秘密のガーデンで神官と信者と(バレンタイン2015その6)
これでバレンタインイベント中のまとめは最後になります。
前回までで、あのお方とのお話タイムは終了しましたが、まだまだプライベートガーデンにはやれることが残っているわけですね。
というわけで今回は、あのお方の両脇に控える彼らと、あのお方を敬愛するある人物についてガシガシまとめていきます。


※※※以下には、アルナベルツ関連クエストのネタバレに類する情報を含みます※※※





では、大神官コンビと話を進める前に、前回教皇との歓談パートで登場している、今回のイベントで初登場した中段衣装「オッドアイ」の入手について見ておこうかと。


教皇のプライベートガーデンに3回入場した際に、


ガーデンオッドアイ入手1


プレイヤーはいきなり背後から声をかけられます。
その声の主は、


ガーデンオッドアイ入手2


大神官達に気付かれると面倒だから、声をあげたり身動きしたりせず話を聞くよう求めてきました。
相手は敵なのか味方なのか、何故こんなところにいるのかと身構えつつも耳を傾けてみると、


ガーデンオッドアイ入手3


謎の人物は、ずっとこちらのことを観察してきたと告げてきます。
で、その結果、プレイヤー教皇への信仰心が本物であると判断したため、自分達の同志として認めてくれることに\(^o^)/
その後、


ガーデンオッドアイ入手4


同志である証としてこれを授けると言い、自分達のことはくれぐれも内密にと付け加えると、


ガーデンオッドアイ入手5


プレイヤーの手の中に何かを渡してきます。
同時にその気配が消え、すぐさま振り返ってみても、そこにはもう誰の姿もありませんでした。
残ったのは、手の中の衣装オッドアイだけ…。
そして、辺りを見回すプレイヤーの様子に、教皇が何かあったのかと訊ねて来るのでした。
ここでの教皇の発言も、彼女が未覚醒か覚醒かによって口調が違います。
・未覚醒教皇


未覚醒教皇オッドアイ入手時


・覚醒教皇


覚醒教皇オッドアイ入手時


このオッドアイ入手イベントは当初、プライベートガーデン内でしか発生しませんでしたが、3回目の入場時にサバキャンしてしまった場合には再度手作りチョコを99個納品しなければならなくなってしまったため、イベント後半期間にはその救済として、条件を満たしていればガーデンに入らなくともオッドアイが受け取れるようになりました。
新たに加わった入手イベントは、ニルエンさんあるいはネマに話しかけたときに発生し、


VD会場オッドアイ入手差分


「大神官に我々に存在を知られると~」の台詞が、「我々の存在を周囲に知られると~」に挿し替わっていた他、


ニルエン前でオッドアイ入手


オッドアイ取得時のモノローグに、「何だったのだろうか」という一文が追加されていました。
ですが、


ネマ前でオッドアイ入手


ニルエンさんとネマのどちらに話しかけたときに発生したかによる、内容の違いはありませんでした。
そんなわけで、


たれ教皇&オッドアイ


たれ教皇+オッドアイで教皇と一緒に(* ̄ヮ ̄*)
オッドアイはパッと見では分かり辛いのですが、よく見ると眼のハイライト部分が赤と青になっています。
それにしても、大神官コンビにも気付かれずにプライベートガーデンへ潜入しているあの信者は一体何者なんだ…。


ではここからは、プライベートガーデンで教皇に付き添っているジェド神官とニルエンさんの両名と、あれやこれや話していきましょう。
因みにこの二人も、プレイヤーが教皇の本来の姿を知っているか否かによって差分が発生します。
これまではそれを、未覚醒教皇・覚醒教皇と表現していましたが、ちょっとそれだとこの先の文面がいじり難いので、これ以降は教皇覚醒前・覚醒後と表記することにします。
あと、レディファーストで各項目ニルエンさんから先に紹介しています。


○チョコレート交換前
プライベートガーデンへ来た最大の目的は教皇とチョコ交換をすることにあるため、交換前に話しかけてもそれを指摘されて、まともに取り合ってもらえません。


<ニルエン>


・教皇覚醒前


教皇覚醒前ニルエンチョコ交換前


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ニルエンチョコ交換前


教皇覚醒後だとそれなりに親しい間柄になっているため、あまり時間がないと注意を促してくれます。


<ジェド>


・教皇覚醒前


教皇覚醒前ジェドチョコ交換前


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ジェドチョコ交換前


教皇覚醒後のジェド神官、(台詞SSを撮るために)貴方に会いに来た私はどうしたら…!\(^o^)/


○チョコレート交換後
教皇とのチョコ交換を終えると、やっとこちらの話を聞いてもらえるように。


<ニルエンと話をする>


ガーデンでニルエンと


まずはニルエンさんから、このバレンタインイベントのことを教えてもらいましょう。
今回のイベントは教皇のために開催することを決めたのだと話すニルエンさん。
それに際しては、発案者であるジェド神官が色々と尽力したとのこと。
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ニルエンと話す1


