たらまた来てと告げられました。


続いて、教皇クッキーの受け取り。


メープルから教皇クッキー受け取り


毎度お馴染みの、50個入りと150個入りの箱から希望の方を選択すると、その箱の状態で何個まで渡せるかを教えてもらえるのですが…、


クッキー箱を受け取るのすら大変


それがまさかの600箱オーバーとか、全部受け取ろうって気にすらならないぞ…=w=;


ほしい教皇クッキーの箱を


もらいたい箱数を指定して内容を確認した後、問題がなければ教皇クッキーの箱を受け取れる…のですが、例によってうちのスパノビは問題ありまくりでしてw


所持量が重すぎてクッキーを渡せない


受け取り数を多く指定してしまったがために、重くなり過ぎるから渡せないと言われたり、


所持品数が多くてクッキーを渡せない


例の如く所持品数が多すぎるせいで、教皇クッキーを受け取る余裕がなかったりして、アスーカルから荷物の整理を指示されていました\(^o^)/
仕方ないので彼女の言葉に従って、所持品を倉庫にぎゅうぎゅうし、


クッキーどうぞ~なのにゃ!


メープルにどうぞ~なのにゃしてもらいました=w=
余談ですが、教皇クッキーのストックが全くない状態で受け取りを希望すると、


先に手作りチョコを渡して


先に手作りチョコを渡すよう求められました。


そんなわけで、何だか大量のもらえてしまった今回の教皇クッキー。
もらえるものはもらっておこう精神で、最終日にせっせと受け取っていったのですが、


倉庫を埋め尽くす教皇クッキー


200箱ちょいを最近解禁された2番目のサブ倉庫に突っ込んだところで力尽きました=w=;
150個入りの箱で受け取れば全て受け取ることも出来たのでしょうが、私の現在の主要稼動キャラは所持量に余裕のない子が多いもので、50個入りの箱でほしかったのですよね~=w=;
で、それをDDFで湯水の如く使っていたのですが、


教皇クッキー消滅カウントダウン


それでも消費し切れずに、一斉に賞味期限を迎えてしまいましたとさ\(^o^)/


ってことで、以上、バレンタイン2015「ちょこ×ちょこスウィートパーティー」のまとめでした。
何か今回はもうイベントとしては小規模だったのに、面会が鬼畜仕様でしたからね…。チョコを量産するべく会場に入り浸っては、ひたすら時間を費やしていましたよ=w=;
まぁその分、教皇が可愛かったのでいいのですが。
あとアスーカルとメープルから成果によって異なる反応をもらえたのは嬉しい誤算でした。
しかし今年は、正月のおもち積みといい、バレンタインと既に始まっているホワイトデーのチョコ納品といい、消耗品というかたちでZenyを回収する季節イベントばかりな状態ですので…これがそのまま続くようであれば、何処かで見切りをつけないとお財布が呼吸困難になってしまうなぁと思っております(==;
でも取り敢えず、出来るとこまでは頑張っていきますよ~。

[2015/03/06 21:55 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<名物の風景 | ホーム | 秘密のガーデンで神官と信者と(バレンタイン2015その6)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/1004-11372562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。