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ニルエンと話す1


教皇覚醒後だと、ベケントという名を出しているために、尽力したというくだりがカットされていますね\(^o^)/
アルナベルツ教国の頂点に立つ存在である教皇は、なかなか外には出られない身であるため、こういった場を設けて冒険者達と交流出来ることを喜んでいるそうです。


共通ニルエンと話す2


当然ながら、中には反対する者もいたようですが、それでもニルエンさんはこのイベントを開催してよかったと思っていました。
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ニルエンと話す3


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ニルエンと話す3


ただし、教皇が喜んでいるからと言って彼女への礼を欠いてはいけません。
万が一無礼を働いたときには、例えジェド神官が許したとしても自分は許しはしない、ときつく言い聞かされるのでした=w=
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ニルエンと話す4


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ニルエンと話す4


流石ニルエンさん、多少なりとも信頼を得ているであろう覚醒後の会話においても、恩義があろうと一切容赦はしないと徹底しております\(^o^)/


<ジェドと話をする>
ジェド神官はニルエンさんと違って、選択肢が登場する際の台詞も差分がありました。


・教皇覚醒前


教皇覚醒前ガーデンでジェドと


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ガーデンでジェドと


教皇覚醒後だと会話だけでなく記念撮影も勧められます。
…つまり、大神官公認の下で教皇様と…ってことですね、ジェドさん…!(`・ω・´)
さて、それはまた後ほどにしておきまして。
ジェド神官の話題は、バレンタインを楽しみにしていたという教皇様のこと。


共通ジェドと話す1


彼女は以前招待されたバレンタインイベントの記憶が、未だに鮮明に残っているようです。
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ジェドと話す2


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ジェドと話す2


教皇覚醒後の場合、「印象に残っている」の一言が、バレンタインイベントではなく人気投票で一位になったことに掛かっていますねw
しかしそうは言っても、教皇を外へ連れ出すなど、そうそう出来ることではありません。


共通ジェドと話す3


そこで教皇のために一肌脱ぐことにしたジェド神官。
自分が企画発案者となり、バレンタインイベントをアルナベルツで開催することにしたのです。
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ジェドと話す4


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ジェドと話す4


彼と親しいと、思わずプロデュースと言おうとしてしまうお茶目なジェド神官が見られます=w=
もちろん反対の意見もあったようですが、彼は「新たな信徒獲得」というもっともらしい大義名分を掲げて、このイベントを現実のものとしたのでした。
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ジェドと話す5


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ジェドと話す5


…何で教皇覚醒後の台詞に、含み笑いだけを追加したんだ…!
また、熱心な信者のために、教皇との面会の場を設けたのも彼の功績。
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ジェドと話す6


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ジェドと話す6


教皇覚醒前の台詞では、流石にこちらには苦労をしたらしい様子が窺えます。
でもどうやら、その苦労に見合うだけの成果は上げられたようですね。私みたいなのがホイホイ釣れたわけですから\(^o^)/
教皇覚醒後の方では、まさかプレイヤーまでがその企画に乗っかって教皇に会いに来るとは思っていなかった、と何か言いたげな雰囲気を醸し出されてしまいました=w=;


○特殊追加台詞
教皇と同じく、ジェド神官とニルエンさんにも特定の条件を満たしたときにのみ、上記会話に続けて登場する追加台詞が存在しました。
その条件とは、「たれ教皇(オリジナルまたは衣装)を装備」「オッドアイを装備」の2種。
ただし、教皇と違って会話の内容を選択出来ないため、たれ教皇とオッドアイを同時に装備していた場合には、オッドアイの追加台詞が優先して登場していました。
また、この台詞には教皇が覚醒しているか否かによる差分は存在しません。


<ニルエンたれ教皇追加台詞>
一通り話を終えた後、


ニルエンにたれ教皇を見せる1


不意にプレイヤーの頭上のたれ教皇を見つめ出すニルエンさん。
その口から思わず、


ニルエンにたれ教皇を見せる2


可愛い…という言葉が零れ出ます。
しかしすぐに我に返ったニルエンさんは、


ニルエンにたれ教皇を見せる3


可愛いと言ったのはあくまでたれ教皇に対してであって、決して教皇様本人のことを言っているわけではない、と慌てて取り繕うのでした(* ̄ヮ ̄*)


<ニルエンオッドアイ追加台詞>
教皇のようなオッドアイをニルエンさんに向けながら話をしていると、


ニルエンにオッドアイを見せる1


彼女は「その色の瞳で見つめられると…」と呟きながら、こちらの顔を見返してきました。
そして次の瞬間、


ニルエンにオッドアイを見せる2


胸が高鳴る、と何だか嬉しそうに。
えっ、ちょっ、大丈夫かニルエンさん!((((;゜Д゜)))
そんなこちらの動揺が伝わったのか、


ニルエンにオッドアイを見せる3


すぐに彼女は正気に戻り、ちょっと働き過ぎかも知れないから、今日は早めに帰ると告げてきました。
…うん、そりゃ2週間24hぶっ通しで、いつ来るかも分からない冒険者の面会受付をしてたらそうなるわ…((((;゜Д゜)))
そんなわけで両方ともちょっと乱心風味なニルエンさんでしたw


<ジェドたれ教皇追加台詞>
ひとしきり話し終えた後で、


ジェドにたれ教皇を見せる1


ジェド神官はおもむろに、プレイヤーが頭に乗せているものを良く出来ていると褒め、


ジェドにたれ教皇を見せる2


それを眺めて微笑みました。
まぁそりゃあロックスター商会謹製ですからね、造形はしっかりしているかと=w=


<ジェドオッドアイ追加台詞>
ジェド神官は自分の話に耳を傾けるプレイヤーのオッドアイに気付き、


ジェドにオッドアイを見せる1


それが教皇と同じ目の色になれるよう作られたものであることを確かめると、プレイヤーの教皇への信仰心は並々ならぬもののようだと口にして、


ジェドにオッドアイを見せる2


意味深長に頷くのでした。
…何だかジェド神官の中で、プレイヤーがどんどん教皇様ふぇちにされていっている気がするぞ…!\(^o^)/


○記念撮影
ジェド神官あるいはニルエンさんに、教皇と記念撮影をしたい旨を告げると、二人同時、あるいは声をかけた側の人だけに、一時的に席を外してもらうよう願い出ることが出来ました。


<ニルエンに記念撮影申告>
少しだけなら席を外してくれるというニルエンさん。
ジェド神官も一緒に退室した方がいいかと問われます。
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ニルエン記念撮影申告1


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ニルエン記念撮影申告1


そこで希望を伝えると、30秒だけ持ち場を離れてくれます。
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ニルエン記念撮影申告2


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ニルエン記念撮影申告2


割りと教皇覚醒後の、問題ないとは思うけど念のため30秒で戻ってきます的な発言が、ニルエンさんにそこそこ信頼されているっぽい感じでちょっとニヨりましたw
でも無礼を働いたら容赦なく叩き出されるわけですけど\(^o^)/


<ジェドに記念撮影申告>
自分がいると撮影の邪魔になるからと、退室を申し出てくれるジェド神官。
ニルエンさんも一緒に離席した方がいいか訊ねてきます。
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ジェド記念撮影申告1


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ジェド記念撮影申告1


そこで要望を出すと、くれぐれも無礼なことはしないように、と釘を刺されて、30秒間距離を置いてくれます。
・教皇覚醒前


教皇覚醒前ジェド記念撮影申告2


・教皇覚醒後


教皇覚醒後ジェド記念撮影申告2


ジェド神官のここでの台詞は、微妙な言い回しの違いで随分と印象が変わるのが面白いですね。
彼は結構、出会った当初からプレイヤーのことを信用してくれている感がありますが。


そんなわけで、ジェド・ニルエン両名に退席してもらって撮った、教皇とのツーショットがこちら。


ジェドとニルエン退席中


私的には、ジェド神官とニルエンさんが脇に控えている状態も、それはそれでご褒美でしたけどねw


プライベートガーデンで記念撮影


ってことで、以上がプライベートガーデンのやり取りでした~!
バレンタインイベントのまとめもこれにてお終いです。まだイベント後のおまけ要素のまとめはありますけどね。
今年のバレンタインイベントは、私の中で過去最高に作成を行ったバレンタインとなりました。
しかもイベント期間中は狩りに出る時間がほぼ取れなかったため、止むを得ずカカオ類は露店で購入して賄っていたのですが…、イベント終了時にはクリエの所持金が30M減っていたという結果になりましたorz
それもこれも全てプライベートガーデンでの撮影を行うためでして、ただ何となく目的もなく面会に行ったことなどは一度もなかったものですから、やはり今回の面会の仕様は割りと鬼畜だったなと思います=w=;
まぁSS収集中に他の人に乱入されないという点はよかったのですけどね。せめて制限時間があと30秒長いか、あのアナウンスがなければ、もっと少ない回数でどうにか出来たのになと…。
しかしそれでも世の中には、私の倍以上の手作りチョコをサクッと納品している人がいたりするわけですからね、もうね、訳が分からないですよねw(褒め言葉)
さて、そんなこんなで教皇様に貢ぎまくった私ですが、一応イベント終了後に頑張っておいてよかったということがありまして、その辺りについて次回触れていこうと思います。

[2015/03/04 20:54 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<チョコに対する愛情の評価?(バレンタイン2015その7) | ホーム | 小悪魔的ひな遊び?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tibibear.blog6.fc2.com/tb.php/1002-b0de45e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |